霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四六章 一島(ひとつじま)一松(ひとつまつ)〔四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第46章 第1巻 よみ:ひとつじまのひとつまつ 通し章番号:46
口述日:1921(大正10)年10月25日(旧09月25日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竹熊、武熊別は黄金水の玉を十個まで手に入れたことで、残る二個はたやすいと祝宴を張っていた。
そこへ部下の鬼彦がやってきて、竜宮城の高杉別、森鷹彦が、残る二個の玉を献上に来た、と注進した。
竹熊は高杉別、森鷹彦を引見し、自分に神宝を献上に上がった理由を尋ねた。二神は、すでに十個の玉を奪った竹熊の神算に恐れをなして、降参に来たと理由を語った。
そして実際に二個の神宝を竹熊に献上すると、その光沢は本物のように見えたので、竹熊は歓喜した。高杉別、森鷹彦は、自分たちが献上する二個の玉はとりわけ穢れを嫌うので、厳重に箱に封印して奥殿に奉安し、いざというときのみ、取り出して使うように、と述べた。
これより高杉別、森鷹彦は竹熊の信任を得て、重く用いられるようになり、邪神軍の中で武熊別と並ぶほどの地位を得た。
しかし、二神が竹熊に献上した玉は偽者であって、森鷹彦の玉はすでに大八洲彦命に献上されており、高杉彦の玉は、部下の杉高に呑み込ませて、地中海の列島の島に守護神として封印していた。
杉高は島に岩窟を深く掘って玉を納め、その上にしるしの松を植えておいた。これが一つ島の一つ松と言われている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0146
愛善世界社版:248頁 八幡書店版:第1輯 134頁 修補版: 校定版:247頁 普及版:128頁 初版: ページ備考:
001 ここに竹熊(たけくま)武熊別(たけくまわけ)(とも)に、002あまたの(もの)(あつ)め、003大祝宴(だいしゆくえん)()つた。004その理由(りいう)は、005十二個(じふにこ)宝玉(ほうぎよく)はわが神智(しんち)神策(しんさく)をもつて十個(じつこ)まで()()れたり、006(あま)すところただ二個(にこ)のみ。007いかなる神力(しんりき)(つよ)神人(かみ)なりとて、008これを奪取(だつしゆ)するに(なん)苦心(くしん)かあらむと、009おのが智略(ちりやく)(ほこ)り、010ここに一同(いちどう)(あつ)祝宴(しゆくえん)()つてゐた。
011 (とき)しも末席(まつせき)より鬼彦(おにひこ)(かた)(ゆす)りながら()(あら)はれ、012竹熊(たけくま)013武熊別(たけくまわけ)(まへ)()で、
014今日(けふ)(じつ)大慶至極(たいけいしごく)()なり。015しかるによき(こと)(つづ)けばつづくものかな。016ただ(いま)竜宮城(りゆうぐうじやう)より高杉別(たかすぎわけ)017森鷹彦(もりたかひこ)二神司(にしん)018二個(にこ)(たま)()献上(けんじやう)せむことを申込(まをしこ)みたり。019いかが取計(とりはか)らつてよかるべきや』
020()べた。021酒宴(しゆえん)(さけ)()ひて酔眼朦朧(すゐがんもうろう)たる竹熊(たけくま)らは、022願望(ぐわんばう)成就(じやうじゆ)時節(じせつ)到来(たうらい)欣喜雀躍(きんきじやくやく)し、023ともかく二神司(にしん)引見(いんけん)せむことを承諾(しようだく)した。024ややありて高杉別(たかすぎわけ)025森鷹彦(もりたかひこ)侍者(じしや)案内(あんない)()れて、026殿中(でんちゆう)(ふか)竹熊(たけくま)(まへ)(あら)はれ一礼(いちれい)をなし、027()つおのおの(たま)献上(けんじやう)せむことを申込(まをしこ)んだ。
028 竹熊(たけくま)(むね)(をど)らせた。029注意深(ちういぶか)武熊別(たけくまわけ)二神司(にしん)にむかひ、
030『この貴重(きちよう)なる竜宮城(りゆうぐうじやう)神宝(しんぽう)(なに)ゆゑ(われ)らに譲与(じやうよ)せらるるや。031その理由(りいう)()かまほし』
032(なじ)つた。033二神司(にしん)喜色(きしよく)満面(まんめん)(よそほ)ひながら、034おもむろに(こた)ふるやう、
035貴下等(きかたち)神算鬼謀(しんさんきぼう)(われ)らをして(した)()かしむるに()る。036(すで)十個(じつこ)(たま)貴下(きか)()()れり。037われ二個(にこ)(たま)(もつ)貴下(きか)(あらそ)ふといへども、038(じふ)(たい)()比例(ひれい)をもつて、039(なん)ぞよく貴下(きか)(いくさ)()たむや。040それよりも(いさぎよ)(われ)らは()(たま)貴下(きか)(けん)じ、041たがひに和親(わしん)(むす)び、042もつて天下(てんか)泰平(たいへい)(いの)らむのみ』
043と、044言葉(ことば)(すず)しく(こた)ふるのであつた。
045 竹熊(たけくま)二個(にこ)(たま)熟視(じゆくし)して(おほ)いに(おどろ)き、046その光沢(くわうたく)感激(かんげき)()まなかつた。047このとき高杉別(たかすぎわけ)048森鷹彦(もりたかひこ)言葉(ことば)(まう)けて(いは)く、
049『この(たま)十二個(じふにこ)のうち特殊(とくしゆ)神力(しんりき)あり、050(ゆゑ)悪臭(あくしう)()れ、051悪風(あくふう)にあたらば霊力(れいりよく)迸出(へいしゆつ)して(なん)効用(かうよう)()さじ。052いづれの(もの)にも拝観(はいくわん)(ゆる)さず、053ただちに(はこ)(つく)十重(とへ)二十重(はたへ)(これ)をつつみて奥殿(おくでん)(ふか)奉安(ほうあん)し、054危機一髪(ききいつぱつ)場合(ばあひ)にこれを使用(しよう)したまへ』
055()べた。056竹熊(たけくま)武熊別(たけくまわけ)二神(にしん)誠意(せいい)(うたが)はず、057ただちに(げん)のごとく(これ)幾重(いくへ)にも(はこ)(つつ)み、058(かた)(ふう)じて奥殿(おくでん)(ふか)(をさ)めたのである。
059 しかるにこの(たま)真赤(まつか)偽玉(にせだま)であつた。060注意深(ちういぶか)二神司(にしん)竹熊(たけくま)機先(きせん)(せい)し、061もつて真玉(しんぎよく)奪取(だつしゆ)(まぬが)れたのである。062その()高杉別(たかすぎわけ)063森鷹彦(もりたかひこ)竹熊(たけくま)()にいりとなり、064(おも)(もち)ゐられた。065しかして真正(しんせい)(たま)は、066森鷹彦(もりたかひこ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(たてまつ)り、067高杉別(たかすぎわけ)従臣(じゆうしん)杉高(すぎたか)(めい)じ、068(くち)()ましめて地中海(ちちゆうかい)羅列(られつ)せる嶋嶼(たうしよ)(これ)永遠(ゑいゑん)秘蔵(ひざう)し、069杉高(すぎたか)をこの(しま)守護神(しゆごじん)任命(にんめい)した。070(ひと)(じま)(かた)岩窟(がんくつ)()り、071(たま)(ふか)(をさ)め、072その(うへ)(しるし)(まつ)()ゑておいた。073これを(ひと)(じま)(ひと)(まつ)といふ。
074 これより二神司(にしん)竹熊(たけくま)信任(しんにん)をえ、075武熊別(たけくまわけ)(なら)んで三羽烏(さんばがらす)(しよう)せられ、076帷幕(ゐばく)(さん)ずるにいたつた。077アゝ今後(こんご)高杉別(たかすぎわけ)078森鷹彦(もりたかひこ)如何(いか)なる行動(かうどう)()づるであらうか。
079大正一〇・一〇・二五 旧九・二五 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)