霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四〇章 黒玉(くろたま)行衛(ゆくへ)〔四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第40章 第1巻 よみ:くろたまのゆくえ 通し章番号:40
口述日:1921(大正10)年10月24日(旧09月24日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竹熊は次に、玉彦の持つ黒玉を狙った。玉彦は地位が低かったが名誉欲が強く、黒玉を得てから慢心を起こしていた。
竹熊は大八洲彦命の部下であった長彦をたぶらかし、黒玉を得ようとした。長彦は、玉彦が黒玉を得てから自分の命令に反抗するようになったことを、面白くなく思っていた。
竹熊の間者は、大八洲彦命の命令と偽って、「近頃慢心する玉彦から黒玉を奪い、汝が保有するように」と長彦を焚きつけた。
長彦は、玉彦が妻の坂姫の言うことなら何でも聞くことを知った。また、坂姫が舞曲が好きであることを知ると、竹熊の間者・鳥熊と計って自ら舞曲を会得し、舞曲を通じて坂姫と親友になってしまった。
あるとき坂姫は長彦・鳥熊と舞曲に興じているときに、舞曲の小道具として、黒色の玉を使わせてもらうよう、玉彦に懇願した。玉彦はやむなく黒色の玉を持ち出して舞曲に供した。
鳥熊は舞曲を演じる振りをして黒色の玉を奪って樹上に上ると、追ってきた長彦を蹴落として打ち殺した。長彦の死に玉彦・坂姫が驚き狼狽している間に、鳥熊は大虎彦の鳥船に乗って、その場を逃れてしまった。
そして大虎彦は鳥船から鳥熊を投げ殺すと、黒色の玉を奪って竹熊に献上した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0140
愛善世界社版:213頁 八幡書店版:第1輯 122頁 修補版: 校定版:213頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001 竹熊(たけくま)謀計(ぼうけい)をもつて、002田依彦(たよりひこ)()てる(たま)()()れたるより(おほ)いに(いきほひ)()003今度(こんど)はすすんで玉彦(たまひこ)()てる黒色(こくしよく)(たま)を、004奪取(だつしゆ)せむことを(くはだ)てた。005玉彦(たまひこ)名誉欲(めいよよく)(つよ)く、006つねに衆人(しうじん)下位(かゐ)()不平満々(ふへいまんまん)()(おく)つてゐたのである。
007 しかるに(ここ)黒玉(くろたま)()心中(しんちゆう)勇気(ゆうき)()し、008意気(いき)揚々(やうやう)として竜宮城内(りゆうぐうじやうない)濶歩(くわつぽ)し、009()(もの)たちに(たい)して、
010『われは(くらゐ)(ひく)(もの)なれども、011大神(おほかみ)より(とく)(えら)ばれて、012黄金水(わうごんすゐ)黒玉(くろたま)()たり。013かならずや(とき)きたらば、014われは立派(りつぱ)なる(うへ)位地(ゐち)にのぼり、015竜宮城(りゆうぐうじやう)権力(けんりよく)掌握(しやうあく)するにいたらむ』
016(こころ)ひそかに期待(きたい)してゐた。
017 竹熊(たけくま)醜女(しこめ)018探女(さぐめ)(はな)ちて、019玉彦(たまひこ)心中(しんちゆう)(さぐ)り、020玉彦(たまひこ)()てる(たま)()らむとすれば、021まづ名誉欲(めいよよく)をもつてこれにのぞまねばならぬことを()つた。022そこで竹熊(たけくま)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)部下(ぶか)長彦(ながひこ)(たぶ)らかし、023長彦(ながひこ)()より玉彦(たまひこ)(つま)坂姫(さかひめ)()き、024坂姫(さかひめ)より玉彦(たまひこ)黒玉(くろたま)()むとした。025長彦(ながひこ)十二(じふに)(たま)のうち一個(いつこ)(たま)()()()らざりしを(こころ)()りなく(おも)ひゐたる()さきなれば、026玉彦(たまひこ)(たい)しても、027やや嫉妬(しつと)(ねん)(きざ)してゐた(さい)である。028そこへ自分(じぶん)下位(かゐ)にある玉彦(たまひこ)は、029(たま)()高慢心(かうまんしん)(しやう)じ、030長彦(ながひこ)(めい)(とき)どき(こば)むやうになつた。031長彦(ながひこ)はいかにもして玉彦(たまひこ)(たか)(はな)をくじかむと、032百方(ひやくぱう)焦慮(せうりよ)してゐたのである。
033 そこへ竹熊(たけくま)間者(かんじや)なる鳥熊(とりくま)は、034大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(めい)(いつ)はり、035かつ(いは)く、
036玉彦(たまひこ)のこのごろの行動(かうどう)もつとも不穏(ふおん)なり、037(かれ)がごとき(もの)(たま)(いだ)かしむるは、038はなはだ危険(きけん)なり。039もしこの(たま)にして長彦(ながひこ)()()らば、040(たま)神力(ちから)はいやが(うへ)にも発揮(はつき)せむ。041(なん)とぞ長彦(ながひこ)はわれの内命(ないめい)(うべ)なひ、042かの(たま)奪取(だつしゆ)せよ……との厳命(げんめい)なり』
043と、044(ひそ)かに長彦(ながひこ)(いへ)にいたつて教唆(けうさ)した。
045 ここに長彦(ながひこ)一計(いつけい)をめぐらし、046玉彦(たまひこ)(つま)坂姫(さかひめ)言葉(ことば)たくみに()きつけ、047坂姫(さかひめ)()よりこの(たま)(うば)はしめむとした。048坂姫(さかひめ)容色(ようしよく)端麗(たんれい)なる竜宮城(りゆうぐうじやう)美人(びじん)であつた。049玉彦(たまひこ)は、050平素(へいそ)より坂姫(さかひめ)美貌(びばう)恋々(れんれん)たる有様(ありさま)で、051坂姫(さかひめ)一言一動(いちげんいちどう)玉彦(たまひこ)生命(せいめい)(かぎ)であつた。052そこを(うかが)()つた長彦(ながひこ)は、053いかにもして坂姫(さかひめ)(くび)(たて)()らしめむとした。054坂姫(さかひめ)はいたつて舞曲(ぶきよく)()きであつた。
055 そこで長彦(ながひこ)鳥熊(とりくま)は、056シオン(ざん)において()たる天男(てんなん)057天女(てんによ)舞曲(ぶきよく)(おも)ひだし、058ひそかに舞曲(ぶきよく)稽古(けいこ)にかかつた。059百日(ひやくにち)百夜(ひやくよ)習練(しうれん)結果(けつくわ)(じつ)(めう)()060(しん)(たつ)した。061もはやこれならば坂姫(さかひめ)(こころ)(うご)かすに()らむと自信(じしん)し、062坂姫(さかひめ)()まへる(へや)庭先(にはさき)にいたつて、063さかんに()ひはじめた。064坂姫(さかひめ)何心(なにごころ)なく押戸(おしど)()けて庭先(にはさき)(なが)めたが、065ふたりの(めう)をえたる舞踏(ぶたふ)(きも)(うば)はれ、066しばし恍惚(くわうこつ)としてこれに見惚(みと)れてゐた。067つひには自分(じぶん)()つてその()(あら)はれ三巴(みつどもゑ)となつて、068たがひに()()(をど)りまはつた。069かくしていつの()にか坂姫(さかひめ)は、070長彦(ながひこ)071鳥熊(とりくま)らと無二(むに)親友(しんいう)となつてしまつた。072その翌日(よくじつ)もまたその翌日(よくじつ)も、073三人(さんにん)はその庭前(ていぜん)()でて舞曲(ぶきよく)余念(よねん)なく、074歓喜(くわんき)(こゑ)四辺(しへん)にひびき、075園内(えんない)はにはかに陽気(やうき)となつてきた。
076 このとき別殿(べつでん)(ひか)へたる玉彦(たまひこ)は、077最愛(さいあい)(つま)()(くる)優美(いうび)なる姿(すがた)見惚(みと)れ、078(たま)奥殿(おくでん)秘蔵(ひざう)しおき、079三人(さんにん)(まへ)立現(たちあら)はれた。080鳥熊(とりくま)081長彦(ながひこ)巧言令色(こうげんれいしよく)いたらざるなく、082玉彦(たまひこ)主座(しゆざ)()ゑ、083尊敬(そんけい)のあらむ(かぎ)りをつくし、084玉彦(たまひこ)歓心(くわんしん)(もと)めた。085ここに玉彦(たまひこ)は、086自分(じぶん)上位(じやうゐ)にある長彦(ながひこ)尊敬(そんけい)されるのは、087(まつた)坂姫(さかひめ)舞曲(ぶきよく)妙技(めうぎ)(しか)らしむるところと心中(しんちゆう)(ふか)坂姫(さかひめ)感謝(かんしや)した。088坂姫(さかひめ)玉彦(たまひこ)にむかひ、
089貴下(あなた)(とも)()ひたまへ』
090無理(むり)にその()()つて舞踏(ぶたふ)せしめむとした。091玉彦(たまひこ)には坂姫(さかひめ)一言一句(いちごんいつく)は、092(つね)微妙(びめう)なる音楽(おんがく)(きこ)ゆるのである。093(すこ)しでも坂姫(さかひめ)(こころ)(さか)らへば、094坂姫(さかひめ)顔色(かほいろ)はたちまち憂愁(いうしう)(しづ)む。095いかにもして坂姫(さかひめ)笑顔(ゑがほ)(つく)らしめむと(こころ)(なや)ましてゐた。
096 ここに鳥熊(とりくま)097長彦(ながひこ)は、098獅子王(ししわう)099(たま)(あらそ)ふ」の舞曲(ぶきよく)(えん)ぜむことを(まを)()んだ。100坂姫(さかひめ)第一(だいいち)賛成(さんせい)()(へう)し、101玉彦(たまひこ)黒色(こくしよく)(たま)()ちいだし、102舞曲(ぶきよく)(よう)(きよう)せむことを懇請(こんせい)した。103玉彦(たまひこ)はいかに最愛(さいあい)(つま)なればとて、
104『こればかりは(ゆる)せよ。105わが位地(ゐち)昇進(しようしん)のための重宝(ぢゆうほう)なれば』
106(こば)んだ。107坂姫(さかひめ)はたちまち顔色(がんしよく)(くも)り、108地上(ちじやう)(たふ)()(こゑ)をあげて(をつと)玉彦(たまひこ)無情(むじやう)()いた。109玉彦(たまひこ)はやむを()ず、110坂姫(さかひめ)(こひ)()れて、111不安(ふあん)(うち)にも()(たま)奥殿(おくでん)より()()した。112坂姫(さかひめ)喜色(きしよく)満面(まんめん)(あふ)れ、113ここに四柱(よはしら)は、114(たま)(あらそ)獅子王(ししわう)舞曲(ぶきよく)(そう)しはじめた。115四柱(よはしら)はただちに牡丹(ぼたん)(その)()て、116各自(かくじ)獅子(しし)変装(へんさう)した。117まづ(たま)坂姫(さかひめ)獅子(しし)()たせた。118鳥熊(とりくま)119長彦(ながひこ)変化獅子(へんげじし)は、120坂姫(さかひめ)左右(さいう)より()りまき、121鳥熊(とりくま)はその(たま)()るより(はや)く、122(くち)(ふく)庭先(にはさき)湯津桂(ゆつかつら)樹上(じゆじやう)(たか)くかけ(のぼ)つた。123つづいて長彦(ながひこ)もかけ(のぼ)つた。124このとき鳥熊(とりくま)(あし)もて、125長彦(ながひこ)地上(ちじやう)蹴落(けおと)した。126長彦(ながひこ)は、127庭先(にはさき)置石(おきいし)(あたま)()(くだ)きことぎれた。
128 玉彦(たまひこ)129坂姫(さかひめ)は、130(おどろ)周章(あわ)狼狽(ふためき)ゐる()(あひだ)に、131西方(せいはう)(てん)より空中(くうちゆう)をとどろかして、132大虎彦(おほとらひこ)邪神(じやしん)(あま)鳥船(とりふね)()りきたり、133鳥熊(とりくま)()せて(とほ)西天(せいてん)姿(すがた)(ぼつ)した。134鳥熊(とりくま)()てる黒玉(くろたま)大虎彦(おほとらひこ)()()るとともに、135鳥熊(とりくま)身体(からだ)鳥船(とりふね)より蹴落(けおと)され、136シナイ(ざん)(ふか)谷間(たにま)()ちて、137その肉体(にくたい)はたちまち粉砕(ふんさい)(やく)()うた。
138 アゝ何処(どこ)までも巧妙(かうめう)なる邪神(じやしん)奸策(かんさく)よ。139いかに善良(ぜんりやう)なる神人(かみ)といへども、140心中(しんちゆう)一片(いつぺん)執着(しふちやく)ある(とき)はかならず邪鬼妖神(じやきえうじん)のために(をか)さるるものである。141(つつし)むべきは一切(いつさい)(もの)執着(しふちやく)(ねん)()つべきことである。
142大正一〇・一〇・二四 旧九・二四 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。