霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 盲目(まうもく)神使(しんし)〔一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第2篇 幽界より神界へ よみ:ゆうかいよりしんかいへ
章:第19章 第1巻 よみ:もうもくのしんし 通し章番号:19
口述日:1921(大正10)年10月19日(旧09月19日) 口述場所: 筆録者:広瀬義邦 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
自分は清い水の河で漁をしていたところ、河岸から眼がふさがった男がしきりに呼びかけている。盲目の男は、自分は地の高天原の使いであると名乗り、迎えに来たのだ、と告げた。
先に地の高天原の悲惨な様子を見ていたので拒否したが、にわかに行きたい気になって産土神に祈ると、産土神が現れて、世界を救済する御用だから行くがよい、と述べた。
暗黒で大蛇、毒蛇、狼が跋扈する道を、盲目の使いは平気で進んでいく。盲目の使いは、地の高天原が悪魔の邪魔によって黒雲に包まれているので、ひそかにお迎えに上がって連れてきた次第である、と語った。
果たして、地の高天原では悪魔が自分の来着を知って、狼狽し、反抗運動の真っ最中であった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0119
愛善世界社版:106頁 八幡書店版:第1輯 84頁 修補版: 校定版:106頁 普及版:57頁 初版: ページ備考:
001 自分(じぶん)は、002ある(きよ)(みづ)(なが)れてゐる(かは)(なか)へはいつて漁魚(すなどり)をしてゐた。003さうすると(かは)(きし)()つて、004しきりに()(もの)がある。005その(をとこ)(かほ)()ると、006()がほとんど(ふさ)がつて、007(ひと)ツも()えない。008ようこんな()(あやふ)河縁(かはぶち)土堤(どて)へこられたものだと(おも)つた。
009 ともかくも(かは)から(あが)つて、010その使(つかひ)(そば)()つて、
011(わたくし)()びとどめたのは(なん)(よう)か』
012とたづねてみた。013すると盲目(めくら)(をとこ)は、
014(わたし)()高天原(たかあまはら)からのお使(つかひ)で、015あなたをお(むか)ひに(まゐ)つたものです』
016(こた)へた。017そこで自分(じぶん)は、
018『いや、019(せん)だつて、020神界(しんかい)探険(たんけん)したが、021あのやうな状態(じやうたい)では、022()高天原(たかあまはら)(くそ)もあつたものではない。023むしろ地獄(ぢごく)探険(たんけん)()しである』
024(こた)へた。025そして、
026『お(まへ)のやうな盲目(めくら)使(つかひ)()こすやうな(かみ)なら、027きつと盲目(めくら)(かみ)であらう。028盲目(めくら)眼明(めあ)きの()をひいて、029地獄(ぢごく)谷底(たにぞこ)(おと)すやうなものであるから()かぬ』
030(こた)へた。031すると()使(つかひ)は、
032『あなたは(わたし)肉体(にくたい)()てゐるのか、033それとも(れい)()てゐるのか。034肉体(にくたい)現存(げんぞん)してゐるが、035(わたし)(れい)(たふと)いものである。036しかも(わたし)(れい)はすべての(かみ)(すぐ)れてゐる』
037(ほこ)()にいふ。038にはかに自分(じぶん)()きたい()がして、039産土神(うぶすなのかみ)にむかつてお(ねが)ひをした。040すると産土神(うぶすなのかみ)(あら)はれて、041両眼(りやうがん)(なみだ)をたたへたまひ、
042『とも(かく)世界(せかい)救済(きうさい)する御用(ごよう)であるから、043()つてくるが()かろう。044しかし今度(こんど)()つたら、045容易(ようい)(かへ)つてくることはできぬ。046いろいろの艱難(かんなん)辛苦(しんく)()めなければならぬが、047(かみ)から十分(じゆうぶん)保護(ほご)をするから、048使(つかひ)について高天原(たかあまはら)(のぼ)つてくれ。049自分(じぶん)産土神(うぶすなのかみ)として名誉(めいよ)であるから』
050(あふ)せられる。051そこで自分(じぶん)はその使(つかひ)とともに、052大橋(おほはし)(わた)つて、053だんだんと(なん)とも()れぬ、054(あせ)つくやうな(あつ)(そら)を、055(かさ)()(すす)んで()つた。056すると(にはか)にどういふわけか、057(そら)真黒(まつくろ)になつて、058雷鳴(らいめい)(とどろ)きわたり、059(あめ)車軸(しやじく)(なが)すがごとく()つてきた。060真昼(まひる)にもかかはらず一寸先(いつすんさき)()えぬ真黒闇(まつくらやみ)になつて、061あまつさへ(かぜ)ひどく一歩(いつぽ)(すす)むことができぬ。062そのとき(こころ)(おも)ふやう、063……高天原(たかあまはら)から自分(じぶん)(むか)ひに()たといふから、064承知(しようち)して一歩(いつぽ)()みだすと()有様(ありさま)である。065(ある)ひはこの(もの)がさういふて、066自分(じぶん)(くる)しみを(あた)へるために()れて()くのではないか……といふ(ねん)(おこ)つてきた。
