霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三五章 一輪(いちりん)秘密(ひみつ)〔三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第4篇 竜宮占領戦 よみ:りゅうぐうせんりょうせん
章:第35章 第1巻 よみ:いちりんのひみつ 通し章番号:35
口述日:1921(大正10)年10月23日(旧09月23日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
厳の御魂の大神はシナイ山で魔軍を破り、大八洲彦命は各地の山の戦闘で敵を破り、天教山で三個の神宝を得て竜宮城に帰還した。続いてエデンの園に割拠していた竹熊の魔軍を破った。
神界は一時的に平和に治まったが、魔軍は常に、三個の神宝を狙っていた。
そこで、艮の金神国常立尊は、山脈が十字型を作っている地球の中心・蓮華台上に登られ、頭上の冠に神気をこめて海上に投げた。
これが冠島となった。この島の各所から稲が豊かに実ったため、稲原(いばら)の冠島と呼ばれた。またの名を茨の冠と言う。また、竜宮島とも言う。
また、履いていた沓に神気を込めて投げると、沓島となった。沓島は一名、鬼門島と言う。
国常立尊は、厳の御魂・金勝要神に命じて、この二つの島に三個の神宝を隠させた。
潮満の珠は、厳の御魂である。「いづ」は泉の「いづ」である。泉のように清らかな神水が無限に湧出する神宝である。これをヨハネの御魂という。
潮干の珠は、瑞の御魂である。また、キリストの御魂という。「みづ」は「みいづの御魂」という意味である。みいづの御魂は、火の活動を万有に対して、無限に発射する。世界を清める活用がある。
稚姫君命、大八洲彦命、金勝要神は、三個の神宝を携帯して竜宮島に渡り、神殿を建てて納めた。潮満の珠は紅色であり、豊玉姫神という。また潮干の珠は純白であり、玉依姫神という。冠島は、海原彦神(綿津見神)を国魂として守護せしめた。
続いて、沓島に真澄の珠を納めた。国魂の神である、国の御柱神に守護せしめた。
いずれの宝も、世界の終末に際して、世界改造のために大神が御使用になる神宝である。これを使用する神業が、一輪の秘密である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0135
愛善世界社版:188頁 八幡書店版:第1輯 113頁 修補版: 校定版:188頁 普及版:98頁 初版: ページ備考:
001 (いづ)御魂(みたま)大神(おほかみ)は、002シナイ(ざん)戦闘(せんとう)魔軍(まぐん)潰走(くわいそう)せしめ、003ひとまづ竜宮城(りゆうぐうじやう)凱旋(がいせん)されたのは前述(ぜんじゆつ)のとほりである。
004 さて大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)天山(てんざん)005崑崙山(こんろんざん)006天保山(てんぱうざん)(てき)潰滅(くわいめつ)し、007天教山(てんけうざん)(あら)はれ、008三個(さんこ)神宝(しんぽう)()竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)し、009つづいてエデンの(その)(あつ)まれる竹熊(たけくま)魔軍(まぐん)(やぶ)り、010一時(いちじ)神界(しんかい)平和(へいわ)(おさ)まつた。011されど竹熊(たけくま)魔軍(まぐん)(いきほひ)やむを()ずして(かげ)(ひそ)めたるのみなれば、012(なん)どき謀計(ぼうけい)をもつて再挙(さいきよ)(こころ)みるやも(はか)りがたき状況(ありさま)であつた。013まづ第一(だいいち)魔軍(まぐん)(おそ)るるものは三個(さんこ)神宝(しんぽう)である。014ゆゑに魔軍(まぐん)百方(ひやつぱう)画策(くわくさく)をめぐらし、015(ある)ひは探女(さぐめ)(はな)ち、016醜女(しこめ)使(つか)ひ、017この(たま)()()(うば)はむとの計画(けいくわく)一時(いちじ)(ゆる)めなかつた。
018 (ここ)(うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)は、019山脈(さんみやく)十字形(じふじがた)をなせる地球(ちきう)中心(ちゆうしん)蓮華台上(れんげだいじやう)(のぼ)られ、020四方(よも)国型(くにがた)()そなはし、021(てん)(むか)つて神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、022頭上(づじやう)(かんむり)()り、023これに神気(しんき)をこめて海上(かいじやう)()()りたまうた。024その(かんむり)海中(かいちゆう)()ちて一孤島(いちこたう)形成(けいせい)した。025これを冠島(かんむりじま)といふ。026しかして(かんむり)各処(かくしよ)より(いね)(しやう)じ、027(こめ)もゆたかに(みの)るやうになつた。028ゆゑにこの(しま)稲原(いばら)(かんむり)といひ、029また(いばら)(かんむり)ともいふ。
