霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 燕返(つばめかへ)し〔一七五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第4篇 天地転動 よみ:てんちてんどう
章:第25章 第4巻 よみ:つばめかえし 通し章番号:175
口述日:1921(大正10)年12月23日(旧11月25日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
八王大神は病気が回復した、として会議の続行を宣言した。行成彦は病気の回復を祝って八王大神の意図を賛美する歌を歌った。
会場の諸神は、行成彦が八王大神を手放しで賛美するその態度に驚きを持って歌に聞き入っていた。行成彦は、このたびの八王大神が偽者であると知って、わざと態度を変えていたのであった。
長白山の八王・有国彦は行成彦の態度の豹変を目の当たりにし、あまりにもいぶかしいことが続く会議に不審の念を表し、会議の脱退を表明した。そのとき、有国彦を押しとどめる神があった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0425
愛善世界社版:156頁 八幡書店版:第1輯 428頁 修補版: 校定版:164頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001 八王大神(やつわうだいじん)病気(びやうき)まつたく恢復(くわいふく)し、002ふたたび会議(くわいぎ)続行(ぞくかう)すべきことを八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)神司(かみがみ)に、003常世姫(とこよひめ)より一々(いちいち)叮嚀(ていねい)通知(つうち)したれば、004諸神司(しよしん)(さき)(あらそ)ひて大広間(おほひろま)参集(さんしふ)し、005(れい)のごとく八王大神(やつわうだいじん)はじめ常世姫(とこよひめ)006春日姫(かすがひめ)007八島姫(やしまひめ)008その()常世城(とこよじやう)神司(かみがみ)らは、009中央(ちうあう)高座(かうざ)に、010(はな)(かざ)りたるごとく立派(りつぱ)なる姿(すがた)をあらはしたり。011この(とき)行成彦(ゆきなりひこ)はたちまち登壇(とうだん)して八王大神(やつわうだいじん)急病(きふびやう)まつたく()え、012ふたたびこの大切(たいせつ)なる会議(くわいぎ)出席(しゆつせき)されたることを、013(くち)(きは)めて慶賀(けいが)し、014諸神司(しよしん)とともに万歳(ばんざい)(とな)へ、015かつ猿田姫(さだひめ)016出雲姫(いづもひめ)017春日姫(かすがひめ)018八島姫(やしまひめ)をして祝意(しゆくい)(へう)するため、019壇上(だんじやう)に、020優美(いうび)にして高尚(かうしやう)なる舞曲(ぶきよく)(えん)ぜしめたり。021(よん)女性(ぢよせい)艶麗(えんれい)優美(いうび)なる姿(すがた)は、022あたかも(やなぎ)(えだ)(さくら)(はな)()かせ、023白梅(しらうめ)(かほ)りを()へたるごとくなりけり。024(あたま)には金色(きんいろ)烏帽子(ゑぼし)(いただ)き、025衣服(いふく)(そろ)ひの桃色(ももいろ)026()(はかま)(なが)くひきずりながら、027四女(よんぢよ)一度(いちど)手拍子(てべうし)028足拍子(あしべうし)をそろへて、029(はる)()草花(くさばな)(てふ)(たは)むれ()()(あそ)ぶごとくなりける。030諸神司(しよしん)は、031この長閑(のどか)なる光景(くわうけい)心魂(しんこん)(うば)はれ、032(われ)(わす)れて(なが)めゐたり。
