霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 聖地(せいち)会議(くわいぎ)〔一五二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第1篇 八洲の川浪 よみ:やすのかわなみ
章:第2章 第4巻 よみ:せいちのかいぎ 通し章番号:152
口述日:1921(大正10)年12月15日(旧11月17日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一方、地の高天原も八王大神より会議招集の使者を受けて、広宗彦命らは協議を行った。広宗彦命は、地の高天原が荒れ果てて機能しなくなっており、世界の再統一に心を砕いていた折から、常世会議に賛成の意を表した。
広宗彦は常世会議出席にあたり、神々を大々的に集めて神前会議を開いた。広宗彦の母・事足姫は、常世彦がこれまで聖地に対して犯してきた罪悪を考慮し、常世会議に反対の意を表明した。
広宗彦は板ばさみになりつつも、弟・行成彦をどうしても会議に出席させようと決心したが、常世の国から「大道別の使者」として現れた霊鷹の信書を見て、一時議席を退出してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0402
愛善世界社版:16頁 八幡書店版:第1輯 377頁 修補版: 校定版:18頁 普及版:8頁 初版: ページ備考:
001 ()高天原(たかあまはら)神政(しんせい)沢田彦命(さはだひこのみこと)還天(くわんてん)以来(いらい)002ますます混乱(こんらん)紛糾(ふんきう)して収拾(しうしふ)すべからざるの惨状(さんじやう)(てい)するにいたりぬ。003されど広宗彦(ひろむねひこ)は、004(はは)事足姫(ことたるひめ)005猿田姫(さだひめ)006出雲姫(いづもひめ)らとともに鋭意(えいい)神政(しんせい)完成(くわんせい)努力(どりよく)したまひしかば、007(いつ)たん混乱(こんらん)状態(じやうたい)におちいりたる()高天原(たかあまはら)も、008この四柱(よはしら)奮闘的(ふんとうてき)至誠(しせい)(ちから)によりてやうやく瓦解(ぐわかい)(まぬが)れゐたりける。
009 (しか)るにここに突然(とつぜん)として常世(とこよ)(くに)より地上(ちじやう)神界(しんかい)一般(いつぱん)国魂(くにたま)神人(かみがみ)大集会(だいしふくわい)開催(かいさい)するにつき、010()高天原(たかあまはら)より使者(ししや)派遣(はけん)すべきことを通告(つうこく)しきたりぬ。011(かさ)ねて常世彦(とこよひこ)は、012竜山別(たつやまわけ)使者(ししや)として(あま)鳥舟(とりふね)()数多(あまた)従者(じゆうしや)とともに()高天原(たかあまはら)(つか)はしたりける。013その信書(しんしよ)主意(しゆい)によれば、
014(いま)地上(ちじやう)世界(せかい)八王神(やつわうじん)015八頭神(やつがしらがみ)016たがひに嫉視反目(しつしはんもく)してその権力(けんりよく)(あらそ)優勝劣敗(いうしようれつぱい)017弱肉強食(じやくにくきやうしよく)惨状(さんじやう)()もあてられぬ次第(しだい)にして、018国治立命(くにはるたちのみこと)御聖旨(ごせいし)背反(はいはん)すること(もつと)もはなはだし。019天地(てんち)現在(げんざい)のままに放任(はうにん)せむか、020つひには地上(ちじやう)はたちまち修羅道(しゆらだう)となり、021餓鬼地獄(がきぢごく)暗黒界(あんこくかい)(くわ)すべきは()をみるよりも明白(めいはく)なる事実(じじつ)なれば、022八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)はここに(おほ)いに(さと)るところありて、023大国彦(おほくにひこ)相謀(あひはか)り、024八王八頭(やつわうやつがしら)その()諸山(しよざん)国魂(くにたま)常世城(とこよじやう)集合(しふがふ)せしめ神界(しんかい)平和(へいわ)のため一大会議(いちだいくわいぎ)開催(かいさい)せむとす。025ついては第一着手(だいいちちやくしゆ)として()高天原(たかあまはら)主宰者(しゆさいしや)国治立命(くにはるたちのみこと)天使長(てんしちやう)広宗彦(ひろむねひこ)以下(いか)御出席(ごしゆつせき)懇請(こんせい)す』
026といふにありける。
