霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 神界(しんかい)旅行(りよかう)の二〔一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第2篇 幽界より神界へ よみ:ゆうかいよりしんかいへ
章:第15章 第1巻 よみ:しんかいりょこう(二) 通し章番号:15
口述日:1921(大正10)年10月18日(旧09月18日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
先は自分の間違いであったことを悟り、心を改めて一直線に神界への旅路についた。神言を唱えながら歩いていき、「幸」という男と「琴」という女が道連れになった。
細い道が幾筋となく展開するところに出た。自分はどの道を選んだらよいか、途方にくれたが、その中で正中と思われる小路を選んだ。橋をいくつも渡ったが、ある橋にさしかかると、真っ黒な四足の動物が現れて、自分を橋の下の川に投げ込んでしまった。
道に沿って溝を泳いで戻り、元の道まで引き返してきた。真っ黒な動物が追いかけてきたが、二匹の白狐が追い払った。再び道を選び、今度は三人が別々の道を進んだ。
山の中腹にさしかかり、大きな滝に出くわした。その滝で身を清めようと打たれてみると、自分の姿は大蛇になってしまった。すると、「琴」という女も大蛇の姿になって苦しんでいるのを見た。
山が急に海に変わると、「琴」の大蛇はものすごい勢いで行ってしまった。すると海も川もなくなって、自分は元の道の別れている場所に戻っていた。
今度は一番細い道を行くと、病人が狸を拝んでいたので、鎮魂で狸を追い払った。病人たちは感謝して喜び、取りすがってきたので一歩も進むことができない。天の声に促されて天の岩笛を吹くと、何もかも消えて、広い平坦な場所に進んでいた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0115
愛善世界社版:74頁 八幡書店版:第1輯 72頁 修補版: 校定版:74頁 普及版:39頁 初版: ページ備考:
001 神界(しんかい)旅行(りよかう)(おも)つたのは自分(じぶん)間違(まちが)ひであつたことを(さと)り、002今度(こんど)(こころ)(あらた)め、003好奇心(かうきしん)(いまし)一直線(いつちよくせん)神界(しんかい)旅路(たびぢ)についた。
004 (ほそ)道路(みち)をただ一人(ひとり)005(あし)をはやめて側眼(わきめ)もふらず、006神言(かみごと)(とな)へながら(すす)()く。007そこへ「(かう)」といふ二十才(にじつさい)くらゐの(をとこ)と「(こと)」といふ二十二才(にじふにさい)ばかりの(をんな)とが突然(とつぜん)(あら)はれて、008自分(じぶん)(あと)になり(まへ)になつて()いてくる。009そのとき自分(じぶん)非常(ひじやう)(ちから)()たやうに(おも)ふた。
010 その(をんな)(はう)(いま)幽体(いうたい)となり、011(をとこ)(はう)はある由緒(ゆいしよ)ある神社(じんじや)に、012神官(しんくわん)として(つか)へてをる。013その両人(りやうにん)には小松林(こまつばやし)014正守(まさもり)といふ二柱(ふたはしら)守護神(しゆごじん)付随(ふずゐ)してゐた。015そして小松林(こまつばやし)はある時期(じき)において、016ある肉体(にくたい)とともに神界(しんかい)(はたら)くことになられた。
017 (ほそ)道路(みち)はだんだん(ひろ)くなつて、018そしてまた()くに(したが)つてすぼんで(ほそ)道路(みち)になつてきた。019たとへば(あふぎ)をひろげて(てん)(てん)とを(あは)せたやうなものである。020(あふぎ)(ほね)のやうな道路(みち)は、021幾条(いくすじ)となく展開(てんかい)してゐる。022そのとき自分(じぶん)はどの道路(みち)(えら)んでよいか途方(とはう)()れざるを()なかつた。023その道路(みち)(あふぎ)(ほね)(ほね)との隙間(すきま)のやうに、024両側(りやうがわ)には非常(ひじやう)(ふか)溝渠(みぞ)()られてあつた。
025 (みづ)(うつく)しく、026(てん)(あを)く、027非常(ひじやう)愉快(ゆくわい)であるが、028さりとて(すこ)しも油断(ゆだん)はできぬ。029油断(ゆだん)をすれば()ちこむ(おそ)れがある。030自分(じぶん)高天原(たかあまはら)()道路(みち)は、031平々坦々(へいへいたんたん)たるものと(おも)ふてゐたのに、032かかる迷路(めいろ)危険(きけん)(おほ)いのには(おどろ)かざるを()ない。033その(なか)でまづ正中(せいちゆう)(おも)小径(こみち)(えら)んで(すす)むことにした。
034 見渡(みわた)すかぎり(やま)もなく、035(なに)もない(うつく)しい平原(へいげん)である。036その道路(みち)()くと(いく)つともなく種々(しゆじゆ)(はし)()けられてあつた。037(なか)には荒廃(くわうはい)した(あぶ)ないものもある。038さういふのに出会(でくは)した(とき)は、039天照大神(あまてらすおほかみ)」の御神名(ごしんめい)(とな)へて、040一足(いつそく)()びに()()したこともあつた。
041 そこへ突然(とつぜん)として(あら)はれたのが白衣(びやくい)男女(だんぢよ)である。042()るまに白狐(びやくこ)姿(すがた)(かは)つてしまつた。043(こと)」と「(かう)」との二人(ふたり)(おな)じくついてきた。044(いそ)いで()くと、045突然(とつぜん)また(はし)のあるところにきた。046(はし)(たもと)から真黒(まつくろ)四足動物(よつあし)四五頭(しごとう)(あら)はれて、047いきなり自分(じぶん)(はし)(した)(ふか)(かは)(はう)()んでしまつた。048二人(ふたり)(つれ)も、049(とも)(かは)(はう)りこまれた。
050 自分(じぶん)道路(みち)左側(ひだりがは)(みぞ)(およ)ぐなり、051二人(ふたり)(みち)右側(みぎがは)(みぞ)(およ)いで、052(もと)道路(みち)まできた。053(まへ)動物(どうぶつ)(おひ)かけ()たり、054また()びつかうと(ねら)ふその(とき)055たちまち二匹(にひき)白狐(びやくこ)(あら)はれて動物(どうぶつ)()(はら)つた。056三人(さんにん)はもとの扇形(あふぎがた)(ところ)(かへ)り、057衣服(いふく)(かわ)かして休息(きうそく)した。058その(とき)非常(ひじやう)なる(おほ)きな太陽(たいやう)(あら)はれて、059(またた)くまに(かわ)いてしまつた。060三人(さんにん)(おも)はず合掌(がつしやう)して、061天照大神(あまてらすおほかみ)」の御名(おんな)(とな)へて感謝(かんしや)した。
062 今度(こんど)三人(さんにん)各自(かくじ)(こと)なる道路(みち)をとつて(すす)んだ。063(かう)」といふ(をとこ)左側(ひだりがは)(はし)を、064(こと)」といふ(をんな)右側(みぎがは)道路(みち)をえらんだ。065それはまさかの(とき)066この(みち)なれば一方(いつぱう)平原(へいげん)(つづ)いてゐるから、067その(はう)()げるための用意(ようい)であつた。068自分(じぶん)中央(ちゆうあう)道路(みち)()けて()ツばかり(かたはら)道路(みち)(すす)んだ。069依然(いぜん)として両側(りやうがは)(みぞ)がある。070最前(さいぜん)失敗(しつぱい)()りて、071両側(りやうがは)前後(ぜんご)非常(ひじやう)注意(ちうい)(はら)つて(すす)んで()つた。072(よこ)にもまた沢山(たくさん)(みぞ)があり、073非常(ひじやう)堅固(けんご)石橋(いしばし)(かか)つてゐた。074不思議(ふしぎ)にも(いま)まで平原(へいげん)だと(おも)つてゐたのに中途(ちゆうと)からそれが(やま)になり、075(やま)また(やま)(つら)なつた場面(ばめん)(かは)つてゐる。
076 さうして()(やま)(かべ)のやうに屹立(きつりつ)し、077(かがみ)のやうに(ひか)つてゐるのみならず、078(すべ)つて(あし)をかける余地(よち)がない。079さりとて()(かへ)すのは残念(ざんねん)であると途方(とはう)にくれ、080ここに自分(じぶん)(うたが)ひはじめた。081これは高天原(たかあまはら)にゆく道路(みち)とは()けど、082(ある)ひは地獄(ぢごく)への道路(みち)間違(まちが)つたのではあるまいかと。083かう(うたが)つてみると、084どうしてよいか(わか)らず、085進退(しんたい)(きは)まり吐息(といき)をつきながら、086天照大神(あまてらすおほかみ)」の御名(みな)(とな)(まつ)り、087惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)」を三唱(さんしやう)した。
088 不思議(ふしぎ)にもその(やま)は、089(すこ)しなだらかになつて、090自分(じぶん)()らぬまに、091(やま)中腹(ちゆうふく)(たつ)してゐる。092(みき)(まは)一丈(いちぢやう)(あま)るやうな(まつ)や、093(すぎ)や、094(ひのき)(しげ)つてゐる山道(やまみち)を、095どんどん(すす)んで(のぼ)ると(おほ)きな瀑布(ばくふ)出会(でくは)した。096白竜(はくりゆう)(てん)(のぼ)るやうな(かたち)をしてゐる。
