霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 (だい)()斑紋(はんもん)〔一五九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第2篇 天地暗雲 よみ:てんちあんうん
章:第9章 第4巻 よみ:だいのじのはんもん 通し章番号:159
口述日:1921(大正10)年12月17日(旧11月19日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
八島姫の父である南高山の八王・大島別は壇上に上がると、一同に向かって、娘の八島姫は現在南高山の城に居り、ここに八島姫と名乗るは妖怪変化に違いない、と語ると、八島姫をめがけて斬りつけた。
常世城の八島姫は刀をひらりとかわすと、父に向かって微笑をたたえながら、なだめ諭した。
大島別の部下・玉純彦も壇上に上がり、本物の八島姫は額に巴形の斑紋があり、左肩には大の字の斑紋があるはずだ、と詰め寄った。壇上の八島姫は額の白粉を落として、大島別・玉純彦に斑紋を示した。
まだ疑いを晴らさない二人に対して、八島姫が左肩の斑紋を示すと、ようやく大島別・玉純彦の疑いは和らいだが、そうなると今南高山に居る八島姫は何物であろう、と思案にくれてしまった。
そこへ、南高山から八島姫がやってきた、という知らせが会議場に入った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0409
愛善世界社版:55頁 八幡書店版:第1輯 392頁 修補版: 校定版:59頁 普及版:27頁 初版: ページ備考:
001 常世姫(とこよひめ)快諾(くわいだく)()(いま)中央(ちうあう)高座(かうざ)(あら)はれたる神司(しんし)は、002南高山(なんかうざん)主管(しゆくわん)する八王(やつわう)大島別(おほしまわけ)なりき。003(みこと)登壇(とうだん)するや(いな)や、004八島姫(やしまひめ)全身(ぜんしん)()をつけ、005頭上(づじやう)より(あし)爪先(つまさき)まで異様(いやう)顔色(がんしよく)すさまじく熟視(じゆくし)し、006ややしばらく無言(むごん)のまま壇上(だんじやう)()()瞑目(めいもく)をつづけ、007思案(しあん)()るるものの(ごと)くなり。008満場(まんぢやう)諸神人(しよしん)大島別(おほしまわけ)態度(たいど)尋常(じんじやう)ならざるに怪訝(くわいが)(ねん)湧起(ゆうき)し、009たがひに()()見合(みあは)せゐる。010場内(ぢやうない)はあたかも(みづ)()つたるごとき静寂(せいじやく)空気(くうき)(ただよ)ふ。
011 大島別(おほしまわけ)はやうやく(くち)(ひら)いていふ、
012満場(まんぢやう)神人(かみがみ)よ、013活目張耳(くわつもくちやうじ)して今回(こんくわい)会議(くわいぎ)熟慮(じゆくりよ)されよ。014昨日(きのふ)議場(ぎぢやう)(くわい)といひ、015種々(しゆじゆ)合点(がつてん)のゆかざることのみ(おほ)かりしに、016今日(こんにち)またもやその(くわい)はますます(くわい)ならずや先刻(せんこく)道貫彦(みちつらひこ)賛成説(さんせいせつ)吐露(とろ)するや、017たちまち中空(ちうくう)怪声(くわいせい)あり、018常世彦(とこよひこ)奸策(かんさく)(おちい)るな、019悪魔(あくま)(つね)(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)るものぞ、020諸人(しよしん)注意(ちうい)せよ…と()ばはりしその(こゑ)は、021(はた)して何神(なにがみ)発声(はつせい)なりしぞ。022おそらくは現場(げんば)出席(しゆつせき)したまふ神司(かみがみ)らの(こゑ)には(あら)ざるべし。023(われ)(これ)をもつて(まつた)天津神(あまつかみ)御注意(ごちうい)御声(みこゑ)なりと断言(だんげん)して(はばか)らざるものなり。