霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 幽庁(いうちやう)審判(しんぱん)〔七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第1篇 幽界の探険 よみ:ゆうかいのたんけん
章:第7章 第1巻 よみ:ゆうちょうのしんぱん 通し章番号:7
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
まずは、大王の許しを得て、自分は芙蓉仙人、産土の神と共に、幽庁の審判を傍聴することになった。
審判の法廷には、河を渡ってきた旅人が土下座になってかしこまっていたが、そこにはさまざまな国の人間が混じっているのを認めた。
高座にある大王の容貌をふと見ると、恐ろしくものすごい顔になっていたので、思わずあっと驚いて倒れそうになったところを、芙蓉仙人と産土の神に支えられた。
裁判はただ、一人一人判決の言い渡しのみで次々と終了して行った。芙蓉仙人の説明によれば、大蛇の河を渡るときに、着衣の変色によって罪の大小軽重が明らかになるので、審理の必要がない、とのことであった。
審判を終えて、元の居間に戻ってきた大王のお顔は、また温和で慈愛に富んだ様子に戻っていた。
神諭にある艮の金神が、改心の出来た人には優しく現れるが、心に曇りがある人民には恐ろしい神として表れる、とあるのを拝読したとき、このときの幽庁の大王のことを思い出さずにはいられなかった。また、教祖の優美にして温和、慈愛に富めるご面貌は、大王のお顔を思い起こさせたのである。
大王が、これから幽界の修行を行うように、と告げると、産土の神は「よろしくお願い申し上げます」と述べて去っていった。また芙蓉仙人も大王に黙礼して退座された。
後には大王の前に自分だけが残されたが、すると再び大王の面貌は恐ろしく変わり、番卒がやってきると自分の白衣を脱がせて灰色の着物に着せ替え、第一の門から突き出してしまった。
辺りを見ると、枯れ草が氷の針のようになり、横の溝にはいやらしい虫が充満していた。後ろからは番卒が、鋭利な槍で突き刺そうと追ってくるので、やむを得ず前に進んでいった。
四五町行ったところで、橋のない深い広い河があった。のぞいてみると、旅人が落ちて体中を蛭がたかって血を吸われ、苦しんでいる。後からは鬼のような番卒が槍を持って追いかけてくる。
窮地にふと思い出した、産土神から授かった書を開いてみると、『天照大神、惟神霊幸倍坐世』としたためてある。自分は思わずこの神文を唱えると、身は大きな川の向こうへ渡っていた。
番卒はこれを見て、元の道を帰って行った。歩を進めると、にわかに寒気が酷烈となり、手足が凍えてどうすることもできない。
そこへ黄金色の光が現れ、はっと驚いて見る間に、光の玉が二三尺先に忽然と下ってきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0107
愛善世界社版:31頁 八幡書店版:第1輯 56頁 修補版: 校定版:30頁 普及版:16頁 初版: ページ備考:
001 ここに大王(だいわう)聴許(ちやうきよ)をえて、002自分(じぶん)産土神(うぶすなのかみ)003芙蓉仙人(ふようせんにん)とともに審判廷(しんぱんてい)傍聴(ばうちやう)をなすことを()た。004(あふ)()るばかりの高座(かうざ)には大王(だいわう)出御(しゆつぎよ)あり、005二三尺(にさんじやく)(した)()には、006形相(ぎやうさう)すさまじき冥官(めいくわん)らが列座(れつざ)してゐる。007最下(さいか)審判廷(しんぱんてい)には数多(あまた)(もの)土下座(どげざ)になつて(かしこ)まつてゐる。008()わたせば自分(じぶん)につづいて大蛇(をろち)(かは)をわたつてきた旅人(たびびと)も、009(はや)すでに多数(たすう)(もの)(なか)()じりこんで審判(しんぱん)()(わた)しを()つてゐる。010日本人(にほんじん)ばかりかと(おも)へば、011支那人(しなじん)012朝鮮人(てうせんじん)013西洋人(せいやうじん)なぞも沢山(たくさん)にゐるのを()た。014自分(じぶん)はある川柳(せんりう)に、
015唐人(たうじん)()()みにせぬ地獄(ぢごく)()
016といふのがある、017それを(おも)ひだして、018この光景(くわうけい)(あや)しみ、019仙人(せんにん)耳語(じご)してその(ゆゑ)(たづ)ねた。020(なん)(おも)つたか、021仙人(せんにん)(かしら)左右(さいう)()つたきり、022一言(ひとこと)(こた)へてくれぬ。023自分(じぶん)(しひ)(たづ)ねることを(ひか)へた。
