霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 神界(しんかい)旅行(りよかう)の四〔一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第2篇 幽界より神界へ よみ:ゆうかいよりしんかいへ
章:第17章 第1巻 よみ:しんかいりょこう(四) 通し章番号:17
口述日:1921(大正10)年10月19日(旧09月19日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神界の場面がたちまち一変し、また自分は元の大橋のたもとに立っていた。大祓詞の声が聞こえて来る方に行くと、五十がらみの爺と四十がらみの女が背中合わせにひっついて、天狗と稲荷をそれぞれ拝んでいた。
自分は神様にお願いして祝詞を奏上すると、二人の体は分離した。二人は感謝して神業に参加しようとしたが、男の方は強欲のために地獄に堕ちて肉体は滅びてしまった。
また光景が一変し、小さな十字街頭で、先ほど見た八つ頭八つ尾の霊が憑いた男が、車に乗るように進めてきたが、自分は断って徒歩で進んだ。
非常に険峻な山坂を三つ四つ越えると、そこには澄み切った河べりに、老いた松が青々と並んでいる景勝の地であった。自分はこここそ神界であると思った。またとぼとぼと進んでいくと、小さな町に出た。地形は蓮華台上にあり、高天原の中心と称してもよいような町であった。
山を下って少し北に進んだ小さな家で、かの幽庁におられた大王が、若い若い女の姿で自分を出迎えた。大王との再会を喜んで珍しい話を聞いていると、虎狼がうめくような声で祝詞が唱えられているのが聞こえた。
その祝詞の声であたりは暗黒に閉ざされ、「足」という鬼に「黒」という古狐が憑いているのが見えた。河からは大きな竜体が、どこからともなく悪魔が現れてきた。自分は「天照大御神」「産土神」を念じて祝詞を唱えると、一天にわかに晴れ渡った。
祝詞も悪魔の口から唱えられると、かえって世の中は混乱する。言霊は身も魂も清浄となった人が使ってはじめて、世の中を清めることができるのである。
自分は八衢に帰っていた。さきほどの鬼、狐、悪竜は自分を追ってきた。鬼は眷属を引き連れて自分を八方より襲撃し、口中から何十万本もの針を吹きかけた。しかし自分の体は神明の加護を受けており、何の影響もなかった。そのありがたさに感謝の祝詞を唱えると、すべての悪魔は消えてしまった。
「足」という鬼は、一見神に仕えるかのような服装をしていた。河から上ってきた竜は竜女に姿を変え、本来は大神御経綸に参加すべき身魂であった。しかし、「足」の鬼と肉体上の関係を結び、使命を台無しにしてしまった。
「足」の鬼は竜女と関係を持った罪のために滅びてしまった。
本来竜女は三千年の苦行を経て、ようやく人間として生まれてきたものであり、人間になった最初の一生は、男女の交わりを絶たなければ、再び竜体に堕ちてしまう。そのため、竜女を犯した者は竜神の祟りを受けて、末代まで苦しまなければならなくなるのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0117
愛善世界社版:90頁 八幡書店版:第1輯 78頁 修補版: 校定版:90頁 普及版:48頁 初版: ページ備考:
001 神界(しんかい)場面(ばめん)が、002たちまち一変(いつぺん)したと(おも)へば、003自分(じぶん)(また)もとの大橋(おほはし)(たもと)()つてゐた。004どこからともなくにはかに大祓詞(おほはらひ)(こゑ)(きこ)えてくる。005不思議(ふしぎ)なことだと(おも)ひながら、006二三丁(にさんちやう)辿(たど)つて()くと、007五十恰好(ごじふかつかう)(ぢい)さんと四十(しじふ)かつかうの(をんな)とが背中(せなか)(あは)せに引着(ひつつ)いて、008どうしても(はな)れられないでもがいてゐる。009(をとこ)(こゑ)をかぎりに天地金(てんちかね)(かみ)御名(みな)(とな)へてゐるが、010(をんな)一生懸命(いつしやうけんめい)合掌(がつしやう)して稲荷(いなり)(をが)んでゐる。