024(げん)()よ、025いまこの壇上(だんじやう)()てる八島姫(やしまひめ)はいかにも(わが)(むすめ)八島姫(やしまひめ)酷似(こくじ)して、026その真偽(しんぎ)判別(はんべつ)せむとするは、027現在(げんざい)(ちち)たる(われ)においても、028これに(くる)しまざるを()ざるまでに()くも()けたり。029これをもつて(さつ)するときは常世姫(とこよひめ)はじめ春日姫(かすがひめ)030八島姫(やしまひめ)三女(さんぢよ)は、031けつして(ただ)しきものにあらず。032かならず妖怪(えうくわい)邪鬼(じやき)変化(へんげ)なるべし。033(げん)()(むすめ)八島姫(やしまひめ)一度(いちど)ある事情(じじやう)のために、034城内(じやうない)脱出(だつしゆつ)し、035諸方(しよはう)彷徨(はうくわう)せしことあるは事実(じじつ)なれども、036忠実(ちうじつ)なる従者(じうしや)玉純彦(たますみひこ)苦辛(くしん)惨憺(さんたん)結果(けつくわ)037スペリオル()南岸(なんがん)において(ひめ)邂逅(かいこう)し、038ただちに(ひめ)南高山(なんかうざん)にともなひ(かへ)りたれば、039(われ)南高山(なんかうざん)にありて(ひめ)孝養(かうやう)()日夜(にちや)(かたはら)(はな)れしことなし。040しかるに一応(いちおう)合点(がつてん)のゆかぬは、041いま()のあたり八島姫(やしまひめ)堂々(だうだう)としてこの壇上(だんじやう)(あら)はれ、042小賢(こざか)しき駄弁(だべん)(ふる)ひをることなり、043(われ)二柱(ふたはしら)八島姫(やしまひめ)()みし(おぼ)えなし。044(おも)ふに、045この八島姫(やしまひめ)なるものは、046妖怪変化(えうくわいへんげ)作用(さよう)相違(さうゐ)なし。047(われ)いまその正体(しやうたい)曝露(ばくろ)し、048諸神人(しよしん)()(さま)(まゐ)らせむ』
049()ふより(はや)長刀(ちやうたう)()きはなち、050電光石火(でんくわうせきくわ)迅業(はやわざ)八島姫(やしまひめ)(くび)壇上(だんじやう)()ちたるかと(おも)ひきや、051八島姫(やしまひめ)はヒラリと(たい)をかはし、052悠然(いうぜん)として直立(ちよくりつ)し、053微笑(びせう)をたたへながら、
054父上(ちちうへ)(こころ)をしづめて(わらは)言葉(ことば)()きたまへ。055大事(だいじ)(まへ)小事(せうじ)056(はや)まつて噬臍(ぜいせい)(くい)後日(ごじつ)(のこ)したまふな』
057と、058泰然自若(たいぜんじじやく)すこしの(おそ)れげもなく()べたてけり。
059 大島別(おほしまわけ)八島姫(やしまひめ)(すこ)しも(どう)ぜざる、060その態度(たいど)にあきれ、061やや躊躇(ちうちよ)(いろ)()えたる(をり)しも、062玉純彦(たますみひこ)はまつしぐらに壇上(だんじやう)(のぼ)八島姫(やしまひめ)(まへ)()ちふさがり、063言葉(ことば)(あら)らげ(かた)をそびやかし、064()(いか)らせながら、
065(なんぢ)必定(ひつぢやう)常世(とこよ)(くに)邪神(じやしん)変化(へんげ)なること一点(いつてん)(うたが)ふの余地(よち)なし。066(なんぢ)いかに(たく)みに変化(へんげ)して神人(しんじん)誑惑(けうわく)せむとするも、067吾一人(われひとり)のみは(あざむ)()ざるべし。068八島姫(やしまひめ)には他神人(たしん)()らざる特徴(とくちやう)あり(われ)(つね)(ひめ)奉侍(ほうじ)してその一部(いちぶ)身体(しんたい)特徴(とくちやう)知悉(ちしつ)す、069第一(だいいち)には(ひたい)巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)なかるべからず、070第二(だいに)には(ひだり)(かた)のあたりに(だい)字形(じがた)(もん)あり、071(なんぢ)(はた)して八島姫(やしまひめ)ならばその斑紋(はんもん)(あき)らかに()(まへ)(しめ)して證明(しようめい)せよ』と言葉(ことば)(するど)()()れば、072八島姫(やしまひめ)はカラカラとうち(わら)ひ、
073(おろか)なるかな玉純彦(たますみひこ)074(なんぢ)かくまで(わらは)(うたが)ふならば、075(いま)その證拠(しようこ)(あら)はさむ』
076(ひたい)()りつけたる白粉(おしろい)を、077両手(りやうて)をもつて()りおとし、
078玉純彦(たますみひこ)これを()よ』
079(ひたい)突出(つきだ)()せたるに、080(まが)(かた)なき巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)歴然(れきぜん)として(あら)はれたり。081玉純彦(たますみひこ)眉毛(まゆげ)(つばき)()をこすり、082(われ)()(ほほ)(つめ)もてつまみ、083不審(ふしん)(まゆ)をひそめて、084八島姫(やしまひめ)(ふか)()つめてゐたり。085八島姫(やしまひめ)はまたもや(わら)つて、
086『いかに玉純彦(たますみひこ)よ、087(わらは)妖怪変化(えうくわいへんげ)(あら)ざることを(さと)りしや』
088()ひながらクルリと(せな)玉純彦(たますみひこ)(はう)()けたり。089玉純彦(たますみひこ)はその後姿(うしろすがた)首筋(くびすぢ)から(あし)(した)まで()ちながめ、090(なが)(した)をまき(ふと)(いき)()きながら、
091『この畜生(ちくしやう)()092よくも完全(くわんぜん)()けをつたなあ』
093(おも)はず(さけ)ぶ。094八島姫(やしまひめ)はやや(こゑ)をとがらせ、
095(なんぢ)(しゆ)姫女(むすめ)にむかつて無礼(ぶれい)雑言(ざうごん)畜生(ちくしやう)()とは何事(なにごと)ぞ』
096()きなほり柳眉(りうび)逆立(さかだ)(しか)りつけたるに、097玉純彦(たますみひこ)はその真偽(しんぎ)判断(はんだん)(くる)しみける。098玉純彦(たますみひこ)半信半疑(はんしんはんぎ)(くも)につつまれ壇上(だんじやう)諸神人(しよしん)とともに、099無言(むごん)のまま暫時(ざんじ)突立(つつた)()たり。100八島姫(やしまひめ)は、
101(なんぢ)はこれでも(うたが)ひを()らさざるか』
102()ひつつ片肌(かたはだ)()ぎ、103左肩(ひだりかた)(だい)()斑紋(はんもん)(しめ)したるより、104玉純彦(たますみひこ)はその()平伏(ひれふ)無礼(ぶれい)(つみ)陳謝(ちんしや)したり。
105 大島別(おほしまわけ)は、106(はじ)めて(うたが)()れたれど、107南高山(なんかうざん)にある、108八島姫(やしまひめ)身上(しんじやう)についてふたたび疑問(ぎもん)()(おこ)さざるを()ざりけり。109第一(だいいち)不審(ふしん)は、110城内(じやうない)八島姫(やしまひめ)には巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)有無(うむ)()づかざりし(ゆゑ)なり。111玉純彦(たますみひこ)もまた巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)()()せたるものと(かんが)へゐたるが、112いま()のあたり確固不動(かくこふどう)証拠(せうこ)()て、113南高山(なんかうざん)八島姫(やしまひめ)(うたが)ふこととなり、114大会議(だいくわいぎ)壇上(だんじやう)我身(わがみ)()てることさへも()づかずありける。115このとき南高山(なんかうざん)より大島別(おほしまわけ)(あと)()いつつ八島姫(やしまひめ)きたれりとの報告(はうこく)あり。116アヽこの判別(はんべつ)如何(いかン)
117大正一〇・一二・一七 旧一一・一九 出口瑞月
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)