霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三二章 (のが)れぬ(みち)〔一八二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第5篇 局面一転 よみ:きょくめんいってん
章:第32章 免れぬ道 よみ:のがれぬみち 通し章番号:182
口述日:1921(大正10)年12月25日(旧11月27日) 口述場所: 筆録者:広瀬義邦 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
入ってきたのは桃上彦であった。桃上彦は、国祖が事足姫、広宗彦、行成彦ら竜宮城の重臣一族を呼んでいる、と伝えた。
三人が国祖のもとに参向すると、国祖の横には本物の八王大神、常世姫が控えていた。国祖は厳かに大道別をつれてくるように、と告げた。
国祖は行成彦・大道別の活躍の労を謝しながらも、偽るべからずの天則違反を指摘し、律法のためにあたら忠臣を処罰しなければならないことを嘆いた。
大道別は何も言わずに国祖に一礼すると、竜宮海に身を投げてしまった。
その和魂、幸魂は海神となった。国祖はこれに琴比良別神と名を与え、永遠に海上を守らせた。
荒魂、奇魂には日の出と名づけ、地上の守護とした。琴比良別神、日の出の神は、五六七神政成就の地盤であり太柱となる活躍をする因縁である。
広宗彦、行成彦らは職を辞し、弟の桃上彦に天使長の職を譲ることになった。
大江山の鬼武彦は国祖に対し、何ゆえ功あった行成彦らを退職させたのでしょうか、と恐る恐る尋ねた。
国祖はただ、汝らの心に尋ねよ、とだけ答えた。この返答に鬼武彦はやや色をなし、我々をはじめ行成彦一同らは、国祖の命に従って忠実に行動しただけである、と恐れ気もなく奏上した。
国祖は驚愕し、八王大神はいやらしい笑いを浮かべた。その意味は果たして何であろうか。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:197頁 八幡書店版:第1輯 442頁 修補版: 校定版:207頁 普及版:88頁 初版: ページ備考:
001 しばらくありて桃上彦(ももがみひこ)は、002(あは)ただしく()りきたりて二人(ふたり)(まへ)拝跪(はいき)し、003(おそ)(おほ)くも国治立命(くにはるたちのみこと)より吾母(わがはは)事足姫(ことたるひめ)をはじめ御兄(おんあに)広宗彦命(ひろむねひこのみこと)004行成彦(ゆきなりひこ)にたいし大至急(だいしきふ)参向(さんかう)すべしとの厳命(げんめい)なりと報告(はうこく)したり。
005 桃上彦(ももがみひこ)天使長(てんしちやう)広宗彦命(ひろむねひこのみこと)(ふく)となりて、006神政(しんせい)補佐(ほさ)()たりしなるが、007つひには(あに)二柱(ふたはしら)(あい)(わす)れ、008みづから(かは)つて天使長(てんしちやう)聖職(せいしよく)()かむと(くはだ)()たるなり。009このとき常世姫(とこよひめ)来城(らいじやう)せるを奇貨(きくわ)とし、010たがひに(こころ)(あは)せて(あに)二柱(ふたはしら)排除(はいじよ)せむと(かんが)へたりける。011事足姫(ことたるひめ)三柱(みはしら)兄弟(きやうだい)()(ともな)ひて、012国祖大神(こくそおほかみ)正殿(せいでん)伺候(しこう)したりしに、013国祖(こくそ)(かたはら)には常世姫(とこよひめ)014常世彦(とこよひこ)二神司(にしん)行儀(ぎやうぎ)(ただ)しく左右(さいう)()()たり。015行成彦(ゆきなりひこ)はこの姿(すがた)()卒倒(そつたう)せむばかりに(おどろ)きたり。016このとき国祖大神(こくそおほかみ)は、017言葉(ことば)おごそかに、
018大道別(おほみちわけ)()(まへ)()(きた)れ』
019(めい)ぜられたるにぞ、020行成彦(ゆきなりひこ)唯々諾々(ゐゐだくだく)として、021この()退出(たいしゆつ)(やや)ありて、022大道別(おほみちわけ)()()国祖(こくそ)御前(おんまへ)にふたたび(あら)はれけり。023常世彦(とこよひこ)大道別(おほみちわけ)(むか)つて、
024(なんぢ)智略(ちりやく)には()感服(かんぷく)したり』
025()みを(うか)べて(かほ)をのぞき()めば、026大道別(おほみちわけ)機先(きせん)(せい)せられて狼狽(らうばい)したり。027国祖(こくそ)大神(おほかみ)大道別(おほみちわけ)(むか)ひ、