024 ふと大王(だいわう)容貌(ようばう)()ると、025アツと(おどろ)いて(たふ)れむばかりになつた。026そこを産土(うぶすな)(かみ)仙人(せんにん)とが左右(さいう)から(ささ)へて(くだ)さつた。027もしこのときに二柱(ふたはしら)御介抱(ごかいはう)がなかつたら、028自分(じぶん)気絶(きぜつ)したかも()れぬ。029(いま)まで温和(おんわ)優美(いうび)にして(をか)すべからざる威厳(ゐげん)(そな)へ、030(うる)はしき無限(むげん)(ゑみ)をたたへたまひし大王(だいわう)形相(ぎやうさう)は、031たちまち真紅(しんく)(へん)じ、032()非常(ひじやう)巨大(きよだい)に、033(くち)(みみ)のあたりまで引裂(ひきさ)け、034口内(こうない)より火焔(くわえん)(した)()きたまふ。035冥官(めいくわん)また(おな)じく形相(ぎやうさう)すさまじく、036(おもて)をあげて()(あた)はず、037審判廷(しんぱんてい)はにはかに物凄(ものすご)さを()してきた。
038 大王(だいわう)中段(ちゆうだん)()せる冥官(めいくわん)一人(ひとり)手招(てまね)きしたまへば、039冥官(めいくわん)かしこまりて御前(ごぜん)()づ。040大王(だいわう)冥官(めいくわん)一巻(いつくわん)書帳(しよちやう)(さづ)けたまへば、041冥官(めいくわん)うやうやしく(おし)いただき(もと)()(かへ)りて、042一々(いちいち)罪人(ざいにん)姓名(せいめい)()びて判決文(はんけつぶん)朗読(らうどく)するのである。043番卒(ばんそつ)順次(じゆんじ)()ばれたる罪人(ざいにん)()きたてて幽廷(いうてい)退(しりぞ)く。044現界(げんかい)裁判(さいばん)のごとく予審(よしん)だの、045控訴(こうそ)だの、046大審院(だいしんゐん)だのといふやうな設備(せつび)もなければ、047弁護人(べんごにん)もなく、048(たん)判決(はんけつ)()(わた)しのみで、049きはめて簡単(かんたん)である。050自分(じぶん)仙人(せんにん)(かへり)みて、
051(なに)ゆゑに冥界(めいかい)審判(しんぱん)()くのごとく簡単(かんたん)なりや』
052(たづ)ねた。053仙人(せんにん)(こた)へて、
054人間界(にんげんかい)裁判(さいばん)(つね)誤判(ごはん)がある。055人間(にんげん)(かたち)()へぬものには一切(いつさい)駄目(だめ)である。056ゆゑに幾度(いくど)慎重(しんちよう)審査(しんさ)せなくてはならぬが、057冥界(めいかい)審判(しんぱん)三世(さんぜ)洞察(どうさつ)自在(じざい)(かみ)審判(しんぱん)なれば、058(なに)ほど簡単(かんたん)であつても毫末(がうまつ)過誤(くわご)はない。059また(つみ)軽重(けいちよう)大小(だいせう)は、060大蛇川(をろちがは)(わた)るとき着衣(ちやくい)変色(へんしよく)によりて明白(めいはく)(はん)ずるをもつて、061ふたたび審判(しんぱん)必要(ひつえう)絶無(ぜつむ)なり』
062(をし)へられた。063一順(いちじゆん)()(わた)しがすむと、064大王(だいわう)はしづかに()()ちて、065(もと)御居間(ごゐま)(かへ)られた。066自分(じぶん)もまた(ふたた)大王(だいわう)御前(ごぜん)(せう)ぜられ、067(おそ)(おそ)(かほ)()げると、068コハそもいかに、069(いま)までの(おそ)ろしき形相(ぎやうさう)跡形(あとかた)もなく(かは)らせたまひて、070また(もと)温和(おんわ)にして慈愛(じあい)()める、071(うる)はしき御面貌(ごめんばう)(かへ)つてをられた。072神諭(しんゆ)に、
073因縁(いんねん)ありて、074(むかし)から鬼神(おにがみ)()はれた、075(うしとら)金神(こんじん)のそのままの御魂(みたま)であるから、076改心(かいしん)のできた、077(まこと)人民(じんみん)(まへ)(まゐ)りたら、078結構(けつこう)な、079いふに()はれぬ、080(やさ)しき(かみ)であれども、081ちよつとでも、082(こころ)身欲(みよく)がありたり、083慢神(まんしん)いたしたり、084思惑(おもわく)がありたり、085(かみ)敵対心(てきたいごころ)のある人民(じんみん)が、086(そば)()(まゐ)りたら、087すぐに相好(さうがう)(かは)りて、088(おに)か、089大蛇(をろち)のやうになる(こわ)身魂(みたま)であるぞよ』
090(しめ)されてあるのを(はじ)めて(はい)したときは、091どうしても、092今度(こんど)冥界(めいかい)にきたりて大王(だいわう)対面(たいめん)したときの光景(くわうけい)を、093(おも)()さずにはをられなかつた。094また教祖(けうそ)をはじめて拝顔(はいがん)したときに、095その優美(いうび)にして温和(おんわ)096かつ慈愛(じあい)()める御面貌(ごめんばう)()て、097大王(だいわう)御顔(おかほ)(おも)()さずにはをられなかつた。
098 大王(だいわう)()より()つて自分(じぶん)()(かた)(にぎ)りながら、099両眼(りやうがん)(なみだ)をたたへて、
100三葉殿(みつばどの)御苦労(ごくろう)なれど、101これから冥界(めいかい)修業(しうげふ)実行(じつかう)をはじめられよ。102顕幽(けんいう)両界(りやうかい)のメシヤたるものは、103メシヤの実学(じつがく)(なら)つておかねばならぬ。104()なりと(しん)ぜたいは山々(やまやま)なれど、105()(みづ)修行中(しうぎやうちう)には禁制(きんせい)である。106さて一時(いちじ)(はや)実習(じつしう)にかかられよ』
