霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 大地(だいち)修理固成(しうりこせい)〔二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第3篇 天地の剖判 よみ:てんちのぼうはん
章:第21章 大地の修理固成 よみ:だいちのしゅうりこせい 通し章番号:21
口述日:1921(大正10)年10月20日(旧09月20日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大国常立尊は地の世界最高の山頂に登って四方を見渡せば、日月星辰は顕現し、地に山川草木は発生してたとは言え、樹草の類はまだか弱い柔らかいものであった。そこで息吹を放つと、十二の神々が御出現した。
十二の神々の起こした風で樹木は吹き倒されたので、大国常立尊はご自身の骨を粉々に噛み砕き、四方に散布された。その骨の粉末を吸収して、動物には骨が出来、植物は特有の形を取ることになった。また、岩石鉱物が発生した。これが岩の神である。
依然として太陽は強烈な光熱を放射し、月が地上の水を吸収し続けているので、大国常立尊はもろもろの竜神に命じて、海水を持ってこさせた。国祖が海水を天に息吹くと、雲が起こり雨が降り始めた。この竜神たちを雨の神と名づけられた。
国祖は、雨を調節するために太陽の熱を吸って放射した。この熱から火竜神が生まれた。
ここまで書いた天地造成には、数十億年の歳月を要しているのである。
国祖は人類を始め動物、植物をおつくりになられた。人間には日の大神と月の大神の霊魂を付与し、肉体は国常立尊の主宰とした。そして、神のご意思を実行する機関とされた。これが人生の目的である。神示に『神は万物普遍の霊にして人は天地経綸の大司宰なり』とあるのも、この理によっているのである。
地の一方では、天地間にかすのように残っていた邪気が凝って、悪竜、悪蛇、悪狐、邪鬼、妖魅となって人間に憑依し、邪霊の世界を作ることを企て始めた。大国常立大神は憤りから深い吐息を吐き給い、八種の雷神や荒れの神が生まれた。
荒れの神、地震の神が発動するのは、人類への警告である。
大国常立尊が天地を修理固成してからほとんど十万年の期間は、区画された国家もなかった。しかし世がだんだんと悪化して、大神のご神慮にかなわぬことが始まった。そこで大神は再び地上の修理固成を企画し、大声を発して地団駄を踏んだ。これにより現今のアフリカ、南北アメリカの大陸が出現した。また、太平洋ができ、そこに竜形の島が現れた。
日本の国土は大国常立尊の竜体の形そのものである。もと黄金の柱が立っていた場所にあり、柱が東北から西南に倒れた場所である。そこで、自転倒嶋(おのころじま)と言う。
この嶋が四方を海に囲まれているのは、神々のお休みどころとするためであり、日本の土地全体は、大神の御肉体である。
それから大神は、太陽と太陰から陽気と陰気を吸い込んで、息吹の狭霧を吐き出した。この狭霧から、稚姫君命が現れた。
この再度の修理固成により、地上の生き物はほとんど絶滅した。そこで大神は、再び神々と人間を生む必要を感じ、稚姫君命は天稚彦という夫神をもって、三男五女の神を生みたもうた。
再度の修理固成を行うに至ったのは、天が乱れると地が乱れ、地が乱れると天が乱れることで、その乱れが互いに現れて来るからである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:122頁 八幡書店版:第1輯 89頁 修補版: 校定版:122頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)はそこで、002きはめて荘厳(さうごん)な、003厳格(げんかく)(をか)すことのできない、004すばらしく偉大(ゐだい)御姿(おすがた)(あら)はし(たま)ひて、005()世界(せかい)最高(さいかう)山巓(さんてん)にお(のぼ)(あそ)ばされて四方(しはう)見渡(みわた)したまへば、006もはや(てん)日月星辰(じつげつせいしん)完全(くわんぜん)顕現(けんげん)せられ、007()山川草木(さんせんさうもく)発生(はつせい)したとはいへ、008樹草(じゆさう)(たぐひ)はほとんど(ねぎ)のやうに繊弱(かよわ)く、009(あし)のやうに(やはら)かなものであつた。010そこで国祖(こくそ)は、011その御口(おんくち)より息吹(いぶき)(はな)つて(かぜ)()きおこし(たま)うた。012その息吹(いぶき)によつて十二(じふに)神々(かみがみ)御出現(ごしゆつげん)(あそ)ばされた。