033 行成彦(ゆきなりひこ)壇上(だんじやう)()ち、034優雅(いうが)声調(せいてう)にて(うた)ひはじめたるが、035(うぐひす)春陽(しゆんやう)()(たに)()(ひら)いて、036白梅(しらうめ)(こづゑ)(はる)(うた)ひ、037鈴虫(すずむし)(あき)()(ゆふべ)に、038(すず)しき(こゑ)にて()くにも()たる(ゆか)しき声調(せいてう)に、039四辺(しへん)空気(くうき)をたちまち清鮮(せいせん)ならしめたり。
040 その(うた)
041千早(ちはや)()(かみ)御心(みこころ)かしこみて
042チーバブリカンヨミコモトカスクミテ
043天地(あめつち)四方(よも)国魂(くにたま)
044アメツツヨシノコキシタマ
045八王(やつわう)(つかさ)八頭(やつがしら)
046ヤツコスヨツカスヨヤツカムロ
047ももの(かみ)たち八百万(やほよろづ)
048モモロカムタチヤモヨロヅ
049常世(とこよ)(くに)神集(かむつど)
050トコヨヨクシイカムツトヒ
051(とら)(おほかみ)獅子(しし)大蛇(をろち)
052トツオオカムヨシスオロミ
053(おに)探女(さぐめ)曲津見(まがつみ)
054オヌモサヨメヨマトツミヨ
055伊寄(いよ)(つど)ひて村肝(むらきも)
056イヨキクルミテムロイコヨ
057(こころ)(くも)()(はら)
058コモトヨコモヨフチハロチ
059(はら)(きよ)めて(かみ)()
060ハロチコソメテカムホヨヨ
061目出度(めでた)(ひかり)照妙(てるたへ)
062メロトチフカリテロトオヨ
063(あや)(にしき)大御機(おほみはた)
064アヨヨヌスコヨオオムホト
065()りて神世(かみよ)のまつりごと
066オリテカムヨヨマツイコヨ
067堅磐常磐(かきはときは)にたてよこの
068カコハトコハイタトヨコヨ
069(かみ)()さしの(かみ)みたま
070カムヨヨサイヨカムミトモ
071()()でまして(うる)はしき
072ヨニウテモステウロホスク
073(さか)えみろくの大神(おほかみ)
074サコエミロクヨオオカムヨ
075(やす)けき(くに)(まも)らむと
076ヨソケシコモヨモモロムト
077(こころ)めでたき常世国(とこよくに)
078コモトメテトキトコヨクシ
079うしはぎ()すとこよひこ
080オソフクイモストコヨホコ
081とこよの(ひめ)()をなげき
082トコヨヨホメヨヨヨノゲク
083ももの千草(ちぐさ)のあら(かぜ)
084モモヨツクソヨアロコセイ
085(たふ)(くる)しむわざはひを
086トヨレコロスムワロワイヨ
087(すく)はむためのもよほしは
088スクホムトメイモヨホスヨ
089この天地(あめつち)(ひら)けてゆ
090コヨアメツツヨフロケトヨ
091ためしあらしのしづまりて
092トモスアロスヨスヅモリテ
093常世(とこよ)(はる)常永(とこしへ)
094トコヨヨホロヨトコスヱイ
095千代万世(ちよよろづよ)(うご)きなく
096トヨヨロヅヨヨヨロギノク
097高天原(たかあまはら)(にぎ)はしく
098タコオモホロヨヌグホスク
099千歳(ちとせ)(まつ)(いろ)あせず
100トツセヨマツヨウロアセズ
101枝葉(えだは)(しげ)るくはし()
102エロホヨスゲリクホスヨイ
103立直(たてなほ)さむと()(わす)
104トチノヨソムヨムヨワスリ
105(いへ)(わす)れて朝夕(あさゆふ)
106ウヘヨワスレテアソヨベイ
107(こころ)(つく)()(つく)
108コモトヨツクイモヨツクイ
109四方(よも)雲霧(くもきり)吹払(ふきはら)
110ヨモヨコモクリホキホロヒ
111国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
112クシホロトチヨオオカムヨ
113いかしき御世(みよ)(まも)らむと
114ウカスキムヨヨモモラムト
115(ひら)きたまひしこの(つど)
116フロキトモイスコヨツドイ
117(つど)()たりし行成彦(ゆきなりひこ)
