霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 出雲舞(いづもまひ)〔一六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第2篇 天地暗雲 よみ:てんちあんうん
章:第15章 第4巻 よみ:いずもまい 通し章番号:165
口述日:1921(大正10)年12月19日(旧11月21日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
次の会議では八王大神は前日の失敗に省み、温顔をたたえて常世姫、春日姫、八島姫を従えて登壇した。その日は春風なびくのどかな気候であった。
出雲姫はこの良き日を寿ぐために、八王大神を賛美し、舞を舞うことを申し出て、許しを得た。
とことが出雲姫が面白く歌い美しく舞ったその舞の歌は、八王大神の企みを非難し、常世会議を否定するものであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0415
愛善世界社版:91頁 八幡書店版:第1輯 405頁 修補版: 校定版:97頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 天気(てんき)清朗(せいらう)にして蒼空(さうくう)一天(いつてん)雲片(うんぺん)もなく、002東風(とうふう)(おもむ)ろに地上(ちじやう)()(さす)り、003ロッキー(ざん)新装(しんさう)をこらして(たか)雲表(うんぺう)にそびえ、004満山(まんざん)満野(まんや)草木(さうもく)はおのおのその艶麗(えんれい)(きそ)ひ、005その枝葉(えだは)黄紅(わうこう)006白紫(はくし)007赤黒(せきこく)008青緋(せいひ)(はな)()かせ、009芳香馥郁(はうかうふくいく)として、010(さなが)らエデンの花園(はなぞの)にさも()たり。011百鳥(ひやくてう)(はね)ゆるやかに翺翔(こうしよう)し、012(てふ)(はな)をたづねて四方(よも)原野(げんや)翩翻(へんぽん)とし、013陽炎(かげろう)のまたたき悠々(ゆうゆう)として春風(はるかぜ)になびき、014神人(しんじん)みな喜悦(きえつ)(いろ)()常世(とこよ)長閑(のどか)(はる)光景(くわうけい)015天地(てんち)神人(しんじん)をして(おも)はず(うた)()(をど)らしめむとするに(いた)る。016かかる心地(ここち)よき(そら)巍然(ぎぜん)として(そび)えたてる常世城(とこよじやう)大広間(おほひろま)には、017前日(ぜんじつ)失敗(しつぱい)(かへり)み、018八王大神(やつわうだいじん)をはじめ各山(かくざん)各地(かくち)八王(やつわう)019八頭(やつがしら)020国魂(くにたま)数々(かずかず)各自(かくじ)議席(ぎせき)についた。021八王大神(やつわうだいじん)温顔(おんがん)()みを(たた)へて(れい)のごとく、022中央(ちうあう)高座(かうざ)常世姫(とこよひめ)023春日姫(かすがひめ)024八島姫(やしまひめ)(したが)へ、025粛々(しゆくしゆく)として登壇(とうだん)したり。026末席(まつせき)より登壇(とうだん)請求(せいきう)したるは出雲姫(いづもひめ)なりき。027出雲姫(いづもひめ)長閑(のどか)なる常世(とこよ)(はる)讃美(さんび)し、
028『これぞ(まつた)八王大神(やつわうだいじん)盛徳(せいとく)(いた)(ところ)にして、029昨日(きのふ)(かは)今日(けふ)(そら)(いろ)030(こころ)にかかる叢雲(むらくも)()し。031嗚呼(ああ)これ天国(てんごく)か、032浄土(じやうど)か、033()楽園(らくゑん)か。034アヽかかる(たふと)瑞祥(ずゐしやう)(わらは)(いは)(たてまつ)らむ』
035と、036()()(ふし)面白(おもしろ)(うた)()したり。037その(うた)
038至美(しび)至楽(しらく)(かみ)()
039百千万歳億兆(ひやくせんまんざいおくてう)
040月日(つきひ)()るも(かは)らざれ
041(かみ)経綸(しぐみ)天地(あめつち)
042あらむ(かぎ)りは常永(とこしへ)
043(うご)かざれども空蝉(うつせみ)
044()紫陽花(あぢさい)七変(ななかは)
045(かは)()てたる(いま)()
046(むかし)一度(いちど)はこのごとき
047瑞祥至慶(ずゐしやうしけい)()ありけり
048常世(とこよ)(くに)常世彦(とこよひこ)
049常世(とこよ)(ひめ)(なに)ものぞ
050(たふと)(かみ)(すゑ)なれど
051(こころ)(そら)(くも)()
052天足(あだる)胞場(えば)御魂(みたま)より
053(うま)()でたる八頭(やつがしら)
054八尾(やつを)大蛇(をろち)邪霊(まがつみ)
055金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)
056常世(とこよ)悪狐(あくこ)()せられて
057体主霊従(たいしゆれいじゆう)目的(もくてき)
058達成(たつせい)せむと執拗(しつえう)
059聖地(せいち)聖城(せいじやう)蹂躙(じうりん)
060イスカの(はし)()(ちが)
061是非(ぜひ)なく常世(とこよ)()(かへ)
062暴威(ばうゐ)()るひ四方山(よもやま)
063()()(まも)八王(やつわう)
064国魂司(くにたまがみ)諸神司(ももがみ)
065常世(とこよ)(しろ)甘言(かんげん)
066もつて(いざ)なひ()(あつ)
067(あつ)まる八王八頭(やつわうやつがしら)
068国魂(くにたま)その()神人(かみ)(かず)
069(うそ)八百余柱(はつぴやくよはしら)
070頭顱(あたま)(ひかり)ピカピカと
071(いた)(かがや)稲妻(いなづま)
072またたきする()(なが)()
073常世(とこよ)(しろ)神集(かむつど)
074(つど)ひて(はか)眼目(がんもく)
075八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)
076(なが)奸計(たくみ)(たつ)せむと
077千々(ちぢ)(こころ)(くだ)きたる
078その甲斐(かひ)ありや有難(ありがた)
079常世会議(とこよくわいぎ)常永(とこしへ)
080和親(わしん)破壊(はくわい)(さきがけ)
081なり(わた)らひて(いかづち)
082(とどろ)くばかり四方(よも)(そら)
083(うみ)(そこ)まで()(がね)
084ひびき鳴戸(なると)瀬戸(せと)(うみ)
085かへて()()はありとても
086常世(とこよ)(くに)のこの会議(くわいぎ)
087(まつ)(あらし)となりぬべし
088(まつ)(あらし)(なみ)(おと)
089(こゑ)(かぎ)りに天地(あめつち)
090(かみ)(すく)ひを(いの)()
091アヽまだ(とほ)常暗(とこやみ)
092常世会議(とこよくわいぎ)(たの)みなき
093(たの)みなき()(つゑ)となり
094(ちから)となるは天地(あめつち)
095(つく)りかためし(くに)(おや)
096国治立(くにはるたち)(かみ)のみぞ
097(かみ)議場(ぎぢやう)(まつ)れども
098(ゆる)()ければ(から)(みや)
099常世(とこよ)(かみ)のからくりは
100()よみよ(いま)根底(ねそこ)より
101くつがへされむヱルサレム
102聖地(せいち)(まも)天使長(てんしちやう)
103広宗彦(ひろむねひこ)執成(とりな)しを
104威力(ゐりよく)(まか)無視(むし)したる
105(むく)ひは(きび)しく()(あた)
106国治立(くにはるたち)神力(しんりき)
107()たれて(ころ)神人(しんじん)
108八十枉彦(やそまがひこ)蚊取別(かとりわけ)
109広依別(ひろよりわけ)(さん)()
110八王大神(やつわうだいじん)村肝(むらぎも)
111(こころ)(あら)(かみ)(まへ)
112(こころ)(あら)(かみ)(まへ)
113 容姿(ようし)端麗(たんれい)にして一種(いつしゆ)威厳(ゐげん)(そな)へたる出雲姫(いづもひめ)は、114衆神司(しうしん)環視(くわんし)壇上(だんじやう)長袖(ちやうしう)しとやかに()(うた)ひける。
115大正一〇・一二・一九 旧一一・二一 出口瑞月
116(第九章~第一五章 昭和一〇・一・二〇 於日奈久町泉屋旅館 王仁校正)