013 ここに十二(じふに)神々(かみがみ)は、014おのおの分担(ぶんたん)(さだ)めて、015(かぜ)()(おこ)したまうたが、016その(かぜ)(ちから)によつて(まつ)017(たけ)018(うめ)をはじめ、019一切(いつさい)樹草(じゆさう)はベタベタに、020その根本(ねもと)より吹倒(ふきたふ)されてしまうた。021大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)はこの有様(ありさま)(なが)めたまうて、022御自身(ごじしん)(むね)(ほね)をば一本(いつぽん)()きとり、023(みづか)()をもつてコナゴナに()みくだき、024四方(しはう)撒布(さんぷ)したまうた。
025 すべての(やはら)かき動植物(どうしよくぶつ)は、026その(ほね)粉末(ふんまつ)吸収(きふしう)して、027その(しつ)非常(ひじやう)(かた)くなり、028(たふ)れてゐた樹草(じゆさう)直立(ちよくりつ)し、029海鼠(なまこ)のやうに柔軟(じうなん)匍匐(ほふく)してゐた人間(にんげん)その()諸動物(しよどうぶつ)も、030この(とき)はじめて(ほね)(そな)はり、031敏活(びんくわつ)動作(どうさ)することが出来(でき)るやうになつた。032五穀(ごこく)(みの)るやうになり、033(ねぎ)のやうに一様(いちやう)(やはら)かくして、034区別(くべつ)さへ(ほとん)どつかなかつた一切(いつさい)植物(しよくぶつ)は、035はつきりと、036おのおの特有(とくいう)形体(かたち)をとるやうになつたのも()(とき)である。037(ほね)粉末(ふんまつ)(かた)まり()いた(ところ)には岩石(がんせき)ができ、038諸々(もろもろ)鉱物(くわうぶつ)発生(はつせい)した。039これを(しよう)して(いは)(かみ)(まを)()げる。
040 しかるに太陽(たいやう)依然(いぜん)として強烈(きやうれつ)なる光熱(くわうねつ)放射(はうしや)し、041(つき)大地(だいち)(みづ)吸収(きふしう)(つづ)けてゐるから、042地上(ちじやう)樹草(じゆさう)次第(しだい)()()りつけられて(ほとん)枯死(こし)せむとし、043動物(どうぶつ)(また)この旱天(かんてん)つづきに非常(ひじやう)(こま)つてゐた。044しかし(つき)からは、045まだ(みづ)吸引(きふいん)することを()めなかつた。046このままで放任(はうにん)しておくならば、047全世界(ぜんせかい)干鰈(ほしかれい)(こが)したやうに(くすぶ)つてしまふかも()れないと、048大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)山上(さんじやう)(のぼ)つて、049まだ人体化(じんたいくわ)してをらぬ諸々(もろもろ)竜神(りゆうじん)(めい)じて、050海水(かいすゐ)(くち)(ふく)んで()ちきたらしめ(たま)うた。
051 諸々(もろもろ)竜神(りゆうじん)(めい)(ほう)じて、052海水(かいすゐ)国祖(こくそ)(もと)()ちきたつた。053国祖(こくそ)はその(みづ)()()けて、054やがてそれを(くち)()み、055(てん)(むか)つて息吹(いぶき)をフーと()(はな)たれた。056すると天上(てんじやう)には(いろ)()(くも)(あは)(くも)や、057その()種々(しゆじゆ)雑多(ざつた)(くも)(おこ)つてきた。058たちまち(くも)からサツと地上(ちじやう)(あめ)()りはじめた。059この使神(つかひがみ)であつた竜神(りゆうじん)無数(むすう)にあつたが、060国祖(こくそ)はこれを総称(そうしよう)して(あめ)(かみ)名付(なづ)けたまうた。
