霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 顕幽(けんいう)一致(いつち)〔一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第2篇 幽界より神界へ よみ:ゆうかいよりしんかいへ
章:第12章 第1巻 よみ:けんゆういっち 通し章番号:12
口述日:1921(大正10)年02月08日(旧01月01日) 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高熊山山中における顕界と霊界の修行の実践を、大略述べてみたが、述べた部分は実はほんの一小部分にしかすぎない。
すべて宇宙の一切は顕幽一致、善悪一如である。絶対の善もなく、絶対の悪もない。絶対の極楽もなければ、絶対の苦患もない。
根底の国に堕ちて苦悩を受けるのは、自己の身魂から産出した報いなのである。
顕界の者の霊魂は常に霊界に通じ、霊界からは常に顕界と交通を保っている。これは、幾百千万年といえども、変わることはない。
天国浄土と娑婆社会は、本質はまったく同じである。ただ、その本然の性質を十分に発揮して適当な活動をするかしないかで、神俗、浄穢、正邪、善悪が分かれるのである。
あることも天下公共のためにすれば善であり、私有のためにすれば悪ともなる。
神は一切万有を済度しようとする。凡俗は我が妻子眷属のみを愛すだけである。人の身魂そのものは、本来は神である。したがって、宇宙大に活動できる天賦の本能を備えているのである。この天賦の本質である、智、愛、勇、親を開発し、実現するのが人生の本分である。
肉体を捨てず、苦あり悪ある現実社会を離れず、これを美化して天国浄土を目の前に実現させる。これが自分が考える神性の成就であり、目的とするところである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0112
愛善世界社版:55頁 八幡書店版:第1輯 65頁 修補版: 校定版:55頁 普及版:29頁 初版: ページ備考:
001 自分(じぶん)高熊山中(たかくまさんちゆう)における、002顕界(けんかい)と、003霊界(れいかい)修業(しうげふ)(あひだ)に、004(した)しく実践(じつせん)したる大略(たいりやく)一端(いつたん)略述(りやくじゆつ)してみたのは、005(ほん)一小部分(いちせうぶぶん)()ぎない。
006 すべて宇宙(うちう)一切(いつさい)は、007顕幽一致(けんいういつち)008善悪一如(ぜんあくいちによ)にして、009絶対(ぜつたい)(ぜん)もなければ、010絶対(ぜつたい)(あく)もない。011(したが)つてまた、012絶対(ぜつたい)極楽(ごくらく)もなければ、013絶対(ぜつたい)苦艱(くかん)もないといつて()いくらゐだ。014歓楽(くわんらく)(うち)艱苦(かんく)があり、015艱苦(かんく)(うち)歓楽(くわんらく)のあるものだ。016ゆゑに()(くに)017(そこ)(くに)()ちて、018無限(むげん)苦悩(くなう)()けるのは、019(えう)するに、020自己(じこ)身魂(みたま)より産出(さんしゆつ)したる(むく)いである。021また顕界(けんかい)(もの)霊魂(みたま)が、022(つね)霊界(れいかい)(つう)じ、023霊界(れいかい)からは、024(つね)顕界(けんかい)交通(かうつう)(たも)ち、025幾百千万年(いくひやくせんまんねん)といへども(かは)ることはない。026神諭(しんゆ)に、027……天国(てんごく)地獄(ぢごく)(みな)自己(じこ)身魂(みたま)より顕出(けんしゆつ)する。028(ゆゑ)()(なか)には悲観(ひくわん)(はな)れた楽観(らくくわん)はなく、029罪悪(ざいあく)別立(べつりつ)したる真善美(しんぜんび)もない。030苦痛(くつう)(のぞ)いては、031(しん)快楽(くわいらく)(もと)められるものでない。032また凡夫(ぼんぶ)(ほか)(かみ)はない。033(げん)(かへ)ていへば善悪(ぜんあく)不二(ふじ)にして正邪一如(せいじやいちによ)である。034……仏典(ぶつてん)にいふ。035煩悩(ぼんなう)(そく)菩提(ぼだい)036生死(しやうじ)(そく)涅槃(ねはん)037娑婆(しやば)(そく)浄土(じやうど)038仏凡(ぶつぼん)本来(ほんらい)不二(ふじ)」である。039(かみ)(みち)からいへば「神俗(しんぞく)本来(ほんらい)不二(ふじ)」が真理(しんり)である。
040 (ぶつ)大慈悲(だいじひ)といふも、041(かみ)(みち)(めぐ)(さち)はひといふも、042凡夫(ぼんぶ)欲望(よくばう)といふのも、043その本質(ほんしつ)においては(たい)した(かは)りはない。044凡俗(ぼんぞく)()てる性質(せいしつ)そのままが(かみ)であるといつてよい。045(かみ)()つてをらるる性質(せいしつ)全体(ぜんたい)が、046(みな)ことごとく凡俗(ぼんぞく)(そな)はつてをるといつてもよい。
047 天国(てんごく)浄土(じやうど)社会(しやくわい)娑婆(しやば)とは、048その本質(ほんしつ)において、049毫末(がうまつ)差異(さい)もないものである。050かくの(ごと)本質(ほんしつ)においては全然(ぜんぜん)同一(どういつ)のものでありながら、051(なに)ゆゑに神俗(しんぞく)052浄穢(じやうゑ)053正邪(せいじや)054善悪(ぜんあく)(わか)るるのであらうか。055(えう)するに()本然(ほんぜん)性質(せいしつ)十分(じふぷん)発揮(はつき)して、056適当(てきたう)なる活動(くわつどう)をすると、057せぬとの程度(ていど)(たい)して、058()したる仮定的(かていてき)符号(ふがう)()ぎないのだ。