028(なんぢ)神界(しんかい)のために永年(ながねん)艱難(かんなん)辛苦(しんく)()め、029(もつ)神人(しんじん)たるの天職(てんしよく)(まつた)うせしは、030(われ)感謝(かんしや)(ねん)()へず。031されど(なんぢ)智量(ちりやう)(あま)りありて(とく)()らず、032(にせ)八王大神(やつわうだいじん)となりてより(たちま)ちその行動(かうどう)一変(いつぺん)し、033その(やく)(そむ)きたるは神人(しんじん)として(あま)賞揚(しやうやう)すべき行為(かうゐ)にあらず。034また行成彦(ゆきなりひこ)以下(いか)使臣(ししん)行動(かうどう)は、035聖地(せいち)大切(たいせつ)(おも)ふの(あま)天地(てんち)律法(りつぱふ)(やぶ)りたり。036(なんぢ)らは至誠(しせい)至実(しじつ)(もの)なれども、037如何(いかん)せむ国祖(こくそ)(しよく)として看過(かんくわ)すべからず。038アヽ、039かかる功臣(こうしん)をば無残(むざん)にも()てざるべからざるか』
040落涙(らくるゐ)にむせびたまふ。041大道別(おほみちわけ)恐縮(きようしゆく)しながら、042国祖大神(こくそおほかみ)目礼(もくれい)し、043八王大神(やつわうだいじん)その()神司(かみがみ)らに一礼(いちれい)(ただ)ちに御前(ごぜん)退出(たいしゆつ)し、044そのまま竜宮海(りゆうぐうかい)投身(とうしん)したりける。045その和魂(にぎみたま)046幸魂(さちみたま)はたちまち海神(かいじん)(くわ)しぬ。047国祖(こくそ)はこれに琴比良別神(ことひらわけのかみ)()(たま)永遠(ゑいゑん)海上(かいじやう)(まも)らしめたまひ、048その荒魂(あらみたま)049奇魂(くしみたま)をして()()()(たま)ひ、050陸上(りくじやう)守護(しゆご)(めい)じたまひぬ。051琴比良別神(ことひらわけのかみ)および()()(かみ)今後(こんご)活動(くわつどう)は、052(じつ)目覚(めざ)しきものありて、053五六七(みろく)神政(しんせい)地盤的(ぢばんてき)太柱(ふとばしら)となり後世(こうせい)ふたたび()(あら)はるる因縁(いんねん)(いう)したまへるなり。
054 ここに広宗彦命(ひろむねひこのみこと)国祖(こくそ)御心情(ごしんじやう)拝察(はいさつ)し、055(せめ)()ひて天使長(てんしちやう)聖職(せいしよく)()し、056(おとうと)桃上彦(ももがみひこ)(ゆづ)りける。057ちなみに桃上彦(ももがみひこ)神政(しんせい)経綸(けいりん)方法(はうはふ)前巻(ぜんくわん)()べたるごとく、058つひには国祖(こくそ)御上(おんうへ)にまで(るゐ)(およ)ぼし(たてまつ)るの(たん)(ひら)きたりける。
059 八王大神(やつわうだいじん)常世姫(とこよひめ)とともに桃上彦(ももがみひこ)襲職(しふしよく)(しゆく)したり。060このとき大江山(たいこうざん)鬼武彦(おにたけひこ)は、061高倉(たかくら)062(あさひ)(とも)なひ国祖(こくそ)大前(おほまへ)(すす)()でて、063最敬礼(さいけいれい)(ささ)げたるのち、
064今回(こんくわい)常世城(とこよじやう)における行成彦(ゆきなりひこ)以下(いか)大功労者(だいこうらうしや)をして、065退職(たいしよく)(めい)じたまひしは如何(いか)なる理由(りいう)にて(さふらふ)や』
066(おそ)るおそる(たづ)ねたてまつれば、067国祖(こくそ)はただ一言(ひとこと)
068(なんぢ)らの(こころ)()へよ』
069(こた)へたまひける。070鬼武彦(おにたけひこ)はやや(いろ)をなし、
071鹿猪(かちよ)()きて猟狗(れふく)()らる。072吾々(われわれ)貴神(きしん)(めい)によりて常世城(とこよじやう)(しの)()八王大神(やつわうだいじん)(なや)ませ、073その陰謀(いんぼう)断念(だんねん)せしめたるのみ。074(けつ)して行成彦(ゆきなりひこ)をはじめ一行(いつかう)使臣(ししん)大神(おほかみ)(そむ)きて自由(じいう)行動(かうどう)()りしにあらず。075ただ一点(いつてん)野心(やしん)()く、076聖地(せいち)(まも)御神業(ごしんげふ)輔佐(ほさ)したてまつらむとしての至誠(しせい)行動(かうどう)(いで)たるのみ。077また(われ)内命(ないめい)によりて、078忠実(ちうじつ)行動(かうどう)せしは御承知(ごしようち)御事(おんこと)(さふら)はずや』
079(すこ)しも(おそ)るる(いろ)なく奏上(そうじやう)したりける。
080 国祖(こくそ)大神(おほかみ)御顔(おんかほ)には(なん)となく驚愕(きやうがく)(いろ)(あら)はれたまひぬ081それと同時(どうじ)八王大神(やつわうだいじん)面上(めんじやう)にはいやらしき(わら)ひがひらめき(わた)りける082アヽ、083国祖大神(こくそおほかみ)顔色(がんしよく)八王大神(やつわうだいじん)顔色(がんしよく)との、084氷炭(ひようたん)差異(さい)(しやう)じたるは、085(はた)して何事(なにごと)物語(ものがた)るものならむか。086読者(どくしや)諸氏(しよし)はこの不思議(ふしぎ)なる光景(くわうけい)につきて十分(じふぶん)熟考(じゆくかう)されむことを(のぞ)むものなり。
087大正一〇・一二・二五 旧一一・二七 広瀬義邦録)