061 ところが(あめ)(ふり)すぎても(かへつ)(こま)るといふので、062これを調和(てうわ)するために、063大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)御身体(おからだ)一杯(いつぱい)(あつ)いほど太陽(たいやう)(ねつ)をお()ひになつた。064さうして御自分(ごじぶん)御身体(おからだ)各部(かくぶ)より(ねつ)放射(はうしや)したまうた。065その放射(はうしや)された(ねつ)はたちまち無数(むすう)竜体(りゆうたい)(へん)じて、066(てん)(むか)つて昇騰(しようとう)していつた。067国祖(こくそ)はこれに火竜神(くわりゆうじん)といふ名称(めいしよう)をお()けになつた。068(ふで)()いては(みじか)いが大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)がここまで天地(てんち)をお(つく)りになるのに数十億年(すうじふおくねん)歳月(さいげつ)(えう)してゐる)
069 (みこと)はかくの(ごと)くにして人類(じんるゐ)(はじ)め、070動物(どうぶつ)071植物(しよくぶつ)(とう)をお創造(つく)(あそ)ばされて、072人間(にんげん)には()大神(おほかみ)と、073(つき)大神(おほかみ)霊魂(みたま)賦与(ふよ)せられて、074肉体(にくたい)国常立尊(くにとこたちのみこと)主宰(しゆさい)として、075(かみ)御意志(ごいし)実行(じつかう)する機関(きくわん)となし(たま)うた。076これが人生(じんせい)目的(もくてき)である。077神示(しんじ)に『(かみ)万物(ばんぶつ)普遍(ふへん)(れい)にして(ひと)天地(てんち)経綸(けいりん)大司宰(だいしさい)なり』とあるも、078この()()るのである。
079 しかるに星移(ほしうつ)(とし)をかさぬるにしたがつて、080人智(じんち)(みだ)れ、081(じやう)(ねじ)け、082(こころ)(まが)りて、083人間(にんげん)次第(しだい)私欲(しよく)(ほしいまま)にするやうになり、084ここに弱肉強食(じやくにくきやうしよく)085生存競争(せいぞんきやうそう)(たん)はひらかれ、086せつかく(かみ)御苦心(ごくしん)結果(けつくわ)087創造(さうざう)(あそ)ばされた善美(ぜんび)のこの地上(ちじやう)(また)088もと泥海(どろうみ)(かへ)さねばならぬやうな傾向(けいかう)ができた。
089 しかるに()一方(いつぱう)では、090天地間(てんちかん)残滓(かす)のやうに(のこ)つてゐた邪気(じやき)は、091()つて悪竜(あくりゆう)092悪蛇(あくじや)093悪狐(あくこ)発生(はつせい)し、094(ある)ひは邪鬼(じやき)となり、095妖魅(えうみ)となつて、096我侭放肆(わがままはうし)人間(にんげん)身魂(みたま)憑依(ひようい)し、097()(なか)悪化(あくくわ)して、098邪霊(じやれい)世界(せかい)とせむことを(くはだ)てた。099そこで大国常立大神(おほくにとこたちのおほかみ)非常(ひじやう)(いきどほ)りたまうて、100(ふか)吐息(といき)をおはきになつた。101その太息(といき)から八種(やくさ)雷神(らいじん)や、102(あれ)(かみ)がお(うま)(あそ)ばしたのである。
103 それで(あれ)(かみ)御発動(ごはつどう)があるのは、104大神(おほかみ)地上(ちじやう)人類(じんるゐ)警戒(けいかい)(あた)へたまふ(とき)である。105かうしてしばしば大神(おほかみ)(あれ)(かみ)御発動(ごはつどう)によつて、106地上(ちじやう)人類(じんるゐ)警戒(けいかい)せられたが、107人類(じんるゐ)大多数(だいたすう)依然(いぜん)として覚醒(かくせい)しない。108そこで大神(おほかみ)(おほ)いにもどかしがりたまひ伊都(いづ)雄猛(をたけ)びをせられて、109大地(だいち)四股(しこ)()んで(いか)(たま)うた。110そのとき大神(おほかみ)(くち)111(はな)112また()より数多(あまた)竜神(りゆうじん)がお(あら)はれになつた。113この竜神(りゆうじん)地震(ぢしん)(かみ)(まを)()げる。114国祖(こくそ)大神(おほかみ)極端(きよくたん)(いか)りたまうた(とき)地震(ぢしん)(かみ)御発動(ごはつどう)があるのである。115大神(おほかみ)(いか)りは(わたくし)(いか)りではなくして、116()(なか)善美(ぜんび)立替(たてか)立直(たてなほ)したいための、117大慈悲心(だいじひしん)御発現(ごはつげん)(ほか)ならぬのである。
118 大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)天地(てんち)修理固成(しうりこせい)したまうてより、119ほとんど十万年(じふまんねん)期間(きかん)は、120(べつ)今日(こんにち)のやうに区劃(くくわく)された国家(こくか)はなかつた。121ただ地方(ちはう)地方(ちはう)(かぎ)つて、122八王(やつわう)といふ国魂(くにたま)(かみ)配置(はいち)され、123八頭(やつがしら)といふ宰相(さいしやう)(かみ)八王神(やつわうがみ)(した)にそれぞれ配置(はいち)されてゐた。
124 しかるに()(なか)はだんだん悪化(あくくわ)して、125大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)(かな)はぬことばかりが(はじ)まり、126怨恨(うらみ)127嫉妬(ねたみ)128悲哀(かなしみ)129呪咀(のろい)(こゑ)は、130天地(てんち)一杯(いつぱい)()ちわたることになつた。131そこで大国常立大神(おほくにとこたちのおほかみ)(ふたた)地上(ちじやう)修理固成(しうりこせい)企劃(きくわく)なしたまうて、132ある(たか)(やま)頂上(ちやうじやう)にお()ちになつて大声(おほごゑ)(はつ)したまうた。133その(こゑ)万雷(ばんらい)一時(いちじ)(とどろ)くごとくであつた。134大神(おほかみ)はなほも(あし)()みとどろかして地蹈鞴(ぢだんだ)をお()みになつた。135そのため大地(だいち)()れゆれて、136地震(ぢしん)(かみ)137(あれ)(かみ)(こぞ)つて御発動(ごはつどう)になり、138地球(ちきう)一大(いちだい)変態(へんたい)(きた)して、139山河(さんか)はくづれ(うづ)まり、140草木(さうもく)(たふ)()し、141地上(ちじやう)蒼生(さうせい)はほとんど(まつた)淪亡(ほろび)るまでに()ちいたつた。142その(とき)雄健(をたけ)びによつて、143大地(だいち)一部(いちぶ)陥落(かんらく)して、144現今(げんこん)阿弗利加(アフリカ)一部(いちぶ)と、145南北(なんぽく)亜米利加(アメリカ)大陸(たいりく)現出(げんしゆつ)した。146それと同時(どうじ)太平洋(たいへいやう)もでき(あが)り、147その真中(まんなか)竜形(りゆうけい)(しま)形造(かたちづく)られた。148これが現代(げんだい)日本(にほん)()である。149それまでは(いま)日本海(にほんかい)はなく支那(しな)朝鮮(てうせん)も、150日本(にほん)陸地(りくち)連続(れんぞく)してゐた。151この(とき)まで現代(げんだい)日本(にほん)南方(なんぱう)152太平洋面(たいへいやうめん)にはまだ数百里(すうひやくり)大陸(たいりく)がつづいてゐたが、153この地球(ちきう)大変動(だいへんどう)によつて、154その中心(ちゆうしん)(もつと)地盤(ぢばん)鞏固(きやうこ)なる部分(ぶぶん)が、155(りゆう)(かたち)をして()(のこ)されたのである。