097 ともかくもその(たき)()(きよ)めたいと、098(ちか)よつて(はだか)になり(たき)()たれてみた。099たちまち自分(じぶん)姿(すがた)瀑布(たき)のやうな大蛇(だいじや)になつてしまつた。100自分(じぶん)はこんな姿(すがた)になつてしまつたことを、101非常(ひじやう)残念(ざんねん)(おも)つてゐると、102(した)(はう)から自分(じぶん)()大声(おほごゑ)()ぶものがある。103姿(すがた)真黒(まつくろ)大蛇(だいじや)であつて、104(かほ)は「(こと)」といふ(をんな)(かほ)であつた。105そして(くる)しさうに、106のた()ちまはつて()(くる)ふてゐた。107よくよく()ると(おほ)きな()(たま)血走(ちばし)つて巴形(ともゑがた)血斑(ちまだら)両眼(りやうがん)(しろ)いところに(あら)はれてゐた。108自分(じぶん)蛇体(じやたい)になりながら、109(をんな)(あは)れに(おも)(すく)ふてやりたいと(かんが)へてゐると、110その(やま)(きふ)大阪湾(おおさかわん)のやうな(うみ)(かは)つてしまつた。111そのうちに「(こと)(ぢよ)大蛇(だいじや)()()きながら、112非常(ひじやう)(いきほひ)で、113(なみ)(おこ)して海中(かいちゆう)水音(みづおと)たてて()()んだ。114自分(じぶん)(みづ)()きながら、115(あと)()ひかけて(おな)じく(うみ)()()つて(すく)ふてやらうとした。116されど、117あたかも(じふ)ノツトの軍艦(ぐんかん)で、118三十(さんじふ)ノツトの軍艦(ぐんかん)()ふやうに速力(そくりよく)(およ)ばぬところから、119だんだんかけ(はな)れて(すく)ふてやることができない。120そのうちに(くろ)大蛇(だいじや)はまつしぐらに(およ)いで(はる)かあなたへ()つて、121(くろ)(けむり)()つたと(おも)ふと姿(すがた)()えてしまつた。122さうすると不思議(ふしぎ)にも(うみ)(やま)もなくなつて、123自分(じぶん)はまた(もと)(あふぎ)(かなめ)(みち)(かへ)つてゐた。
124 今度(こんど)決心(けつしん)して一番(いちばん)(ほそ)道路(みち)()くことにした。125そこには(ひと)五六十人(ごろくじふにん)(おも)ふほど(あつ)まつてゐる。126()るに()(わる)いもの、127(あし)()たないもの、128(はら)(いた)むものや、129種々(しゆじゆ)病人(びやうにん)がゐて(なに)一生懸命(いつしやうけんめい)(いの)つてをる。
130 道路(みち)にふさがつて(なに)(をが)んでをるかと(おも)へば、131非常(ひじやう)(がふ)()古狸(ふるだぬき)人間(にんげん)(をが)んでをる。132その(たぬき)(おほ)きな坊主(ぼうず)()せてゐる。133(をが)んでゐるものは、134現体(げんたい)()つた人間(にんげん)ばかりであつた。135しかし一人(ひとり)病気(びやうき)にたいして(なん)効能(かうのう)もない。136自分(じぶん)(たぬき)坊主(ぼうず)にむかつて鎮魂(ちんこん)姿勢(しせい)をとると、137その姿(すがた)(けむり)のごとく()えてしまい、138すべての(ひと)(みな)(やまひ)()えた。139芙蓉仙人(ふようせんにん)()いてみれば、140古狸(ふるだぬき)(れい)が、141僧侶(そうりよ)(あら)はれて(ひと)(なや)まし、142そして自己(じこ)(をが)ましてゐたのであつた。143その(たぬき)(れい)()(はら)つたとともに衆人(しうじん)(すく)はれ、144盲人(まうじん)()え、145(びつこ)(あゆ)み、146(れい)畜生道(ちくしやうだう)仲間(なかま)()るのを(たす)かつたのである。
147 衆人(しうじん)非常(ひじやう)感謝(かんしや)して()いて(よろこ)び、148とり(すが)つて一歩(いつぽ)(すす)ましてくれぬ。149しかるに(てん)一方(いつぱう)からは「(すす)め、150すすめ」の(こゑ)(きこ)えるので、151(あま)石笛(いはぶえ)()くと、152(なに)()跡形(あとかた)もなく()えて、153(あふぎ)(かみ)のやうな(ひろ)平坦(へいたん)なところに(すす)んでゐた。
154大正一〇・一〇・一八 旧九・一八 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。