霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 敵本主義(てきほんしゆぎ)〔一七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第3篇 正邪混交 よみ:せいじゃこんこう
章:第21章 第4巻 よみ:てきほんしゅぎ 通し章番号:171
口述日:1921(大正10)年12月22日(旧11月24日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世会議も八王撤廃論も「国祖の御心」と強弁した八王大神に、聖地の神々も舌を巻いていたが、幸か不幸か、にわかの病で八王大神は退場を余儀なくされてしまった。
大鷹別は、このように紛糾する会議を聖地で開いては、かえって国祖の神威を汚す、と常世会議を正当化する演説をぶった。
斎代彦は八王大神の退場に、いったん今日は会議を解散することを提案し、賛成を得た。またしても会議は要領を得ないまま閉会となった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0421
愛善世界社版:136頁 八幡書店版:第1輯 421頁 修補版: 校定版:144頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)堂々(だうだう)として毫末(がうまつ)抜目(ぬけめ)なき、002真綿(まわた)(くび)()(つく)るごとき手痛(ていた)雄弁(ゆうべん)列座(れつざ)諸神司(しよしん)003ことに直接(ちよくせつ)関係(くわんけい)ある八王(やつわう)は、004我身(わがみ)境遇(きやうぐう)と、005その責任(せきにん)(かへり)みて、006(さぎ)(からす)といひくるめたる巧妙(かうめう)なる言論(げんろん)にたいし、007抗弁(かうべん)反駁(はんばく)余地(よち)なく、008たがひに(かほ)()あはせ当惑(たうわく)至極(しごく)(てい)にて青息吐息(あをいきといき)009五色(ごしき)(いき)一時(いちじ)にホツと()き、010さすが雄弁(ゆうべん)行成彦(ゆきなりひこ)猿田姫(さだひめ)011出雲姫(いづもひめ)012斎代彦(ときよひこ)その()神司(かみがみ)悄気(しよげ)かへりて、
013八王大神(やつわうだいじん)め、014よくも(ぬか)したり』
015心中(しんちゆう)驚異(きやうい)しつつ形勢(けいせい)いかになり()かむかと、016とつおいつ、017諸行無常(しよぎやうむじやう)是生滅法(ぜしやうめつぱう)因果(いんぐわ)をつらつら(おも)はざるを()ざりける。
018 連日(れんじつ)諸神司(しよしん)至誠(しせい)一貫(いつくわん)全力(ぜんりよく)傾注(けいちう)して、019神界(しんかい)のために舌端(ぜつたん)火花(ひばな)()らして奮闘(ふんとう)したるその熱誠(ねつせい)猛烈(まうれつ)なる大々的(だいだいてき)攻撃(こうげき)も、020(おき)(かもめ)諸声(もろごゑ)()(なが)したる八王大神(やつわうだいじん)が、021(てき)武器(ぶき)をもつて(てき)(せい)するてふ甚深(じんしん)なる計略(けいりやく)と、022その表面的(へうめんてき)雅量(がりやう)とによりて、023国祖(こくそ)聖慮(せいりよ)云為(うんゐ)し、024(てき)弱点(じやくてん)(とら)へ、025(ねずみ)(ふくろ)()れて(かた)(くち)()めたるごとく、026咽元(のどもと)短刀(たんたう)突付(つきつ)けたるがごとき、027辛辣(しんらつ)なる手腕(しゆわん)に、028いづれも敬服(けいふく)するの()むなきに(いた)らしめ、029満座(まんざ)諸神人(しよしん)小児(せうに)のごとく、030内心(ないしん)()くびりさげしみながら、031綽々(しやくしやく)として無限(むげん)余裕(よゆう)(しめ)したるその威容(ゐよう)は、032常世城(とこよじやう)大会議(だいくわいぎ)における檜舞台(ひのきぶたい)千両(せんりやう)役者(やくしや)としての価値(かち)033十分(じふぶん)(そな)はりにける。
034 (かう)不幸(ふかう)か、035八王大神(やつわうだいじん)はいま一息(ひといき)にして、036その目的(もくてき)(たつ)せむとする(をり)しも、037突然(とつぜん)として発病(はつびやう)したれば、038彼我(ひが)諸神人(しよしん)周章狼狽(しうしやうらうばい)し、039懇切(こんせつ)介抱(かいほう)しつつありき。040常世城(とこよじやう)従臣(じゆうしん)041春日姫(かすがひめ)042八島姫(やしまひめ)(おどろ)きながら、043城中(じやうちう)奥深(おくふか)八王大神(やつわうだいじん)病躯(びやうく)(たす)けて、044その艶姿(えんし)議場(ぎぢやう)より(ぼつ)したりける。
045 この突然(とつぜん)出来事(できごと)に、046城内(じやうない)(うへ)(した)へと、047大騒(おほさわ)ぎの真最中(まつさいちう)048突然(とつぜん)登壇(とうだん)したる神人(かみ)は、049大自在天(だいじざいてん)重臣(ぢうしん)たる大鷹別(おほたかわけ)なりき。
050『アヽ満場(まんぢやう)諸神人(しよしん)よ、051本会議(ほんくわいぎ)主管者(しゆくわんしや)たる八王大神(やつわうだいじん)は、052御承知(ごしようち)(とほ)急病(きふびやう)のため退席(たいせき)()むなきに立到(たちいた)られましたことは、053相互(さうご)遺憾(ゐかん)(いた)りであります。054しかしながら、055吾々(われわれ)はこの大切(たいせつ)なる会議(くわいぎ)を、056中止(ちゆうし)することは出来(でき)なからうと(おも)ふのであります。057吾々(われわれ)八王大神(やつわうだいじん)のあまりに天下(てんか)平和(へいわ)について、058造次(ざうじ)にも顛沛(てんぱい)にも(わす)れたまはざる、059至誠(しせい)心魂(しんこん)ここに()つて、060つひに(やまひ)(はつ)したまふたのではあるまいかと、061推察(すいさつ)する次第(しだい)でありますが、062諸神人(しよしん)如何(いかが)御感想(ごかんさう)保持(ほぢ)したまふや。063(おも)ふに吾々(われわれ)はじめお(たが)ひに、064八王大神(やつわうだいじん)御熱誠(ごねつせい)なる訓戒的(くんかいてき)宣示(せんじ)にたいして、065一言(いちげん)(ことば)なきを(おも)ひ、066(じつ)に、067汗顔(かんがん)(いた)りに()へませぬ。068直接(ちよくせつ)関係者(くわんけいしや)たる八王(やつわう)各位(かくゐ)においても、069(はら)(そこ)をたたけば(いづ)れも(おな)(あな)(きつね)070(きず)もつ(あし)仲間(なかま)()はれても、071答弁(たふべん)()はなからうと(おも)ひます。072いづれも神定(しんてい)天職(てんしよく)(まつた)うされた神司(かみがみ)らは、073あまり沢山(たくさん)には、074この(せき)(つら)なる方々(かたがた)には、075失敬(しつけい)ながら()るまいと断言(だんげん)して(はばか)らないのであります。076諸神司(しよしん)(あひだ)には(かく)のごとき重大(ぢゆうだい)なる会議(くわいぎ)は、077国祖(こくそ)御許容(ごきよよう)()て、078神定(しんてい)聖地(せいち)ヱルサレム(じやう)において、079開催(かいさい)するが至当(したう)である、080(いたづら)常世城(とこよじやう)において会議(くわいぎ)(ひら)くことをもつて、081自由(じいう)行動(かうどう)082天則違反(てんそくゐはん)(はなはだ)しきものと主張(しゆちやう)さるる神司(かみがみ)らもありましたが、083諸神人(しよしん)084(むね)()をあてて、085冷静(れいせい)御熟考(ごじゆくかう)をして(いただ)きたいのであります。086万々一(まんまんいち)087前日来(ぜんじつらい)のごとき紛乱(ふんらん)議会(ぎくわい)聖地(せいち)において(ひら)いたとすれば、088第一(だいいち)089大神(おほかみ)聖地(せいち)(けが)神慮(しんりよ)(なや)ませたてまつり、090吾々(われわれ)天地(てんち)神明(しんめい)(たい)して(しや)するの()がありますまい。091賢明(けんめい)卓識(たくしき)八王大神(やつわうだいじん)は、092今日(こんにち)結末(けつまつ)事前(じぜん)感知(かんち)して()むを()ず、093この()において会議(くわいぎ)(ひら)き、094聖地(せいち)(けが)さざらしめむと、095苦心(くしん)されたる、096その敬神(けいしん)御心(みこころ)天眼力(てんがんりき)は、097吾々(われわれ)凡夫(ぼんぶ)企及(ききふ)すべからざる(ところ)であります。098諸神人(しよしん)八王大神(やつわうだいじん)理義(りぎ)明白(めいはく)なる御主張(ごしゆちやう)(たい)し、099すみやかに御賛成(ごさんせい)あらむことを希望(きばう)いたします』
100()ぶるや、101末席(まつせき)(はう)より、
102『ヒヤヒヤ』
103『ノウノウ』
104(こゑ)()(おこ)り、105(なか)には、
106『ヒヤヒヤ()やかなノウノウの能弁者(のうべんしや)
107(さけ)ぶものもあり。
108 この(とき)109緊急(きんきふ)動議(どうぎ)ありとて、110登壇(とうだん)したるは(れい)斎代彦(ときよひこ)なり。111斎代彦(ときよひこ)は、112(れい)のごとく右手(みぎて)をもつて(はな)をこぢ()げ、113両眼(りやうがん)()で、114(みづばな)()(かふ)にて(ぬぐ)ひ、115その()右側(みぎがは)着衣(ちやくい)にて(ぬぐ)ひながら、
116今日(こんにち)は、117八王大神(やつわうだいじん)御急病(ごきふびやう)なればこれにて解散(かいさん)いたし、118明日(あす)あらためて開会(かいくわい)せばいかん、119諸神人(しよしん)御意見(ごいけん)(うけたま)はりたし』
120大声(おほごゑ)()ばはりければ、121満座(まんざ)諸神人(しよしん)は、122八九分(はちくぶ)まで()()つて賛成(さんせい)したり。
123 ここに、124当日(たうじつ)会議(くわいぎ)もまた不得要領(ふとくえうりやう)のうちに(まく)()ぢられたり。125アヽ今後(こんご)八王大神(やつわうだいじん)病気(びやうき)および、126会議(くわいぎ)結果(けつくわ)如何(いか)展開(てんかい)するならむか。
127大正一〇・一二・二二 旧一一・二四 出口瑞月
128(第二〇章~第二一章 昭和一〇・一・二一 於八代駅長室 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)