霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三九章 白玉(しらたま)行衛(ゆくへ)〔三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第39章 白玉の行衛 よみ:しらたまのゆくえ 通し章番号:39
口述日:1921(大正10)年10月24日(旧09月24日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竹熊はまず、白色の玉を持つ田依彦から玉を奪おうとしていた。田依彦の姉・草香姫は麗しい容貌を持っていた。草香姫は豆寅の妻であったが、魔子彦に思いを懸けていた。
竹熊は魔子彦に宝や美しい衣装を与えて、草香姫を誘惑するように命じた。草香姫は魔子彦への恋慕の情に、病に伏せることになった。
田依彦は姉の病気を治そうとして苦慮していたが、魔子彦は、田依彦が秘蔵している白色の玉を草香姫に抱かせれば、病気が治る、という神夢をでっち上げた。姉の病気を治したい田依彦は、玉を姉に渡した。
魔子彦は見舞いを装って草香姫を訪れたため、草香姫の病はほとんど癒えてしまった。魔子彦は草香姫をだまして玉を渡させ、邸内の松の木から鳥船に乗って遁走してしまった。
竹熊は部下の大虎彦に命じて魔子彦を殺させ、玉を奪ってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:207頁 八幡書店版:第1輯 120頁 修補版: 校定版:207頁 普及版:107頁 初版: ページ備考:
001 黄金水(わうごんすい)(せい)より()でたる十二(じふに)宝玉(ほうぎよく)は、002個々別々(ここべつべつ)使用(しよう)しては(なん)効用(かうよう)(あら)はれないものである。003しかしこれを(ひろ)()たる十二柱(じふにはしら)神司(かみ)も、004竹熊(たけくま)一派(いつぱ)もその真相(しんさう)()らず、005一個(いつこ)()れば一個(いつこ)だけの活用(くわつよう)あり、006二個(にこ)()れば二個(にこ)だけの神力(ちから)(あら)はるるものといづれの(もの)確信(かくしん)してゐた。
007 そこで竹熊(たけくま)は、008第一番(だいいちばん)田依彦(たよりひこ)()つてをる白色(はくしよく)(たま)を、009()()れむことを計画(けいくわく)したが、010どうしても田依彦(たよりひこ)説服(せつぷく)して、011その自分(じぶん)(ゆづ)らしむることの容易(ようい)ならざるをさとり、012ここに竹熊(たけくま)一計(いつけい)案出(あんしゆつ)し、013田依彦(たよりひこ)のもつとも信頼(しんらい)()かざる魔子彦(まごひこ)を、014物質欲(ぶつしつよく)をもつて(うま)自分(じぶん)参謀(さんぼう)にとりいれた。015魔子彦(まごひこ)容姿(ようし)端麗(たんれい)なる美男(びなん)である。016さうして田依彦(たよりひこ)(あね)にして豆寅(まめとら)(つま)なる草香姫(くさかひめ)といふのがあつた。017これもまた非常(ひじやう)(うるは)しき容貌(ようばう)(そな)へていた。018しかるに草香姫(くさかひめ)はいつとなく、019魔子彦(まごひこ)(おも)ひをかけてゐた。
020 このとき竹熊(たけくま)魔子彦(まごひこ)種々(くさぐさ)(めづら)しき(たから)(あた)へ、021また非常(ひじやう)(うるは)しき衣服(いふく)(あた)へた。022ここに魔子彦(まごひこ)はその美衣(びい)()(ちやく)し、023薫香(くんかう)つよき(あぶら)肉体(にくたい)一面(いちめん)()りつけ、024草香姫(くさかひめ)(われ)恋愛(れんあい)(じやう)(ふか)からしめむとした。025この行動(かうどう)竹熊(たけくま)内命(ないめい)(したが)つたものである。
026 ここに草香姫(くさかひめ)はますます恋慕(れんぼ)(じやう)(つの)つてきた。027されども、028あからさまに(こころ)(おも)ひを魔子彦(まごひこ)()ちあけることを()ぢて、029日夜(にちや)悶々(もんもん)(じやう)()へかねてゐた。030つひに草香姫(くさかひめ)気鬱病(きうつびやう)になり、031病床(びやうしやう)()して呻吟(しんぎん)し、032その身体(しんたい)日一日(ひいちにち)痩衰(やせおとろ)へ、033生命(いのち)旦夕(たんせき)(せま)つてきた。034(おとうと)田依彦(たよりひこ)(おほ)いに(おどろ)き、035かつ(かな)しみ、036いかにもして草香姫(くさかひめ)(やまひ)()やし(すく)はむと、037百方(ひやつぱう)苦慮(くりよ)しつつあつた。
