霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 エデンの焼尽(せうじん)〔三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第4篇 竜宮占領戦 よみ:りゅうぐうせんりょうせん
章:第33章 第1巻 よみ:えでんのしょうじん 通し章番号:33
口述日:1921(大正10)年10月22日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大八洲彦命は三個の宝珠を捧持して、竜宮城に帰還した。竹熊、木常姫らの邪神は、大八洲彦命が無事に帰還したことを知って狼狽し、にわかに改心の状を表した。
そして、自分たちが割拠するエデンの園で、命の凱旋を祝うために宴会を開いた。
実は、大八洲彦命を酒に酔わせて、八尋殿に宿泊したところを火を放って焼き殺そうとしたのである。
このとき真澄の珠から大風が起こり、潮満の珠から竜水がほとばしった。またたくまに八尋殿の火炎は打ち消された。また潮干の珠から猛火が噴出し、エデンの城は瞬く間に焼け落ちてしまった。
竹熊一派はヨルダン河を渡って遠く北方に逃れた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0133
愛善世界社版:182頁 八幡書店版:第1輯 111頁 修補版: 校定版:182頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、002(てん)にも(のぼ)心地(ここち)三個(さんこ)(たま)捧持(ほうじ)し、003木花姫命(このはなひめのみこと)より(たま)はりし(あま)磐船(いはふね)()りて空中(くうちゆう)はるかに西天(せいてん)()して、004竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)した。005一方(いつぱう)エデンの(その)(あつ)まれる竹熊(たけくま)をはじめ木純姫(こすみひめ)006足長彦(あしながひこ)大将株(たいしやうかぶ)は、007村雲別(むらくもわけ)注進(ちうしん)により、008大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)無事(ぶじ)帰城(きじやう)したることを()り、009周章(しうしやう)狼狽(らうばい)鳩首(きうしゆ)謀議(ぼうぎ)(うへ)一計(いつけい)案出(あんしゆつ)し、010ここに木純姫(こすみひめ)011足長彦(あしながひこ)はにはかに改心(かいしん)(じやう)をよそほひ、012竜宮城(りゆうぐうじやう)参向(さんこう)して、013大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)無事(ぶじ)凱旋(がいせん)(しゆく)するためにと(いつ)はりて(さかん)なる(えん)をひらき、014大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)御出席(ごしゆつせき)()(まつ)つた。015大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はもとより仁慈(じんじ)(ふか)義神(ぎしん)なれば、016(かれ)らの(こひ)()れ、017他意(たい)なき(てい)にてエデンの(その)にいたりたまひ、018八尋殿(やひろどの)奥深(おくふか)(むか)へられて酒宴(しゆえん)(せき)につきたまうた。019その(とき)従者(じゆうしや)守高彦(もりたかひこ)020守安彦(もりやすひこ)021高見姫(たかみひめ)であつた。022木純姫(こすみひめ)023足長彦(あしながひこ)表面(へうめん)帰順(きじゆん)をよそほひ、024歓待(くわんたい)いたらざるなき有様(ありさま)であつた。
025 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)八塩折(やしほをり)(さけ)()はせたまひて、026八尋殿(やひろどの)(なか)()りて(こころ)ゆるして宿泊(しゆくはく)することとなつた。027(みこと)熟睡(じゆくすい)様子(やうす)(うかが)ひゐたる竹熊(たけくま)は、028時分(じぶん)はよしと暗夜(あんや)(じやう)八方(はつぱう)より八尋殿(やひろどの)()をかけて従者(じゆうしや)諸共(もろとも)にこれを焼殺(せうさつ)せむとした。029(とき)三柱(みはしら)従神(じゆうしん)はおのおの三個(さんこ)(たま)一個(いつこ)づつ捧持(ほうぢ)して(みこと)枕辺(まくらべ)警護(けいご)してゐた。030()猛烈(まうれつ)()えさかつて八尋殿(やひろどの)(いま)()きつくさむとする(いきほひ)である。
031 このとき真澄(ますみ)(たま)よりは大風(おほかぜ)()きおこり、032潮満(しほみつ)(たま)よりは竜水(りゆうすゐ)(ほとばし)りて、033(またた)くうちに殿(との)火焔(くわえん)()()した。034また潮干(しほひる)(たま)よりは猛火(まうくわ)吹出(ふきいだ)し、035真澄(ますみ)(たま)(かぜ)(あふら)れてエデンの(しろ)(またた)くうちに()()ちてしまつた。036竹熊(たけくま)一派(いつぱ)周章狼狽(しうしやうらうばい)死力(しりよく)をつくしてヨルダン(がは)()ちわたり(とほ)北方(ほくはう)(のが)れた。037この(とき)あまたの従神(じゆうしん)河中(かちゆう)(おちい)り、038その大部分(だいぶぶん)溺死(できし)してしまつたのである。
039大正一〇・一〇・二二 旧九・二二 谷口正治録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)