霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 現実的(げんじつてき)苦行(くぎやう)〔四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第1篇 幽界の探険 よみ:ゆうかいのたんけん
章:第4章 第1巻 よみ:げんじつてきくぎょう 通し章番号:4
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
また、一週間水を口にしないことで、水のありがたさを身にしみて感じることができた。草木の葉一枚でも、神様のお許しがなければ戴くことはできないということを知り、どんな苦難でも自若、感謝の気持ちで対することができるようになった。
そしてまた、衣食住の恩とともに、空気の恩を感謝せなくてはならない。空気ばかりは、ただの二三分でも呼吸しなくては生きることができないのだから。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0104
愛善世界社版:21頁 八幡書店版:第1輯 52頁 修補版: 校定版:20頁 普及版:11頁 初版: ページ備考:
001 つぎに自分(じぶん)第一(だいいち)有難(ありがた)(かん)じたのは(みづ)である。002一週間(いつしうかん)といふものは、003(みづ)一滴(いつてき)(くち)()れることもできず、004咽喉(のど)時々刻々(じじこくこく)(かわ)きだし、005(なん)とも()へぬ苦痛(くつう)であつた。006たとへ泥水(どろみづ)でもいい、007水気(みづけ)のあるものが()しい。008()()でも()んでみたら、009少々(せうせう)くらゐ(みづ)(ふく)んでをるであらうが、010それも一週間(いつしうかん)神界(しんかい)から飲食(いんしよく)一切(いつさい)禁止(きんし)されてをるので、011手近(てぢか)にある()()一枚(いちまい)さへも、012(くち)()れるといふわけにはゆかない。013その(うえ)時々刻々(じじこくこく)空腹(くうふく)(かん)じ、014気力(きりよく)次第(しだい)(おとろ)へてくる。015されど(かみ)御許(おゆる)しがないので、016(つち)一片(いつぺん)(くち)にすることはできぬ。017(ひざ)崎嶇(きく)たる巌上(がんじやう)静坐(せいざ)せることとて、018(これ)くらゐ(いた)くて(くる)しいことはない。019寒風(かんぷう)肌身(はだみ)()るやうであつた。
020 自分(じぶん)がふと(そら)をあふぐ途端(とたん)に、021(まつ)(つゆ)がポトポトと雨後(うご)(かぜ)()られて、022自分(じぶん)唇辺(くちびる)()ちかかつた。023何心(なにごころ)なくこれを()めた。024ただ一滴(いつてき)松葉(まつば)(つゆ)のその(あぢ)は、025甘露(かんろ)とも(なん)ともたとへられぬ美味(おいし)さであつた。
026 これを(かんが)へてみても、027結構(けつこう)(みづ)()にかけ()(わか)して、028(ぬる)いの(あつ)いのと、029小言(こごと)()つてゐるくらゐ勿体(もつたい)ないことはない。
030 草木(くさき)()一枚(いちまい)でも、031神様(かみさま)御許(おゆる)しが()ければ、032(いただ)くことはできず、033衣服(いふく)(なに)ほど()つてをつても、034神様(かみさま)御許(おゆる)しなき以上(いじやう)()ることもできず、035あたかも餓鬼道(がきだう)修業(しうげふ)であつた。036そのお(かげ)によつて(みづ)(おん)()り、037衣食住(いしよくぢう)大恩(たいおん)(さと)り、038贅沢(ぜいたく)なぞは(ゆめ)にも(おも)はず、039どんな苦難(くなん)()ふも(おどろ)かず、040(かな)しまず、041いかなる反対(はんたい)や、042熱罵(ねつば)嘲笑(てうせう)も、043ただ勿体(もつたい)ない、044有難(ありがた)有難(ありがた)いで、045平気(へいき)で、046社会(しやくわい)泰然自若(たいぜんじじやく)047感謝(かんしや)のみの生活(せいくわつ)(たのし)むことができるやうになつたのも、048(まつた)修行(しうぎやう)御利益(おかげ)である。
049 それについて今一(いまひと)衣食住(いしよくぢう)よりも、050人間(にんげん)にとつて(たふと)く、051有難(ありがた)いものは空気(くうき)である。052飲食物(いんしよくぶつ)十日(とうか)廿日(はつか)くらゐ(はい)したところで、053()ぬやうな(こと)はめつたにないが、054空気(くうき)はただの二三分間(にさんぷんかん)でも呼吸(こきふ)せなかつたならば、055ただちに()んでしまふより(みち)はない。056自分(じぶん)がこの修行中(しうぎやうちう)にも空気(くうき)呼吸(こきふ)することだけは(ゆる)されたのは、057神様(かみさま)無限(むげん)仁慈(じんじ)であると(おも)つた。
058 (ひと)衣食住(いしよくぢう)大恩(たいおん)()ると同時(どうじ)に、059空気(くうき)御恩(ごおん)感謝(かんしや)せなくてはならない。060しかし以上(いじやう)()べたるところは、061自分(じぶん)高熊山(たかくまやま)における修行(しうぎやう)の、062現界的(げんかいてき)すなはち肉体上(にくたいじやう)における神示(しんじ)修行(しうぎやう)である。063霊界(れいかい)における神示(しんじ)修行(しうぎやう)は、064到底(たうてい)前述(ぜんじゆつ)のごとき(かる)容易(ようい)なものではなかつた。065幾十倍(いくじふばい)とも幾百倍(いくひやくばい)ともしれぬ大苦難的(だいくなんてき)修練(しうれん)であつた。
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)