霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三七章 顕国(うつしくに)御玉(みたま)〔三七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第37章 第1巻 よみ:うつしくにのみたま 通し章番号:37
口述日:1921(大正10)年10月23日(旧09月23日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天使・稚姫君命、大八洲彦命、金勝要神らは、諸神を引き連れて、天の安河の源に上った。この山の水上には、シオンの霊山が雲をつくほど高くそびえていた。
シオンの山の意義とは、浄行日域と言って、天男天女が常に来て音楽を奏で、舞曲を演じる、という意味である。
山の頂には広い高原があり、珍しい花が一年中咲き満ちている。また、さまざまな美味の果実が実っている安全境である。
この高原の中央に、高さ五十間、幅五十間の方形の堅固な岩石が据えられている。これは、国常立尊が天の御柱となって星辰を生み出したとき、最初に現れた星巌である。神業祈念のために、最初の一個を地上にとどめて、地上の国魂の守護として隠しておかれたのである。
天地が分かれた初めから、一週間ごとに十二柱の天人がこの山上に現れて遊楽するとき、この星巌を中心にして巡り、舞曲を演じる。そのときに天人の羽衣の袖にすり磨かれて、星巌の容積は自然に減じ、今は中心の玉だけになっていた。
玉は直径三尺の円球となっていた。ここまでになるのに、すでに天地の初めから幾億万年が経過していた。
稚姫君命は星巌に近づき、天人たちの功績を賞してそれぞれに宝を下した。星巌は地球に酷似していたが、大地の神霊である金勝要神は星巌を手に取って息吹の狭霧を吹きかけた。すると星巌は光沢を放射し始めた。
金勝要神は突然、山頂から星巌を天の安河へと投げ捨てた。神々は星巌の行方を追っていくと、星巌は滝に洗われて、金剛不壊の宝珠を化していた。金勝要神は竜体となってその玉をすくい上げると、稚姫君命に奉呈した。
このたまは顕国の御玉であり、表面は紫で、中心には赤・白・青の三つの宝玉が包まれているのが、外部から透けて見えるのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0137
愛善世界社版:199頁 八幡書店版:第1輯 117頁 修補版: 校定版:199頁 普及版:103頁 初版: ページ備考:
001 国常立尊(くにとこたちのみこと)厳命(げんめい)(ほう)じ、002ここに天使(てんし)稚姫君命(わかひめぎみのみこと)003(どう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)004金勝要神(きんかつかねのかみ)三柱(みはしら)は、005高杉別(たかすぎわけ)006森鷹彦(もりたかひこ)007田依彦(たよりひこ)008玉彦(たまひこ)009芳彦(よしひこ)010神彦(かみひこ)011鶴若(つるわか)012亀若(かめわか)013倉高(くらたか)014杉生彦(すぎふひこ)015時彦(ときひこ)016猿彦(さるひこ)以下(いか)神司(かみがみ)引率(いんそつ)し、017(なが)れも(きよ)(あま)安河(やすかは)(みなもと)参上(まゐのぼ)りたまうた。018この(やま)水上(みなかみ)にはシオンの霊山(れいざん)雲表(うんぺう)(たか)(そび)えてゐる。019シオンの(やま)意義(いぎ)は、020浄行(じやうぎやう)日域(にちゐき)といつて天男(てんなん)天女(てんによ)(つね)(きた)りて、021音楽(おんがく)(そう)舞曲(ぶきよく)(えん)じて、022遊楽(いうらく)する」といふことである。023この(やま)(いただき)には(ひろ)高原(かうげん)があつて、024(めづら)しき五色(ごしき)(はな)馥郁(ふくいく)たる香気(かうき)をはなつて、025春夏秋冬(しゆんかしうとう)区別(くべつ)なく()()ちてゐる。026また種々(しゆじゆ)美味(びみ)なる果実(くわじつ)木々(きぎ)(こづゑ)(えだ)もたわわに(みの)つてゐる安全境(あんぜんきやう)である。027この高原(かうげん)中央(ちゆうあう)に、028(たか)五十間(ごじつけん)(はば)五十間(ごじつけん)方形(ほうけい)(きは)めて堅固(けんご)なる岩石(がんせき)()ゑられてある。029これは国常立尊(くにとこたちのみこと)(あめ)御柱(みはしら)黄金(こがね)(はしら)となつて星辰(せいしん)()()(たま)ひしとき、030最初(さいしよ)(あら)はれたる星巌(せいがん)である。031神業(かむわざ)祈念(きねん)のために最初(さいしよ)一個(いつこ)地上(ちじやう)にとどめ、032これを地上(ちじやう)国魂(くにたま)守護(しゆご)(さだ)めて(いま)まで()めおかれたのである。
033 天地(てんち)剖判(ぼうはん)(はじ)めより、034一週間(いつしうかん)ごとに十二柱(じふにはしら)天人(てんにん)035この山上(さんじやう)(あら)はれて遊楽(いうらく)する(とき)036この星巌(せいがん)(なか)()き、037天男(てんなん)(ひだり)より、038天女(てんによ)(みぎ)より(めぐ)りて音楽(おんがく)(そう)し、039舞曲(ぶきよく)(えん)ずる(ところ)である。040そのとき天男(てんなん)041天女(てんによ)薄衣(うすぎぬ)のごとき(あま)羽衣(はごろも)(そで)にすり(みが)かれて、042その星巌(せいがん)自然(しぜん)容積(ようせき)(げん)じ、043(いま)中心(ちゆうしん)(たま)のみになつてゐたのである。044この(たま)直径(ちよくけい)三尺(さんじやく)円球(ゑんきう)である。045これを()ても天地(てんち)剖判(ぼうはん)(はじ)めより幾万億年(いくまんおくねん)経過(けいくわ)したるかを想像(さうざう)される。
