霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四四章 緑毛(りよくまう)(かめ)〔四四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第44章 第1巻 よみ:りょくもうのかめ 通し章番号:44
口述日:1921(大正10)年10月25日(旧09月25日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
緑の玉を死守していた亀若は、竹熊の宴席で拷問にあい、それが元で健康を害して帰幽してしまった。妻の亀姫は悲しんで百日の間、喪に服した。
このとき、ガリラヤの海から異様な動物が現れ、美しい神人に化けると、亀若の喪を弔いにやってきた。これは高津彦という邪神である。神人に化けた高津彦の容貌は、亀若そっくりであった。驚く亀姫に高津彦は、自分は亀若の再生である、と騙して夫婦となってしまった。
あるとき、高津彦はにわかに病となり、床に伏してしまった。亀姫は悲しんで看病していたが、そこに竜宮城の神と名乗って、高倉彦という神人が見舞いに訪れた。高倉彦の容貌も亀若に酷似していた。
そして高倉彦は、自分は亀若の双子の兄弟だが、父母が世間をはばかって、今まで隠していたところ、亀若が病床にあると聞いて見舞いに訪れたのだ、と語った。そして、家宝の緑の玉こそ、亀若の病を癒す神宝である、と騙った。
亀姫が緑の玉を取り出して高台に安置するや否や、黒竜が玉を掴んで西方の天に去ってしまった。これまで夫亀若の再生と思っていた高津彦は大竜に変じ、また高倉彦はガリラヤのすっぽんに還元して、姿をくらましてしまった。
騙されたことを知った亀姫は悔しがり、その精魂は緑毛の亀となって竜宮海に飛び込んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0144
愛善世界社版:236頁 八幡書店版:第1輯 130頁 修補版: 校定版:235頁 普及版:121頁 初版: ページ備考:
001 亀若(かめわか)(みどり)(たま)生命(いのち)にかけて死守(ししゆ)してゐた。002いかなる名誉欲(めいよよく)も、003物質欲(ぶつしつよく)眼中(がんちゆう)におかず、004ただこの(たま)のみを保護(ほご)することに心魂(しんこん)()らしてゐた。005しかるに亀若(かめわか)八尋殿(やひろどの)酒宴(しゆえん)のみぎり竹熊(たけくま)奸計(かんけい)にかかり、006毒虫(どくむし)(おほ)腹中(ふくちゆう)捻込(ねぢこ)まれたのが原因(げんいん)をなして、007身体(しんたい)健康(けんかう)(がい)し、008病床(びやうしやう)()全身(ぜんしん)黄緑色(わうりよくしよく)(へん)じ、009つひに帰幽(きいう)した。010亀若(かめわか)(つま)亀姫(かめひめ)は、011天地(てんち)慟哭(どうこく)し、012足辺(あしべ)腹這(はらば)頭辺(かしらべ)()ひまはり、013涕泣(ていきふ)()(ひさ)しうした。014その(かな)しみ()(さけ)(こゑ)(かぜ)のまにまに四方(しはう)にひびき、015つひには悲風惨雨(ひふうさんう)絶間(たえま)なきにいたつた。016この(あひだ)およそ百日(ひやくにち)百夜(ひやくよ)(およ)んだ。
017 この(とき)ガリラヤの(うみ)より雲気(うんき)()(のぼ)り、018妖雲(えううん)()きおこして一種(いつしゆ)異様(いやう)動物(どうぶつ)(あら)はれ、019竜宮城(りゆうぐうじやう)(ちか)(すす)んできた。020異様(いやう)動物(どうぶつ)は、021たちまち(うる)はしき神人(しんじん)(くわ)した。022そして亀姫(かめひめ)(いへ)亀若(かめわか)()(とむら)うた。023この(もの)()()高津彦(たかつひこ)といふ。024亀姫(かめひめ)高津彦(たかつひこ)()(おほ)いに(よろこ)び、025その()()つて一間(ひとま)(みちび)き、026いろいろの酒肴(さけさかな)()して饗応(きやうおう)し、027かつ、
028貴下(あなた)はわが(もつと)(あい)する亀若(かめわか)ならずや』
029(いぶ)かり()ふた。030高津彦(たかつひこ)は、
031『われは亀若(かめわか)なり、032(けつ)して()したるに(あら)ず、033(どく)(まは)りし(からだ)()て、034(あらた)健全(けんぜん)なる(からだ)()ち、035(なれ)(まへ)にきたりて偕老同穴(かいらうどうけつ)(ちぎり)(まつた)くせむとすればなり』
036言葉(ことば)たくみに物語(ものがた)つた。037亀姫(かめひめ)高津彦(たかつひこ)顔色(がんしよく)といひ、038容貌(ようばう)といひ、039言葉(ことば)(いろ)といひ、040その動作(どうさ)にいたるまで亀若(かめわか)寸毫(すんがう)()なきを()て、041心底(しんてい)より(ふか)くこれを(しん)ずるにいたつた。042ここにふたりは(みづ)(もら)さぬ(なか)のよき夫婦(ふうふ)となつた。
043 亀姫(かめひめ)再生(さいせい)(おも)ひをなし、044一旦(いつたん)(なが)(わか)れと断念(だんねん)した不運(ふうん)()に、045(をつと)のふたたび蘇生(そせい)しきたつて鴛鴦(ゑんあう)(ちぎり)(むす)ぶは如何(いか)なる宿世(すぐせ)果報(くわはう)ぞと、046()()(あし)()むところを()らなかつた。
047 夫婦(ふうふ)(なか)(みつ)のごとく(うるし)のごとく(した)しかつたが、048ふとしたことより風邪(かぜ)のために高津彦(たかつひこ)(おも)(やまひ)(とこ)についた。049(いま)まで歓喜(くわんき)()ちた亀姫(かめひめ)(むね)は、050ふたたび(くも)らざるを()なかつた。051()()(しな)()看病(かんびやう)(つく)した。052幾日(いくにち)たつても(なん)(かう)()えず、053(やまひ)はだんだん(おも)るばかりである。054このとき高津彦(たかつひこ)(とも)高倉彦(たかくらひこ)きたりて病床(びやうしやう)見舞(みま)ひ、055かつ医療(いれう)(はふ)をすすめた。056百草(ひやくさう)(あつ)種々(しゆじゆ)医薬(いやく)をすすめた。057されど(やまひ)依然(いぜん)として(おも)るばかりである。058亀姫(かめひめ)(むね)は、059(じつ)熱鉄(やきがね)(あた)るごとくであつた。060不思議(ふしぎ)にも高倉彦(たかくらひこ)容貌(ようばう)061身長(しんちやう)062言語(げんご)は、063亀若(かめわか)酷似(こくじ)してゐた。064ここに亀姫(かめひめ)は、065その真偽(しんぎ)(まよ)はざるを()なかつた。066そこで亀姫(かめひめ)は、067かつ(おどろ)き、068かつ(あや)しみ、
069貴下(あなた)はいづれより()ませしや』
070といぶかり()ふた。071高倉彦(たかくらひこ)は、
072『われは竜宮城(りゆうぐうじやう)神司(かみ)にして、073亀若(かめわか)のふるくよりの(した)しかりし(うる)はしき(とも)なり』
074(こた)へた。075そこで亀姫(かめひめ)は、
076高倉彦(たかくらひこ)亀若(かめわか)酷似(こくじ)したまふは如何(いか)なる理由(りいう)ぞ』
077反問(はんもん)した。078高倉彦(たかくらひこ)(こた)へて、
079実際(じつさい)(われ)亀若(かめわか)とは双生児(ふたご)である、080されどわが父母(ふぼ)世間(せけん)(はばか)り、081出産(しゆつさん)とともに()(あづ)けたのである。082そして亀若(かめわか)(われ)とは()消息(せうそく)(すこ)しも()らず、083(こころ)親友(しんいう)として幼少(えうせう)のころより(まじ)はつてゐた。084(しか)るにある事情(じじやう)より(われ)はこの(こと)感知(かんち)せしが、085(いま)ここに()みたまふ亀若(かめわか)は、086この真相(しんさう)御存(ごぞん)じないのである。087われは骨肉(こつにく)(じやう)()かれて、088同胞(どうはう)(くる)しみを()るに(しの)びず、089いかにもしてこの(やまひ)恢復(くわいふく)せしめ兄弟(きやうだい)(むつま)じく神業(しんげふ)奉仕(ほうし)せむと焦慮(せうりよ)し、090神務(しんむ)余暇(よか)()て、091ここに病床(びやうしやう)(たづ)ねたのである』
092とはつきり物語(ものがた)つたので、093亀姫(かめひめ)(うたが)ひは(まつた)氷解(ひやうかい)した。
094 高倉彦(たかくらひこ)は、095亀姫(かめひめ)信頼(しんらい)ますます(くは)はつてきた。096一方(いつぱう)亀若(かめわか)病気(びやうき)はだんだん(おも)るばかりである。097そこで亀姫(かめひめ)はふたたび、
098(をつと)(やまひ)(すく)妙術(めうじゆつ)はなきや』
099面色(めんしよく)(うれ)ひを(ふく)んで高倉彦(たかくらひこ)相談(さうだん)をした。100そのとき高倉彦(たかくらひこ)は、101(じつ)当惑(たうわく)面持(おももち)にて、
102『ああ()(どく)
103長歎息(ちやうたんそく)をなし、104(うで)()んで(あたま)()れしばしは(なん)返答(へんたふ)もなかつた。105ややあつて(おも)()したやうに高倉彦(たかくらひこ)喜色(きしよく)満面(まんめん)にたたへて、
106『その方法(はうはふ)たしかにあり』
107()()つやうな態度(たいど)をしながら(こた)へた。108亀姫(かめひめ)顔色(がんしよく)にはかに(かがや)き、109驚喜(きやうき)して、
110『いかなる神法(しんぱふ)なりや()かま()し』
111高倉彦(たかくらひこ)返辞(へんじ)をもどかしがつて()つた。
112 高倉彦(たかくらひこ)はわざと落着(おちつ)いて()(あら)(くち)(すす)ぎ、113(てん)(むか)つて(なが)らくのあひだ合掌(がつしやう)し、114何事(なにごと)神勅(しんちよく)()ふもののやうであつた。115病床(びやうしやう)にある亀若(かめわか)はしきりに苦悶(くもん)(こゑ)(はつ)し、116(すで)断末魔(だんまつま)容態(ようだい)である。117亀姫(かめひめ)(むね)()(たて)もたまらぬやうになつた。118たとへ自分(じぶん)生命(いのち)(うしな)ふとも最愛(さいあい)(をつと)119亀若(かめわか)生命(いのち)(すく)はねばおかぬといふ決心(けつしん)である。120一方(いつぱう)高倉彦(たかくらひこ)様子(やうす)いかにと()れば悠々(いういう)として(てん)(いの)り、121いささかも(いそ)様子(やうす)がない。122高倉彦(たかくらひこ)はおもむろに(いの)りを(ささ)げた(のち)123室内(しつない)這入(はい)つてきた。124このとき亀姫(かめひめ)(かは)きたる(もの)(みづ)(もと)むるごとくに、125高倉彦(たかくらひこ)教示(けうじ)如何(いか)にと()()びた。126高倉彦(たかくらひこ)はこの様子(やうす)()心中(しんちゆう)謀計(ぼうけい)のあたれるを()(よろこ)び、127外知(そし)らぬ(かほ)にて()勿体(もつたい)らしく言葉(ことば)をかまへていふ、
128当家(たうけ)には貴重(きちよう)なる緑色(みどりいろ)(たま)秘蔵(ひざう)されてある。129この(たま)()りだして(つき)()高台(たかだい)(まう)けてこれを奉安(ほうあん)し、130(つき)(みづ)をこの(たま)凝集(ぎようしふ)せしめ、131その(たま)より(したた)一滴(いつてき)(みづ)亀若(かめわか)()ましめなば、132(やまひ)()えなむとの月読神(つきよみのかみ)神勅(しんちよく)なり』
133(まこと)しやかに教示(けうじ)した。134亀姫(かめひめ)(てん)(たす)けと(よろこ)(いさ)んで(ただ)ちに高台(たかだい)(つく)り、135その(たま)中央(ちゆうあう)安置(あんち)した。136その刹那(せつな)一天(いつてん)たちまち()(くも)り、137黒雲(こくうん)濛々(もうもう)として天地(てんち)をつつみ、138咫尺(しせき)(べん)ぜざるにいたつた。139(とき)しも雲中(うんちゆう)黒竜(こくりゆう)(あら)はれ、140その(たま)(つか)みて西方(せいはう)(てん)姿(すがた)をかくした。141数日(すうじつ)()てこの(たま)は、142竹熊(たけくま)()()つたのである。143(いま)まで(をつと)(おも)ふてゐた(にせ)亀若(かめわか)は、144にはかに大竜(だいりゆう)(へん)じた。145また高倉彦(たかくらひこ)はガリラヤの(だい)なる(すつぽん)還元(くわんげん)し、146亀姫(かめひめ)(あと)(のこ)して(くも)をおこし姿(すがた)をかくした。147亀姫(かめひめ)地団駄(ぢだんだ)()んで(くや)しがり、148精魂(せいこん)()つて(つひ)緑毛(りよくまう)(かめ)(へん)竜宮海(りゆうぐうかい)()()つたのである。149(かめ)万年(まんねん)(よはひ)(たも)つといふ。150亀若(かめわか)八尋殿(やひろどの)宴会(えんくわい)において毒虫(どくむし)()はせられ、151それがために短命(たんめい)にして()()つた。152それから亀姫(かめひめ)(れい)より()でし(かめ)は、153衛生(えいせい)注意(ちうい)して毒虫(どくむし)()はず、154長寿(ちやうじゆ)(たも)つことになつた。
155大正一〇・一〇・二五 旧九・二五 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら