霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四三章 長恨歌(ちやうこんか)〔二四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第7篇 宣伝又宣伝 よみ:せんでんまたせんでん
章:第43章 第5巻 よみ:ちょうこんか 通し章番号:243
口述日:1922(大正11)年01月13日(旧12月16日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神澄彦の手引きで、野立彦命の教えに帰依して宣伝使となった南高山の玉純彦は、妻の八島姫に別れを告げて、聖地エルサレムに向けて宣伝の旅に旅立った。
八島姫は夫の無事を祈る歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0543
愛善世界社版:265頁 八幡書店版:第1輯 610頁 修補版: 校定版:269頁 普及版:112頁 初版: ページ備考:
001(こころ)(きよ)玉純彦(たますみひこ)
002(かみ)(みこと)()(すく)
003神澄彦(かむすみひこ)諸共(もろとも)
004この()(どろ)(すす)がむと
005草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)
006(こころ)(かる)簑笠(みのかさ)
007この()(しの)二柱(ふたはしら)
008雲路(くもぢ)をわけて(くだ)()
009南高山(なんかうざん)(ゆめ)()
010(かす)みて(すす)膝栗毛(ひざくりげ)
011栗毛(くりげ)(こま)はなけれども
012(こころ)(こま)鞭打(むちう)ちて
013(すす)()くこそ雄々(をを)しけれ
014八島(やしま)(ひめ)門外(もんぐわい)
015見送(みおく)(きた)()(なみだ)
016(なみだ)はげしき夕立(ゆふだち)
017(あめ)にはあらぬ鹿島立(かしまだ)
018()(わか)れむとする(とき)
019(もつ)(から)みし恋糸(こひいと)
020()くべきよしも()いじやくり
021()いて明石(あかし)浜千鳥(はまちどり)
022百鳥(ももどり)(さわ)(なみ)(うへ)
023(おだや)かならぬ(おも)ひなり
024嗚呼(ああ)玉純彦(たますみひこ)宣伝使(せんでんし)
025何処(いづこ)()てと(さだ)めなき
026深山(みやま)(おく)草枕(くさまくら)
027(たび)(つか)れも(いと)はずに
028三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
029一度(いちど)(ひら)(かみ)()
030堅磐常磐(かきはときは)()てむとて
031(きみ)御影(みかげ)のとぼとぼと
032虎伏(とらふ)野辺(のべ)(いと)ひなく
033()でます姿(すがた)(おも)()
034名残(なごり)(ふか)山奥(やまおく)
035(ゆき)()(やま)八島姫(やしまひめ)
036(かなら)(わす)れてたもるなよ
037(わす)れがたきは顕恩郷(けんおんきやう)
038()出神(でのかみ)(いつくし)
039常世(とこよ)(くに)(めぐ)()
040()うて(うれ)しき相生(あひおひ)
041(まつ)(みどり)(いろ)(ふか)
042(ちぎ)()めたる夫婦仲(めをとなか)
043(なか)(へだ)つる黒雲(くろくも)
044(むら)がり(わた)(いま)()
045()らさむ(ため)のこの門出(かどで)
046一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
047()(すみ)やけく(かへ)りませ
048(こひ)しき(きみ)生別(いきわか)
049(あと)(さび)しき(ひと)()
050夢路(ゆめぢ)(かよ)(きみ)(そば)
051(まも)(まゐ)らす八島姫(やしまひめ)
052(かなら)(ひと)りと(おぼ)ほすな
053蔭身(かげみ)()ひて(わが)(たま)
054(なれ)御側(みそば)(つか)へなむ
055(なれ)御側(みそば)(つか)へなむ
056南高山(なんかうざん)(のこ)されし
057いとしき(つま)のあることを
058(あめ)(あした)(ゆき)(よひ)
059(かなら)ずともに念頭(みこころ)
060かけさせ(たま)へよ(あが)(つま)
061()紫陽花(あじさゐ)七変(ななかは)
062たとへ天地(てんち)(かは)るとも
063千代(ちよ)八千代(やちよ)(かは)らぬは
064()()(おも)(あが)(こころ)
065(こころ)をつくしの八島姫(やしまひめ)
066夢々(ゆめゆめ)(わす)(たま)ふまじ
067夢々(ゆめゆめ)(わす)(たま)ふまじ
068老少不定(らうせうふぢやう)会者定離(ゑしやぢやうり)
069浮世(うきよ)(つね)()くからは
070これがお(かほ)見納(みをさ)めか
071(ふか)(えにし)のあるならば
072またもや()はむ相生(あひおひ)
073(まつ)目出度(めでた)高砂(たかさご)
074()()()ちて玉純彦(たますみひこ)
075(かみ)(みこと)松風(まつかぜ)
076(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで
077(こころ)(そそ)がせ(たま)へかし
078(こころ)にかかる(ふゆ)(そら)
079()()(くも)(はて)しなき
080(うみ)彼方(あなた)度会(わたらひ)
081(かみ)御徳(みのり)()きわくる
082(こころ)(あか)奇魂(くしみたま)
083久延毘古神(くへびこがみ)(ちから)にて
084()()曲津(まがつ)()(はら)
085言向(ことむ)(やは)天教山(てんけうざん)
086(みや)()します木花姫(このはなひめ)
087(かみ)(みこと)御前(おんまへ)
088雄々(をを)しき(いさを)(たてまつ)
089地教(ちけう)(やま)(まも)ります
090御稜威(みいづ)(たか)高照姫(たかてるひめ)
091(かみ)(みこと)御前(おんまへ)
092(いさを)()てよわが(つま)
093(あさ)(ゆふ)なに(かみ)(まへ)
094真心(まごころ)こめて八島姫(やしまひめ)
095(いの)(まこと)太祝詞(ふとのりと)
096皇大神(すめおほかみ)(たひら)けく
097いと(やす)らけく(きこ)()
098(きみ)御幸(みさち)()()さむ
099折角(せつかく)()ひは相生(あひおひ)
100(まつ)生木(なまき)生別(いきわか)
101かひなき(おも)ひも(かみ)(ため)
102この()(ため)(くる)しみと
103(おも)ひは(ふか)(かみ)(おん)
104(たか)(いさを)をヒマラヤの
105(やま)より(たか)天教(てんけう)
106(やま)()()(あら)はれて
107この()(つく)りし大神(おほかみ)
108国治立(くにはるたち)神勅(みことのり)
109()にも(まれ)なる宣伝使(せんでんし)
110玉純彦(たますみひこ)(うた)はれて
111その()千代(ちよ)万代(よろづよ)
112(とど)(たま)へよ、いざさらば
113さらばさらばの(いま)のきは
114諸行無常(しよぎやうむじやう)()(わた)
115南高山(なんかうざん)(かね)()
116勝利々々(しようりしようり)(ひび)くなり
117勝利々々(しようりしようり)(ひび)くなり
118嗚呼(ああ)なつかしき(わが)(つま)
119嗚呼(ああ)いとほしき(わが)(つま)よ』
120 (かく)(ごと)(うた)ひて八島姫(やしまひめ)名残(なごり)()しみける。121神澄彦(かむすみひこ)122玉純彦(たますみひこ)二神司(にしん)は、123何処(いづこ)ともなく宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(たか)らかに(うた)ひながら、124ヱルサレムをさして(あし)(はや)めける。
125大正一一・一・一三 旧大正一〇・一二・一六 藤原勇造録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)