038 (とき)田依彦(たよりひこ)自分(じぶん)(しん)ずる魔子彦(まごひこ)が、039内々(ないない)竹熊(たけくま)参謀役(さんぼうやく)になつてをることは(ゆめ)にも()らず、040魔子彦(まごひこ)をよんで、041草香姫(くさかひめ)病気(びやうき)をいかにせば全快(ぜんくわい)せむやと、042(かほ)(いろ)をかへ吐息(といき)をつきながら相談(そうだん)をしかけた。
043 魔子彦(まごひこ)時節(じせつ)到来(たうらい)内心(ないしん)ひそかに()(よろこ)びつつ、044田依彦(たよりひこ)(むか)つて言葉(ことば)をかまへていふ。
045『われ一昨夜(いつさくや)(ゆめ)に、046高天原(たかあまはら)にまします国常立尊(くにとこたちのみこと)047枕頭(ちんとう)(あら)はれたまひて、048言葉(ことば)(おごそ)かに()(たま)ふやうは、049……草香姫(くさかひめ)はもはや生命(せいめい)旦夕(たんせき)(せま)る。050これを(すく)ふの(みち)は、051ただ(たん)田依彦(たよりひこ)のもてる白色(はくしよく)(たま)草香姫(くさかひめ)(いだ)かしめ、052日十日(ひとうか)053夜十夜(よとうや)これを枕頭(ちんとう)より(はな)れざらしめなば、054(やまひ)はたちまち()ゆべし……との大神(おほかみ)のお(つげ)であつた。055しかし貴下(あなた)はわが(ゆめ)()しごとき(うるは)しき白玉(しらたま)(はて)して所持(しよぢ)さるるや、056(ゆめ)のことなれば(しん)()くにたらず、057痴人(ちじん)(ゆめ)(かた)るものと失笑(しつせう)したまふ(なか)れ』
058(そら)とぼけて、059田依彦(たよりひこ)(こころ)(さぐ)つてみた。
060 田依彦(たよりひこ)平素(へいそ)信任(しんにん)する魔子彦(まごひこ)(げん)を、061(すこ)しも(うたが)ふの余地(よち)なく、062ただちに自分(じぶん)(くだん)(たま)(ひろ)つて珍蔵(ちんざう)してをることを、063あからさまに(こた)へ、064その(たま)神力(しんりき)によつて(あね)(いのち)(すく)はるるものならば、065これに()したる(よろこ)びなしと雀躍(じやくやく)し、066(かた)(ゆす)りながら(ただ)ちに草香姫(くさかひめ)(もと)にいたり、067魔子彦(まごひこ)神夢(しんむ)次第(しだい)(かた)り、
068『この(たま)十日十夜(とうかとうや)(いだ)きて、069()ねよ』
070()げ、071(たま)草香姫(くさかひめ)(わた)し、072会心(くわいしん)(ゑみ)()らして(かへ)つてきた。
073 ここに草香姫(くさかひめ)田依彦(たよりひこ)厚意(こうい)(よろこ)び、074(をし)へられし(ごと)くにして、075五日(いつか)経過(くれ)た。076しかるにその病気(びやうき)(たい)しては(すこ)しの効力(かうりよく)もなく、077身体(しんたい)日夜(にちや)(おとろ)へゆくのみであつた。078時分(じぶん)はよしと魔子彦(まごひこ)は、079美麗(きらび)やかに衣服(いふく)()かざり、080()薫香(くんかう)()びつつ四辺(しへん)芳香(はうかう)(くわ)してしまつた。081その(かん)ばしき(にほ)ひは、082(やまひ)(とこ)にあつて苦悶(くもん)しつつある草香姫(くさかひめ)(はな)に、083もつとも(つよ)(かん)じた。
084 草香姫(くさかひめ)はこの(にほ)ひを()ぐとともに、085すこしく元気(げんき)恢復(くわいふく)したやうな心持(こころもち)になつた。086しばらくあつて魔子彦(まごひこ)病気(びやうき)見舞(みまひ)(しよう)して、087いと(しづ)かに這入(はい)つてきた。088さうして田依彦(たよりひこ)(いつは)(つた)へた神夢(しんむ)を、089さも真実(まこと)しやかに草香姫(くさかひめ)物語(ものがた)つた。090草香姫(くさかひめ)真偽(しんぎ)判別(はんべつ)するの(いとま)なく、091一方(いつぱう)(おとうと)言葉(ことば)といひ、092一方(いつぱう)()ごろ恋慕(れんぼ)する魔子彦(まごひこ)親切(しんせつ)なる言葉(ことば)なれば、093あたかも大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)慈言(じげん)(ごと)驚喜(きやうき)した。094さうして(たま)神力(ちから)数日(すうじつ)()ても、095(あら)はれないにかかはらず、
