霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三〇章 真帆(まほ)片帆(かたほ)〔二三〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第5篇 宇宙精神 よみ:うちゅうせいしん
章:第30章 第5巻 よみ:まほかたほ 通し章番号:230
口述日:1922(大正11)年01月11日(旧12月14日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
暗澹とした天地の光景は一変し、穏やかな日となった。地中海の渡船場にひとりの異様な旅姿の宣伝使があらわれ、乗船を迫った。
船戸神は宣伝使を差し招き、一点の雲もない空の下、穏やかな海面を船は出港した。風のない海面で船は遅々として進まずに漂っていた。神人らは四方山話にふけって時を費やしていた。
連日の無聊に退屈した神人らは、ウラル教の宣伝歌を歌って騒ぎ始めた。これを聞いていた宣伝使は身を起こし、涼しい声を張り上げて天教山の宣伝歌を歌い、手をうち足を踏みとどろかして舞い狂った。
神人らはこの歌声につり出されてともに興に乗って踊り始めた。
この光景に苦々しい面構えをした巨大な神人が立ち上がった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0530
愛善世界社版:177頁 八幡書店版:第1輯 580頁 修補版: 校定版:179頁 普及版:77頁 初版: ページ備考:
001 さしも暗澹(あんたん)たりし天地(てんち)光景(くわうけい)はここに一変(いつぺん)して、002(そら)には燦然(さんぜん)たる天津(あまつ)()(かげ)うららかに下界(げかい)(てら)し、003()東風(とうふう)おもむろに()いて紺碧(こんぺき)海面(かいめん)(さざなみ)()て、004これに日光(につくわう)映射(えいしや)して(なみ)のきらめく有様(ありさま)は、005あたかも鯛魚(たいぎよ)(うろこ)()()めたるがごとき地中海(ちちうかい)渡船場(とせんば)に、006(いき)()()つて(あら)はれた宣伝使(せんでんし)があつた。007(いま)(ふね)(しづ)かな(かぜ)真帆(まほ)打揚(うちあ)げ、008西南(せいなん)(むか)つて出帆(しゆつぱん)せむとする(とき)である。
009 ここに(あら)はれた宣伝使(せんでんし)は、010(ふと)(たけ)教示(けうじ)(しる)したるを甲斐々々(かひがひ)しく左肩(さけん)より(みぎ)腋下(わきした)斜交(はすかひ)背負(せお)ひながら、011(むらさき)(ひも)もて乳房(ちぶさ)のあたりに(しか)(むす)び、012片手(かたて)(つゑ)をつきながら、013(むらさき)被面布(ひめんぷ)(かぶ)り、014ときどき(ひだり)()をもつてこの被面布(ひめんぷ)(ひたひ)のあたりまでめくり()げ、015(みぎ)()にて鼻柱(はなばしら)をこぢあげ、016そのまま(みぎ)眼瞼(まぶた)より(ひだり)目尻(めじり)にかけてつるりと()で、017(ふたた)(はな)(した)()(かふ)にて(こす)り、018(ひだり)()にて(ふたた)被面布(ひめんぷ)(かほ)(おほ)ひながら乗船(じやうせん)(せま)つた。
019 あまたの船客(せんきやく)は、020この異様(いやう)扮装(いでたち)怪訝(けげん)()見張(みは)つた。021船戸神(ふなどのかみ)(こころよ)右手(めて)()げてさしまねき、022(はや)()れよとの暗示(あんじ)(あた)へた。023宣伝使(せんでんし)はつかつかと乗場(のりば)(ちか)づき、024(ふね)()がけて()()んだ。025その(ひびき)(ふね)激動(げきどう)して、026(たたみ)のごとき海面(かいめん)(とき)ならぬ(なみ)(しわ)(ゑが)いた。027海辺(かいへん)(なが)(ふと)()海底(かいてい)(むか)つて(さかし)まにその(かげ)(しづ)め、028(なみ)につれて(りう)(てん)(のぼ)るがごとく、029樹木(じゆもく)(みき)左右(さいう)蜿蜒(えんえん)として、030地上(ちじやう)()がけて(のぼ)()るのであつた。
