霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三一章 傘屋(かさや)丁稚(でつち)〔一八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第5篇 局面一転 よみ:きょくめんいってん
章:第31章 第4巻 よみ:かさやのでっち 通し章番号:181
口述日:1921(大正10)年12月25日(旧11月27日) 口述場所: 筆録者:近藤貞二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
桃上彦はとっさに部下に命じて行成彦一行の出迎えをさせた。
行成彦はまず兄である天使長・広宗彦に目通りしたいと申し出たが、八十猛彦、百猛彦は広宗彦は国祖と会談中である、と言って二人が会うのを妨げた。
一方、桃上彦と常世姫は、広宗彦を強いてともに国祖の前に参上させた。そして常世姫は涙ながらに、行成彦の暴虐をでっちあげて並べ立てた。
国祖は顔色にわかに一変してお怒りの様子を表し、一言も発せずに奥の間に入ってしまった。
行成彦らが常世会議で平和統一の成功をおさめ、各地の八王や、八王大神に扮した大道別らとともに凱旋したのを、桃上彦はねたんで国祖に讒言したのであった。
行成彦はようやく兄・広宗彦に会談し、常世会議の様と、大道別や白狐の活躍を意気揚々と報告した。そして、皆が大道別を本物の八王大神と信じている間に、大道別の口を借りて八王大神を引退せしめよう、との策略を持ちかけた。
すると何物かが足早にやってくる足音が廊下から聞こえてきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0431
愛善世界社版:192頁 八幡書店版:第1輯 440頁 修補版: 校定版:202頁 普及版:86頁 初版: ページ備考:
001 (はな)のかんばせ(つき)(まゆ)002(ゆき)をあざむく優美姿(みやびすがた)常世姫(とこよひめ)も、003行成彦(ゆきなりひこ)一行(いつかう)御帰城(ごきじやう)あり、004との急報(きふはう)驚異(きやうい)()見張(みは)り、005不安(ふあん)(いろ)(ただよ)はしける。006この光景(くわうけい)()()つたる桃上彦(ももがみひこ)は、007ただちに八十猛彦(やそたけひこ)008百猛彦(ももたけひこ)目配(めくば)せしたれば、009二人(ふたり)はうなづきながら急遽(きふきよ)(おもて)駆出(かけだ)したり。010これは行成彦(ゆきなりひこ)以下(いか)神人(かみがみ)竜宮城(りうぐうじやう)(みちび)くためなりける。
011 二人(ふたり)は、012あまたの部下(ぶか)(ひき)ゐて一行(いつかう)出迎(でむか)へ、013今回(こんくわい)遠旅(ゑんりよ)使命(しめい)()無事(ぶじ)帰城(きじやう)せられしを(しゆく)し、014かつその労苦(らうく)(しや)しける。
015 行成彦(ゆきなりひこ)はまづ(あに)天使長(てんしちやう)拝顔(はいがん)せむことを(のぞ)みけるに、016二人(ふたり)(げん)(まう)けて、017ただ(いま)天使長(てんしちやう)国祖大神(こくそおほかみ)御懇談(ごこんだん)最中(さいちう)なれば、018暫時(ざんじ)この城内(じやうない)休息(きうそく)されたしと進言(しんげん)したりける。019行成彦命(ゆきなりひこのみこと)以下(いか)神司(かみがみ)らは、020遠路(ゑんろ)疲労(ひらう)()せむとその(げん)にしたがひ、021城内(じやうない)別殿(べつでん)()休息(きうそく)したり。022諸神将卒(しよしんしやうそつ)一同(いちどう)(また)竜宮海(りうぐうかい)(ひん)せる高楼(かうろう)(のぼ)り、023(はる)海面(かいめん)陽炎(かげろふ)のきらめき(わた)(あたた)かき(かぜ)のおもむろに小波(さざなみ)(しわ)海面(かいめん)にゑがき、024水茎(みずくき)文字(もじ)(きよ)(うつく)しく(いろど)長閑(のどか)光景(くわうけい)()やり、025(いは)ひの(さけ)微酔(びすゐ)(おもて)をさらしつつ、026広宗彦命(ひろむねひこのみこと)(まね)()しをいまや(おそ)しと心待(こころま)ちに()ちゐたり。027しかして行成彦(ゆきなりひこ)一行(いつかう)は、028(さき)だちて常世姫(とこよひめ)来城(らいじやう)せることを(ゆめ)にも()らざりにける。
029 広宗彦命(ひろむねひこのみこと)行成彦(ゆきなりひこ)一行(いつかう)帰城(きじやう)()き、030一刻(いつこく)(はや)面会(めんくわい)して、031その真相(しんさう)()かむことを(いそ)ぎたれど、032常世姫(とこよひめ)033桃上彦(ももがみひこ)二人(ふたり)のために()むを()(うなが)されて、034国祖(こくそ)御前(みまへ)参進(さんしん)したり。035常世姫(とこよひめ)国祖(こくそ)御前(みまへ)(うやうや)しく低頭平身(ていとうへいしん)して、036御機嫌(ごきげん)奉伺(ほうし)し、037かつ八王大神(やつわうだいじん)および吾身(わがみ)自由(じいう)行動(かうどう)律法(りつぱふ)違反(ゐはん)せることを(なみだ)(なが)して陳謝(ちんしや)し、038(すみ)やかに天地(てんち)律法(りつぱふ)(てら)厳罰(げんばつ)(しよ)せられむことをと()いて(うつた)へ、039かつ行成彦(ゆきなりひこ)をはじめ聖地(せいち)使臣(ししん)らの権謀術数(けんぼうじゆつすう)奸手段(かんしゆだん)(ろう)して大会議(だいくわいぎ)攪乱(かくらん)陋劣(ろうれつ)(きは)まる手段(しゆだん)(もち)ゐて、040神司(かみがみ)らを煽動(せんどう)し、041つひに天地(てんち)律法(りつぱふ)(やぶ)り、042天下(てんか)にその暴状(ばうじやう)卑屈(ひくつ)とのあらむ(かぎ)りを遺憾(ゐかん)なく暴露(ばくろ)し、043聖地(せいち)威厳(ゐげん)をして、044まつたく()(おと)さしめたりと、045虚実(きよじつ)交々(こもごも)進言(しんげん)したり。046国祖(こくそ)顔色(がんしよく)(にはか)一変(いつぺん)一言(いちごん)挨拶(あいさつ)もなく(おく)一室(いつしつ)()(たま)ひけり。047広宗彦命(ひろむねひこのみこと)048常世姫(とこよひめ)049桃上彦(ももがみひこ)是非(ぜひ)なく退出(たいしゆつ)して(にしき)(やかた)引上(ひきあ)げたり。
050 ここに行成彦(ゆきなりひこ)は、051今回(こんくわい)常世会議(とこよくわいぎ)において、052殊勲(しゆくん)()八百八十八柱(はつぴやくはちじふやはしら)神司(かみがみ)らの精神(せいしん)統一(とういつ)し、053聖地(せいち)危急(ききふ)根底(こんてい)より(すく)ひたる大道別(おほみちわけ)をはじめ猿田姫(さだひめ)054出雲姫(いずもひめ)先導(せんだう)に、055八王八頭(やつわうやつがしら)(したが)(てん)にも(のぼ)心地(ここち)して、056得々(とくとく)とし意気(いき)昇天(しようてん)(いきほひ)をもつて、057衆望(しうばう)一身(いつしん)(あつ)め、058八王大神(やつわうだいじん)なる大道別(おほみちわけ)とともに(いさぎよ)帰城(きじやう)したるなりき。
059 この光景(くわうけい)窺知(きち)したる桃上彦(ももがみひこ)嫉妬(しつと)(ねん)(おさ)ふるに(よし)なく如何(いか)にもして行成彦(ゆきなりひこ)聖地(せいち)より排除(はいじよ)せむと、060ここに常世姫(とこよひめ)(はか)り、061国祖(こくそ)虚実(きよじつ)交々(こもごも)言辞(げんじ)をたくみに讒言(ざんげん)したるなり。
