霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 (おも)()や その一〔一七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第4篇 天地転動 よみ:てんちてんどう
章:第23章 第4巻 よみ:おもいきや その一 通し章番号:173
口述日:1921(大正10)年12月23日(旧11月25日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世姫は、八王大神の見舞いに来る神々たちの応対を、道彦にさせることに決めた。
モスコーの道貫彦がやってきたとき、常世城の春日姫の正体を疑っていた道貫彦は、出迎えた姫を妖怪変化として扱った。
また、道貫彦は道彦が化けた八王大神に面会するや、下あごのほくろによって、それが道彦(道貫彦に使えていた大道別)であることを即座に見抜いた。そして道彦に討ってかかった。
道貫彦は、従者たちに止められたが、八王大神に化けた道彦は人払いをして道貫彦と二人だけになった。道彦はかつての主人の前に手をついて挨拶し、正体を明かした。そして、常世城の秘密と自分たちの使命を明かした。
道貫彦は常世城の春日姫が本物の姫であることを知ったが、使命のため、親子の情を抑えてそ知らぬ顔をして姫の前を通り過ぎた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0423
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第1輯 425頁 修補版: 校定版:155頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 道彦(みちひこ)神人(かみがみ)推薦(すゐせん)によりて、002八王大神(やつわうだいじん)衣冠束帯(いくわんそくたい)着用(ちやくよう)し、003ここに偽常世彦(にせとこよひこ)となりすましたり。004常世姫(とこよひめ)意見(いけん)によりて、005立派(りつぱ)なる別殿(べつでん)(あた)へられ、006殿中(でんちう)数多(あまた)従者(じゆうしや)をしたがへて(をさ)まりかへりゐたり。007奸黠(かんきつ)なる常世姫(とこよひめ)は、008(おも)ふところありて八王(やつわう)009八頭(やつがしら)にたいし八王大神(やつわうだいじん)面会(めんくわい)することを(ゆる)したり。
010 春日姫(かすがひめ)011八島姫(やしまひめ)は、012玄関(げんくわん)()盛装(せいさう)をこらして、013八王(やつわう)病気(びやうき)(うかが)ひにたいし、014応接(おうせつ)(やく)にあたりゐたりしが、015ここにモスコーの城主(じやうしゆ)道貫彦(みちつらひこ)病気(びやうき)見舞(みま)ふべく別殿(べつでん)()ひたるに、016玄関(げんくわん)には(むすめ)春日姫(かすがひめ)が、017(はな)のごとき姿(すがた)(あら)はしあふるるばかりの愛嬌(あいけう)をたたへて(ひか)へをるにぞ、018道貫彦(みちつらひこ)(おも)はず()らず大声(おほごゑ)(はつ)し、
019『また()よつたなア』
020(さけ)びながら、021春日姫(かすがひめ)(かほ)(あな)のあくほど()つめゐたり。022春日姫(かすがひめ)言葉(ことば)(しづ)かに、
023父上様(ちちうへさま)024おなつかしう(ぞん)じます』
025叮嚀(ていねい)(かしら)()げたるが、026その(かほ)には悲喜(ひき)交々(こもごも)まじり、027両眼(りやうがん)からは(なみだ)さへ(にじ)(いで)ゐたり。028(ひめ)()ちてその()をとり、029奥殿(おくでん)案内(あんない)せむとするや、030道貫彦(みちつらひこ)(おどろ)いてその()()りはなち、031()(くわつ)()ひらき、
032油断(ゆだん)のならぬ大化物(おほばけもの)033その()()はぬぞ』
034一喝(いつかつ)したるに、035春日姫(かすがひめ)(しひ)てその()をとり、036親切(しんせつ)(おく)(みちび)かむとするを、037右手(めて)()てる(つゑ)にて春日姫(かすがひめ)面上(めんじやう)(ちから)かぎりに打据(うちす)ゑたり。038(ひめ)悲鳴(ひめい)をあげてその()打仆(うちたふ)れける。
039 道貫彦(みちつらひこ)(つゑ)(さき)にて(ひめ)全身(ぜんしん)()いたり、040(たた)いたりしながら、
041『コン畜生(ちくしやう)042何時(いつ)までも馬鹿(ばか)にしてやがる』
043(いか)(くる)ひつつ(ひめ)には()もくれず、044悠々(いういう)として(つゑ)()きながら、045奥殿(おくでん)(すす)()りぬ。046奥殿(おくでん)には八王大神(やつわうだいじん)端然(たんぜん)として神々(かみがみ)()りまかれ(ひか)へゐたり。
047 道貫彦(みちつらひこ)叮嚀(ていねい)敬礼(けいれい)しながら、048ふと見上(みあ)げるとたんに、049八王大神(やつわうだいじん)下顎(したあご)(うら)黒子(ほくろ)()がつき、050合点(がつてん)ゆかじと()(まる)くして()つめてゐたるが、051道貫彦(みちつらひこ)(おも)はず、
