霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 敬神(けいしん)自覚(じかく)〔一六一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第2篇 天地暗雲 よみ:てんちあんうん
章:第11章 第4巻 よみ:けいしんのじかく 通し章番号:161
口述日:1921(大正10)年12月17日(旧11月19日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
八王大神らは第三回の会議開催に先立ち、天地の大元霊である天之御中主神(=大国治立尊)を奉祀し、天地の律法遵守を自覚した。
八王大神と常世姫は悔改め、盤古大神を奉戴して国祖を追い落とし、自らが地上神界の主権を握ろうという野望を放棄した。しかし、今度は自分が国祖の宰相神になろう、との新しい目的を抱いていた。
第二回会議の春日姫と八島姫は実は白狐の高倉・旭が化けたものであり、大道別の妙策によるものであった。
第三回会議前の祭典は無事に行われ、天空は澄み渡って常世城はすがすがしい神気に包まれた。会議は厳粛に幕を開け、八王大神は悔改めを述べて開会の辞とした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0411
愛善世界社版:67頁 八幡書店版:第1輯 396頁 修補版: 校定版:71頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001 常世彦(とこよひこ)をはじめ八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)神司(かみがみ)は、002天地(てんち)大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(はん)し、003律法(りつぱふ)軽視(けいし)し、004この大会議(だいくわいぎ)開催(かいさい)(また)参列(さんれつ)し、005大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(いか)らせたてまつり、006意外(いぐわい)失敗(しつぱい)(まね)きたるに悔悟(くわいご)(こころ)(おこ)し、007ここに諸神司(しよしん)大会議(だいくわいぎ)開催(かいさい)(さき)だち、008まづ天地(てんち)大元霊(だいげんれい)たる天之御中主(あめのみなかぬし)大神(おほかみ)一名(いちめい)大国治立尊(おほくにはるたちのみこと)奉祀(ほうし)し、009山野河海(さんやかかい)(うま)(もの)(けん)じ、010大神(おほかみ)守護(しゆご)のもとに至誠(しせい)至実(しじつ)神聖(しんせい)なる大会議(だいくわいぎ)開催(かいさい)せむことを()せずして感得(かんとく)し、011天地(てんち)大神(おほかみ)(おそ)るべきを自覚(じかく)したり。012天地(てんち)律法(りつぱふ)には、
013(かへり)みよ。014()ぢよ。015(おそ)れよ。016()(あらた)めよ。017()(さと)れよ』
018との五ケ条(ごかでう)内面的(ないめんてき)戒律(かいりつ)あり、019これを的確(てきかく)遵守(じゆんしゆ)せざるべからざることを自覚(じかく)したり。020これぞまつたく大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)の、021甚深微妙(じんしんびめう)なる恩恵(おんけい)(むち)なりにける。
022 諸神人(しよしん)はここに翻然(ほんぜん)として前非(ぜんぴ)()(あらた)め、023わが心胸(しんきよう)()をあてて反省(はんせい)し、024各自(かくじ)思慮(しりよ)浅薄(せんぱく)にして無智(むち)なりしを()ぢ、025天地(てんち)主宰(しゆさい)大神(おほかみ)威厳(ゐげん)(をか)すべからざるを(かしこ)み、026(じや)(せい)(てき)しがたき大真理(だいしんり)をおのづから(さと)()たりけり。
