霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 阿鼻(あび)叫喚(けうくわん)〔一七七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第4篇 天地転動 よみ:てんちてんどう
章:第27章 第4巻 よみ:あびきょうかん 通し章番号:177
口述日:1921(大正10)年12月24日(旧11月26日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
行成彦があらためて武備撤廃を呼びかけると、議場の神々の六割が賛意を表明し、議決してしまった。行成彦は、平和を願うのであればまず常世城の神々から武備撤廃を実現せよ、と呼びかけた。
常世姫は歯噛みしたが、形勢はいかんともすることができなかった。モスコーの従神森鷹彦は壇上に登ると、有翼の獅子の正体を表し、自ら翼をもぎ取って範を示した。
鷹住別が壇上から武備撤廃を呼びかけると、神々は自らの武器を剥ぎ取り、また常世城の神々の駐屯所に侵入して、武備撤廃を行い始めた。
この騒ぎに真正の八王大神は驚いて、病気の身ながら神々を止めようとしたが、森鷹彦によって威嚇され、進むことができない。また偽八王大神の道彦が突然声を発し、武備撤廃を妨害するのは偽の八王大神である、と呼ばわった。
八王大神・常世姫はどうすることもできず、こつぜんとして城内から姿を消してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0427
愛善世界社版:170頁 八幡書店版:第1輯 433頁 修補版: 校定版:179頁 普及版:76頁 初版: ページ備考:
001 行成彦(ゆきなりひこ)は、002ふたたび()つて壇上(だんじやう)(あら)はれ、003さも快活(くわいくわつ)なる面色(めんしよく)にて諸神人(しよしん)にむかひ、
004『ただ(いま)005高山彦(たかやまひこ)周密(しうみつ)精細(せいさい)なる主張(しゆちやう)と、006賢明(けんめい)仁慈(じんじ)なる常世姫(とこよひめ)演説(えんぜつ)について、007諸神人(しよしん)全会(ぜんくわい)一致(いつち)をもつて賛成(さんせい)せられたることを、008吾々(われわれ)聖地(せいち)ヱルサレムの天使長(てんしちやう)広宗彦(ひろむねひこ)代理(だいり)として本心(ほんしん)より歓迎(くわんげい)するものであります。009これまつたく諸神人(しよしん)誠心誠意(せいしんせいい)国祖大神(こくそおほかみ)聖慮(せいりよ)奉戴(ほうたい)し、010神界(しんかい)平和(へいわ)熱望(ねつばう)さるる結果(けつくわ)(しん)じて(うたが)ひませぬ。011ついてはただ(いま)常世姫(とこよひめ)各神人(かくじん)武装(ぶさう)撤廃(てつぱい)については、012その必要(ひつえう)なきを詳論(しやうろん)されましたが、013(わたくし)はこの(さい)武装(ぶさう)撤廃(てつぱい)断行(だんかう)したいと(おも)ひます。014諸神人(しよしん)御感想(ごかんさう)(うけたま)はりたし。015賛成(さんせい)諸神人(しよしん)はすみやかに起立(きりつ)(ねが)ひます』
016 この提案(ていあん)(たい)して、017満座(まんざ)神司(かみがみ)らは六分(ろくぶ)まで起立(きりつ)して賛意(さんい)(へう)しける。018行成彦(ゆきなりひこ)はこれを()て、
019御承知(ごしようち)のごとく、020過半数(くわはんすう)賛成(さんせい)()ました。021ついては(すみ)やかに実行(じつかう)にかかられむことを希望(きばう)します。022武装(ぶさう)撤廃(てつぱい)方法(はうはふ)については、023竜神(りうじん)はその(たま)()り、024獅子(しし)025(とら)026(くま)027(おほかみ)などの眷属(けんぞく)はその羽翼(うよく)全廃(ぜんぱい)し、028(わに)029(くじら)および海竜(かいりう)はその針毛(はりげ)撤廃(てつぱい)し、030白狐(びやくこ)(かた)金毛(きんまう)銀毛(ぎんまう)および鉄毛(てつまう)撤廃(てつぱい)し、031中空(ちうくう)(かけ)鳥族(てうぞく)はその咽下(のどした)毒嚢(どくなう)排除(はいじよ)せざれば、032真正(しんせい)平和(へいわ)永遠(ゑいゑん)維持(ゐぢ)することはできないと(かんが)へます。033この(けん)については、034まづ第一(だいいち)常世城(とこよじやう)神司(かみがみ)らより模範(もはん)(しめ)されむことを希望(きばう)します』
