霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 議場(ぎぢやう)混乱(こんらん)〔一五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第1篇 八洲の川浪 よみ:やすのかわなみ
章:第5章 議場の混乱 よみ:ぎじょうのこんらん 通し章番号:155
口述日:1921(大正10)年12月16日(旧11月18日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
行成彦は国祖が選定した八王・八頭を廃するなどという意見には絶対反対である、と憤然と述べ立てた。
八王大神は怒りに駆られて怒号し、行成彦を怒鳴りたてた。行成彦が反対意見を述べようと再び登壇するのを、八王大神は蹴り落とそうとした。
すると従者の道彦(大道別)が八王大神の腕をつかんで諌める振りをすると、八王大神は強力に締め上げられてその場に倒れてしまった。大鷹彦、美山彦はただちに駆け寄って、道彦を壇上から蹴り落とした。
ところが道彦の姿は煙と消え、代わりに壇の下に倒れて苦しんでいるのは、行成彦であった。八王大神はやっと立ち上がると、倒れている行成彦をはねのけようとした。すると行成彦の体から数個の玉が現れて、玉は天上へ昇って消えてしまった。
しかして、実際の行成彦は最初から自分の席に座ったままであった。また、道彦は八王大神の館の正門を守っており、会議の場にはいなかったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:31頁 八幡書店版:第1輯 383頁 修補版: 校定版:33頁 普及版:15頁 初版: ページ備考:
001 行成彦(ゆきなりひこ)満場(まんぢやう)にむかつて慇懃(いんぎん)挨拶(あいさつ)()()つ、
002今回(こんくわい)大会議(だいくわいぎ)世界(せかい)永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)企図(きと)さるるため、003八王大神(やつわうだいじん)および大自在天(だいじざいてん)発起(ほつき)されしものにして、004じつに現今(げんこん)世界(せかい)状況(じやうきやう)よりみて、005まことに吾々(われわれ)感謝(かんしや)()へないのである。006これ(まつた)二神(にしん)天下(てんか)蒼生(さうせい)(あい)したまふ大慈大悲心(だいじだいひしん)発露(はつろ)にして大神(おほかみ)慈言(じげん)(とう)し。007我々(われわれ)誠心(せいしん)誠意(せいい)をもつて(あひ)終始(しうし)しこの平和(へいわ)会議(くわいぎ)をして名実(めいじつ)相伴(あひともな)ひ、008真個(しんこ)世界(せかい)永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)基礎(きそ)たらしめざるべからず。009この(てん)においては、010諸神司(しよしん)におかせられても吾々(われわれ)同感(どうかん)なるべきことを(しん)じて(うたが)はない次第(しだい)である。011各自(かくじ)武備(ぶび)撤廃(てつぱい)し、012四海同胞(しかいどうはう)和親(わしん)曙光(しよくわう)(せつ)するは(じつ)同慶(どうけい)(いた)りである。013ゆゑに我々(われわれ)武備(ぶび)撤廃(てつぱい)については双手(さうしゆ)をあげて賛成(さんせい)するものである。014されど吾々(われわれ)八王(やつわう)廃止(はいし)(けん)については、015おほいに(かんが)ふべき余地(よち)幾多(いくた)(そん)することと(おも)ふ。016そのゆゑは、017かの八王(やつわう)なるものは、018天地(てんち)大神(おほかみ)(さだ)められたる規定(きてい)にして、019それぞれに国魂(くにたま)配置(はいち)し、020もつて神界(しんかい)現界(げんかい)御経綸(ごけいりん)守護(しゆご)となしおかれ、021八王(やつわう)天地(てんち)律法(りつぱふ)をあまねく神人(しんじん)宣伝(せんでん)し、022かつ国魂(くにたま)(つう)じて国治立命(くにはるたちのみこと)仕事(しじ)するの聖職(せいしよく)である。023かかる聖職(せいしよく)神界(しんかい)大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)をも(うかが)はず、024軽々(かるがる)しくこれを提唱(ていしやう)するごときは、025第一(だいいち)天地(てんち)神明(しんめい)無視(むし)したる反逆的(はんぎやくてき)行為(かうゐ)なれば、026(われ)らはこの議案(ぎあん)にたいしては大々的(だいだいてき)反対(はんたい)である。027各山(かくざん)各地(かくち)八王(やつわう)撤廃(てつぱい)するは、028(あたか)扇子(せんす)(かなめ)()きとりたると同様(どうやう)にして(かへ)つて、029世界(せかい)四分五裂(しぶんごれつ)(まね)き、030これより地上(ちじやう)一層(いつそう)混乱(こんらん)031無明(むみやう)天地(てんち)悪化(あくくわ)せむ。032吾々(われわれ)世界(せかい)前途(ぜんと)(おも)ふのあまり、033一時(いちじ)(はや)くかくのごとき愚案(ぐあん)撤回(てつくわい)されむことを(のぞ)まざるべからず。034いかに徳望(とくばう)(たか)く、035勢力(せいりよく)旺盛(わうせい)にして旭日昇天(きよくじつしようてん)威望(ゐばう)ある八王大神(やつわうだいじん)提案(ていあん)なりとはいへ、036かくのごとき天意(てんい)(はん)したる議案(ぎあん)には他人(たにん)はいざ()らず、037吾々(われわれ)(だん)じて盲従(まうじゆう)すること(あた)はず』
038とやや(こゑ)(あら)らげ、039憤然(ふんぜん)として降壇(かうだん)した。
040 ここに八王大神(やつわうだいじん)烈火(れつくわ)(ごと)(いきどほ)りながら、041強力(ごうりき)(かみ)道彦(みちひこ)(したが)へ、042ふたたび壇上(だんじやう)(のぼ)一座(いちざ)瞰下(みくだ)し、043(おそ)ろしき()()はりつつ、044視線(しせん)行成彦(ゆきなりひこ)(はう)にむけたる(とき)容貌(ようばう)(じつ)六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)面相(めんさう)そのままなりける。045諸神司(しよしん)固唾(かたづ)をのんで(あめ)か、046(かぜ)か、047はた洪水(こうずゐ)か、048雷鳴(らいめい)か、049地震(ぢしん)かと、050おそるおそる八王大神(やつわうだいじん)顔色(かほいろ)をのぞくやうにして、051見上(みあ)げてゐたり。
052 このとき八王大神(やつわうだいじん)(こゑ)(はげ)まし雷鳴(らいめい)のごとくに怒号(どがう)咆哮(はうかう)し、053列座(れつざ)諸神司(しよしん)をして恐怖(きようふ)(ねん)()られしめたり。054しかして行成彦(ゆきなりひこ)をハツタとにらみ、
055(なんじ)若年(じやくねん)()として小賢(こざか)しくも屁理屈(へりくつ)百万陀羅(ひやくまんだら)()(たつ)るといへども、056口角(こうかく)いまだ乳臭(にうしう)(だつ)せず。057(なんぢ)律法(りつぱふ)(たて)にとりて(われ)らの大慈旨(だいじし)抹消(まつせう)せむとは片腹(かたはら)(いた)し。058時世(じせい)大勢(たいせい)透徹(とうてつ)せざる迂遠(うゑん)狂愚(きやうぐ)論議(ろんぎ)を、059かかる(たつと)会議(くわいぎ)(せき)において蝶々喃々(てふてふなんなん)し、060議席(ぎせき)神聖(しんせい)(けが)し、061天下(てんか)神人(しんじん)万有(ばんいう)安住(あんぢう)せしめ、062真個(しんこ)天国(てんごく)地上(ちじやう)顕出(けんしゆつ)せむとする大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)および(われ)らの神策(しんさく)実行(じつかう)妨害(ばうがい)せむとする、063その心事(しんじ)陋劣(ろふれつ)にして悪逆(あくぎやく)無道(むだう)なる(じつ)(なんぢ)言辞(げんじ)といひ、064精神(せいしん)といひ見下(みさ)()てたるその振舞(ふるま)ひ、065(なんぢ)のごとき邪心(じやしん)包蔵(はうざう)する愚者(おろかもの)は、066この(せき)(れつ)するの資格(しかく)なし、067一時(いちじ)もはやく退場(たいぢやう)せよ』
068厳命(げんめい)し、069かつ諸神司(しよしん)(はう)()(てん)じていふ、