118ツドヒコモステユキノリホコモ
119もろてをあげてこのたびの
120モロテヨアゲテコヨトヒヨ
121常世(とこよ)(ひこ)()こころに
122トコヨヨホコヨミコモトイ
123まつろひまつり常暗(とこやみ)
124マツロイマツイトコヨミヨ
125()をとこしへに(てら)しなむ
126ヨヨトコシエイテラスノム
127(もも)(かみ)たちみともたち
128モモヨカムトチミトモトチ
129一日(ひとひ)(はや)くかた(とき)
130ヒツカモホヨクカトトキヨ
131いと(すみ)やかにかたりあひ
132イトスムヨコイカトリアイ
133けふのつどひをうれしみて
134ケフヨツドイヨウロスミテ
135むなしく(すご)すことなかれ
136ムノスクスゴスコトノコレ
137国治立(くにはるたち)(かみ)のまへ
138クシホロトチヨカムヨミエ
139常世(とこよ)(かみ)のうるはしき
140トコヨヨカムヨウロホスキ
141(あか)(こころ)をうべなひて
142アコキコモトヨウベノイテ
143四方(よも)神人(かみびと)(くさ)()
144ヨモヨカムフトクサヨコヨ
145さやぎの(こゑ)(しづ)めかし
146サヨギヨコエヨスズメカス
147(すく)ひの(かみ)とあれませる
148スクイヨカムヨアレモセル
149国治立(くにはるたち)(かみ)ごころ
150クシホロトチヨカムコモト
151ただに()けます常世彦(とこよひこ)
152トドイウケモストコヨホコ
153とこよの(ひめ)のひらきてし
154トコヨヨホメヨホロキテス
155これのもよほしいときよし
156コレヨモヨホスイトキヨス
157きよきこころの(もも)(かみ)
158キヨキコモトヨモモヨカム
159八王(やつわう)(かみ)やつはものの
160ヤツコスカムヨツホモヨヨ
161(たけ)きうつはをとりのぞき
162トケキウツホヨトリヨゾキ
163その根底(ねそこ)よりあらためて
164ソヨネトコヨイアロトメテ
165はやとりのぞき大神(おほかみ)
166ホヨトリヨゾキオオカムイ
167(かな)ひまつれよ(まつ)()
168カノイモツリテマツヨヨヨ
169(かみ)のこころの(かみ)目出度(めでた)
170カムヨコモトヨカムゾメデトキ
171(まつ)(こころ)(かみ)目出度(めでた)けれ
172マツヨコモトヨカムゾメデトケレ』
173 行成彦(ゆきなりひこ)は、174以前(いぜん)極力(きよくりよく)反対的(はんたいてき)態度(たいど)()つて(かは)り、175八王大神(やつわうだいじん)賛成(さんせい)(うた)(つく)り、176その豹変的(へうへんてき)態度(たいど)諸神司(しよしん)驚異(きやうい)せしめたり。177八王大神(やつわうだいじん)欣然(きんぜん)として、178無言(むごん)のまま行成彦(ゆきなりひこ)讃美(さんび)(うた)を、179(みみ)()まして()()りぬ。
180 常世姫(とこよひめ)は、181行成彦(ゆきなりひこ)行動(かうどう)合点(がつてん)ゆかず、182(くび)をしきりにかたむけ、183思案(しあん)()るるもののごとくなりける。
184 行成彦(ゆきなりひこ)豹変的(へうへんてき)態度(たいど)をとりたるは、185八王大神(やつわうだいじん)偽物(にせもの)たることを、186よく知悉(ちしつ)しゐたるが(ゆゑ)なり。187四柱(よはしら)女性(によしやう)満座(まんざ)一礼(いちれい)し、188()もいはれぬ愛嬌(あいけう)()りまきながら静々(しづしづ)降壇(かうだん)したり。189このとき末席(まつせき)より発言権(はつげんけん)請求(せいきう)して登壇(とうだん)する神司(しんし)あり。