027 広宗彦(ひろむねひこ)は、028(おとうと)行成彦(ゆきなりひこ)ならびに猿田姫(さだひめ)029出雲姫(いづもひめ)その()諸神司(しよしん)(あつ)めて会議(くわいぎ)(ひら)き、030出席(しゆつせき)賛否(さんぴ)慎重(しんちよう)審議(しんぎ)したり。031広宗彦(ひろむねひこ)はほとんど土崩(どほう)瓦解(ぐわかい)有様(ありさま)(てい)したる()高天原(たかあまはら)修理固成(しうりこせい)し、032地上(ちじやう)世界(せかい)平和(へいわ)統一(とういつ)せむと日夜(にちや)焦慮(せうりよ)しつつありし(さい)なれば、033常世彦(とこよひこ)信書(しんしよ)をみて(おほ)いによろこび、034欣喜(きんき)雀躍(じやくやく)(てい)なりき。035()高天原(たかあまはら)にては即刻(そくこく)大広前(おほひろまへ)諸神司(しよしん)(あつ)めて大祭典(だいさいてん)執行(しつかう)し、036つぎに各神司(かくしんし)(まう)けの()()神前(しんぜん)会議(くわいぎ)(ひら)きける。037この会議(くわいぎ)(さん)ずる神司(かみがみ)八百八柱(はつぴやくやはしら)大多数(だいたすう)(たつ)し、038()高天原(たかあまはら)神政(しんせい)開始(かいし)以来(いらい)大集会(だいしふくわい)なりけり。
039 ここに事足姫(ことたるひめ)議席(ぎせき)にあらはれ、040今回(こんくわい)大会議(だいくわいぎ)出席(しゆつせき)不可(ふか)なることを極力(きよくりよく)主張(しゆちやう)したりける。041その(せつ)によれば、
042極悪(ごくあく)無道(むだう)常世彦(とこよひこ)ならびに常世姫(とこよひめ)以下(いか)邪神(じやしん)は、043あらゆる奸策(かんさく)(ろう)して天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)退隠(たいいん)せしめ、044つぎに国直姫命(くになほひめのみこと)をして還天(くわんてん)余儀(よぎ)なきにいたらしめ、045なほも高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)天使長(てんしちやう)および天使(てんし)失脚(しつきやく)せしめて、046その()聖職(せいしよく)(うば)はむと千計万略(せんけいばんりやく)()()らざる()邪神(じやしん)悪行(あくかう)邪心(じやしん)047たうてい改心(かいしん)すべき(はず)のものにあらず、048かならず(ふか)計略(けいりやく)のもとに(おこな)はるるペテン会議(くわいぎ)相違(さうゐ)なからむ。049(くは)ふるに常世姫(とこよひめ)美山彦(みやまひこ)050国照姫(くにてるひめ)051魔我彦(まがひこ)052田依彦(たよりひこ)らをたくみに籠絡(ろうらく)頤使(いし)して不断(ふだん)()高天原(たかあまはら)をはじめ竜宮城(りうぐうじやう)仮面(かめん)(かぶ)りて出入(しゆつにふ)せしめ、053機会(きくわい)のいたるを()ちつつあるを()らざるか。054万々一(まんまんいち)広宗彦(ひろむねひこ)その()神司(かみがみ)にして、055かれ常世彦(とこよひこ)奸策(かんさく)におちいり、056(とほ)(しう)(ひき)ゐて出席(しゆつせき)せば、057混乱(こんらん)(きよく)(たつ)したる()高天原(たかあまはら)はこれを統轄(とうかつ)する神人(かみ)(すう)(げん)じ、058ますます無勢力(むせいりよく)となるべし。059その(きよ)(じやう)じて(かれ)らの一派(いつぱ)たる美山彦(みやまひこ)以下(いか)邪神(じやしん)一時(いちじ)反旗(はんき)をあげ、060聖地(せいち)聖場(せいぢやう)蹂躙(じうりん)するは()(まへ)にあり、061(だん)じて油断(ゆだん)あるべからず。062万々一(まんまんいち)常世彦(とこよひこ)にして地上(ちじやう)世界(せかい)統一(とういつ)し、063国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)聖旨(せいし)奉答(ほうたふ)せむとするの真実(しんじつ)誠意(せいい)あらば、064(かれ)らはまづ国祖(こくそ)大神(おほかみ)(しづ)まりたまふこのヱルサレムの聖地(せいち)()ゐのぼりて国祖(こくそ)(かみ)許可(きよか)をうけたる(うへ)065天神(てんしん)地祇(ちぎ)神集(かむつど)ひに(つど)ひて神議(かむはか)りすべき神定(しんてい)聖地(せいち)066()高天原(たかあまはら)において大会議(だいくわいぎ)(ひら)かざるべからず。067(いやし)くも地上(ちじやう)一般(いつぱん)国魂神(くにたまがみ)(あつ)めて世界(せかい)大事(だいじ)決定(けつてい)するに、068常世国(とこよのくに)をもつて中心(ちうしん)たるもののごとく、069聖地(せいち)のごとく()()はむとするは、070はじめより天地(てんち)神定(しんてい)背反(はいはん)せる破律的(はりつてき)悪行為(あくかうゐ)にして、071(かへ)つて天地(てんち)混乱(こんらん)せしむるものなり。072よろしく今回(こんくわい)大会議(だいくわいぎ)はヱルサレムにおいて開催(かいさい)すべく常世彦(とこよひこ)勧告(くわんこく)せよ』