035()(をは)り、036悠々(いういう)として降壇(かうだん)し、037自席(じせき)につきぬ。038常世姫(とこよひめ)顔色(がんしよく)は、039にはかに失望落胆(しつばうらくたん)(かげ)(うか)()でぬ。040八王大神(やつわうだいじん)莞爾(くわんじ)として高座(かうざ)(ひか)へ、041(あやつ)人形(にんぎやう)のやうに(くび)上下(じやうげ)()り、042賛成(さんせい)()形容(けいよう)(へう)しゐたりける。
043 この様子(やうす)()たる常世姫(とこよひめ)044大鷹別(おほたかわけ)一派(いつぱ)神司(かみがみ)らは歯噛(はが)みをなして口惜(くや)しがりたれど、045議場内(ぎぢやうない)形勢(けいせい)如何(いかん)ともするに(よし)なかりける。
046 このとき、047森鷹彦(もりたかひこ)両肱(りやうひじ)()り、048拳固(げんこ)(かた)(いきほひ)よく登壇(とうだん)し、049満座(まんざ)壇上(だんじやう)にてその正体(しやうたい)(あら)はし、050巨大(きよだい)なる獅子(しし)となり、051矢庭(やには)(みぎ)()をもつて(ひだり)羽翼(うよく)をメリメリとむしりとり、052壇下(だんか)神人(かみがみ)(まへ)()()てたり。053今度(こんど)左手(ひだりて)背中(せなか)にまはして、054(みぎ)羽翼(うよく)(かほ)をしかめながら(また)もやメリメリとむしりとり、055その羽翼(うよく)(くち)にくはへ、056壇下(だんか)()がけて山岳(さんがく)(くづ)るるばかりの(うな)(ごゑ)()巨眼(きよがん)(ひか)らせ、057雄叫(をたけ)びしぬ。058神人(しんじん)らの顔色(がんしよく)はサツと(かは)りぬ。
059 このとき、060春日姫(かすがひめ)とともに常世城(とこよじやう)(のが)れゐたる鷹住別(たかすみわけ)は、061()つて壇上(だんじやう)にのぼり、
062『アヽ諸神人(しよしん)よ、063言説(げんせつ)よりも実行(じつかう)をもつて第一(だいいち)とす。064神人(かみ)言心行(げんしんかう)一致(いつち)をもつて精神(せいしん)とす。065貴下(きか)らは国祖(こくそ)大神(おほかみ)より神人(しんじん)神格(しんかく)(たま)ふ。066この()(のぞ)みて女々(めめ)しく躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)するは(けつ)して名誉(めいよ)ある神人(しんじん)度量(どりやう)(あら)ざるべし。067まづ常世城(とこよじやう)より実行(じつかう)されむことを希望(きばう)す。068常世城(とこよじやう)神人(かみがみ)にしてモスコーの従臣(じゆうしん)森鷹彦(もりたかひこ)(なら)はずば、069吾々(われわれ)(すす)ンで諸神人(しよしん)武装(ぶさう)排除(はいじよ)(たてまつ)らむ。070八王大神(やつわうだいじん)においては御異存(ごいぞん)ありや』
071()(なほ)りて()ひつめたり。
072 八王大神(やつわうだいじん)はさも愉快(ゆくわい)さうなる面色(おももち)にて(くび)上下(じやうげ)にしきりに()り、073大賛成(だいさんせい)()(へう)したり。074常世姫(とこよひめ)(うれ)(かな)しみ、075内心(ないしん)狼狽(らうばい)(いろ)(おもて)(あら)はれたり。076行成彦(ゆきなりひこ)満座(まんざ)諸神人(しよしん)にむかひ、
077諸神人(しよしん)よ、078一斉(いつせい)本城(ほんじやう)神人(かみがみ)らの屯所(とんしよ)出張(しゆつちやう)し、079武装(ぶさう)撤回(てつくわい)監督(かんとく)されよ』
080と、081さも得意気(とくいげ)命令的(めいれいてき)()()てたり。