096貴下(あなた)(うるは)しき御姿(おすがた)(はい)してより、097にはかに元気(げんき)恢復(くわいふく)して、098精神(せいしん)(すず)しく爽快(さうくわい)さを(かん)じたり』
099(かほ)(あから)めつつ、100小声(こごゑ)(つぶや)くやうに(こころ)のたけをのべ(つた)へた。
101 してやつたり、102願望(ぐわんもう)成就(じやうじゆ)(とき)こそ(いま)と、103魔子彦(まごひこ)は、104(うしろ)をむいて(した)()し、105素知(そし)らぬ(かほ)言葉(ことば)をもうけていふやう、
106『すべて(かみ)(さづ)けたまふ神玉(しんぎよく)は、107熱臭(ねつくさ)病人(びやうにん)(はだ)(いだ)くは、108かへつて神威(しんゐ)汚涜(をどく)するものなり。109この(たま)(いだ)いて、110(やまひ)()やさむとせば、111まず(なんぢ)身体(しんたい)薫香(くんかう)(つよ)(あぶら)塗布(とふ)し、112芳香(はうかう)四辺(しへん)(はな)ち、113(へや)空気(くうき)一変(いつぺん)し、114天地(てんち)清浄(せいじやう)ののちに(あら)ざれば、115(かう)なかるべし』
116()げた。117草香姫(くさかひめ)は、
118薫香(くんかう)(あぶら)は、119いづれにありや』
120反問(はんもん)した。121魔子彦(まごひこ)はすかさず(あご)しやくりながら、
122『この(あぶら)容易(ようい)()らるべきものにあらず、123シオン(ざん)南方(なんぱう)にある(ちひ)さき(みね)(いただき)に、124(とき)あつて湧出(ゆうしゆつ)するものなり』
125と、126その容易(ようい)()べからざることの暗示(あんじ)(あた)へた。
127 ここに草香姫(くさかひめ)(くち)ごもりつつ、
128『この(たま)貴下(あなた)(はだ)(いだ)きたまひて(たま)(きよ)め、129(たま)神力(しんりき)発揮(はつき)せしめ(たま)はずや』
130嘆願(たんぐわん)した。131魔子彦(まごひこ)はわざと躊躇(ちうちよ)(いろ)()せながら、132内心(ないしん)欣喜(きんき)雀躍(じやくやく)しつつ、133なまなまに(たま)(いだ)くことを承諾(しようだく)した。134不思議(ふしぎ)にも草香姫(くさかひめ)(やまひ)は、135白色(はくしよく)(たま)魔子彦(まごひこ)(ふところ)(いだ)かれるとともに、136ほとんど()えたやうな気分(きぶん)になつた。
137 魔子彦(まごひこ)庭園(ていえん)景色(けしき)()めつつ、138(なに)くはぬ(かほ)にて徜徉(せうやう)しつつありしが、139庭内(ていない)(そび)えたつ一本(いつぽん)老松(おいまつ)(えだ)()をかけ、140樹上(じゆじやう)(のぼ)るや(いな)や、141西方(せいはう)より()けきたる天鳥船(あまのとりふね)()(たく)し、142雲上(うんじやう)(たか)姿(すがた)(かく)した。143しかるにこの(たま)()せたる鳥船(とりふね)は、144中空(ちゆうくう)において大虎彦(おほとらひこ)()れる鳥船(とりふね)衝突(しようとつ)し、145(たま)()んで大虎彦(おほとらひこ)鳥船(とりふね)()り、146魔子彦(まごひこ)中空(ちゆうくう)よりシナイ(ざん)渓谷(けいこく)墜落(つゐらく)して、147霊体(れいたい)ともに粉砕(ふんさい)滅亡(めつぼう)してしまつた。
148 大虎彦(おほとらひこ)()()つた(たま)は、149やがて竹熊(たけくま)()(わた)された。150竹熊(たけくま)謀計(ぼうけい)(のち)(やぶ)れむことを(おそ)れて、151中途(ちゆうと)大虎彦(おほとらひこ)をして魔子彦(まごひこ)(ほろ)ぼさしめたのである。152悪霊(あくがみ)仕組(しぐみ)(じつ)にどこまでも注意(ちうい)(ぶか)い、153いやらしきものである。
154大正一〇・一〇・二四 旧九・二四 谷口正治録)