霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 (げふ)意義(いぎ)〔二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第1篇 幽界の探険 よみ:ゆうかいのたんけん
章:第2章 第1巻 よみ:ぎょうのいぎ 通し章番号:2
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界の業といえば、深山幽谷に入って世間を出て、難行苦行をなすことと考えている人が多いようである。しかし、業は行であり、顕幽一致、身魂一本の真理により、顕界において可急的大活動をなし、天地の経綸に奉仕するのが、第一の行である。
たとえ一ヶ月でも人界の事業を廃して山林に隠匿し、怪行異業に熱中するのは、すなわち一ヶ月の社会の損害であり、神界の怠業者、罷業者である。
自分は二十七年間、俗界で悲痛な修行を遂行し、その後にただ一週間、一回のみ空前絶後の実修を行ったのみである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0102
愛善世界社版:14頁 八幡書店版:第1輯 50頁 修補版: 校定版:14頁 普及版:7頁 初版: ページ備考:
001 霊界(れいかい)(げふ)といへば世間一般(せけんいつぱん)深山幽谷(しんざんいうこく)()つて、002出世間的(しゆつせけんてき)難行(なんぎやう)苦行(くぎやう)をなすこととのみ(かんが)へてをる(ひと)(おほ)いやうである。003跣足(はだし)(はだか)になつて、004山神(さんじん)(やしろ)立籠(たてこも)断食(だんじき)をなし、005断湯(だんたう)(まも)火食(くわしよく)をやめて、006神仏(しんぶつ)祈願(きぐわん)()らし、007(めう)動作(どうさ)異行(いぎやう)(あへ)てすることをもつて、008徹底的(てつていてき)修行(しうぎやう)完了(かんれう)したやうに(おも)(ほこ)人々(ひとびと)(おほ)い。
009 すべて(げふ)(きやう)である以上(いじやう)は、010顕幽一致(けんいういつち)011身魂(みたま)一本(いつぽん)真理(しんり)により、012顕界(けんかい)において可急的(かきふてき)大活動(だいくわつどう)をなし、013もつて天地(てんち)経綸(けいりん)奉仕(ほうし)するのが第一(だいいち)(ぎやう)である。014たとへ一ケ月(いつかげつ)でも人界(じんかい)事業(じげふ)(はい)して山林(さんりん)隠遁(いんとん)怪行異業(くわいぎやういげふ)熱中(ねつちゆう)するは、015すなはち一ケ月間(いつかげつかん)社会(しやくわい)損害(そんがい)であつて、016いはゆる神界(しんかい)怠業者(たいげふしや)もしくは罷業者(ひげふしや)である。017すべて神界(しんかい)(げふ)といふものは現界(げんかい)において生成化育(せいせいくわいく)018進取発展(しんしゆはつてん)事業(じげふ)につくすをもつて第一(だいいち)要件(えうけん)とせなくてはならぬ。
019 大本(おほもと)一部(いちぶ)人士(じんし)のごとく、020何事(なにごと)も『惟神(かむながら)かむながら』といつて(かた)きを()け、021(やす)きに()かむとするは神界(しんかい)より御覧(ごらん)になれば、022(じつ)不都合(ふつがふ)不届(ふとどき)至極(しごく)人間(にんげん)といはれてもしかたはない。023(すこ)しも責任(せきにん)観念(かんねん)といふものがないのみか、024(つく)すべき(みち)をつくさず、025かへつて神業(しんげふ)妨害(ばうがい)ばかりしながら、026いつも神界(しんかい)にたいし(たてまつ)り、027不足(ふそく)ばかりいつてゐる。028これがいはゆる黄泉醜人(よもつしこびと)である。029神諭(しんゆ)に、
030世界(せかい)落武者(おちむしや)()()るから用心(ようじん)なされよ』
031といふことが(しめ)されあるを(かんが)へてみるがよい。032神界(しんかい)(げふ)といふものは、033そんな軽々(かるがる)しき容易(ようい)なものではない。034しかるに自分(じぶん)から山林(さんりん)分入(わけい)りて修行(しうぎやう)することを非難(ひなん)しておきながら、035かんじんの御本尊(ごほんぞん)一週間(いつしうかん)高熊山(たかくまやま)(げふ)をしたのは、036自家撞着(じかどうちやく)もはなはだしいではないか……との反問(はんもん)()るであらうが、037しかし自分(じぶん)はそれまでに二十七年間(にじふしちねんかん)俗界(そくかい)での悲痛(ひつう)修行(しうぎやう)遂行(すゐかう)した。038その卒業式(そつげふしき)ともいふべきものであつて、039生存中(せいぞんちゆう)ただ一回(いつくわい)のみ空前絶後(くうぜんぜつご)実修(じつしう)であつたのである。
040 ()には……釈迦(しやか)でさへ檀特山(だんとくざん)において数ケ年間(すうかねんかん)難行(なんぎやう)苦行(くぎやう)をやつて、041仏教(ぶつけう)(ひら)いたではないか、042それに(わづ)一週間(いつしうかん)ぐらゐの(げふ)で、043三世(さんぜ)達観(たつくわん)することを()るやうになつたとは、044あまりの大言(たいげん)ではあるまいか……と、045疑問(ぎもん)(いだ)人々(ひとびと)もあるであらうが、046釈迦(しやか)印度国(いんどこく)浄飯王(じやうぼんわう)太子(たいし)(うま)れて、047社会(しやくわい)(あら)風波(ふうは)()うたことのない()ンさんであつたから、048数年間(すうねんかん)種々(しゆじゆ)苦難(くなん)(あぢ)はつたのである。049自分(じぶん)はこれに(はん)幼少(えうせう)より極貧(ごくひん)家庭(かてい)(うま)れて、050社会(しやくわい)のあらゆる辛酸(しんさん)()めつくしてきたために、051高熊山(たかくまやま)に登るまでに顕界(けんかい)修行(しうぎやう)()へ、052また幾分(いくぶん)かは幽界(いうかい)消息(せうそく)にも(つう)じてをつたからである。