156 この日本国土(にほんこくど)形状(けいじやう)をなしてゐる(りゆう)(かたち)は、157(もと)大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、158竜体(りゆうたい)(げん)じて地上(ちじやう)泥海(どろうみ)(つく)(かた)めてゐられた(とき)のお姿(すがた)同様(どうやう)であつて、159その(なが)さも、160(はば)も、161寸法(すんぱふ)において(なん)(かは)りはない。162それゆゑ日本国(にほんこく)は、163地球(ちきう)(うしとら)位置(ゐち)して神聖(しんせい)(をか)すべからざる土地(とち)なのである。164もと黄金(きん)円柱(ゑんちゆう)が、165宇宙(うちう)真中(まんなか)()つてゐた位置(ゐち)日本国(にほんこく)であつたが、166それが、167東北(とうほく)から、168西南(せいなん)()けて(たふ)れた。169この(しま)自転倒嶋(おのころじま)といふのは、170(おのづか)(ころ)げてできた(しま)といふ意味(いみ)である。
171 この(しま)四方(しはう)(うみ)(めぐ)らしたのは、172神聖(しんせい)なる(かみ)御息(おやす)(どころ)とするためなのである。173さうしてこの日本(にほん)土地(とち)全体(ぜんたい)は、174すべて大神(おほかみ)御肉体(おんにくたい)である。175ここにおいて自転倒嶋(おのころじま)と、176()国土(こくど)とを区別(くべつ)し、177立別(たてわ)けておかれた。
178 それから大神(おほかみ)(てん)太陽(たいやう)179太陰(たいいん)(むか)はせられ、180陽気(やうき)陰気(いんき)とを()ひこみたまうて、181息吹(いぶき)狭霧(さぎり)()きだしたまうた。182この狭霧(さぎり)より(あら)はれたまへる(かみ)稚姫君命(わかひめぎみのみこと)である。
183 このたびの地変(ちへん)によつて、184地上(ちじやう)蒼生(さうせい)はほとんど全滅(ぜんめつ)して、185そのさまあたかもノアの洪水(こうずゐ)当時(たうじ)彷彿(はうふつ)たるものであつた。186そこで大神(おほかみ)は、187諸々(もろもろ)神々(かみがみ)および人間(にんげん)をお()みになる必要(ひつえう)(しやう)じたまひ、188まづ稚姫君命(わかひめぎみのみこと)は、189天稚彦(あめのわかひこ)といふ夫神(をつとがみ)をおもちになり、190真道知彦(まみちしるひこ)191青森知木彦(あをもりしるきひこ)192天地要彦(あめつちかなめひこ)193常世姫(とこよひめ)194黄金竜姫(こがねたつひめ)195合陀琉姫(あふだるひめ)196要耶麻姫(かなやまひめ)197言解姫(ことときひめ)三男五女(さんなんごぢよ)神人(かみがみ)をお()みになつた。198この天稚彦(あめのわかひこ)といふのは、199古事記(こじき)にある天若彦(あまわかひこ)とは全然(ぜんぜん)(べつ)(かみ)である。200かくのごとく地上(ちじやう)地変(ちへん)(おこ)さねばならぬやうになつたのは、201(えう)するに(てん)において天上(てんじやう)政治(まつりごと)(みだ)れ、202それと(おな)(かたち)に、203地上(ちじやう)紛乱(ふんらん)状態(じやうたい)(あら)はれ(きた)つたからである。204(てん)にある(こと)はかならず()(うつ)り、205(てん)(みだ)れると()(みだ)れ、206()(みだ)れると、207(てん)同様(どうやう)(みだ)れてくるものである。208そこで大神(おほかみ)天上(てんじやう)修理固成(しうりこせい)すべく稚姫君命(わかひめぎみのみこと)()みたまうて(てん)にお(のぼ)せになり、209()御自身(ごじしん)幽界(いうかい)主宰(しゆさい)し、210現界(げんかい)主宰(しゆさい)須佐之男命(すさのをのみこと)御委任(ごゐにん)になつた。
211大正一〇・一〇・二〇 旧九・二〇 谷口正治録)