067 そこでまた天然笛(てんねんぶえ)()りだして吹奏(すゐそう)した。068すると(あめ)はカラリと()れ、069雷鳴(らいめい)()み、070(そら)(あき)らかになつてきた。071それから(いく)つも(いく)つも(たうげ)()つてすすむと、072(せま)道路(みち)にあたつて、073種々(しゆじゆ)大蛇(だいじや)毒蛇(どくじや)(よこ)たはつてゐるのに出会(であ)うた。
074 盲目(めくら)使(つかひ)大蛇(だいじや)平気(へいき)でその(うへ)をドンドン()みわたつて()く。075また(まむし)がをつても(おほかみ)足元(あしもと)()みつきかかつても、076平気(へいき)(ある)いてゐる。077自分(じぶん)()()いてゐるために、078大蛇(だいじや)や、079毒蛇(どくじや)や、080(おほかみ)()がつき、081恐怖心(きようふしん)がおこつて(すす)むことを躊躇(ちうちよ)した。082しかしながら盲目(めくら)使(つかひ)がするとほり()んで()けば、083別条(べつでう)はなからうと(おも)ひ、084怖々(こわごわ)()んで()つた。085そのとき(てん)一方(いつぱう)から(だれ)いふとなく、
086()()えざる(もの)(さいはひ)なり』
087との(こゑ)(きこ)えてきた。
088 それから(いち)(たうげ)頂上(ちやうじやう)(たつ)して、089両人(りやうにん)がそこで暫時(ざんじ)休息(きうそく)した。090そのとき(こころ)(おも)つたのは……(じつ)にこの(ちひ)さな()()えるほど苦痛(くつう)な、091そして不幸(ふかう)なものはない。092自分(じぶん)()()いてゐるために、093大蛇(だいじや)(おほかみ)(ふせ)がうとして、094色々(いろいろ)心配(しんぱい)をするが、095盲目(めくら)はなんとも(おも)はず、096平気(へいき)(すす)んで()く。097この(ちひ)さな()(ひら)くことは()らぬことだ。098世界(せかい)のことは、099()()けぬ(はう)がよい。100たとへ()えても()えぬふりする(はう)無難(ぶなん)である……と(さと)ることを()た。
101 すると盲目(めくら)使(つかひ)は、102諄々(じゆんじゆん)()高天原(たかあまはら)における種々(しゆじゆ)様子(やうす)(はな)してくれた。103かつて自分(じぶん)(とほ)つてきた幽界(いうかい)や、104いまだ探険(たんけん)をせぬ神界(しんかい)(はなし)もした。105そこで、
106貴殿(きでん)はどうしてこんなに(くは)しいことが(わか)るか』
107とたづねた。
108『あなたをお(むか)へに()て、109()にかかつた(とき)110あなたから(ひかり)(あら)はれて、111(いま)まで(わか)らなかつたのが、112幽界(いうかい)(はう)(なに)もかも明瞭(あきらか)になつて、113非常(ひじやう)(こころ)(いさ)んできました』
114(こた)へた。
115 さうしてその使(つかひ)()ふには、
116(じつ)大神(おほかみ)(めい)により、117あなたを(むか)へに()たのであるが、118()高天原(たかあまはら)(いま)悪魔(あくま)が、119種々(いろいろ)邪魔(じやま)をして黒雲(くろくも)(つつ)まれてをるので、120ひそかに(かく)れて()たやうな次第(しだい)であります。121そこで神様(かみさま)単独(ひとり)では()かず、122あなたに()てもらうて、123()高天原(たかあまはら)(あき)らかにすべく御用(ごよう)してもらはねばならぬ。124あなたも(まこと)御苦労(ごくろう)なことです』
125といふ。126自分(じぶん)はこの(やま)(たうげ)まで()つぱり()されて、127かういふことを()かされたのである。128前回(ぜんくわい)探険(たんけん)()りてをるからと()つて、129(いま)さら女々(めめ)しく引還(ひきかへ)すこともならず、130()けば大変(たいへん)艱難(かんなん)()ふことは()れてゐるが、131氏神(うぢがみ)や、132神界(しんかい)命令(めいれい)であるから、133どこまでも(ほう)ぜなければならぬと(おも)ひ、134勇気(ゆうき)()して()高天原(たかあまはら)へゆくことにした。
135 (あん)(ぢやう)136高天原(たかあまはら)聖地(せいち)()てみると、137自分(じぶん)()ることを悪魔(あくま)(さき)()つて、138非常(ひじやう)狼狽(らうばい)し、139反抗(はんかう)運動(うんどう)真最中(まつさいちゆう)であつた。140丁度(ちやうど)自分(じぶん)は、141()()えてゐる(なか)()びこむ心地(ここち)がした。
142大正一〇・一〇・一九 旧九・一九 広瀬義邦録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。