059 善悪(ぜんあく)といふものは(けつ)して一定不変(いつていふへん)のものではなく、060(とき)(ところ)位置(ゐち)とによつて、061(ぜん)(あく)となり、062(あく)(ぜん)となることがある。
063 (みち)大原(たいげん)にいふ。064(ぜん)天下(てんか)公共(こうきよう)のために(しよ)し、065(あく)一人(ひとり)私有(しいう)(しよ)す。066正心徳行(せいしんとくかう)(ぜん)なり、067不正無行(ふせいむかう)(あく)なり」と。068(なに)ほど()(こと)といへども、069自己(じこ)一人(ひとり)私有(しいう)(ところ)するための(ぜん)は、070(けつ)して(しん)(ぜん)ではない。071たとへ少々(せうせう)ぐらゐ(あく)()つても、072天下(てんか)公共(こうきよう)のためになる(こと)なれば、073これは矢張(やはり)(ぜん)()はねばならぬ。074文王(ぶんわう)(ひと)たび(いか)つて天下(てんか)(おさ)まる。075(いか)るもまた()なり、076といふべしである。
077 これより()(かんが)ふる(とき)は、078(ちひ)さい悲観(ひくわん)()るに()らざるとともに、079勝論外道的(しようろんげだうてき)暫有的(ざんいうてき)小楽観(せうらくくわん)もいけない。080大楽観(だいらくくわん)大悲観(だいひくわん)とは結局(けつきよく)同一(どういつ)()するものであつて、081(かみ)大楽観者(だいらくくわんしや)であると同時(どうじ)に、082大悲観者(だいひくわんしや)である。
083 凡俗(ぼんぞく)(せう)なる悲観者(ひくわんしや)であり、084また(せう)なる楽観者(らくくわんしや)である。085社会(しやくわい)086娑婆(しやば)087現界(げんかい)は、088小苦小楽(せうくせうらく)境界(きやうがい)であり、089霊界(れいかい)は、090大楽大苦(だいらくだいく)位置(ゐち)である。091理趣経(りしゆきやう)には、092大貪大痴(だいとんだいち)()三摩地(さんまぢ)093()浄菩提(じやうぼだい)094淫欲是道(いんよくぜだう)」とあつて、095いはゆる当相即道(たうさうそくだう)真諦(しんたい)である。
096 禁欲(きんよく)主義(しゆぎ)はいけぬ、097恋愛(れんあい)神聖(しんせい)であるといつて、098しかも(これ)自然主義的(しぜんしゆぎてき)099本能的(ほんのうてき)で、100すなはち自己(じこ)同大(どうだい)程度(ていど)決行(けつかう)し、101満足(まんぞく)せむとするのが凡夫(ぼんぶ)である。102これを拡充(くわくじゆう)して宇宙大(うちうだい)実行(じつかう)するのが(かみ)である。
103 (かみ)三千世界(さんぜんせかい)蒼生(さうせい)は、104(みな)わが愛子(あいじ)となし、105一切(いつさい)万有(ばんいう)済度(さいど)せむとするの、106大欲望(だいよくばう)がある。107凡俗(ぼんぞく)はわが妻子(さいし)眷属(けんぞく)のみを(あい)し、108すこしも()(かへり)みないのみならず、109自己(じこ)のみが満足(まんぞく)し、110()()らざるの小貪欲(せうとんよく)(ほしいまま)にするものである。111(ひと)身魂(みたま)そのものは本来(ほんらい)(かみ)である。112ゆゑに宇宙大(うちうだい)活動(くわつどう)()べき、113天賦的(てんぷてき)本能(ほんのう)具備(ぐび)してをる。114それで()天賦(てんぷ)本質(ほんしつ)なる、115()116(あい)117(ゆう)118(しん)開発(かいはつ)し、119実現(じつげん)するのが人生(じんせい)本分(ほんぶん)である。120これを善悪(ぜんあく)標準論(へうじゆんろん)よりみれば、121自我(じが)実現(じつげん)主義(しゆぎ)とでもいふべきか。122吾人(ごじん)善悪(ぜんあく)両様(りやうやう)動作(どうさ)が、123社会(しやくわい)人類(じんるゐ)のため済度(さいど)のために、124そのまま賞罰(しやうばつ)二面(にめん)大活動(だいくわつどう)(てい)するやうになるものである。125この(だい)なる威力(ゐりよく)活動(くわつどう)とが、126すなはち(かみ)であり、127いはゆる自我(じが)宇宙的(うちうてき)拡大(くわくだい)である。
128 いづれにしても、129この分段(ぶんだん)生死(しやうじ)肉身(にくしん)130有漏雑染(うろざつせん)識心(しきしん)()てず、131また苦穢濁悪(くゑじよくあく)不公平(ふこうへい)なる現社会(げんしやくわい)(はな)れずして、132ことごとく(これ)美化(びくわ)し、133楽化(らくくわ)し、134天国(てんごく)浄土(じやうど)眼前(がんぜん)実現(じつげん)せしむるのが、135吾人(ごじん)成神観(せいしんくわん)であつて、136また一大(いちだい)眼目(がんもく)とするところである。
137大正一〇・二・八 王仁
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)