霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三〇章 七面鳥(しちめんてう)〔一八〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第5篇 局面一転 よみ:きょくめんいってん
章:第30章 七面鳥 よみ:しちめんちょう 通し章番号:180
口述日:1921(大正10)年12月24日(旧11月26日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
桃上彦は部下の八十猛彦、百猛彦に命じて、広宗彦に、行成彦が常世城で天則違反の行いをなしている、と吹き込もうとした。
そして、詳細を国祖に奏上するべく今まさに常世姫が来場した、と言い、広宗彦は突然のことに混乱してしまった。
常世姫は聖城に入り来たり、広宗彦に向かって行成彦の悪行を猛烈に非難した。あまりのことに広宗彦が驚いているところへ、行成彦帰城の知らせがやって来た。
今度は逆に、桃上彦と常世姫が青くなってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:187頁 八幡書店版:第1輯 438頁 修補版: 校定版:197頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001 聖地(せいち)天使長(てんしちやう)広宗彦命(ひろむねひこのみこと)は、002常世城(とこよじやう)における会議(くわいぎ)結果(けつくわ)と、003行成彦(ゆきなりひこ)一行(いつかう)消息(せうそく)如何(いか)にと(こころ)(なや)ませゐたる(をり)しも、004桃上彦(ももがみひこ)従臣(じゆうしん)なる八十猛彦(やそたけひこ)005百猛彦(ももたけひこ)(あは)ただしく広宗彦命(ひろむねひこのみこと)(まへ)にあらはれ、006その面上(めんじやう)一種(いつしゆ)異様(いやう)(いろ)をうかべて、
007急変(きふへん)あり、008隣人(りんじん)(とほ)ざけたまへ』
009奏上(そうじやう)しける。
010 広宗彦命(ひろむねひこのみこと)二人(ふたり)(ただ)ならざる顔色(がんしよく)不審(ふしん)(まゆ)をひそめながら、011その(げん)採納(さいなふ)して従臣(じゆうしん)らを(のこ)らず別室(べつしつ)立去(たちさ)らしめたり。012二人(ふたり)(かた)(いか)らせ(ひぢ)()り、013()(まる)(ひか)らせ、014(くち)(とが)らせ、015何物(なにもの)にか(おそ)はれたるごとき形容(けいよう)にて、
016天使長(てんしちやう)よ、017常世(とこよ)会議(くわいぎ)について一大事変(いちだいじへん)突発(とつぱつ)せり。018天則(てんそく)破壊(はくわい)張本人(ちやうほんにん)貴下(きか)代理(だいり)として出張(しゆつちやう)されし行成彦(ゆきなりひこ)一行(いつかう)なり。019ただ(いま)常世姫(とこよひめ)遥々(はるばる)来城(らいじやう)ありて、020その詳細(しやうさい)貴下(きか)(つう)じ、021国祖(こくそ)大神(おほかみ)奏上(そうじやう)すべく準備中(じゆんびちう)なり。022いかが取計(とりはか)らはむや』
023二人(ふたり)異口同音(いくどうおん)符節(ふせつ)(がつ)したるごとく奏上(そうじやう)したり。024二人(ふたり)一時(いちじ)(おな)()(そろ)へて(はつ)したるも道理(だうり)025二人(ふたり)野心(やしん)つよき桃上彦(ももがみひこ)(めい)により、026()てる笏板(しやくいた)(うら)にこの奏言(そうげん)()(しる)して()みあげたればなり。
027 広宗彦命(ひろむねひこのみこと)二神(にしん)意外(いぐわい)なる報告(はうこく)茫然(ばうぜん)として(かへ)言葉(ことば)(いで)ざりし。028(とき)しも桃上彦(ももがみひこ)は、029常世姫(とこよひめ)(うしろ)にしたがひ、030悠然(いうぜん)として()りきたり、031()(ほこ)りたる面色(かほいろ)にて、032その(うる)はしき(しろ)(かほ)(そら)(むか)つて(すこ)しくしやくりながら、
033『ただ(いま)これなる常世姫(とこよひめ)034常世城(とこよじやう)常世会議(とこよくわいぎ)報告(はうこく)のため、035はるばる来城(らいじやう)あり。036(すみや)かに国祖(こくそ)大神(おほかみ)に、037この(よし)伝奏(でんそう)せられたし』
038(たた)きつけるやうに()ひければ、039広宗彦命(ひろむねひこのみこと)(おとうと)高慢(かうまん)不遜(ふそん)なる態度(たいど)憤懣(ふんまん)せざるを()ざりけり。040されど天地(てんち)律法(りつぱふ)(かへり)み、041わき()(むね)をジツとこらへ、042さあらぬ(てい)にて、
043常世姫(とこよひめ)遠路(ゑんろ)御旅行(ごりよかう)044御疲労(おひらう)のほど(さつ)()る。045()づこれにて御休息(ごきうそく)あれ』
046(せき)をゆづつて(かたはら)端坐(たんざ)したり。047常世姫(とこよひめ)は、048(なん)(はばか)るところもなく、
049『しからば高座(かうざ)(ゆる)されよ』
050悠然(いうぜん)として()()きぬ。051この(とき)(ひめ)態度(たいど)は、052群雀(ぐんじやく)(なか)丹頂(たんちやう)(つる)のただ一羽(いちは)053天空(てんくう)より舞下(まひくだ)りしごとく、054一種(いつしゆ)不可思議(ふかしぎ)威厳(ゐげん)をもつて、055諸神司(しよしん)圧伏(あつぷく)するやに()えにける。
056 常世姫(とこよひめ)は、057慇懃(いんぎん)一別(いちべつ)以来(いらい)挨拶(あいさつ)()べ、058かつ行成彦(ゆきなりひこ)聖地(せいち)代理(だいり)として、059はるばる常世城(とこよじやう)派遣(はけん)されしその好意(かうい)感謝(かんしや)し、060かつ八王大神(やつわうだいじん)はじめ我身(わがみ)不覚(ふかく)より、061千載一遇(せんざいいちぐう)大会議(だいくわいぎ)をして紛糾(ふんきう)混乱(こんらん)(きよく)(たつ)せしめ、062かつ聖地(せいち)使臣(ししん)らの一片(いつぺん)誠意(せいい)なく、063権謀術数(けんぼうじゆつすう)のみをこれ(こと)とし、064神格(しんかく)(きず)つけたることを遺憾(ゐかん)とするの(むね)言葉(ことば)さはやかに諄々(じゆんじゆん)として()()てたり。
065 広宗彦命(ひろむねひこのみこと)頭上(づじやう)より突然(とつぜん)冷水(ひやみづ)(あび)せかけられたるごとき心地(ここち)して、066(こた)ふる言葉(ことば)()らざりき。067(ひめ)はなほ()をついで、
068(わらは)貴下(きか)()らるるごとく、069国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)(むすめ)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)第三女(だいさんぢよ)にしてこの聖地(せいち)(なが)神務(しんむ)()神政(しんせい)輔佐(ほさ)したてまつりたるは、070貴下(きか)熟知(じゆくち)さるるところならむ。071(わらは)()はたとへ海洋万里(かいやうばんり)(へだ)てたる常世(とこよ)(くに)にありといへども、072聖地(せいち)(わす)れたることは(またた)()もなし。073今回(こんくわい)常世会議(とこよくわいぎ)は、074神定(しんてい)聖地(せいち)にて(ひら)かざりしは、075第一(だいいち)八王大神(やつわうだいじん)はじめ(わらは)失態(しつたい)には相違(さうゐ)なけれども、076今日(こんにち)聖地(せいち)実況(じつきやう)(てら)し、077(ふか)(おも)ひ、078(とほ)(おもんぱか)りて聖地(せいち)()け、079常世城(とこよじやう)開催(かいさい)したるもその真意(しんい)は、080聖地(せいち)混乱(こんらん)紛糾(ふんきう)内情(ないじやう)天下(てんか)暴露(ばくろ)せむことを(おそ)れたればなり。081しかるにただ(たん)吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)野心(やしん)遂行(すゐかう)のために、082常世城(とこよじやう)諸神司(しよしん)(あつ)めこれを籠絡(ろうらく)せむとしたりとの聖地(せいち)使臣(ししん)らの(げん)は、083(じつ)乱暴(らんばう)(きよく)にして天地(てんち)大神(おほかみ)も、084各神人(かくしんじん)(とも)(よは)ひせざるの大非行(だいひかう)なりと(しん)ず。085賢明(けんめい)なる貴下(きか)天使長(てんしちやう)たるの資格(しかく)をもつて、086(わらは)陳述(ちんじゆつ)詳細(しやうさい)国祖(こくそ)(かみ)進言(しんげん)されたし。087貴下(きか)にして直接(ちよくせつ)進言(しんげん)(がへ)ンじたまはざれば(わらは)大神(おほかみ)御前(みまへ)(みちび)きたまへ』
088進退(のつぴき)させぬ言霊(ことたま)猛烈(まうれつ)なる(くぎ)089(かすがひ)()たれる広宗彦(ひろむねひこ)(おも)はず(ひたひ)()で、090(あたま)()(ふと)(いき)()らすのみなり。
091 このとき桃上彦(ももがみひこ)猛然(まうぜん)として立上(たちあが)り、
092兄上(あにうへ)一言(いちげん)せむ』
093威猛高(ゐたけだか)(よば)はる(をり)しも、094門外(もんぐわい)(にはか)(さわ)がしく、095広若(ひろわか)真先(まつさき)二三(にさん)従臣(じゆうしん)(あわただ)しく()りきたり、096広宗彦命(ひろむねひこのみこと)(むか)ひて、
097行成彦(ゆきなりひこ)御一行(ごいつかう)御帰城(ごきじやう)あり』
098報告(はうこく)したりけるに、099常世姫(とこよひめ)100桃上彦(ももがみひこ)顔色(がんしよく)は、101七面鳥(しちめんてう)のごとくさつと(いろ)(へん)じたりける。102アヽこの結果(けつくわ)如何(いかん)103地震(ぢしん)暴風雨(ばうふうう)襲来(しうらい)か、104次章(じしやう)明白(めいはく)とならむ。
105大正一〇・一二・二四 旧一一・二六 外山豊二録)
106(第二二章~第三〇章 昭和一〇・一・二一 於久留米市 布屋旅館 王仁校正)