062 聖地(せいち)今回(こんくわい)参向(さんかう)したる、063八王(やつわう)以下(いか)は、064モスコーの道貫彦(みちつらひこ)065南高山(なんかうざん)大島別(おほしまわけ)および玉純彦(たますみひこ)066森鷹彦(もりたかひこ)四神司(ししん)聖地(せいち)神司(かみがみ)らより(そと)には、067八王大神(やつわうだいじん)大道別(おほみちわけ)(にせ)八王大神(やつわうだいじん)たりしことを()るものなかりける。
068 ここに行成彦(ゆきなりひこ)は、069広宗彦命(ひろむねひこのみこと)070事足姫(ことたるひめ)謁見(えつけん)をもとめ、071常世城(とこよじやう)における大成功(だいせいこう)詳細(しやうさい)物語(ものがた)り、072かつ大江山(たいこうざん)鬼武彦(おにたけひこ)をはじめ、073高倉(たかくら)(あさひ)殊勲(しゆくん)物語(ものがた)り、074なほモスコーの宰相(さいしやう)たりし大道別(おほみちわけ)永年(ながねん)苦心(くしん)より、075つひに八王大神(やつわうだいじん)替玉(かへだま)(えら)まれ、076八王大神(やつわうだいじん)および大自在天(だいじざんてん)大陰謀(だいいんぼう)根底(こんてい)より(くつが)へし、077各山(かくざん)各地(かくち)八王(やつわう)以下(いか)を、078心底(しんてい)より帰順(きじゆん)せしめたることを、079一々(いちいち)詳細(しやうさい)物語(ものがた)りける。
080 広宗彦命(ひろむねひこのみこと)は、081(おとうと)捷報(せふほう)一々(いちいち)()(をは)りて歓喜(くわんき)するならむと、082従臣(じゆうしん)一行(いつかう)御兄(おんあに)様子(やうす)(うかがひ)()たり。083されど広宗彦命(ひろむねひこのみこと)面上(めんじやう)には、084(なん)となく暗影(あんえい)のさし()ることは歴然(れきぜん)として(あら)はれ()たり。085行成彦(ゆきなりひこ)をはじめ御母(おんはは)事足姫(ことたるひめ)は、086不審(ふしん)()へざるもののごとし。087広宗彦命(ひろむねひこのみこと)はやうやく(くち)(ひら)き、
088大道別(おほみちわけ)はいま何処(いづこ)にありや』
089(たづ)ねけるに、090行成彦(ゆきなりひこ)何心(なにごころ)なく、
091『ただいま別殿(べつでん)諸神司(しよしん)(まも)られ、092八王大神(やつわうだいじん)となりて休息(きうそく)せり。093しかして諸神司(しよしん)大部分(だいぶぶん)八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)確信(かくしん)しつつあり。094この()(いつ)せず、095(かれ)(くち)をもつて八王大神(やつわうだいじん)辞職(じしよく)せしめ、096諸神司(しよしん)をして御兄(おんあに)直属(ちよくぞく)のもとに帰順(きじゆん)せしむるの神策(しんさく)確立(かくりつ)せり。097兄上(あにうへ)(よろこ)ばせたまへ』
098一切(いつさい)秘密(ひみつ)()()けたる(をり)しも、099廊下(らうか)(ちい)さき足音(あしおと)(きこ)えきたりぬ。100はたして何人(なにびと)立聞(たちぎ)きならむか。101兄弟(きやうだい)二人(ふたり)(こゑ)をひそめて、102その足音(あしおと)のする(はう)(みみ)をかたむけたり。
103 (てん)(くち)あり(かべ)(みみ)あり、104(つつし)むべきは、105密談(みつだん)なりける。
106大正一〇・一二・二五 旧一一・二七 クリスマスの日 近藤貞二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。