031 (そら)には一点(いつてん)(くも)なくまた(かぜ)もなき海面(かいめん)は、032あたかも玻璃鏡(はりきやう)(わた)るがごとく、033()()(しを)れ、034船脚(ふなあし)遅々(ちち)として(すす)まず、035この海上(かいじやう)(ただよ)ふこと数日(すうじつ)(およ)んだのである。036神人(かみがみ)らは四方山(よもやま)無駄話(むだばなし)(とき)(つひや)し、037無聊(むれう)(なぐさ)めつつあつた。
038 ()西山(せいざん)(ぼつ)し、039海上(かいじやう)()()諸鳥(もろどり)(ねぐら)(もと)めておのおの()(かへ)()く。040半弦(はんげん)(つき)西天(せいてん)(かか)り、041利鎌(とがま)のごとき(ひかり)海上(かいじやう)()げた。042(そら)一面(いちめん)天書(てんしよ)(ひかり)梨地色(なしぢいろ)(かがや)き、043(つき)(あま)(かは)(なが)れて(うみ)(はて)(しづ)むの(かん)があつた。
044 (うみ)(そこ)には一面(いちめん)星光(せいくわう)(かがや)き、045(てん)にも銀河(ぎんが)(よこ)たはり、046海底(かいてい)にもまた燦爛(さんらん)たる銀河(ぎんが)(なが)れ、047(かは)(ふた)(つき)(ふた)つ、048(じつ)蓮華(れんげ)(うてな)()(たく)したる(ごと)爽快(さうくわい)(ねん)()たれつつ、049(しづ)かに(ふね)西南(せいなん)(むか)つて(すす)んでゐる。
050 (ふね)(わた)海底(かいてい)(そら)を、051(さを)穿(うが)海底(かいてい)(ほし)を、052海月(くらげ)幾十百(いくじふひやく)ともなく(なみ)(ただよ)有様(ありさま)は、053(にはか)天上(てんじやう)(つき)幾十(いくじふ)ともなく(くだ)(きた)りて、054(ふね)(ささ)へまもるの(かん)じがしたのである。
055 昨日(きのふ)惨澹(さんたん)たる天地(てんち)光景(くわうけい)引換(ひきか)へ、056今日(けふ)のこの(しづ)けさは、057夕立(ゆふだち)(あと)快晴(くわいせい)か、058(あらし)(あと)(しづ)けさか、059天地(てんち)(せき)として(こゑ)なく、060蚯蚓(みみず)のささやく(こゑ)さへ(みみ)(かよ)ふやうであつた。
061 連日(れんじつ)航海(かうかい)船中(せんちう)神人(かみがみ)(いづ)れも無聊(むれう)(くる)しみ、062(ふね)四隅(よすみ)には、
063『アーアー』
064大口(おほぐち)()けて欠伸(あくび)をする神人(かみ)(あら)はれた。065(いづ)れもこの欠伸(あくび)感染(かんせん)して、066一斉(いつせい)両手(りやうて)(こぶし)(にぎ)頭上(づじやう)(たか)延長(えんちやう)しながら、067大口(おほぐち)()けて、
068『アーアー』
069()ひながら、070欠伸(あくび)(われ)(おと)らずと(はじ)めかけた。071一時(いつとき)ばかりはあたかも欠伸(あくび)競争場(きやうそうば)のごとき(かん)があつた。072最早(もはや)欠伸(あくび)(たね)()き、073(ふね)一隅(いちぐう)には(あた)りをはばかりてか、074小声(こごゑ)鼻唄(はなうた)さへ(うた)神人(かみ)(あら)はれた。075これに感染(かんせん)されてか、076またもや小声(こごゑ)何事(なにごと)をか小唄(こうた)(うた)(はじ)めた。077(つひ)には()れて大声(おほごゑ)をあげ、078遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく船中(せんちう)()(あが)り、079両手(りやうて)(ほほ)()てながら、
