霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四三章 丹頂(たんちやう)(つる)〔四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第43章 第1巻 よみ:たんちょうのつる 通し章番号:43
口述日:1921(大正10)年10月25日(旧09月25日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鶴若は赤色の玉を黄金水から得てより、信念強固となり、シオン山で多年の修行を重ねるようになった。そしてついに神通力を発揮し、鶴に変じて空を飛び、神界の天使となろうと行に励んでいた。
竹熊らは鶴若から神通力を奪って地上に落下させようと画策していた。
あるとき鶴若はアルタイ山で天女・鶴姫と出会い、夫婦の契りを結んだ。それとともに鶴若は飛翔の通力を失ってしまった。二人はアルタイ山の岩窟に住み、永の年月を送っていたが、年寄っても子供ができないのを寂しく思っていた。
竹熊の部下である鶴析姫は、二人の岩窟の前に鮮やかな色の玉と化した。二人はその餅のような玉を見ると、にわかに食べたくなって食べてしまった。するとにわかに情欲が起こり、鶴姫は妊娠して女の子を産んだ。二人は女の子を鶴子姫と名づけた。
鶴子姫は、黄金水の赤玉を欲しがって泣くようになった。鶴若と鶴姫は、赤玉を鶴子姫のおもちゃとして与えた。
鶴子姫は成長すると、ある日とつぜん黒竜となって玉を奪って逃げてしまった。鶴若・鶴姫は、鶴子姫が邪神の化身であったことを知り、赤玉を奪われたことを嘆いた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0143
愛善世界社版:230頁 八幡書店版:第1輯 128頁 修補版: 校定版:229頁 普及版:118頁 初版: ページ備考:
001 鶴若(つるわか)は、002黄金水(わうごんすゐ)(せい)なる赤色(せきしよく)(たま)()てより、003信念(しんねん)ますます鞏固(きようこ)となり、004ひそかに、005シオン(ざん)(のぼ)りて多年(たねん)修業(しうげふ)をなし、006ある(とき)はシオンの(たき)()()み、007ある(とき)はシオンの谷川(たにがは)禊身(みそぎ)をなし、008つひには、009神通力(しんつうりき)自由(じいう)自在(じざい)発揮(はつき)()るやうになつた。010鶴若(つるわか)はその()のごとく、011(つる)(へん)じて空中(くうちゆう)翺翔(かうしやう)し、012天地間(てんちかん)上下(じやうげ)して、013神界(しんかい)天使(てんし)とならむと、014一意専念(いちいせんねん)(くる)しき修行(しうぎやう)をつづけてゐた。
015 ここに竹熊(たけくま)一派(いつぱ)悪神(あくがみ)は、016鶴若(つるわか)神通力(しんつうりき)(うば)ひ、017地上(ちじやう)落下(らくか)せしめむとして苦心(くしん)してゐた。018鶴若(つるわか)空中(くうちゆう)一瀉千里(いつしやせんり)(いきほひ)をもつて、019諸方(しよはう)()けめぐつた。020ときに前方(ぜんぱう)にあたつて紫雲(しうん)(たな)びく高山(たかやま)()についた。021山頂(さんちやう)(くも)(うへ)(しろ)浮出(うきで)てゐる。022鶴若(つるわか)は、023その(やま)()きつけらるる心地(ここち)していつの()にか、024山上(さんじやう)()けりついた。025(をり)しも、026山腹(さんぷく)紫雲(しうん)(なか)より四方(しはう)()らす鮮光(せんくわう)あらはれ、027(ひかり)はおひおひ山頂(さんちやう)()がけて立騰(たちあが)つていつた。028そして、029それが一個(いつこ)紅色(こうしよく)(たま)となつた。030このとき鶴若(つるわか)は、031(つる)姿(すがた)(へん)じて、032荘厳(さうごん)なる神人(かみ)(くわ)してゐたのである。033その(たま)は、034()るみる左右(さいう)にわかれて、035(なか)より天女(てんによ)(あら)はれてきた。036鶴若(つるわか)はこの天女(てんによ)美貌(びばう)見惚(みと)れてゐると、037天女(てんによ)はまた鶴若(つるわか)()秋波(しうは)(おく)り、038無言(むごん)のまま鶴若(つるわか)(そば)立寄(たちよ)つてきた。039この高山(かうざん)はアルタイ(ざん)で、040この天女(てんによ)()鶴姫(つるひめ)といふ。041鶴若(つるわか)042鶴姫(つるひめ)はここに夫婦(ふうふ)(やく)(むす)んだ。043これと同時(どうじ)鶴若(つるわか)はたちまち通力(つうりき)(うしな)ひ、044空中(くうちゆう)飛行(ひかう)(じゆつ)()かなくなつた。
045 (やま)中腹(ちゆうふく)には巨大(きよだい)岩窟(がんくつ)がある。046ふたりはこの岩窟(がんくつ)棲所(すみか)とし、047遠近(をちこち)山々(やまやま)(もの)(あつ)めて、048ここを中心(ちゆうしん)として(ひと)つの(くに)()てた。049さうして、050(ひろ)岩窟(がんくつ)(おく)には赤玉(あかだま)安置(あんち)し、051これを無二(むに)神宝(しんぽう)(あが)(まつ)つた。052ふたりはたがひに(あひ)(した)しみ、053(あひ)(あい)し、054(なが)年月(としつき)をアルタイ(ざん)(おく)つてゐた。
055 (しか)るにふたりの(わか)姿(すがた)(とし)とともにおひおひ()(おとろ)へ、056(あたま)には白髪(しらが)()えだし、057(なん)となく(さび)しさを(かん)じてきた。058ふたりは後継者(こうけいしや)たる()(うま)()でむことを希求(ききう)するやうになつた。
059 ここに竹熊(たけくま)部下(ぶか)060鶴析姫(つるさきひめ)は、061うるはしき天使(てんし)姿(すがた)(へん)じてアルタイ(ざん)山頂(いただき)にのぼり、062雷鳴(らいめい)(はつ)大雨(だいう)()らしめた。063(あめ)(たき)(ごと)くにふりしきり、064たちまち(やま)一角(いつかく)崩壊(ほうくわい)し、065濁水(だくすゐ)(なが)れて岩窟(がんくつ)(まへ)(あふ)れいで、066少時(しばらく)にして、067その(あめ)()み、068岩窟(がんくつ)(まへ)には、069(ひと)つの(やはら)かき(うるは)しき鮮花色(せんくわしよく)(たま)(のこ)されてゐた。070鶴若(つるわか)()にとりてこれを(なが)むるに、071あたかも()きたての(もち)のやうな(やはら)かさである。072鶴姫(つるひめ)はこれを()て、073にはかにこの(たま)(くら)ひたくなり、074鶴若(つるわか)()より(これ)()らむとして、075つひに両方(りやうはう)よりその(たま)()千切(ちぎ)つてしまつた。076この()千切(ちぎ)られた(たま)は、077自然(しぜん)にふたりの(くち)()腹中(ふくちゆう)(をさ)まつてしまつた。078それよりふたりは情欲(じやうよく)をさとることになり、079鶴姫(つるひめ)はつひに妊娠(にんしん)し、080(つき)()ちて(たま)のごとき女子(によし)(うま)れた。081これを鶴子姫(つるこひめ)名付(なづ)けた。
082 二人(ふたり)鶴子姫(つるこひめ)()んで、083寵愛(ちようあい)(ななめ)ならず、084()へば()て、085()てば(あゆ)めの親心(おやごころ)086鶴子姫(つるこひめ)()くにつけ、087(わら)ふにつけても(こころ)(うご)かし、088()のためには一切(いつさい)犠牲(ぎせい)にしても()いないといふ態度(たいど)であつた。089鶴子姫(つるこひめ)は、090両親(りやうしん)愛育(あいいく)によりて、091追々(おひおひ)成長(せいちやう)し、092言語(げんご)(はつ)するやうになつて、093(はじ)めて「ターター」と()きだした。094両親(りやうしん)はその啼声(なきごゑ)()にかかり「ターター」とは、095如何(いか)なる意味(いみ)かと非常(ひじやう)苦心(くしん)したが、096到底(たうてい)その意味(いみ)はわからなかつた。097鶴子姫(つるこひめ)は、098今度(こんど)は「マーマー」と()きだした。099(なん)意味(いみ)か、100これも(わか)らなかつた。101しばらくすると鶴子姫(つるこひめ)は「タマ、102タマ」と()きだした。103これを()いて両親(りやうしん)は、104種々(しゆじゆ)鳥類(てうるゐ)(たまご)従臣(じゆうしん)(めい)じて(あつ)めさせたが、105鶴子姫(つるこひめ)はしきりに(くび)左右(さいう)()り、106(たまご)()ふことを(きら)つた。107両親(りやうしん)昼夜(ちうや)(ひざ)(まじ)へて、108その鶴子姫(つるこひめ)のいふ「タマ」とは、109如何(いか)なる意味(いみ)かと(くび)(かたむ)色々(いろいろ)(かんが)へたが、110どうしてもわからなかつた。111(とき)両親(りやうしん)(よろづ)従臣(じゆうしん)(あつ)め、112赤玉(あかだま)(まつ)りある(たま)(みや)祭典(さいてん)をおこなひ、113鶴子姫(つるこひめ)無事(ぶじ)成長(せいちやう)せむことを(いの)つた。114その(とき)鶴子姫(つるこひめ)は、115鶴姫(つるひめ)(いだ)かれて祭場(さいじやう)(れつ)した。116ここに鶴子姫(つるこひめ)は、117はじめて笑顔(ゑがほ)をつくり「赤玉(あかだま)118々々(あかだま)」といつて(よろこ)んだ。119両親(りやうしん)()(なか)へはいつても、120(いた)くは(おも)はぬ愛児(あいじ)鶴子姫(つるこひめ)笑顔(ゑがほ)に、121満腔(まんこう)(よろこ)びをおぼえ、122鶴子姫(つるこひめ)要求(えうきう)なれば、123自分(じぶん)生命(いのち)()てても(をし)くはないとまで(あい)してゐたのである。124祭典(さいてん)無事(ぶじ)にすみ、125ふたりは広大(くわうだい)なる岩窟(がんくつ)居間(ゐま)(かへ)つた。126(よろず)従臣(じゆうしん)直会(なほらひ)(さけ)()ひ、127万歳(ばんざい)連呼(れんこ)し、128各自(かくじ)住所(ぢうしよ)(かへ)つた。129あとに親子(おやこ)三名(さんめい)(おく)一室(ひとま)()り、130やすやすと(しん)についた。131夜半(よは)にいたり、132鶴子姫(つるこひめ)はにはかに「タマ、133タマ」と()きだした。134鶴姫(つるひめ)(これ)()いて(はじ)めて()()をさとり、135鶴子姫(つるこひめ)が「タマ、136タマ」といふのは、137かの(たま)要求(えうきう)してゐるに(ちが)ひなしと(おも)()かべ、138その(むね)鶴若(つるわか)(はなし)しかけた。139鶴若(つるわか)はにはかに床上(しやうじやう)()(あが)り、140(うで)()み、141思案(しあん)にくれて、142一言(いちごん)(はつ)せず伏向(うつむ)いてゐた。143鶴子姫(つるこひめ)()(ごゑ)はますます(はげ)しくなり、144両親(りやうしん)(むね)()()かむばかりに(きこ)えた。145両親(りやうしん)はゐたたまらず、146夜中(よなか)をも(かへり)みず、147鶴若(つるわか)()つて(たま)(みや)()り、148御神体(ごしんたい)赤玉(あかだま)捧持(ほうぢ)し、149(うやうや)しく居間(ゐま)机上(きじやう)()ゑた。150すると鶴子姫(つるこひめ)()(ごゑ)(とみ)にやんで(わら)(ごゑ)(へん)じ、151その(たま)()()れ、152(たま)周囲(しうゐ)嬉々(きき)として()びまはつた。153両親(りやうしん)はそのまま(たま)床上(しやうじやう)()ゑ、154鶴子姫(つるこひめ)機嫌(きげん)とりの玩具(おもちや)とした。
155 鶴子姫(つるこひめ)はかくてだんだんと成長(せいちやう)したが、156ある()たちまち()姿(すがた)黒竜(こくりゆう)(へん)じ、157その(たま)をとるや(いな)や、158黒雲(こくうん)()きおこし雷雨(らいう)をよび、159大音響(だいおんきやう)とともに、160父母(ふぼ)()て、161西方(せいはう)(そら)(たか)姿(すがた)(かく)してしまつた。162(あと)(のこ)りしふたりは(おどろ)(あき)れ、163かつ(たま)愛児(あいじ)行方(ゆくへ)(なが)めて長嘆(ちやうたん)()まなかつた。164ふたりは鶴子姫(つるこひめ)邪神(じやしん)(みたま)変化(へんげ)なりしことを(さと)りて、165(ひめ)()については断念(だんねん)せるものの、166断念(あきら)()れぬのはかの赤玉(あかだま)である。167かつて竹熊(たけくま)らの侮辱(ぶじよく)圧迫(あつぱく)にたへ、168生命(いのち)にかへて守護(しゆご)したる、169かの宝玉(ほうぎよく)(てき)(うば)はれては、170大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)にたいして一言(いちごん)申訳(まをしわけ)なしと、171天地(てんち)にむかつて号泣(がうきふ)し、172その一念(いちねん)()つて、173頭上(づじやう)赤玉(あかだま)(あと)をとどむるにいたつた。174これを丹頂(たんちやう)(つる)といふのである。175焼野(やけの)雉子(きぎす)176(よる)(つる)177()(あい)すること(つる)(まさ)るものなきも、178これが縁由(えんいう)である。
179大正一〇・一〇・二五 旧九・二五 谷口正治録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら