霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三〇章 黄河畔(くわうがはん)戦闘(せんとう)〔三〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第4篇 竜宮占領戦 よみ:りゅうぐうせんりょうせん
章:第30章 第1巻 よみ:こうがはんのせんとう 通し章番号:30
口述日:1921(大正10)年10月22日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大八洲彦命は黄河のほとりに進軍し、竜宮城に帰還しようとしていた。しかしそこには金毛九尾の一派の武将・稲山彦が城を構えて守っていた。
大八洲彦命はこれに気づかずに城下を通過しようとするのを、稲山彦は殲滅しようとしていた。シナイ山の厳の御魂はこれをみそなわすと、天の磐船に載せて救援軍を派遣した。
救援軍は空中から襲い掛かり、敵城を粉砕した。そこへ蒙古から数万の魔軍を指揮して大虎彦という悪神が襲い掛かってきた。
このとき、天から竜神・乙米姫が現れて、大八洲彦命に麻邇の珠を渡した。命はシナイ山からの応援軍の田子彦、牧屋彦に麻邇の珠を預けたが、田子彦、牧屋彦は裏切って敵軍についてしまった。
このために大八洲彦命軍は、敵軍に散々に打ち悩まされてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0130
愛善世界社版:171頁 八幡書店版:第1輯 107頁 修補版: 校定版:172頁 普及版:90頁 初版: ページ備考:
001 神界(しんかい)場面(ばめん)はここに急転(きふてん)し、002大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)濁流(だくりう)みなぎる黄河(くわうが)(ほとり)にすすまれた。003ここには稲山彦(いなやまひこ)といふ金毛九尾(きんまうきうび)一派(いつぱ)部将(ぶしやう)が、004鉄城(てつじやう)(きづ)きて(ひか)へてをる。005これは竹熊(たけくま)006木常姫(こつねひめ)らの部下(ぶか)である。
007 (いま)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)黄河(くわうが)(わた)つて竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)せられむとするところである。008帰還(きくわん)されては竹熊(たけくま)目的(もくてき)成就(じやうじゆ)(がた)きをおそれ、009ここに稲山彦(いなやまひこ)(めい)じて、010大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)中途(ちゆうと)において(ほろ)ぼさむとしたのである。011大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はかかる(たく)みのあらむとは寸毫(すんがう)(こころ)づかず、012少数(せうすう)部下(ぶか)()()れて城下(じやうか)(ちか)づいた。
013 シナイ(ざん)御座(おは)(いづ)御魂(みたま)はこの現状(げんじやう)をはるかに()そなはし、014救援(きうゑん)のため高杉別(たかすぎわけ)(めい)杉松彦(すぎまつひこ)015若松彦(わかまつひこ)016田子彦(たごひこ)017牧屋彦(まきやひこ)018時彦(ときひこ)各部将(かくぶしやう)数百(すうひやく)神軍(しんぐん)引率(いんそつ)せしめ、019(あま)磐船(いはふね)()りて応援(おうゑん)()かはしめられた。020(てき)城内(じやうない)よりは(さか)んに火弾(くわだん)投下(とうか)し、021縦横無尽(じゆうわうむじん)()(なや)まさむとす。022このとき前述(ぜんじゆつ)応援軍(おうゑんぐん)(あま)磐船(いはふね)()天上(てんじやう)より火弾(くわだん)投下(とうか)敵城(てきじやう)粉砕(ふんさい)した。023(てき)狼狽(らうばい)のあまり四方(しはう)散乱(さんらん)した。
024 (をり)しも大虎彦(おほとらひこ)といふ悪神(あくがみ)は、025数万(すうまん)蒙古(もうこ)魔軍(まぐん)をかつて大声叱呼(たいせいしつこ)し、026よく(これ)操縦(さうじう)指揮(しき)濁流(だくりう)(わた)つて、027大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)陣営(ぢんえい)一直線(いつちよくせん)襲撃(しふげき)する。028にはかに西南(せいなん)(そら)にあたつて、029黒煙(こくえん)濛々(もうもう)()(あら)はれたと(おも)一刹那(いちせつな)030(くも)左右(さいう)にサツト(わか)れて勇猛(ゆうまう)無比(むひ)獅子王(ししわう)(あら)はれ、031軍扇(ぐんせん)をあげて咆吼怒号(はうこうどがう)しはじめた一刹那(いちせつな)032数万(すうまん)暗星(あんせい)地上(ちじやう)落下(らくか)した。033大小(だいせう)無数(むすう)暗星(あんせい)地上(ちじやう)落下(らくか)するとともに、034大小(だいせう)無数(むすう)獅子(しし)変化(へんくわ)神軍(しんぐん)()がけて突進(とつしん)しきたつた。
035 このとき東北(とうほく)(てん)より雲路(くもぢ)()()()きつつ(すす)みきたる竜体(りゆうたい)がある。036これは乙米姫命(おとよねひめのみこと)であつた。037(みこと)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)眼前(がんぜん)(あら)はれ、038麻邇(まに)(たま)(わた)何事(なにごと)耳語(じご)して、039また(もと)のごとく東北(とうほく)(てん)にむかつて帰還(きくわん)した。040ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)麻邇(まに)(たま)受取(うけと)り、041応援軍(おうゑんぐん)なる田子彦(たごひこ)牧屋彦(まきやひこ)(あづ)けた。042すると田子彦(たごひこ)043牧屋彦(まきやひこ)はにはかに態度(たいど)一変(いつぺん)し、044(てき)稲山彦(いなやまひこ)についてしまつた。
045 稲山彦(いなやまひこ)は、046大虎彦(おほとらひこ)獅子王(ししわう)応援(おうゑん)ある(うへ)麻邇(まに)珍宝(ちんぽう)()にいれ、047勇気(ゆうき)(とみ)百倍(ひやくばい)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)散々(さんざん)()(なや)めた。
048 ああ大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)運命(うんめい)如何(いか)になりゆくであらうか。
049大正一〇・一〇・二二 旧九・二二 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら