霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四二章 八尋殿(やひろどの)酒宴(しゆえん)の二〔四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第42章 第1巻 よみ:やひろどののしゅえん(二) 通し章番号:42
口述日:1921(大正10)年10月24日(旧09月24日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
挑発に乗って玉を取り出した五柱の神々と竹熊たちは、玉を取り出そうとしない竜宮城の五柱の神々を責め立てたが、高杉別、森鷹彦、鶴若、亀若、時彦らはどうしても挑発にのらなかった。
竹熊らは玉を出さない五柱の神々に虐待を加え始め、汚い虫や牛馬の糞尿を無理やり食わせた。しかし五柱の神々は拷問に屈せず、頑として玉の供出を拒否し、生命に変えても玉を離すことはない、と意思をあらわにした。
すると金色の烏が数限りなく現れて、五柱の神々を竹熊の館から救い出し、竜宮城へと連れ帰った。一方で怪鳥がまた数限りなく現れると砂礫の雨を降らせ、玉を竹熊に供出してしまった芳彦、神彦、倉高、杉生彦、猿彦の頭上を砕いて悶死させてしまった。
黄金水の玉は七個までが、竹熊の手に渡ってしまったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0142
愛善世界社版:225頁 八幡書店版:第1輯 126頁 修補版: 校定版:224頁 普及版:116頁 初版: ページ備考:
001 ここに竹熊(たけくま)002大虎彦(おほとらひこ)威丈高(ゐたけだか)になり、003高杉別(たかすぎわけ)004森鷹彦(もりたかひこ)005鶴若(つるわか)006亀若(かめわか)007時彦(ときひこ)眼下(がんか)見下(みくだ)し、
008(なんぢ)らは竜宮城(りゆうぐうじやう)神司(かみ)とはいへ、009その(じつ)有名無実(いうめいむじつ)にして、010糞土神(くそがみ)同様(どうやう)なり。011(たま)なき(もの)は、012この(せき)(つら)なる資格(しかく)なし。013ああ(けが)らはしや』
014(しほ)をふり、015臀部(でんぶ)をまくり、016あらゆる侮辱(ぶじよく)(くは)へた。017五柱(いつはしら)従臣(じゆうしん)は、018勘忍(かんにん)勘忍(かんにん)(かさ)ね、019これも畢竟(ひつけう)悪魔(あくま)世迷(よまよ)(ごと)()ぎずとして、020つひには(すこ)しも(みみ)をかさなかつた。
021 (たま)()()したる竜宮城(りゆうぐうじやう)五柱(いつはしら)神司(かみ)も、022竹熊(たけくま)一派(いつぱ)(もの)も、023(とも)(こゑ)(そろ)へて、024高杉別(たかすぎわけ)以下(いか)神司(かみがみ)をさんざん罵倒(ばたふ)した。025酒宴(しゆえん)はますます(たけなは)となつた。
026 この(とき)027竹熊(たけくま)(ひだり)より大虎彦(おほとらひこ)(みぎ)より、028彼我(ひが)()(むす)びあはせ、029(ゑん)(ゑが)いて高杉別(たかすぎわけ)以下(いか)四柱(よはしら)神司(かみ)(なか)(とり)まき、030悪声(あくせい)(はな)ちつつ(をど)(くる)ひはじめた。
031 五柱(いつはしら)神司(かみ)は、032(のが)()づるに(よし)なく、033何時(いつ)また()(たま)(うば)はるるやも()れずと、034非常(ひじやう)苦心(くしん)した。035されど竹熊(たけくま)執拗(しつえう)なる計略(けいりやく)も、036この五柱(いつはしら)神司(かみ)(たま)のみは、037どうしても()ることはできなかつた。038そこで(さら)第二次会(だいにじくわい)(のぞ)まむことを()げた。039()ひつぶれた彼我(ひが)(もの)たちは、040(いち)()もなく、041()()つて賛成(さんせい)した。
042 (えう)するに、043(たま)()()したる五柱(いつはしら)神司(かみ)は、044()らず()らずのまに、045(まつた)竹熊(たけくま)捕慮(ほりよ)となつたのである。046高杉別(たかすぎわけ)以下(いか)四柱(よはしら)神司(かみ)は、047いかにして()()遁出(にげだ)さむかと苦心(くしん)すれども、048(かれ)らはなかなか油断(ゆだん)はしない。049やむなく()きずられて、050第二次会(だいにじくわい)宴席(えんせき)(のぞ)むことになつた。
051 第二次(だいにじ)宴会(えんくわい)(ひら)かれた。052ここは以前(いぜん)(せき)とは(かは)つて、053よほど(おほ)きな広間(ひろま)であつた。054広間(ひろま)上下(じやうげ)二座(にざ)(わか)たれて、055上座(じやうざ)には八重畳(やへだたみ)()きつめられ、056種々(しゆじゆ)珍宝(ちんぽう)(かざ)()てられてある。057(せき)中央(ちゆうあう)には、058()もいはれぬ(うつく)しき花瓶(くわびん)に、059芳香(はうかう)馥郁(ふくいく)たる(めづ)らしき花樹(くわじゆ)()てられてある。060これに(はん)して、061下座(げざ)には()もあてられぬやうな、062(きたな)(やぶ)(だたみ)()きつめてあつた。
063 各自(めいめい)(せき)()くや、064竹熊(たけくま)()つて一同(いちどう)(むか)ひ、
065『この(せき)は、066(たま)()()したる(こころ)(うつく)しき(もの)のみ(あつ)まる、067神聖(しんせい)なる宴席(えんせき)である。068(たま)()()さざる(こころ)(きたな)(もの)は、069(しも)(せき)(さが)れよ』
070と、071おごそかに()(わた)した。
072 そこで、073一同(いちどう)()つて、074高杉別(たかすぎわけ)以下(いか)四柱(よはしら)神司(かみ)下座(げざ)()しやつた。075五柱(いつはしら)神司(かみ)は、076この言語道断(ごんごどうだん)なる虐待(ぎやくたい)慷慨悲憤(こうがいひふん)(ねん)()へなかつたが、077(ふか)くこれを(むね)(なか)()めて、078せきくる(なみだ)ぢつ(おさ)へてゐた。
079 上座(じやうざ)(せき)には、080海河山野(うみかはやまぬ)種々(くさぐさ)(めづ)らしき馳走(ちそう)(なら)べられ、081一同(いちどう)舌鼓(したつづみ)()つて(ある)ひは(くら)ひ、082あるひは()み、083太平楽(たいへいらく)のあらむかぎりを(つく)してゐた。084下座(げざ)におかれた五柱(いつはしら)神司(かみ)(まへ)には、085(やぶ)れた(きたな)(ころも)(まと)へる(とし)()いたる醜女(しこめ)数名(すうめい)(あら)はれて、086膳部(ぜんぶ)()(はこ)んできた。087その(さけ)はと()れば牛馬(ぎうば)小便(せうべん)である。088(めし)はと()れば(しらみ)ばかりがウヨウヨと(うご)いてゐる。089その()馳走(ちそう)蜈蚣(むかで)090(かはづ)091蜥蜴(とかげ)092蚯蚓(みみず)などである。093五柱(いつはしら)神司(かみ)は、094あまりのことに(あき)れかへつて、095(しば)しは、096ただ茫然(ばうぜん)見詰(みつ)めてゐるより(ほか)はなかつた。
097 その(とき)098(きたな)老婆(ろうば)は、
099竹熊(たけくま)さまの御芳志(ごはうし)である。100この(さけ)()まず、101この(めし)(くら)ひたまはずば、102竹熊(たけくま)さまに(たい)して、103(れい)(しつ)するならむ、104親交(しんかう)(あたた)むるため是非々々(ぜひぜひ)105御遠慮(ごゑんりよ)なく、106この珍味(ちんみ)腹一杯(はらいつぱい)()(あが)れ』
107と、108無理矢理(むりやり)(すす)めておかない。109上座(じやうざ)よりは、110(さけ)()ひつぶれた(もの)(あつ)まりきたりて、111()()り、112(あし)()り、113無理(むり)無体(むたい)(かしら)(おさ)へ、114(くち)()()け、115小便(せうべん)(さけ)()ませ(しらみ)(めし)(くち)押込(おしこ)み、116その()いやらしい(もの)(しひ)()はせてしまつた。
117 そこへ芳彦(よしひこ)()()酔顔(すゐがん)朦朧(もうろう)として、118高杉別(たかすぎわけ)以下(いか)神司(かみ)にむかひ、
119貴下(あなた)らは竹熊(たけくま)さまの誠意(せいい)(うたが)ひ、120(たま)(かく)して()さざるため、121かかる侮辱(ぶじよく)迫害(はくがい)()くるものならむ。122よし(たま)()したりとて、123(けつ)して(うば)はるるものにあらず、124(すみ)やかにその(たま)()()机上(きじやう)(かざ)りたて竜宮城(りゆうぐうじやう)威勢(ゐせい)(しめ)し、125もつて竹熊(たけくま)さまの(こころ)(やはら)げられよ』
126忠告(ちゆうこく)した。
127 この(とき)128高杉別(たかすぎわけ)(くび)左右(さいう)()(こゑ)(はげ)まし、
129(われ)はたとへ如何(いか)なる侮辱(ぶじよく)()くるとも、130いかなる迫害(はくがい)()ひ、131生命(せいめい)()たるるとも万古(まんご)末代(まつだい)132この(たま)(だん)じて(はな)さじ』
133と、134キツパリ(つよ)()ひはなつた。135(のこ)りの四柱神司(よはしらがみ)(おな)じく、136高杉別(たかすぎわけ)意見(いけん)同意(どうい)なり」と(こた)へた。137をりしも、138金色(こんじき)咫尺(やた)(からす)数百千(すうひやくせん)とも(かぎ)りなく中空(ちゆうくう)より、139(ひかり)(はな)つて(あら)はれ、140高杉別(たかすぎわけ)以下(いか)四神司(ししん)(つか)んで、141竜宮城(りゆうぐうじやう)()(かへ)つた。
142 つづいて数多(あまた)怪鳥(くわいてう)天空(てんくう)()(みだ)れ、143砂磔(されき)(あめ)しきりに()りきたり、144屋根(やね)(むね)()(つらぬ)き、145宴席(えんせき)(なら)べる芳彦(よしひこ)146神彦(かみひこ)147倉高(くらたか)148杉生彦(すぎふひこ)149猿彦(さるひこ)頭上(づじやう)(くだ)き、150その()悶死(もんし)せしめた。
151 アゝ貴重(きちよう)なる竜宮(りゆうぐう)黄金水(わうごんすゐ)(たま)は、152()しい(かな)153七個(しちこ)まで竹熊(たけくま)()(わた)つてしまつたのである。
154大正一〇・一〇・二四 旧九・二四 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)