027 八王大神(やつわうだいじん)は、028ここに()高天原(たかあまはら)なるヱルサレムの聖地(せいち)蹂躙(じうりん)し、029あはよくば漸進的(ぜんしんてき)国祖(こくそ)大神(おほかみ)までも退去(たいきよ)せしめ、030みづから国治立命(くにはるたちのみこと)職権(しよくけん)(うば)はむとする方法(はうはふ)手段(しゆだん)として、031盤古大神(ばんこだいじん)擁立(ようりつ)して(とき)()つて盤古大神(ばんこだいじん)()しこめ万古不易的(ばんこふえきてき)八王大神(やつわうだいじん)神政(しんせい)樹立(じゆりつ)せむことを(くはだ)ててゐたるに、032今回(こんくわい)失敗(しつぱい)八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)本心(ほんしん)立復(たちかへ)り、033常世姫(とこよひめ)もまた(をつと)とともに『()(あらた)め』の(こころ)をおこしける。034ここに八王大神(やつわうだいじん)は、035国祖(こくそ)地位(ちゐ)(うば)はむとするの大陰謀(だいいんぼう)のみは断念(だんねん)したれども、036国祖(こくそ)(ほう)じてみづから聖地(せいち)宰相神(さいしやうしん)たらむとするの目的(もくてき)のみは夢寐(むび)にも(わす)れざりける。
037 第二回(だいにくわい)議席(ぎせき)(あら)はれ、038侃々諤々(かんかんがくがく)雄弁(ゆうべん)(ふる)ひ、039満座(まんざ)神人(しんじん)をして(した)()かしめたる春日姫(かすがひめ)八島姫(やしまひめ)()女性(ぢよせい)は、040その(じつ)白狐(びやくこ)高倉(たかくら)(あさひ)なりき。041二女(にぢよ)(くわ)したる白狐(びやくこ)は、042大道別(おほみちわけ)周到(しうたう)なる妙策(めうさく)()でたるものにして、043いはば邪神(じやしん)野望(やばう)破壊(はくわい)せむための反間苦肉(はんかんくにく)神策(しんさく)にして、044敵本(てきほん)主義(しゆぎ)謀略(ぼうりやく)()でたるものなりき。045この白狐(びやくこ)今後(こんご)行動(かうどう)こそ(じつ)面白(おもしろ)()ものなるべし。
046 いよいよ第三回(だいさんくわい)会議(くわいぎ)(ひら)かむと、047まづ第一(だいいち)常世城(とこよじやう)大広間(おほひろま)荘厳(さうごん)なる祭壇(さいだん)(まう)けられ、048海川山野(うみかはやまぬ)種々(くさぐさ)神饌(しんせん)供進(けうしん)せむと衆議(しうぎ)結果(けつくわ)049宮比彦(みやびひこ)斎主(さいしゆ)とし美山彦(みやまひこ)その()斎官(さいくわん)として神事(しんじ)奉仕(ほうし)し、050目出度(めでた)祭典(さいてん)執行(しつかう)されたるが、051このとき天空(てんくう)()(わた)りて一点(いつてん)雲片(うんぺん)もなく、052微風(びふう)おもむろに()ききたつて(あたた)かに、053(とり)艶声(えんせい)をあげて樹木(じゆもく)(えだ)にうたひ、054()()はれぬ芳香(はうかう)四辺(しへん)をつつみ、055常世(とこよ)(はる)長閑(のどか)景色(けしき)はさながら、056五六七(みろく)神政(しんせい)地上(ちじやう)移写(いしや)されたるかと(うたが)はるるばかりなり。
057 南瓜(かぼちや)目鼻(めはな)をつけたるごとき、058不景気(ふけいき)神人(しんじん)(かほ)も、059(かぶら)や、060瓢箪(へうたん)や、061茄子(なすび)062長瓜(ながうり)063田芋(たいも)などに目鼻(めはな)をつけたるごとき、064醜悪(しうあく)なる八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)神人(かみがみ)面色(めんしよく)も、065この(とき)のみは、066(じつ)勇気(ゆうき)希望(きばう)()ち、067(はな)やかなりけり。068神々(かみがみ)(こころ)奥底(おくそこ)より、069無限(むげん)愉快(ゆくわい)喜悦(きえつ)とを感得(かんとく)したりける。070大本神諭(おほもとしんゆ)に、
071(こころ)()ちやう(ひと)つによりて(かほ)相好(さうがう)までが(かは)るから、072(こころ)()ちやうが一番(いちばん)大切(たいせつ)であるぞよ』
073喝破(かつぱ)されたるは(じつ)至言(しげん)といふべし。
074 いよいよ第三回目(だいさんくわいめ)会議(くわいぎ)は、075諸神人(しよしん)喜悦(きえつ)歓呼(くわんこ)(うち)にもつとも荘厳(さうごん)静粛(せいしゆく)(ひら)かれける。076諸神人(しよしん)各自(かくじ)(まう)けの(せき)()きぬ。077この(たび)前回(ぜんくわい)のごとき野天泥田(のてんどろた)会議(くわいぎ)にあらずして、078(しん)常世城内(とこよじやうない)大広間(おほひろま)なり。079神人(かみがみ)らのうちには、080前日(ぜんじつ)泥田(どろた)()りてか、081(あし)をもつて座席(ざせき)(ねん)いりに()みてみるもの、082()()ばして議席(ぎせき)()でまはし、083議場(ぎぢやう)真偽(しんぎ)(ため)しみるものありき。084(なか)には(われ)吾身(わがみ)をつめりて(いた)さを(かん)じ、085やつと安心(あんしん)(むね)()でおろすもあり。086どうやら今度(こんど)は、087真正(しんせい)会議場(くわいぎぢやう)であるらしいと自語(じご)するもありぬ。088(あつもの)()りて(なます)()くといふ(たと)へは、089かかる(とき)のことを()したるものなるべし。090神諭(しんゆ)に、
091国会(こくくわい)(びら)きは人民(じんみん)何時(いつ)まで(かか)りても(ひら)けは(いた)さむぞよ。092(かみ)(ひら)かな(ひら)けぬぞよ。093(かみ)(ひら)いて()せうぞよ。094改心(かいしん)なされ』
095とあるは(じつ)千古不易(せんこふえき)至言(しげん)なり。096太古(たいこ)神人(かみがみ)さへも、097国祖(こくそ)御許(おゆる)しなくしては、098かくのごとき失敗(しつぱい)演出(えんしゆつ)するものを、099(いは)ンや罪悪(ざいあく)(ふち)(しづ)みたる、100体主霊従(たいしゆれいじゆう)人間(にんげん)(ひら)会議(くわいぎ)においておや。101猶更(なほさら)(こと)なりと()ふべし。
102 常世彦(とこよひこ)は、103まづ神前(しんぜん)(すす)み、104(うやうや)しく拝跪(はいき)して神言(かみごと)奏上(そうじやう)し、105(しづ)かに中央(ちうあう)高座(かうざ)(のぼ)謹厳(きんげん)態度(たいど)にて諸神人席(しよしんせき)(まなこ)(くば)りていふ。
106(われ)らは成功(せいこう)(いそ)ぐのあまり、107(かみ)祈願(きぐわん)したてまつり、108神助(しんじよ)(もと)神聖(しんせい)なる議案(ぎあん)討究(たうきう)することを忘却(ばうきやく)したるがために大神(おほかみ)神怒(しんど)()れ、109議場(ぎぢやう)はたちまち混乱(こんらん)混乱(こんらん)惨状(さんじやう)現出(げんしゆつ)四離滅裂(しりめつれつ)(くるし)経験(けいけん)()めたり。110いまより(われ)らは諸神人(しよしん)とともに、111悔悟(くわいご)して世界(せかい)平和(へいわ)のため誠心(せいしん)誠意(せいい)をもつて終始(しうし)せざる(べか)らず。112今日(こんにち)までの二回(にくわい)会議(くわいぎ)怪事(くわいじ)頻々(ひんぴん)として湧起(わきおこ)り、113(ひと)つも決定(けつてい)にいたらずして(まく)()ぢたり。114これ(まつた)神慮(しんりよ)(かな)はざるがための結果(けつくわ)(ほか)ならざれば、115(いま)より(あらた)めて神聖(しんせい)なる会議(くわいぎ)神助(しんじよ)(もと)(ひら)かむ』
116宣示(せんじ)し、117諸神人(しよしん)拍手(はくしゆ)して八王大神(やつわうだいじん)宣示(せんじ)(むか)へたり。
118 このとき、119天井(てんじやう)には微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)え、120天男天女(てんなんてんによ)(あま)羽衣(はごろも)春風(はるかぜ)()びかせながら、121()(あそ)び、122以前(いぜん)のすさまじき猛虎(まうこ)123悪狐(あくこ)124獅子(しし)咆哮(はうかう)125怒号(どがう)悪声(あくせい)や、126(あま)鳥船(とりふね)(とどろ)(わた)示威的(じゐてき)光景(くわうけい)(くら)ぶれば、127天地霄壤(てんちせうじやう)()あることを(おぼ)えしめける。
128大正一〇・一二・一七 旧一一・一九 出口瑞月