107御声(みこゑ)さへも湿(しめ)らせたまふた。108ここで産土(うぶすな)(かみ)大王(だいわう)に、
109何分(なにぶん)よろしく御頼(おたの)(まを)()げます』
110(あふ)せられたまま、111(あと)をもむかず(ふたた)(たか)(くも)()りて、112いづれへか(かへ)つてゆかれた。
113 仙人(せんにん)もまた大王(だいわう)黙礼(もくれい)して、114自分(じぶん)には(なに)()はず早々(さうさう)退座(たいざ)せられた。115(あと)()りのこされた自分(じぶん)(すこ)しく狼狽(らうばい)(てい)であつた。116大王(だいわう)御面相(ごめんさう)は、117俄然(がぜん)一変(いつぺん)してその()(かがみ)のごとく(ひか)(かがや)き、118(くち)(みみ)まで()け、119ふたたび(おもて)()けることができぬほどの(おそ)ろしさ。120そこへ(さき)ほどの冥官(めいくわん)番卒(ばんそつ)引連(ひきつ)()たり、121たちまち自分(じぶん)白衣(びやくい)()がせ、122灰色(はひいろ)衣服(いふく)着替(きがへ)させ、123第一(だいいち)(もん)から()()してしまつた。
124 ()()されて四辺(あたり)()れば、125一筋(ひとすぢ)(きたな)(ほそ)道路(みち)枯草(かれくさ)(ふさ)がり、126その枯草(かれくさ)(みな)(こほり)(はり)のやうになつてゐる。127(あと)へも(かへ)れず、128(すす)むこともできず、129(よこ)へゆかうと(おも)へば、130(ふか)(ひろ)(みぞ)()つてあり、131その(みぞ)(なか)には、132(おそ)ろしい(いや)らしい(むし)充満(じゆうまん)してゐる。133自分(じぶん)(すす)みかね、134思案(しあん)にくれてゐると、135(そら)には真黒(まつくろ)(あや)しい(くも)(あら)はれ、136(くも)(あひだ)から(おそ)ろしい(おに)のやうな(もの)(にら)みつめてゐる。137(あと)からは(こわ)(かほ)した柿色(かきいろ)法被(はつぴ)()冥卒(めいそつ)が、138穂先(ほさき)十字形(じふじがた)をなした鋭利(えいり)(やり)をもつて()()さうとする。139()むをえず()げるやうにして(すす)みゆく。
140 四五丁(しごちやう)ばかり()つた(ところ)に、141(はし)のない(ふか)(ひろ)(かは)がある。142何心(なにごころ)なく(のぞ)いてみると、143何人(なにびと)とも見分(みわ)けはつかぬが、144(きたな)()とも(うみ)ともわからぬ(みづ)()ちて、145身体中(からだぢゆう)(ひる)(たか)つて空身(あきみ)()(ところ)まで()()うてゐる。146旅人(たびびと)(くるし)さうな(かな)しさうな(こゑ)でヒシつてゐる。147自分(じぶん)もこの(みぞ)()えねばならぬが、148(つばさ)なき()如何(いか)にして()(ひろ)(ふか)(みぞ)()()えられやうか。149(あと)からは(あか)(かほ)した番卒(ばんそつ)が、150(おに)相好(さうがう)()つて鋭利(えいり)(やり)をもつて突刺(つきさ)さうとして()ひかけてくる。151進退(しんたい)これきはまつて、152()くにも()けず煩悶(はんもん)してをつた。153にはかに(おも)()したのは、154(さき)ほど産土(うぶすな)(かみ)から(さづ)かつた一巻(いつくわん)(しよ)である。155懐中(くわいちゆう)より取出(とりだ)()しいただき(ひら)いて()ると、156(かしこ)くも『天照大神(あまてらすおほかみ)157惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)』と筆蹟(ふであと)158墨色(すみいろ)ともに、159(うる)はしく(あざや)かに(したた)めてある。160自分(じぶん)(おも)はず()らず『天照大神(あまてらすおほかみ)161惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)』と(とな)へたとたんに、162()(みぞ)(むか)ふへ(わた)つてをつた。
163 番卒(ばんそつ)はスゴスゴと(もと)(みち)(かへ)つてゆく。164まづ一安心(ひとあんしん)して()(すす)めると、165にはかに寒気(かんき)酷烈(こくれつ)になり、166手足(てあし)(こご)えてどうすることも出来(でき)ぬ。167かかるところへ(あら)はれたのは黄金色(こがねいろ)(ひかり)であつた。168ハツと(おも)つて自分(じぶん)(おどろ)いて()てゐるまに、169(ひかり)(たま)脚下(きやくか)二三尺(にさんじやく)(ところ)に、170忽然(こつぜん)として(くだ)つてきた。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)