190 これは長白山(ちやうはくざん)八王(やうわう)有国彦(ありくにひこ)にして、191その神格(しんかく)温和(おんわ)にして至誠(しせい)一貫(いつくわん)神司(しんし)なり。192やや(あたま)(いただき)禿(はげ)(あら)はし、193背丈(せたけ)はスラリと(たか)く、194どこともなく威徳(ゐとく)(そな)はりて()へけり。195いまや行成彦(ゆきなりひこ)豹変的(へうへんてき)(うた)()きて、196平素(へいそ)温柔(おんじう)なる性質(せいしつ)にも似合(にあは)ず、197猛然(まうぜん)として立上(たちあが)登壇(とうだん)したるなり。198諸神司(しよしん)(かれ)顔色(がんしよく)のただならざるを()て、199その発言(はつげん)のいかんを気遣(きづか)ひける。200(かれ)(くち)(ひら)いて、
201満座(まんざ)諸神司(しよしん)よ、202吾々(われわれ)今回(こんくわい)大会議(だいくわいぎ)については、203許多(きよた)疑問(ぎもん)胸中(きようちう)山積(さんせき)せり。204第一(だいいち)泥田(どろた)(なか)失態(しつたい)といひ、205(おな)姿(すがた)女性(によしやう)続出(ぞくしゆつ)せる(くわい)といひ、206八王大神(やつわうだいじん)急病(きふびやう)といひ、207森鷹彦(もりたかひこ)異変(いへん)といひ、208(かぞ)へきたれば(かぎ)りなき怪事(くわいじ)続出(ぞくしゆつ)すること、209あたかも妖怪変化(えうくわいへんげ)巣窟(さうくつ)ともいふべき有様(ありさま)ならずや。210しかのみならず聖地(せいち)ヱルサレムの天使長(てんしちやう)広宗彦(ひろむねひこ)代理(だいり)たる行成彦(ゆきなりひこ)軟化(なんくわ)豹変(へうへん)211燕返(つばめがへ)しの曲芸的(きよくげいてき)行動(かうどう)不審(ふしん)千万(せんばん)にして逆睹(ぎやくと)すべからざるに(あら)ずや。212(おも)ふに行成彦(ゆきなりひこ)も、213連日(れんじつ)疲労(ひらう)結果(けつくわ)精神(せいしん)異状(いじやう)をきたせしにはあらざるか。214ただしは前日来(ぜんじつらい)議場(ぎぢやう)攪乱(かくらん)しつつありし邪神(じやしん)悪鬼(あくき)憑依(ひようい)され、215誑惑(けうわく)されて、216その大切(たいせつ)なる使命(しめい)忘却(ばうきやく)し、217かかる変説(へんせつ)改論(かいろん)(しう)(えん)じたるには(あら)ざるか。218熟考(じゆくかう)すればするにつけ()()ちぬことのみ、219如何(いか)にしても、220(われ)らは何処(どこ)までも(うたが)はざるを()ぬ。221(えう)するに、222今回(こんくわい)会議(くわいぎ)(くわい)より(はじ)まりて(くわい)(をは)るにあらざるか。223吾々(われわれ)国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)聖慮(せいりよ)(そむ)き、224神界(しんかい)御制定(ごせいてい)になれる八王神(やつわうじん)聖座(せいざ)撤廃(てつぱい)し、225野武士的(のぶしてき)神政(しんせい)樹立(じゆりつ)せむとする悪平等(あくべうどう)主義(しゆぎ)の、226反逆的(はんぎやくてき)目的(もくてき)根底(こんてい)より破壊(はくわい)せむとの、227国祖(こくそ)大神(おほかみ)御心(みこころ)()づる諸神人(しよしん)への(きび)しき懲戒(ちやうかい)(むち)(くは)へさせたまひしものと(だん)ぜざるを()ず。228ゆゑに吾々(われわれ)失礼(しつれい)ながら今日(こんにち)かぎり本会議(ほんくわいぎ)脱退(だつたい)せむ。229諸神司(しよしん)よろしく吾々(われわれ)行動(かうどう)をもつて本会議(ほんくわいぎ)(みだ)すものとなす(なか)れ』
230(こゑ)(ちから)をこめて()べをはり、231降壇(かうだん)せむとするや、
232(しばら)く、233しばらく』
234大声(たいせい)()ばはる神司(しんし)ありける。
235大正一〇・一二・二三 旧一一・二五 出口瑞月
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)