011(をとこ)合掌(がつしやう)してゐる(そら)には、012(はな)(たか)天狗(てんぐ)(くも)(なか)(あら)はれて(ぢい)をさし(まね)いてゐる。013(をんな)のをがむ(はう)をみれば、014狐狸(こり)一生懸命(いつしやうけんめい)(やま)(なか)より手招(てまね)きしてゐる。015(をとこ)()かうとすると、016(をんな)背中(せなか)にぴつたりと自分(じぶん)背中(せなか)()ひついて、017()くことができない。018(をんな)もまた()かうとして身悶(みもだ)えすれども、019(れい)背中(せなか)密着(みつちやく)して(すす)むことができない。020一方(いつぱう)二歩(にほ)()つては後戻(あともど)り、021他方(たはう)二歩(にほ)()つては、022(また)あともどりといふ調子(てうし)で、023たがひに信仰(しんかう)(こと)にして(まよ)つてゐる。024自分(じぶん)はそこへ()つて、025惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)」と神様(かみさま)にお(ねが)ひして、026祝詞(のりと)奏上(そうじやう)した。027そのとき(わたくし)は、028自分(じぶん)ながらも(じつ)(すず)しい(きよ)らかな(こゑ)()たやうな()がした。
029 たちまち密着(みつちやく)してゐた両人(ふたり)身体(からだ)分離(ぶんり)することを()た。030(かれ)らは(おほ)いに自分(じぶん)(とく)として感謝(かんしや)()()べ、031どこまでも自分(じぶん)(したが)つて、
032神界(しんかい)御用(ごよう)(つと)めさしていただきます』
033約束(やくそく)した。034やがて(をとこ)(はう)肉体(にくたい)をもつて、035一度(いちど)()高天原(たかあまはら)(のぼ)つて神業(しんげふ)参加(さんか)しやうとした。036しかし(かれ)元来(ぐわんらい)強欲(がうよく)性情(たち)である(うへ)037憑依(ひようい)せる天狗(てんぐ)(れい)退散(たいさん)せぬため、038つひには盤古大神(ばんこだいじん)眷族(けんぞく)となり、039()高天原(たかあまはら)占領(せんりやう)(くわだ)て、040ために、041(れい)神譴(しんけん)(かうむ)りて地獄(ぢごく)()ち、042肉体(にくたい)二年後(にねんご)(ほろ)びてしまつた。043さうしてその(をんな)は、044(いま)なほ肉体(にくたい)(たも)つて(とほ)(かみ)(したが)ふてゐる。
045 この瞬間(しゆんかん)046自分(じぶん)()(まへ)光景(くわうけい)(たちま)一転(いつてん)した。047不思議(ふしぎ)にも自分(じぶん)はある(ちひ)さな十字街頭(じふじがいとう)()つてゐた。048そこへ(まへ)()八頭八尾(やつがしらやつを)(れい)()いた(をとこ)(くるま)()いてやつて()て、
049高天原(たかあまはら)にお(とも)させていただきますから、050どうかこの(くるま)にお()(くだ)さい』
051といふ。052しかし「自分(じぶん)神界(しんかい)修業(しうげふ)()なれば、053(くるま)になど()るわけにはゆかぬ」と(しひ)(ことわ)つた(うへ)054徒歩(とほ)でテクテク西(にし)西(にし)へと(あゆ)んで()つた。055非常(ひじやう)嶮峻(けんしゆん)山坂(やまさか)()()()えると、056やがてまた(ひろ)(きよ)(かは)のほとりに到着(たうちやく)した。057(かは)には(すみ)きつた清澄(せいちやう)(みづ)(なが)れてをり、058川縁(かはぶち)には老松(らうしやう)翠々(あをあを)(なら)んでゐる(じつ)景勝(けいしよう)()であつた。059自分(じぶん)はこここそ神界(しんかい)である、060こんな(ところ)(なが)らくゐたいものだといふ()がした。061また一人(ひとり)とぼとぼと(すす)んで()けば、062とある(ちひ)さい(まち)()た。063左方(さはう)(なが)むれば(ちひ)さな(をか)があり、064(やま)(むらさき)にして(かは)(おび)のやうに(なが)れ、065蓮華台上(れんげだいじやう)形容(けいよう)してよからうか、066高天原(たかあまはら)中心(ちゆうしん)(しよう)してよからうか、067自分(じぶん)はしばしその風光(ふうくわう)見惚(みと)れて、068そこを立去(たちさ)るに躊躇(ちうちよ)した。
069 (やま)(くだ)つて(すこ)しく(きた)(すす)んで()くと、070(ちひ)さな(いへ)()つかつた。071自分(じぶん)電気(でんき)吸着(すひつ)けらるるごとく、072(たちま)ちその門口(かどぐち)()いてゐた。073そこには不思議(ふしぎ)にも、074かの幽庁(いうちやう)にゐられた大王(だいわう)が、075(わか)(わか)(をんな)姿(すがた)(くわ)して自分(じぶん)出迎(でむか)へ、076やがて(ちひ)さい居間(ゐま)案内(あんない)された。077自分(じぶん)はこの大王(だいわう)との再会(さいくわい)(よろこ)んで、078いろいろの(めづ)らしい(はなし)しを()いてゐると、079にはかに(とら)(うな)るやうな、080また(おほかみ)(うめ)くやうな(こゑ)(きこ)えてきた。081よく(みみ)()まして()けば、082天津祝詞(あまつのりと)大祓(おほはらひ)祝詞(のりと)(こゑ)であつた。083それらの(こゑ)とともに四辺(あたり)次第(しだい)暗黒(あんこく)()()しきたり、084密雲(みつうん)濛々(もうもう)(とざ)して、085日光(につくわう)もやがては(まつた)()えなくなり、086暴風(ばうふう)にはかに()(おこ)つて、087(いへ)(たふ)れよ、088地上(ちじやう)のすべての(もの)()()れよとばかり(すさま)じき光景(くわうけい)となつた。089その濛々(もうもう)たる黒雲(こくうん)(なか)より「(あし)」といふ(ふる)(かほ)(おに)(あら)はれてきた。090それには「(くろ)」といふ古狐(ふるぎつね)がついてゐて、091下界(げかい)睥睨(へいげい)してゐる。092その(とき)にはかに河水(かはみづ)()りとどろき河中(かはなか)より(おほ)いなる竜体(りゆうたい)(あら)はれ、093またどこからともなく、094(なん)とも形容(けいよう)のしがたい悪魔(あくま)があらはれてきた。095大王(だいわう)居間(ゐま)附近(ふきん)も、096この(とき)すつかり暗黒(あんこく)となつて、097咫尺(しせき)すら(べん)じがたき(やみ)となり、098かの(やさ)しい大王(だいわう)姿(すがた)もまた暗中(あんちゆう)(ぼつ)してしまつた。099ただ()()ゆるは、100烈風中(れつぷうちゆう)()えなむとして(またた)いてゐる(ひと)つのかすかな燈光(とうくわう)ばかりである。101自分(じぶん)(いま)こそ(かみ)(いの)るべき(とき)であると不図(ふと)心付(こころづ)き、102天照大御神(あまてらすおほみかみ)」と「産土神(うぶすなのかみ)」をひたすらに(ねん)じ、103悠々(いういう)として祝詞(のりと)をすずやかな(こゑ)奏上(そうじやう)した。104一天(いつてん)にはかに()れわたり、105一点(いつてん)雲翳(うんえい)すらなきにいたる。
106 祝詞(のりと)はすべて神明(しんめい)(こころ)(やはら)げ、107天地人(てんちじん)調和(てうわ)をきたす結構(けつこう)神言(しんげん)である。108しかしその言霊(げんれい)円満清朗(ゑんまんせいろう)にして(はじ)めて一切(いつさい)汚濁(をだく)邪悪(じやあく)払拭(ふつしき)することができるのである。109悪魔(あくま)(くち)より(とな)へらるる(とき)はかへつて()(なか)はますます混乱(こんらん)悪化(あくくわ)するものである。110(けだ)悪魔(あくま)使用(しよう)する言霊(げんれい)世界(せかい)(きよ)める(ちから)なく、111欲心(よくしん)112嫉妬(しつと)113憎悪(ぞうを)114羨望(せんばう)115憤怒(ふんど)などの悪念(あくねん)によつて(にご)つてゐる結果(けつくわ)116天地(てんち)神明(しんめい)御心(みこころ)(そこな)ふにいたるからである。117それ(ゆゑ)118日本(にほん)言霊(ことたま)(さち)はふ(くに)といへども、119()(たましひ)本当(ほんたう)清浄(せいじやう)となつた(ひと)が、120その言霊(ことたま)使(つか)つて(はじ)めて、121()のなかを(きよ)めることができ()るのである。122これに(はん)して身魂(みたま)(けが)れた(ひと)言霊(ことたま)使(つか)へば、123その言霊(ことたま)には一切(いつさい)邪悪(じやあく)分子(ぶんし)(ふく)んでゐるから、124()(なか)はかへつて暗黒(あんこく)になるものである。