052(なんぢ)八王大神(やつわうだいじん)とは真赤(まつか)(いつは)り、053先年(せんねん)(われ)(つか)へたる大道別(おほみちわけ)(あら)ずや。054(なんぢ)不届(ふとどき)にもこの常世(とこよ)(くに)(わた)り、055神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)魔術(まじゆつ)をつかひ、056(おそ)(おほ)くも稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)第三女(だいさんぢよ)常世姫(とこよひめ)籠絡(ろうらく)し、057八王大神(やつわうだいじん)僣越(せんえつ)にも自称(じしよう)して、058反逆無道(はんぎやくぶだう)欲望(よくばう)貫徹(くわんてつ)せむとし、059世界(せかい)八王(やつわう)をはじめ、060有力(いうりよく)なる国魂(くにたま)をここに参集(さんしふ)せしめたる、061その伎倆(ぎれう)(かん)ずるにあまりあり。062されど(じや)(せい)(てき)しがたく、063開会(かいくわい)以来(いらい)議場(ぎぢやう)(くわい)()よ。064これ(まつた)国祖(こくそ)大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)(はん)し、065神明(しんめい)(ばつ)をうけ(なんぢ)目的(もくてき)大望(たいもう)九分九厘(くぶくりん)にて幾回(いくくわい)ともなく()(かや)され、066つひには諸神(しよしん)環視(くわんし)壇上(だんじやう)にて急病(きふびやう)(はつ)し、067大失態(だいしつたい)(えん)じたるに(あら)ずや。068かくのごとく覿面(てきめん)なる神罰(しんばつ)(かう)むりながら、069なほ(いま)()ざめず、070あくまで反逆心(はんぎやくしん)貫徹(くわんてつ)せむとし、071ふたたび議場(ぎぢやう)(あら)はれむとするか。072われは開会(かいくわい)当日(たうじつ)より(なんぢ)面体(めんてい)熟視(じゆくし)して疑団(ぎだん)()れざりしが、073いま(なんぢ)接近(せつきん)してその()けの(かは)感知(かんち)せり。074あらそはれぬ証拠(せうこ)(なんぢ)下顎下(かがくか)黒子(ほくろ)()よ。075他神人(たしん)はいざ()らず、076われは(なんぢ)宰相(さいしやう)として(なが)使用(しよう)したれば、077如何(いか)(かく)すとも(かく)されまじ。078また春日姫(かすがひめ)なるものは(なんぢ)魔術(まじゆつ)によつて(あら)はれたる悪狐(あくこ)化身(けしん)なり。079われいま玄関口(げんくわんぐち)において彼女(かれ)打仆(うちたふ)しおきたり。080さぞ(いま)ごろは彼女(かれ)正体(しやうたい)(あら)はし、081身体(しんたい)一面(いちめん)()(しやう)(たふ)れをるならむ。082(なんぢ)もまた(ある)ひはその(きつね)なるやも(はか)りがたし、083(ばけ)(かは)(あら)はしてくれむ』
084といふより(はや)く、085(たづさ)へたる(つゑ)にて面上(めんじやう)()がけて打据(うちす)ゑむとするや、086この(とき)数多(あまた)従臣(じゆうしん)は、
087乱暴者(らんばうもの)
088()ひながら、089前後左右(ぜんごさいう)よりとりまき、090その(つゑ)をもぎとりにけり。091八王大神(やつわうだいじん)()をもつて、092神司(かみがみ)らに(なん)合図(あひづ)をなしければ、093常世姫(とこよひめ)はじめ従者(じゆうしや)一柱(ひとはしら)(のこ)らず(せき)()けたり。
094 あとには八王大神(やつわうだいじん)道貫彦(みちつらひこ)とただ二柱(ふたはしら)のみ。095ここに八王大神(やつわうだいじん)()()つて下座(げざ)(くだ)り、096一別(いちべつ)以来(いらい)挨拶(あいさつ)声低(こゑひく)()べをはり、097かつ常世城(とこよじやう)一切(いつさい)秘密(ひみつ)および春日姫(かすがひめ)が、098(みこと)(しん)(むすめ)なることを打明(うちあ)け、099(かた)口外(こうぐわい)せざることを(やく)しける。100道貫彦(みちつらひこ)(はじ)めて(じつ)(むすめ)なることを(さと)り、101(こころ)(こころ)ならず、102(いそ)ぎこの()()つて玄関(げんくわん)()たり。
103 春日姫(かすがひめ)(すこ)しく面部(めんぶ)負傷(ふしやう)しながら、104依然(いぜん)として玄関(げんくわん)(ひか)へゐる。105道貫彦(みちつらひこ)(しん)()(むすめ)なることを(さと)り、106()びつきて(かか)へたき心持(こころもち)したれど、107大事(だいじ)(まへ)小事(せうじ)(うご)(こころ)をみづから(せい)し、108()(もの)()はせながら素知(そし)らぬ(かほ)に、109この()立去(たちさ)りにける。
110大正一〇・一二・二三 旧一一・二五 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。