霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 二段目(にだんめ)水獄(すゐごく)〔一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第1篇 幽界の探険 よみ:ゆうかいのたんけん
章:第10章 第1巻 よみ:にだんめのすいごく 通し章番号:10
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
自分は寒さと寂しさに、「天照大神」の神号を唱えると、にわかに全身暖かくなり、芙蓉仙人が現れた。うれしくなって仙人に近寄ろうとすると、仙人は厳しい顔をなし、自分は第二の門を開くために来たのであり、近づかないようにと諭した。
ギィーという音がしたせつな、自分は第二の門内に投げ込まれていた。氷結した暗い道を地の底へと滑り込んでいった。前後左右に苦悶の声が聞こえる。たちまち足元がすべり、深い地底へ急転直落した。
全身を岩角に打って血みどろとなったが、神名を奉唱すると、自分の四辺だけが明るくなってきた。御神号を唱えて手に息をかけ、全身を撫でさすると、神徳たちまち現れて傷も痛みも全部回復した。
再び上の方でギィーと音がすると、十二三人の男女が転落して自分の足元に現れ、助けを求めた。比礼を振るとたちまち起き上がり、「三ツ葉様」と叫んで、泣きたてた。一同は氷の道をとぼとぼと自分の背後から着いてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0110
愛善世界社版:48頁 八幡書店版:第1輯 62頁 修補版: 校定版:47頁 普及版:25頁 初版: ページ備考:
001 自分(じぶん)(さむ)さと(さび)しさにただ一人(ひとり)002天照大神(あまてらすおほかみ)」の神号(しんがう)(とな)(たてまつ)ると、003にはかに全身(ぜんしん)(あたた)かくなり、004空中(くうちゆう)神光(しんくわう)(かがや)きわたる()もなく、005芙蓉仙人(ふようせんにん)眼前(がんぜん)(あら)はれた。006あまりの(うれ)しさに近寄(ちかよ)抱付(だきつ)かうとすれば、007仙人(せんにん)はつひに()たこともない険悪(けんあく)顔色(かほいろ)をして、
008『いけませぬ。009大王(だいわう)(めい)なれば、010三ツ葉殿(みつばどの)011(われ)近寄(ちかよ)つては(いま)までの修業(しうげふ)水泡(すいはう)()すべし。012これにて一段目(いちだんめ)大略(たいりやく)探険(たんけん)されしならむ。013第二段(だいにだん)門扉(もんぴ)(ひら)くために()たれり』
014()ひも(をは)らぬに、015(はや)くもギイーと(あや)しい(おと)がした一刹那(いちせつな)016自分(じぶん)門内(もんない)投込(なげこ)まれてゐた。017仙人(せんにん)(かげ)はそこらに()い。
018 ヒヤヒヤとする氷結(ひようけつ)した(くら)(みち)(こけ)(まろ)びつ、019()(そこ)()(そこ)へとすべりこんだ。020暗黒(あんこく)何一(なにひと)()えぬが、021前後(ぜんご)左右(さいう)(なん)とも()へぬ苦悶(くもん)(こゑ)がする。022はるか前方(まへ)に、023(をんな)(くる)しさうな(さけ)(ごゑ)(きこ)える。024血醒(ちなまぐ)さい臭気(しうき)(はな)()いて、025(むね)(わる)くて嘔吐(おうと)(もよほ)してくる。026たちまち脚元(あしもと)がすべつて、027何百間(なんびやくけん)とも()れぬやうな(ふか)地底(ちてい)急転(きふてん)直落(ちよくらく)した。028(こし)(あし)(あたま)(かほ)岩角(いはかど)()たれて血塗(ちみどろ)になつた。029神名(しんめい)奉唱(ほうしやう)すると、030自分(じぶん)四辺(しへん)数十間(すうじつけん)ばかりがやや(あか)るくなつてきた。031自分(じぶん)身体(しんたい)一面(いちめん)(きず)()(おほ)いに(おどろ)き「惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)」を二度(にど)繰返(くりかへ)して、032()(いき)をかけ全身(ぜんしん)()でさすつてみた。033神徳(しんとく)たちまち(あら)はれ、034(きず)(いた)みも全部(ぜんぶ)恢復(くわいふく)した。035ただちに大神様(おほかみさま)拍手(はくしゆ)感謝(かんしや)した。036言霊(ことたま)神力(しんりき)四辺(しへん)(とほ)(やみ)()れわたり、037にはかに陽気(やうき)づいてきた。
038 (ふたた)(うへ)(はう)で、039ギイーと(おと)がした瞬間(しゆんかん)に、040十二三人(じふにさんにん)男女(だんぢよ)転落(てんらく)して自分(じぶん)脚下(あしもと)(あら)はれ、041(たす)けて(たす)けて」としきりに合掌(がつしやう)する。042自分(じぶん)比礼(ひれ)をその頭上(づじやう)()がけて()つてやると、043たちまち()きあがり「三ツ葉様(みつばさま)」と(さけ)んで、044一同(いちどう)(こゑ)(あは)して()きたてる。045一同(いちどう)(なか)には宗教家(しうけうか)046教育家(けういくか)047思想家(しさうか)048新聞(しんぶん)雑誌(ざつし)記者(きしや)049薬種商(やくしゆしやう)050医業者(いげふしや)(まじ)つてゐた。051一同(いちどう)(こほり)(みち)をとぼとぼと自分(じぶん)背後(はいご)からついてくる。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)