125 さて自分(じぶん)八衢(やちまた)(かへ)つてみると、126前刻(さつき)(おに)127(きつね)および(おほ)きな(りゆう)悪霊(あくれい)は、128自分(じぶん)(あと)から()つてきた。129(あし)」の(おに)は、130今度(こんど)(おほ)くの眷族(けんぞく)引連(ひきつ)()たり、131自分(じぶん)八方(はつぱう)より襲撃(しふげき)し、132おのおの口中(こうちゆう)より噴霧(ふんむ)のやうに幾十万本(いくじふまんぼん)とも(かぞ)へられぬほどの(はり)()きかけた。133しかし自分(じぶん)身体(からだ)神明(しんめい)加護(かご)()けてゐた。134あたかも鉄板(てつぱん)のやうに(はり)()(かへ)して(すこ)しの痛痒(つうよう)をも(かん)じない。135その有難(ありがた)さに感謝(かんしや)のため祝詞(のりと)()げた。136その(こゑ)に、137すべての悪魔(あくま)(けむり)のごとく消滅(せうめつ)して()えなくなつた。
138 ここで一寸(ちよつと)附言(ふげん)しておく。139(あし)」の(おに)といふのは烏帽子(ゑぼし)直垂(ひたたれ)着用(ちやくよう)して、140あたかも(かみ)(つか)へるやうな服装(ふくさう)をしてゐた。141しかし本来(ほんらい)非常(ひじやう)猛悪(まうあく)顔貌(がんばう)なのだが、142一見(いつけん)立派(りつぱ)容子(ようす)()をやつしてゐる。143また(かは)より(のぼ)れる(りゆう)は、144たちまち美人(びじん)()けてしまつた。145この竜女(りゆうぢよ)は、146竜宮界(りゆうぐうかい)大使命(だいしめい)()けてゐるものであつて、147大神(おほかみ)御経綸(ごけいりん)世界(せかい)改造(かいざう)運動(うんどう)参加(さんか)すべき身魂(みたま)であつたが、148(うつく)しい肉体(にくたい)(をんな)(へん)じて「(あし)」の(おに)肉体上(にくたいじやう)関係(くわんけい)(むす)神界(しんかい)使命(しめい)(だい)なしにしてしまつた。149竜女(りゆうぢよ)変化(かは)つたその肉体(にくたい)は、150現在(げんざい)()(のこ)つて(かは)をへだてて(かみ)(つか)へてゐる。151彼女(かのぢよ)竜女(りゆうぢよ)であるといふ証拠(しようこ)には、152その太腿(ふともも)(りゆう)(うろこ)三枚(さんまい)もできてゐる。153神界(しんかい)摂理(せつり)三界(さんかい)一貫(いつくわん)し、154(かなら)ずその(むく)いが()てくるものであるから、155神界(しんかい)大使命(だいしめい)()びたる竜女(りゆうぢよ)(をか)すことは、156神界(しんかい)としても現界(げんかい)としても、157末代(まつだい)(かみ)(いまし)めを()けねばならぬ。158(あし)」の(おに)はその神罰(しんばつ)により、159その肉体(にくたい)一子(いつし)(つんぼ)となり、160一女(いちぢよ)(かほ)一面(いちめん)菊石(あばた)(しやう)じ、161(みにく)(りゆう)葡匐(ほふく)するやうな痕跡(こんせき)をとどめてゐた。162さて一女(いちぢよ)まづ()し、163ついでその一子(いつし)(ほろ)んだ。164かれは(つみ)のために国常立尊(くにとこたちのみこと)谷底(たにぞこ)蹴落(けおと)され胸骨(きようこつ)(いた)めた結果(けつくわ)165霊肉(れいにく)ともに(ほろ)んでしまつた。166かくて「(あし)」の肉体(にくたい)もついに大神(おほかみ)懲戒(いましめ)(かうむ)り、167()()痩衰(やせおとろ)家計(かけい)困難(こんなん)(おちい)り、168肺結核(はいけつかく)()んで悶死(もんし)してしまつた。