080()めよ(さわ)げーよ一寸先(いつすんさき)あー(やみ)ーよー
081(やみ)のーあとーにはー(つき)がーでるー
082(ふね)がー()くならー(こころ)もー()かせー
083(こころ)(しづ)めばー(ふね)(しづ)むー
084さあさ()いたり()いたり()いたりなー
085()いたー浮世(うきよ)はどうなろとままよー
086(まま)にならぬが浮世(うきよ)()へどー
087わしはー時節(じせつ)()いてーゐる
088時鳥(ほととぎす)(こゑ)()けどもー姿(すがた)()せぬ
089()せぬ姿(すがた)()(おに)
090(もし)(おに)()()()たら
091手足(てあし)(しば)りー(つの)()
092(たた)いて(あぶ)つて()てしまへ
093たとへ(うし)(とら)(おおかみ)獅子(しし)
094(ちから)のーよわき山羊(やまひつじ)
095(さる)千疋(せんびき)万疋(まんびき)もー
096()いて(あつ)めて()(しば)
097西(にし)(うみ)へとさらりとほかせ
098さらりとーほかせー
099よいよいーよいとさのーよいとさつさ』
100 神人(かみがみ)らは異口同音(いくどうおん)(こゑ)(あは)して、101(ふし)面白(おもしろ)()()つて(うた)(はじ)めた。
102 宣伝使(せんでんし)黙然(もくねん)としてこの(さわ)ぎを(こころ)なげに、103()るともなしに(なが)めてゐた。104(しばら)くあつて神人(かみがみ)らは疲労(ひらう)(かん)じたと()え、105さしも(さわ)がしかりし(なみ)(うへ)も、106(みづ)()つたる(ごと)くたちまち静粛(せいしゆく)()し、107(かぜ)(おと)さへも(きこ)えぬ閑寂(かんじやく)()()たるるばかりになつた。
108 宣伝使(せんでんし)はやをら()(おこ)し、109船中(せんちう)小高(こだか)(ところ)()(あら)はれ、110(すず)しき(こゑ)()りあげて、
111(たか)(やま)からー谷底(たにそこ)()れば
112()しや奈落(ならく)(どろ)(うみ)
113三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
114(ひら)いて()りて()(むす)
115月日(つきひ)(つち)(おん)()
116この()(すく)生神(いきがみ)
117天教山(てんけうざん)(あら)はれる
118この()(をし)ふる生神(いきがみ)
119地教(ちけう)(やま)にあらはれた
120朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
121(つき)()つとも()くるとも
122たとへ大地(だいち)(しづ)むとも
123(まこと)(ちから)()(すく)
124(まこと)(ちから)()(すく)ふ』
125()()足踏(あしふ)(とどろ)かし()(くる)ふ。
126 神人(かみがみ)らはこの(こゑ)()()さるる心地(ここち)して、127一斉(いつせい)()(あが)り、128()()足踏(あしふ)(とどろ)かし、129一心不乱(いつしんふらん)(きよう)()りて(をど)(くる)ふ。
130 このとき船中(せんちう)一隅(いちぐう)より、131苦々(にがにが)しき面構(つらがまへ)巨大(きよだい)なる神人(しんじん)は、132すつくと()(あが)り、133宣伝使(せんでんし)をはつたと()めつけた。134その光景(くわうけい)は、135あたかも閻羅王(えんらわう)怒髪(どはつ)(てん)()いて()(あら)はれたごとくであつた。136あゝこの神人(かみ)何物(なにもの)ならむか。
137大正一一・一・一一 旧大正一〇・一二・一四 井上留五郎録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)