霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 横紙(よこがみ)(やぶ)り〔一六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第2篇 天地暗雲 よみ:てんちあんうん
章:第12章 第4巻 よみ:よこがみやぶり 通し章番号:162
口述日:1921(大正10)年12月18日(旧11月20日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
八王大神は壇上に登り、またもや八王の撤廃を訴え、さらに神々自身の武装を除去することを提案した。大自在天の部下・大鷹別は登壇し、八王大神の弁に賛成の意を表して強圧的な演説を述べ立てた。
これにたいして天山の八王・斎代彦は飄然と登壇すると、八王大神、大自在天の強圧的なやり方を痛烈に非難した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-03-18 18:22:00 OBC :rm0412
愛善世界社版:72頁 八幡書店版:第1輯 398頁 修補版: 校定版:77頁 普及版:35頁 初版: ページ備考:
001 常世城(とこよじやう)大広間(おほひろま)中央(ちうあう)高座(かうざ)には、002八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)泰然(たいぜん)として(あら)はれ、003ふたたび神界(しんかい)永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)確立(かくりつ)のため、004八王神(やつわうじん)聖職(せいしよく)撤廃(てつぱい)し、005神人(かみがみ)各自(かくじ)武装(ぶさう)除却(ぢよきやく)すべきことを提案(ていあん)したり。
006 大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)重臣(ぢうしん)なる大鷹別(おほたかわけ)これ以前は「大鷹彦」と呼ばれていたが、ここ以降は「大鷹別」という名前で呼ばれている。は、007登壇(とうだん)するや(いな)満場(まんぢやう)諸神司(しよしん)(むか)つて、008八王大神(やつわうだいじん)提案(ていあん)にたいし、009縷々(るる)数万言(すうまんげん)(つい)やしてその提案(ていあん)称讃(しようさん)し、010かつ、
011『かくのごとき事理明白(じりめいはく)なる天来(てんらい)福音(ふくいん)にたいして、012異議(いぎ)をはさむ神司(しんし)ありとせば、013(われ)らは神界(しんかい)平和(へいわ)攪乱者(かくらんしや)としてこれを排斥(はいせき)せざる(べか)らず。014諸神司(しよしん)はいづれも公明正大(こうめいせいだい)にして、015天下(てんか)平和(へいわ)心底(しんてい)より好愛(かうあい)さるる仁義(じんぎ)方々(かたがた)なれば、016八王大神(やつわうだいじん)大慈眼(だいじがん)発露(はつろ)ともいふべき今回(こんくわい)提案(ていあん)(たい)しては、017満場(まんぢやう)一致(いつち)もつて本会議(ほんくわいぎ)大目的(だいもくてき)達成(たつせい)すべく努力(どりよく)されむは必定(ひつぢやう)なりと、018吾々(われわれ)(かた)(しん)じて(うたが)はざる次第(しだい)なり。019(ねが)はくば賢明(けんめい)なる諸神司(しよしん)一致的(いつちてき)賛成(さんせい)世界(せかい)平和(へいわ)のために熱望(ねつばう)して()まざる次第(しだい)なり』
020頭上(づじやう)より大風呂敷(おほぶろしき)をかぶせ有無(うむ)()はせず、021一瀉千里(いつしやせんり)(いきほひ)(もつ)てこの議案(ぎあん)疾風迅雷(しつぷうじんらい)(みみ)(おほ)ふに(いとま)なく通過(つうくわ)せしめむとしたり。
022 列座(れつざ)諸神司(しよしん)はまたもや乱暴(らんばう)(きは)まる議案(ぎあん)提出(ていしゆつ)と、023大鷹別(おほたかわけ)強要的(きやうえうてき)弁舌(べんぜつ)不快(ふくわい)(ねん)をおこし満場(まんぢやう)(せき)として、024一柱(ひとはしら)()つて応答(おうたふ)弁駁(べんばく)するものなく、025いづれもその突飛(とつぴ)なる提案(ていあん)(あき)()面上(めんじやう)にも、026形容(けいよう)しがたき不安(ふあん)公憤(こうふん)(いろ)ただよひぬ。027(なか)には隣席(りんせき)神司(かみ)()()見合(みあは)せ、028その横暴(わうばう)(した)をまくものもありける。029常世彦(とこよひこ)をはじめ、030大国彦(おほくにひこ)苦虫(にがむし)()(つぶ)したる(ごと)六ケ(むつか)しき面構(つらがま)へを高座(かうざ)(さら)して、031形勢(けいせい)いかんと固唾(かたづ)()()(あせ)(にぎ)りて、032何人(なにびと)かの発言(はつげん)を、033もどかしげに()ちゐたり。
034 このとき天山(てんざん)八王(やつわう)斎代彦(ときよひこ)八王大神(やつわうだいじん)にむかひ、035発言権(はつげんけん)(もと)めながら両腕(りやううで)()りつつ登壇(とうだん)したれば、036諸神司(しよしん)視線(しせん)()せずしてその一身(いつしん)集注(しふちう)したり。
037 斎代彦(ときよひこ)壇上(だんじやう)(あら)はれ咳一咳(がいいちがい)し、038(みぎ)()(てのひら)をもつて鼻先(はなさき)(ひだり)より(みぎ)(こす)りあげ、039そのまま(みぎ)眼瞼(まぶた)から眼尻(めじり)にかけてツルリと()(つい)で、040(みづばな)(みぎ)()(かふ)にてかみ、041ただちに(みぎ)(ちち)(した)あたりの着衣(ちやくい)無造作(むざうさ)()きとり、042上唇(うはくちびる)山形(やまがた)人中(じんちう)(した)()()配列(はいれつ)不整(ふせい)なる赤黒(あかぐろ)()()きだし、043平素(へいそ)得意(とくい)能弁(のうべん)活用(くわつよう)するはいまこの(とき)なり、044との(ほこ)りを(おもて)遺憾(ゐかん)なく表白(へうはく)したりける。045元来(ぐわんらい)斎代彦(ときよひこ)磊落不覊(らいらくふき)勇者(ゆうしや)なり。046八王大神(やつわうだいじん)大勢力(だいせいりよく)大自在天(だいじざいてん)権勢力(けんせいりよく)(かれ)にとつては放屁(はうひ)(ひと)つとも(おも)ひをらず。047またもや(はな)をこすり()()()(みづばな)をかみ、048その()(ちち)(はう)(ぬぐ)ひながら、049雷声(らいせい)(はつ)していふ。
050元来(ぐわんらい)八王大神(やつわうだいじん)かれ(なに)ものぞ、051大自在天(だいじざいてん)とは()(はた)して(なに)ものぞ。052そもそも()(くわい)屁和(へわ)怪疑(くわいぎ)なるものは、053天地神明(てんちしんめい)大御心(おほみこころ)()でたるものに(あら)ずして、054(かみ)にあらざる(かみ)発企(ほつき)()れるものなれば、055(われ)らをはじめ諸神司(しよしん)は、056(たがひ)にその蘊蓄(うんちく)をかたむけて各自(かくじ)意見(いけん)吐露(とろ)正邪(せいじや)理非(りひ)根本(こんぽん)討覈(たうかく)し、057和衷(わちう)協同(けふどう)して、058もつて世界(せかい)永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)基礎(きそ)確立(かくりつ)せざるべからず。059しかるに()ンぞや、060八王大神(やつわうだいじん)強要的(きやうえうてき)宣示(せんじ)といひ、061大自在天(だいじざいてん)部下(ぶか)なる大鷹別(おほたかわけ)傍若無人(ばうじやくぶじん)強圧的(きやうあつてき)暴言(ばうげん)といひ、062(ほと)ンど巨石(きよせき)(もつ)頭上(づじやう)()(くだ)くに(とう)しき、063その言辞(げんじ)論説(ろんせつ)横暴(わうばう)無道(むだう)なる、064どこに和親(わしん)協同(けふどう)精神(せいしん)がある。065平和(へいわ)懇望(こんもう)するの至誠(しせい)(はた)していづれにあるや。066諸神司(しよしん)柔順(じうじゆん)隠忍(いんにん)盲従(まうじゆう)とは(けつ)して平和(へいわ)招来(せうらい)するものに(あら)ず、067諸神司(しよしん)本会議(ほんくわいぎ)(たい)しては、068無限(むげん)絶対的(ぜつたいてき)権能(けんのう)あり、069しかるに(なに)(くる)しみてか諸神司(しよしん)らは()かる大問題(だいもんだい)(たい)して沈黙(ちんもく)(まも)らるるや。070(ことわざ)にいふ、071()(くひ)()たれ、072喬木(けうぼく)(かぜ)にもまる、073()かず退(しりぞ)いて我身(わがみ)安全(あんぜん)(まも)らむ、074とするに()かずと卑怯(ひけふ)精神(せいしん)抑圧(よくあつ)されたまふに(あら)ずや、075()もなくば八王大神(やつわうだいじん)ごとき神司(かみ)勢力(せいりよく)恐怖(きようふ)されしに(あら)ずや。076八王大神(やつわうだいじん)神司(しんし)なれば、077諸神司(しよしん)もまた同様(どうやう)なり、078大自在天(だいじざいてん)権威(けんゐ)にして、079いかに強大(きやうだい)不可犯(ふかはん)(おもむ)きあるごとく()ゆるとも、080宇宙(うちう)大元霊(だいげんれい)たる大国治立命(おほくにはるたちのみこと)の、081無限(むげん)絶対(ぜつたい)神威(しんゐ)慈心(じしん)(くら)ぶれば、082(ざう)にたいする(のみ)比較(ひかく)にも()かず。083(われ)らは大神(おほかみ)厳命(げんめい)にしたがひ、084天山(てんざん)八王(やつわう)として神明(しんめい)示教(しけう)奉戴(ほうたい)し、085(あまね)神人(しんじん)教化(けうくわ)扶掖(ふえき)す。086これにたいして(しらみ)にも(くら)べがたき微々(びび)たる八王大神(やつわうだいじん)087または大自在天(だいじざいてん)(おそ)るるの理由(りいう)あらむや。088(われ)らの(わう)()ける真正(しんせい)独一神(どくいつしん)なり。089諸神司(しよしん)よ、090宇宙(うちう)はいかに広大(くわうだい)にして無辺(むへん)なりといへども、091(おそ)るべく、092(しん)ずべく、093(した)しむべく、094(あい)すべきものは真誠(しんせい)()ける(かみ)ただ一柱(ひとはしら)あるのみ、095()ンぞ八王大神(やつわうだいじん)らの頤使(いし)盲従(まうじゆう)し、096(もつ)真正(しんせい)(かみ)聖慮(せいりよ)(そむ)かむや。097諸神司(しよしん)よろしく自己(じこ)天授的(てんじゆてき)聖職(せいしよく)神聖(しんせい)不可犯(ふかはん)なる理由(りいう)反省(はんせい)され、098(かみ)にあらざる(かみ)圧制的(あつせいてき)宣示(せんじ)盲従(まうじゆう)すること(なか)れ。099大宇宙(だいうちう)にはただ独一(どくいつ)真神(しんしん)なる大国治立命(おほくにはるたちのみこと)ゐますのみ。100しかるに常世彦(とこよひこ)はみづから(しよう)して、101(わう)(わう)たらむとし、102八王大神(やつわうだいじん)(しよう)す、103真正(しんせい)(かみ)ならぬ()として八王大神(やつわうだいじん)とは僣上(せんじやう)至極(しごく)104天地(てんち)()れざるの大逆罪(だいぎやくざい)なり。105(われ)(いま)より八王大神(やつわうだいじん)尊称(そんしよう)(たてまつ)らむ、106(すなは)八王(やつわう)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(だいじや)()にして、107大神(だいじん)台陣(だいぢん)敬称(けいしやう)せむ、108諸神司(しよしん)賛否(さんぴ)いかん』
109弁舌(べんぜつ)(みづ)(なが)るるごとく()()()(きた)つて、110平然(へいぜん)として一座(いちざ)見渡(みわた)したり。111満座(まんざ)神司(かみがみ)らは斎代彦(ときよひこ)痛快(つうくわい)なる演説(えんぜつ)溜飲(りういん)()げ、112元気(げんき)(とみ)(くは)はり、113各自(かくじ)(かた)のそびゆるを(おぼ)えざる(ほど)なりき。114八王大神(やつわうだいじん)部下(ぶか)邪神(じやしん)喧々囂々(けんけんごうごう)として嘲罵(てうば)咆哮(はうかう)し、115この演説(えんぜつ)極力(きよくりよく)妨害(ばうがい)せむとせしに、116斎代彦(ときよひこ)はそれらの妨害(ばうがい)嘲笑(てうせう)馬耳東風(ばじとうふう)()きながし、117滔々(たうたう)として所信(しよしん)()(をは)り、118右手(めて)をもつて(はな)()をこすり、119最後(さいご)着衣(ちやくい)(そで)にて(みづばな)()(ぬぐ)ひながら悠々(いういう)として降壇(かうだん)自席(じせき)()きにける。
120大正一〇・一二・一八 旧一一・二〇 出口瑞月