070諸神司(しよしん)(かれ)行成彦(ゆきなりひこ)(げん)をもつて、071天地経綸(てんちけいりん)神策(しんさく)破壊(はくわい)するものと見做(みな)さざるや。072諸神司(しよしん)にして()(せつ)賛成(さんせい)ならば、073()をあげて(もつ)誠意(せいい)(しめ)されたし』
074傍若無人(ばうじやくむじん)暴言(ばうげん)をはき、075(ぢやう)四隅(しぐう)見渡(みわた)しける。076諸神司(しよしん)はその権幕(けんまく)猛烈(まうれつ)さに、077ますます()をのまれ、078(ねこ)()あひし(ねずみ)のごとく、079戦々兢々(せんせんきやうきやう)として(ちぢ)みあがり片言隻句(へんげんせきく)(はつ)()ざるの卑怯(ひけふ)さを遺憾(ゐかん)なく発露(はつろ)したりける。
080 行成彦(ゆきなりひこ)憤然(ふんぜん)として()(あが)り、081何事(なにごと)自席(じせき)より発言(はつげん)せむとするや、082八王大神(やつわうだいじん)(おほい)(いか)り、
083(なんぢ)神聖(しんせい)なる議場(ぎぢやう)(けが)曲人(まがびと)なり。084意見(いけん)あらば()ンぞ場内(ぢやうない)規律(きりつ)(まも)登壇(とうだん)してこれをなさざるや』
085叱咤(しつた)したるにぞ、086行成彦(ゆきなりひこ)は、
087(しか)らば御免(ごめん)あれ』
088といひつつ自席(じせき)をはなれ登壇(とうだん)せむとするや、089八王大神(やつわうだいじん)は、
090『この愚昧者(ぐまいもの)
091といふより(はや)く、092壇上(だんじやう)より()(おと)さむとする(さい)093従者(じゆうしや)なる道彦(みちひこ)暫時(ざんじ)御猶予(ごいうよ)()ひながら、094八王大神(やつわうだいじん)片腕(かたうで)(つか)みける。095八王大神(やつわうだいじん)強力(ごうりき)道彦(みちひこ)利腕(ききうで)(かた)(にぎ)られ、096全身(ぜんしん)麻痺(まひ)してその()(かほ)をしかめて()(たふ)れたり。097この(てい)()たる大鷹彦(おほたかひこ)098美山彦(みやまひこ)矢庭(やには)壇上(だんじやう)()()がり、099道彦(みちひこ)()(おと)したり。100蹴落(けおと)されたるは道彦(みちひこ)(おも)ひきや、101行成彦(ゆきなりひこ)なりき。102しかして道彦(みちひこ)姿(すがた)(けむり)()えて跡形(あとかた)もなくなりぬ。103八王大神(やつわうだいじん)(いた)さをこらへ、104やうやくにして立上(たちあが)り、105道彦(みちひこ)叱咤(しつた)せむとし四辺(あたり)()れば、106道彦(みちひこ)姿(すがた)()えず、107行成彦(ゆきなりひこ)壇下(だんか)(たふ)れて七転八倒(しちてんばつたう)()たりける。108八王大神(やつわうだいじん)心地(ここち)よげに(うち)ながめ、
109(なんぢ)若年(じやくねん)分際(ぶんざい)として、110老練(らうれん)なる神政者(しんせいしや)(われ)にむかつて抗弁(かうべん)せり。111天地(てんち)大神(おほかみ)(なんぢ)暴逆(ばうぎやく)(にく)みたまひて、112その(たか)鼻梁(はなばしら)をうち(くだ)きたまふ。113(いま)より(なんぢ)良心(りやうしん)(たち)かへり、114(わが)主張(しゆちやう)賛成(さんせい)せば(なんぢ)のいまの無礼(ぶれい)(ゆる)(あた)へむ』
115欣然(きんぜん)として降壇(かうだん)する(さい)116八王大神(やつわうだいじん)()(あし)をもつて行成彦(ゆきなりひこ)(たふ)れたる身体(しんたい)をはね退()けむとする刹那(せつな)117行成彦(ゆきなりひこ)身体(しんたい)より数個(すうこ)(たま)(あら)はれ満場(まんぢやう)(てら)して天上(てんじやう)(のぼ)ると()るまに(たま)はその姿(すがた)をかくしたりける。
118 行成彦(ゆきなりひこ)は、119依然(いぜん)として最前(さいぜん)より自分(じぶん)議席(ぎせき)(しづ)まりゐたるなり。120また道彦(みちひこ)八王大神(やつわうだいじん)(やかた)正門(せいもん)(はな)れず厳守(げんしゆ)しゐたりける。121アヽこれ何物(なにもの)所為(しよゐ)なりしならむか。
122大正一〇・一二・一六 旧一一・一八 出口瑞月
123(序~第五章 昭和一〇・一・一九 於鹿児島市錦江支部 王仁校正)