169 以上(いじやう)一男(いちなん)一女(いちぢよ)は「(あし)」の前妻(ぜんさい)子女(しぢよ)であるが、170竜女(りゆうぢよ)と「(あし)」の(おに)との(あひだ)にも、171一男(いちなん)(うま)れた。172(あし)」の(おに)二人(ふたり)子女(しぢよ)(うしな)つたので、173(かれ)自分(じぶん)後継者(こうけいしや)として、174その(をとこ)()()てやうとする。175竜女(りゆうぢよ)(はう)でも、176自分(じぶん)肉体(にくたい)後継者(こうけいしや)としやうとして(あせ)つてゐる。177一方(いつぱう)竜女(りゆうぢよ)には厳格(げんかく)父母(ふぼ)があつた。178(かれ)らもその()自分(じぶん)(いへ)相続者(さうぞくしや)としやうとして(はな)さぬ。179(あし)」の(おに)(はう)無理(むり)にこれを(ひき)とらうとして、180一人(ひとり)肉体(にくたい)を、181(ふた)つに()きち()つて(ころ)してしまつた。182霊界(れいかい)でかうして引裂(ひきさ)かれて()んだ子供(こども)現界(げんかい)では、183(ちち)につけば(はは)にすまぬ、184(はは)につけば(ちち)にすまぬと、185煩悶(はんもん)結果(けつくわ)186肺結核(はいけつかく)()んで()んだのである。187かうして「(あし)」の(おに)(はう)霊肉(れいにく)ともに一族(いちぞく)断絶(だんぜつ)したが、188竜女(りゆうぢよ)(いま)後継者(こうけいしや)なしに寡婦(くわふ)孤独(こどく)生活(せいくわつ)(おく)つてゐる。
189 本来(ほんらい)竜女(りゆうぢよ)なるものは、190(うみ)極寒(ごくかん)極熱(ごくねつ)一千年(いつせんねん)苦行(くぎやう)し、191山中(さんちゆう)にまた一千年(いつせんねん)192(かは)にまた一千年(いつせんねん)修業(しうげふ)して、193はじめて人間界(にんげんかい)(うま)()づるものである。194その竜体(りゆうたい)より人間(にんげん)転生(てんしやう)した最初(さいしよ)一生涯(いつしやうがい)は、195(あま)になるか、196(かみ)(つか)へるか、197いづれにしても男女(だんぢよ)(まじは)りを()ち、198聖浄(きよらか)生活(せいくわつ)(おく)らねばならないのである。199もしこの禁断(きんだん)(をか)せば、200三千年(さんぜんねん)苦行(くぎやう)(みづ)(あわ)となつて(ふたた)竜体(りゆうたい)堕落(だらく)する。201(したが)つて竜女(りゆうぢよ)といふものは男子(だんし)との(まじは)りを(よろこ)ばず、202かつ美人(びじん)であり、203(まなこ)(するど)く、204身体(しんたい)のどこかに(うろこ)数片(すうへん)痕跡(こんせき)(とど)めてゐるものも(たま)にはある。205かかる竜女(りゆうぢよ)(たい)して種々(しゆじゆ)人間界(にんげんかい)情実(じやうじつ)206義理(ぎり)207人情(にんじやう)(とう)によつて、208(しひ)竜女(りゆうぢよ)(をか)し、209また(をか)さしめるならば、210それらの(ひと)竜神(りゆうじん)よりの(うらみ)をうけ、211その復讐(ふくしう)()はずにはゐられない。212通例(つうれい)竜女(りゆうぢよ)(をか)場合(ばあひ)は、213その夫婦(ふうふ)(えん)(けつ)して安全(あんぜん)永続(ゑいぞく)するものではなく、214(をつと)大抵(たいてい)夭死(えうし)し、215(をんな)幾度(いくど)(えん)をかゆるとも、216(おな)じやうな悲劇(ひげき)繰返(くりかへ)し、217(をか)したものは子孫(しそん)末代(まつだい)まで、218竜神(りゆうじん)(たた)りを()けて(くる)しまねばならぬ。
219大正一〇・一〇・一九 旧九・一九 谷口正治録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)