046 稚姫君命(わかひめぎみのみこと)以下(いか)神司(かみがみ)は、047(あま)安河原(やすかはら)渓流(けいりう)御禊(みそぎ)神業(しんげふ)(しう)したまひ、048ただちに(くも)(おこ)し、049これに()り、050シオン(ざん)(いただき)(のぼ)りたまひ、051山上(さんじやう)高原(かうげん)(のこ)(くま)なく踏査(たふさ)し、052諸天神(しよてんじん)御魂(みたま)各自(かくじ)御座所(ござしよ)(さだ)め、053地鎮祭(ぢちんさい)をおこなひ、054神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、055永遠(ゑいゑん)(かみ)霊地(れいち)(さだ)めたまうた。
056 この高原(かうげん)中央(ちゆうあう)には、057前記(ぜんき)十二柱(じふにはしら)天男(てんなん)天女(てんによ)一個(いつこ)星巌(せいがん)中心(ちゆうしん)に、058左右(さいう)より(めぐ)(あそ)んでゐた。059ここに稚姫君命(わかひめぎみのみこと)以下(いか)神司(かみがみ)は、060その星巌(せいがん)(ちか)づきたまへば、061天男(てんなん)天女(てんによ)ははるか後方(こうはう)退(しりぞ)き、062地上(ちじやう)拝跪(はいき)して太古(たいこ)より今日(こんにち)まで星巌(せいがん)(みが)き、063かつ守護(しゆご)せしことの詳細(しやうさい)(みこと)進言(しんげん)した。
064 稚姫君命(わかひめぎみのみこと)多年(たねん)労苦(らうく)(しや)し、065かつ神勅(しんちよく)(たが)はず、066数万年間(すうまんねんかん)これを守護(しゆご)せしその功績(こうせき)激賞(げきしやう)し、067種々(しゆじゆ)(めづら)しき(たから)十二(じふに)天人(てんにん)にそれぞれ(あた)へたまうた。
068 一見(いつけん)するところ()(まる)星巌(せいがん)地球(ちきう)酷似(こくじ)してゐる。069大地(だいち)神霊(しんれい)たる金勝要神(きんかつかねのかみ)は、070いと軽々(かるがる)しくその円巌(ゑんがん)()にして三回(さんくわい)ばかり頭上(づじやう)(たか)(ささ)げ、071(てん)(むか)つて感謝(かんしや)し、072ついでこれを胸先(むなさき)(くだ)し、073息吹(いぶき)狭霧(さぎり)()きかけたまへば、074円巌(ゑんがん)はますます(まる)(かたち)変化(へんくわ)し、075その(うへ)()もいはれぬ光沢(くわうたく)放射(はうしや)するにいたつた。076このとき金勝要神(きんかつかねのかみ)はいかが思召(おぼしめし)けむ、077この円巌(ゑんがん)山頂(さんちやう)より安河原(やすかはら)渓流(けいりう)めがけて()()てたまうた。078急転(きふてん)直下(ちよくか)079六合(りくがふ)()るるばかりの音響(おんきやう)(はつ)して谷間(たにま)転落(てんらく)した。080稚姫君命(わかひめぎみのみこと)以下(いか)諸神司(しよしん)諸々(もろもろ)従臣(じゆうしん)(とも)に、081星巌(せいがん)(あと)(たづ)ねてシオン(ざん)(くだ)り、082星巌(せいがん)行方(ゆくへ)いかにと谷間(たにま)彼方(あなた)こなたを(さが)させたまうた。083はるか上流(じやうりう)(あた)つて、084以前(いぜん)十二(じふに)天人(てんにん)(きり)()ちのぼる谷間(たにま)面白(おもしろ)()(くる)うてゐる姿(すがた)()につき、085(たま)行方(ゆくへ)(たしか)にそこと見定(みさだ)め、086渓流(けいりう)(さかのぼ)りたまうた。087幾百丈(いくひやくぢやう)とも()れぬ大瀑布(だいばくふ)(した)に、088以前(いぜん)星巌(せいがん)()ちこみ滝水(たきみづ)()たれ、089(ある)ひは水上(すゐじやう)()かび、090あるひは水中(すゐちゆう)(しづ)み、091風船玉(ふうせんだま)(みづ)(ちから)によつて(うご)くがごとく、092あるひは(みぎ)(ある)ひは(ひだり)旋転(せんてん)して(まる)さはますます(まる)く、093(ひかり)はますます(つよ)金剛不壊(こんがうふえ)宝珠(ほつしゆ)(くわ)してゐる。094この(とき)金勝要神(きんかつかねのかみ)はたちまち金色(こんじき)竜体(りゆうたい)(くわ)し、095水中(すゐちゆう)()びいり両手(りやうて)にその(たま)(ささ)げて、096稚姫君命(わかひめぎみのみこと)御前(ごぜん)捧呈(ほうてい)された。097(あら)(さら)された()(たま)は、098表側(おもてがは)紫色(むらさきいろ)にして、099中心(ちゆうしん)には(あか)100(しろ)101(あを)()つの宝玉(ほうぎよく)(ふか)(つつ)まれてゐるのを外部(ぐわいぶ)から透見(とうけん)することができる。102これを顕国(うつしくに)御玉(みたま)(とな)(まつ)る。
103大正一〇・一〇・二三 旧九・二三 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。