030 つぎに大地(だいち)(むか)つて神言(かみごと)奏上(そうじやう)したまひ、031その穿(はか)せる(くつ)(にぎ)海中(かいちゆう)()げうちたまうた。032(くつ)(くわ)して一孤島(いちこたう)形成(けいせい)した。033ゆゑにこれを沓島(くつじま)といふ。034冠島(かんむりじま)一名(いちめい)竜宮島(りゆうぐうじま)ともいひ、035沓島(くつじま)一名(いちめい)鬼門島(きもんじま)ともいふ。
036 ここに国常立尊(くにとこたちのみこと)(いづ)御魂(みたま)037(みづ)御魂(みたま)および金勝要神(きんかつかねのかみ)言依(ことよ)さしたまひて、038この両島(りやうたう)三個(みつ)神宝(しんぽう)()()かせたまうた。
039 潮満(しほみつ)(たま)はまた(いづ)御魂(みたま)といふ。040いづとは(いづみ)のいづの()であつて、041(いづみ)のごとく清鮮(せいせん)なる神水(しんすゐ)無限(むげん)湧出(ゆうしゆつ)する宝玉(ほうぎよく)である。042これをまたヨハネの御魂(みたま)といふ。043つぎに潮干(しほひる)(たま)はこれを(みづ)御魂(みたま)といひ、044またキリストの御魂(みたま)といふ。045みづ御魂(みたま)みいづ御魂(みたま)()である。046みいづ御魂(みたま)無限(むげん)()活動(くわつどう)万有(ばんいう)発射(はつしや)し、047世界(せかい)(きよ)むるの活用(くわつよう)である。048(えう)するに(みづ)(うご)くは()御魂(みたま)があるゆゑであり、049また()()ゆるは(みづ)精魂(せいこん)があるからである。050しかして()(てん)にして(みづ)()である。051(ゆゑ)(てん)(たふと)()(ひく)し。052ヨハネが(みづ)をもつて洗礼(せんれい)(ほどこ)すといふは、053(たい)をさして()へる(ことば)にして、054(たふと)()活動(くわつどう)(かく)されてをるのである。055またキリストが(れい)(れい)()なり)をもつて洗礼(せんれい)(ほどこ)すといふは、056キリストの(たい)をいへるものにして、057その精魂(せいこん)たる(みづ)をいひしに(あら)ず。
058 ここに稚姫君命(わかひめぎみのみこと)059大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)060金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)は、061三個(みつ)神宝(しんぽう)各自(かくじ)携帯(けいたい)して、062目無堅間(めなしかたま)(ふね)()り、063小島別(こじまわけ)064杉山別(すぎやまわけ)065富彦(とみひこ)066武熊別(たけくまわけ)067鷹取(たかとり)神司(かみがみ)引率(いんそつ)して、068まづこの竜宮ケ嶋(りゆうぐうがしま)(わた)りたまうた。069しかして竜宮ケ嶋(りゆうぐうがしま)には(いづ)御魂(みたま)なる潮満(しほみつ)(たま)を、070大宮柱(おほみやばしら)太敷立(ふとしきたて)(をさ)めたまひ、071また(みづ)御魂(みたま)なる潮干(しほひる)(たま)とともに、072この宮殿(きうでん)(をさ)めたまうた。073この潮満(しほみつ)(たま)(また)()豊玉姫神(とよたまひめのかみ)といひ、074潮干(しほひる)(たま)(また)()玉依姫神(たまよりひめのかみ)といふ。075かくて潮満(しほみつ)(たま)紅色(こうしよく)()び、076潮干(しほひる)(たま)純白色(じゆんぱくしよく)である。
077 国常立尊(くにとこたちのみこと)冠島(かんむりじま)国魂(くにたま)(かみ)(めい)じて、078この神宝(しんぽう)永遠(ゑいゑん)守護(しゆご)せしめたまうた。079この(しま)国魂(くにたま)御名(みな)海原彦神(うなばらひこのかみ)といひ、080(また)御名(みな)綿津見神(わだつみのかみ)といふ。081つぎに沓島(くつじま)(わた)りたまひて真澄(ますみ)(たま)永遠(ゑいゑん)(をさ)めたまひ、082(くに)御柱神(みはしらのかみ)をして(これ)守護(しゆご)せしめられた。083(くに)御柱神(みはしらのかみ)鬼門ケ島(きもんがじま)国魂(くにたま)(また)御名(みな)である。
084 いづれも世界(せかい)終末(しうまつ)(さい)し、085世界(せかい)改造(かいざう)のため大神(おほかみ)御使用(ごしよう)になる(うづ)御宝(みたから)である。086しかして(これ)使用(しよう)さるる御神業(ごしんげふ)がすなはち一輪(いちりん)秘密(ひみつ)である。
087 この両島(りやうたう)はあまたの善神(ぜんしん)(みな)(りゆう)(へん)じ、088(わに)(くわ)して四辺(しへん)(まも)り、089他神(たしん)(ちか)づくを(ゆる)されないのである。
090大正一〇・一〇・二三 旧九・二三 外山豊二録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。