082 血気(けつき)にはやる神人(かみがみ)はまづ自分(じぶん)羽翼(うよく)()り、083あるひは(きば)()き、084その()投棄(とうき)し、085猛然(まうぜん)として神人(かみがみ)らの駐屯所(ちうとんしよ)侵入(しんにふ)したり。086しばらくあつて、087叫喚(けうくわん)(こゑ)088咆吼(はうこう)怒号(どがう)雷声(らいせい)城内(じやうない)(ひび)(わた)りける。089八王大神(やつわうだいじん)はこの(こゑ)(おどろ)き、090病躯(びやうく)(ひつさ)壇上(だんじやう)()(のぼ)り、091武装(ぶさう)撤回(てつくわい)中止(ちゆうし)厳命(げんめい)したり。092森鷹彦(もりたかひこ)巨大(きよだい)なる獅子(しし)還元(くわんげん)したるまま()(いか)らせ、093(きば)()八王大神(やつわうだいじん)()がけて()びかからむとする猛勢(まうせい)(しめ)し、094ときどき(らい)のごとく咆吼(はうこう)し、095八王大神(やつわうだいじん)威喝(ゐかつ)しつつありける。096神人(かみがみ)らは自席(じせき)より口々(くちぐち)に、
097(にせ)八王大神(やつわうだいじん)(ひき)ずり(おと)せ。098(いま)となつて、099卑怯(ひけふ)未練(みれん)諸神人(しよしん)決議(けつぎ)無視(むし)するは、100吾々(われわれ)侮辱(ぶじよく)するの(はなは)だしきものなり。101(げん)常世城(とこよじやう)城主(じやうしゆ)八王大神(やつわうだいじん)黙許(もくきよ)()たり。102(いづ)れの痴漢(ちかん)ぞ、103(すみ)やかに退去(たいきよ)せよ』
104(くち)をそろへて呶鳴(どな)()てたり。
105 森鷹彦(もりたかひこ)獅子(しし)はまたもや後来(こうらい)八王大神(やつわうだいじん)(むか)つて(うな)()てたれば、106場内(ぢやうない)はあたかも戦場(せんぢやう)のごとく修羅道(しゆらだう)のごとき光景(くわうけい)とたちまち(へん)じたりける。107このとき三猿主義(さんゑんしゆぎ)をとつて壇上(だんじやう)(ひか)へたる聾唖痴呆(ろうあちはう)(おも)ひし道彦(みちひこ)(にせ)八王大神(やつわうだいじん)は、108猛然(まうぜん)として()(あが)り、109満座(まんざ)一瞥(いちべつ)し、
110『ただ(いま)これに(ひか)へたるは八王大神(やつわうだいじん)(しよう)すれども、111(かれ)容貌(ようばう)(われ)()たりといへども、112その(じつ)はモスコーの八王(やつわう)(つか)へたる道彦(みちひこ)といふ発狂者(はつきやうしや)なり。113諸神人(しよしん)はかかる発狂者(はつきやうしや)(げん)(みみ)をかたむけず、114すみやかに武装(ぶさう)撤回(てつくわい)断行(だんかう)されよ』
115()ひければ、116真正(しんせい)八王大神(やつわうだいじん)歯噛(はが)みをなして口惜(くや)しがれど、117()から()(さび)如何(いかん)ともするに(よし)なく、118主客(しゆきやく)顛倒(てんたふ)したるこの大勢(たいせい)挽回(ばんくわい)することは到底(たうてい)不可能(ふかのう)なりける。119このとき八王大神(やつわうだいじん)(ねこ)出会(であ)ひし(ねずみ)のごとく、120萎縮(ゐしゆく)して何処(どこ)ともなく姿(すがた)をかくしたり。121常世姫(とこよひめ)(かげ)忽然(こつぜん)として()()せたり。122神人(かみがみ)らの叫喚(けうくわん)(こゑ)(じつ)物凄(ものすご)く、123寂寥(せきれう)()(せま)り、124()(もの)をして(はだへ)(あは)(しやう)ぜしむるにいたりける。
125 たちまち(てん)一方(いつぱう)より峻烈(しゆんれつ)(ほね)()くごとき寒風(かんぷう)()ききたるよと()()に、126王仁(おに)()高所(かうしよ)より(ふか)谷間(たにま)顛落(てんらく)したりけるより、127()(ひら)けば、128()高熊山(たかくまやま)岩窟(がんくつ)寒風(かんぷう)にさらされて横様(よこさま)(たふ)れゐたりける。
129大正一〇・一二・二四 旧一一・二六 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。