霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(じよ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:前付 よみ:
章:第1巻 よみ:じょ 通し章番号:
口述日:1921(大正10)年10月20日(旧09月20日) 口述場所:松雲閣 筆録者:瑞月 出口王仁三郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台:- あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この『霊界物語』は、天地が分かれてから天の岩戸開きの後、神素盞嗚命が地球上にはびこっていた八岐大蛇を寸断し、叢雲(むらくもの)宝剣を天祖に奉り、至誠を天地に表して五六七神政を成就し、松の世を建設し、国祖を地上霊界の主宰神とした、太古の神代の物語と、霊界探検の大要を略述した。
また、苦集滅道、道法礼節を開示した。決して現界の事象を寓意的に著したものではない。
しかしながら、神幽界の出来事は、現界に現れ来るのであり、これをもって心魂を清め言行を改め、霊主体従の本旨を実行することを希望する。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 18:17:34 OBC :rm010001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第1輯 39頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 この『霊界(れいかい)物語(ものがたり)』は、002天地(てんち)剖判(ぼうはん)(はじ)めより(あま)岩戸(いはと)(びら)()003神素盞嗚命(かむすさのをのみこと)地球上(ちきうじやう)跋扈跳梁(ばつこてうりやう)せる八岐大蛇(やまたをろち)寸断(すんだん)し、004つひに叢雲宝剣(むらくものほうけん)をえて天祖(てんそ)(たてまつ)り、005至誠(しせい)天地(てんち)(あら)はし五六七(みろく)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)006(まつ)()建設(けんせつ)し、007国祖(こくそ)地上(ちじやう)霊界(れいかい)主宰神(しゆさいしん)たらしめたまひし太古(たいこ)神代(かみよ)物語(ものがたり)および霊界(れいかい)探険(たんけん)大要(たいえう)略述(りやくじゆつ)し、008()(しふ)(めつ)(だう)()き、009(だう)(はふ)(れい)(せつ)開示(かいじ)せしものにして、010(けつ)して現界(げんかい)事象(じしやう)にたいし、011偶意的(ぐういてき)編述(へんじゆつ)せしものにあらず。012されど神界(しんかい)幽界(いうかい)出来事(できごと)は、013古今東西(ここんとうざい)区別(くべつ)なく、014現界(げんかい)(あら)はれ(きた)ることも、015あながち(いな)(がた)きは事実(じじつ)にして、016(たん)神幽(しんいう)両界(りやうかい)(こと)のみと(かい)等閑(とうかん)()せず、017これによりて心魂(しんこん)(きよ)言行(げんかう)(あらた)め、018霊主体従(れいしゆたいじゆう)本旨(ほんし)実行(じつかう)されむことを希望(きばう)す。
019 読者(どくしや)諸子(しよし)のうちには、020諸神(しよしん)御活動(ごくわつどう)にたいし、021一字(いちじ)二字(にじ)022神名(しんめい)のわが姓名(せいめい)()たる文字(もんじ)ありとして、023ただちに自己(じこ)過去(くわこ)における霊的(れいてき)活動(くわつどう)なりと、024速解(そくかい)される傾向(けいかう)ありと()く。025(じつ)(あやま)れるの(はなは)だしきものといふべし。026(せつ)注意(ちうい)()次第(しだい)なり。
 
027   大正十年十月廿日 午後一時
028於松雲閣 瑞月 出口王仁三郎誌
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら