霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

附記 霊界物語について

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:後付 よみ:
章:第1巻 よみ:れいかいものがたりについて 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:瑞月 出口王仁三郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界物語は百二十巻を予定している。
しかし、刀剣は鯉口一寸を開けて見れば優劣がわかり、蛇は三寸も見れば全体の見当がつくように、冒頭の一篇を十分に玩味して腹に畳み込めば、神幽現三界の経緯がわかり、すべての精神が明瞭に理解できる。
最奥天国の天人になると、知恵正覚がたいへんに勝っているので、簡単な一、二言によって、深遠微妙な大真理を悟ることができるのである。
まだ霊性が第一天国天人の境域に達していない人たちのために、神意により、このように長い物語を著述することになったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-24 02:41:02 OBC :rm019901
愛善世界社版:267頁 八幡書店版:第1輯 141頁 修補版: 校定版:266頁 普及版:138頁 初版: ページ備考:
001
   瑞月 出口王仁三郎
 
002 霊界(れいかい)物語(ものがたり)総計(そうけい)壱百二十巻(いつぴやくにじつくわん)をもつて完成(くわんせい)する予定(よてい)になつてをります。003しかしながら(これ)だけ浩瀚(こうかん)著述(ちよじゆつ)全部(ぜんぶ)読了(どくれう)せなくては、004神幽現(しんいうげん)三界(さんがい)経緯(けいゐ)(わか)らないなどと(おも)ふのは間違(まちが)ひの(はなは)だしきものです。005(きやう)()むには、006冒頭(ぼうとう)一篇(いつぺん)充分(じゆうぶん)玩味(ぐわんみ)して(はら)(たた)()めば、007すべての精神(せいしん)明瞭(めいれう)(かい)()らるるものです。008どんな人間(にんげん)といへども最初(さいしよ)一瞥(いちべつ)によつて()内容(ないよう)(こころ)()めるものです。009刀剣(たうけん)鯉口一寸(こひぐちいつすん)(まど)さへ()けて()れば、010その名刀(めいたう)たり鈍刀(どんたう)たることが(わか)り、011(へび)三寸(さんずん)ばかり()ればモウそれで全体(ぜんたい)見当(けんたう)がつくものである。012詩経(しきやう)最初(さいしよ)周南篇(しうなんへん)自余(じよ)(へん)(つつ)まれてあり、013周南(しうなん)は『関々(くわんくわん)たる雎鳩(しよきう)(かは)()にあり』の首語(しゆご)(つつ)まれてゐることが(わか)るやうに、014本書(ほんしよ)もまた第一巻(だいいつくわん)()一点(いつてん)()めば全巻(ぜんくわん)精神(せいしん)(わか)るはずである。015本書(ほんしよ)基本宣伝歌(きほんせんでんか)三章(さんしやう)だけでも全部(ぜんぶ)大精神(だいせいしん)(わか)る。016教祖(けうそ)()(のこ)された一万巻(いちまんぐわん)筆先(ふでさき)初発(しよつぱつ)(あら)はれた、
017三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)(うしとら)金神(こんじん)()になりたぞよ。018須弥仙山(しゆみせんざん)(こし)()()(もと)生神(いきがみ)(おもて)(あら)はれて三千世界(さんぜんせかい)(まも)るぞよ。019(かみ)(おもて)になりて上下(うへした)運否(うんぷ)()きやうに桝掛(ますかけ)ひきならして、020世界(せかい)(かみ)021(ほとけ)022人民(じんみん)身魂(みたま)(あらた)めて弥勒(みろく)()立替立直(たてかへたてなほ)して天地(てんち)へお()()ける云々(うんぬん)
023神示(しんじ)全部(ぜんぶ)御経綸(ごけいりん)大神(おほかみ)意志(いし)(わか)るものであります。024キリスト(けう)聖書(せいしよ)だつて、025(かみ)世界(せかい)創造(つくり)たまへり。026(また)(はじ)めに(ことば)あり、027(ことば)(かみ)なり、028(かみ)(ことば)(とも)にありき、029万物(ばんぶつ)これによつて(つく)らる』の聖句(せいく)さへ(はら)(たた)()めば聖書(せいしよ)全体(ぜんたい)精神(せいしん)(わか)るのである。030たとへば茶室(ちやしつ)(なか)一輪(いちりん)朝顔(あさがほ)床柱(とこばしら)()けてあるのも、031()やうに()つて茶室内(ちやしつない)(おろ)天地(てんち)全体(ぜんたい)朝顔化(あさがほくわ)するものである。032(すべ)(もの)個体(こたい)()つて全体(ぜんたい)摂取(せつしゆ)され()るものである。033華厳経(けごんきやう)一花百億国(いつくわひやくおくこく)とは、034一微塵(いちみぢん)三千世界(さんぜんせかい)(つつ)むといふの意義(いぎ)であります。035こういふ見地(けんち)()つた(とき)は、036(なに)ほど大部(だいぶ)本書(ほんしよ)もただ一章(いつしやう)註釈(ちうしやく)()ぎないのであります。037最奥天国(さいあうてんごく)天人(てんにん)になると、038智慧証覚(ちゑしようかく)他界(たかい)天人(てんにん)()して大変(たいへん)(まさ)つてゐるので、039他界(たかい)天人(てんにん)数百万言(すうひやくまんげん)(しよ)()んでも、040まだ充分(じゆうぶん)理解(りかい)()ないやうなことでも、041簡単(かんたん)なる一二言(いちにごん)()つて()深遠(しんゑん)微妙(びめう)なる大真理(だいしんり)(さと)るものである。042(えう)するに(いま)第一天国(だいいちてんごく)天人(てんにん)境域(きやうゐき)にその霊性(れいせい)(たつ)してゐない(ひと)のために、043神意(しんい)(したが)()くのごとき長物語(ながものがたり)著述(ちよじゆつ)したのであります。044読者(どくしや)諸氏(しよし)(さいは)ひに御諒解(ごりやうかい)あらむことを、045(ここ)一言(いちごん)()べておきます。
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)