073宣示(せんじ)したまひける。074このとき常世(とこよ)(くに)より第二(だいに)使者(ししや)として広若(ひろわか)なる(もの)諸々(もろもろ)従者(じゆうしや)(ひき)ゐて(きた)り、075一日(いちにち)(はや)広宗彦(ひろむねひこ)以下(いか)重職(ぢうしよく)出席(しゆつせき)(うなが)しやまず。076聖地(せいち)会議(くわいぎ)事足姫(ことたるひめ)大反対(だいはんたい)のため連日(れんじつ)連夜(れんや)会議(くわいぎ)(かさ)ねて、077(いま)だその解決(かいけつ)にまでいたらざりし(とき)なりき。078第一(だいいち)使者(ししや)たる竜山別(たつやまわけ)079第二(だいに)使者(ししや)広若(ひろわか)はしきりにその回答(くわいたふ)(せま)つて()まざりける。080ここに広宗彦(ひろむねひこ)衆議(しうぎ)如何(いかん)にかかはらず、081行成彦(ゆきなりひこ)をして常世(とこよ)会議(くわいぎ)(れつ)せしめむと決心(けつしん)(いろ)(おもて)にあらはし、082すみやかに決定(けつてい)すべきことを主張(しゆちやう)したり。083(はは)事足姫(ことたるひめ)前述(ぜんじゆつ)不賛成説(ふさんせいせつ)固持(こぢ)して(すこ)しも(ゆづ)るの(いろ)なく、084広宗彦(ひろむねひこ)以下(いか)神人(かみがみ)進退(しんたい)これ(きは)まり、085青息吐息(あをいきといき)(てい)なりける。
086 かかる(とき)しも常世彦(とこよひこ)間者(かんじや)にして美山彦(みやまひこ)幕下(ばくか)なる清熊(きよくま)(すす)()で、087さも横柄(わうへい)諸神人(しよしん)見廻(みまは)(ふくろ)のごとき()(ひら)きながら、
088諸神人(しよしん)如何(いか)(おも)はるるか()らざれども、089現今(げんこん)聖地(せいち)090ヱルサレムの勢力(せいりよく)(きは)めて微弱(びじやく)にして、091その運命(うんめい)また風前(ふうぜん)燈火(ともしび)(ひと)し。092いかに神定(しんてい)聖地(せいち)なればとて、093かかる微力(びりよく)なる神人(かみがみ)集団(しふだん)をもつて、094かの強大(きやうだい)なる常世国(とこよのくに)勢力(せいりよく)対抗(たいかう)せむとするは(じつ)無謀(むぼう)(きよく)にあらずや。095万々一(まんまんいち)常世彦(とこよひこ)(いか)りに()れむか、096巌石(がんせき)をもつて(たまご)()(くだ)くよりも(もろ)きは、097現今(げんこん)聖地(せいち)真相(しんさう)ならずや。098(ことわざ)にも(なが)きものには()かれよ、099といふことあり。100立寄(たちよ)れば大樹(たいじゆ)(かげ)とかや。101しかるに神定(しんてい)とか、102聖地(せいち)とかの、103ほとんど有名無実(いうめいむじつ)旧習(きうしふ)や、104形式(けいしき)にとらはれて時代(じだい)趨勢(すうせい)(わきま)へず、105天下(てんか)同情(どうじやう)失墜(しつつゐ)し、106つひには自滅(じめつ)(まね)くよりも、107今日(こんにち)のごとき千載一遇(せんざいいちぐう)好機(かうき)をとらへ、108すみやかに出席(しゆつせき)(だく)し、109おほいに神政(しんせい)基礎(きそ)(かた)め、110もつて災禍(さいくわ)未萠(みばう)(ふせ)ぐこそ、111(さく)上々(じやうじやう)たるものなるべし』
112と、113言辞(ことば)(つく)して()べたてにけり。
114 広宗彦(ひろむねひこ)板挟(いたばさ)みの姿(すがた)となり、115()やせむ(かく)(けつ)せむと焦慮(せうりよ)さるる(をり)しも、116大道別(おほみちわけ)密使(みつし)として鷹依別(たかよりわけ)霊鷹(れいよう)(へん)じ、117常世(とこよ)(くに)より()びきたりて密書(みつしよ)(くち)にくはへ、118これを広宗彦(ひろむねひこ)(わた)し、119ただちに天空(てんくう)さして姿(すがた)をかくしたりける。120広宗彦(ひろむねひこ)はこの信書(しんしよ)()るや顔色(がんしよく)(にはか)(へん)じ、121急病(きふびやう)(しよう)してこの議席(ぎせき)退出(たいしゆつ)したり。122アヽこの結末(けつまつ)はいかに展開(てんかい)するならむか。
123大正一〇・一二・一五 旧一一・一七 出口瑞月