霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三七章 時節(じせつ)到来(たうらい)〔一八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第6篇 宇宙大道 よみ:うちゅうたいどう
章:第37章 時節到来 よみ:じせつとうらい 通し章番号:187
口述日:1921(大正10)年12月26日(旧11月28日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
統率者を失ったエルサレムに神々が集まり、次の天使長を八王大神・常世彦と定めた。国祖もこの決定を是とした。
常世彦は地上神界を統率する役職に就き、常世彦命と名を賜った。
これまでさまざまな策謀や戦争によって天使長の座を狙ってそのたびに失敗を重ねてきた八王大神・常世彦であったが、いまや至誠によって自然と大神の信任を受け、諸神に推されてこの地位にまで上ることができたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:224頁 八幡書店版:第1輯 452頁 修補版: 校定版:234頁 普及版:101頁 初版: ページ備考:
001 地上(ちじやう)神界(しんかい)経綸(けいりん)中心点(ちうしんてん)なる聖地(せいち)ヱルサレムは、002前述(ぜんじゆつ)のとほり、003統率者(とうそつしや)(うしな)ひ、004ほとんど滅亡(めつぼう)(ゐき)(ひん)したるを、005数多(あまた)神人(かみがみ)らはあたかも()大神(おほかみ)(あま)岩屋戸(いはやど)にかくれ(たま)ひしごとく、006(かな)しみ(さけ)べるその(なか)にも、007ひとり常世姫(とこよひめ)は、008心中(しんちゆう)(ふか)()するところあるもののごとく(おもて)におつき()(てき)(うれ)ひを(へう)しゐるものの、009その奥底(おくそこ)(なん)となく得意(とくい)(いろ)(ひそ)みゐたりける。
010 聖地(せいち)大広間(おほひろま)には、011八王八頭(やつわうやつがしら)をはじめ、012大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)013高照姫命(たかてるひめのみこと)014その()八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)は、015おのおの威儀(ゐぎ)(ただ)して()(つら)ね、016天使長(てんしちやう)後任者(こうにんしや)をすみやかに(さだ)めむことを協議(けふぎ)し、017まづ第一(だいいち)に、018国祖大神(こくそおほかみ)神慮(しんりよ)をうかがひ、019(しき)()ぐることに決定(けつてい)せり。020ついては国祖大神(こくそおほかみ)御前(みまへ)()でてこれを奉伺(ほうし)する神人(かみ)決定(けつてい)せざるべからずとし、021衆議(しうぎ)はまづ多数(たすう)をもつて大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)選定(せんてい)したり。
022 このとき大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)()つて、023満座(まんざ)諸神人(しよしん)にむかひ、
024(われ)はさきに天則違反(てんそくゐはん)(つみ)により、025万寿山(まんじゆざん)蟄居(ちつきよ)(めい)ぜられたる(もの)なれば、026(いま)この聖地(せいち)参集(さんしふ)するも、027(なん)となく恐懼(きようく)(ねん)にかられつつあり。028いかに諸神人(しよしん)選定(せんてい)によればとて、029()(つみ)(ゆる)されざる()として、030至厳(しげん)至貴(しき)にまします国祖大神(こくそおほかみ)(まへ)(れつ)するは、031(じつ)厚顔(こうがん)無恥(むち)所為(しよゐ)なれば、032この役目(やくめ)のみは(かた)()したし。033(いづ)れの神人(かみ)(あらた)めて選定(せんてい)されむことを』
034と、035謙譲(けんじやう)真心(まごころ)(おもて)にあらはして()べたて()(ふく)したまへり。036満場(まんぢやう)神人(かみがみ)(みこと)心情(しんじやう)(さつ)し、037()ひてこれを(とど)むるものなかりける。
038 ふたたび選定(せんてい)されたるは高照姫命(たかてるひめのみこと)なり。039しかるに(みこと)もまた大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)とおなじく、
040(わらは)天則違反(てんそくゐはん)(つみ)によりエデンの()蟄居(ちつきよ)(めい)ぜられたる、041いはば蔭身者(かげみもの)なり。042たとへ(つみ)なき(わらは)としても多士済々(たしさいさい)たるこの(つど)ひにおいて、043(わらは)のごとき女性(めがみ)()しやばり、044神聖(しんせい)なる用務(ようむ)奉伺(ほうし)すべきに(あら)ず。045(こひねが)はくは()より選定(せんてい)されむことを切望(せつばう)します』
046()ひて()(ふく)したまへり。
047 ここに神人(かみがみ)らはその(げん)(こば)むに(よし)なく、048全会(ぜんくわい)一致(いつち)をもつて常世彦(とこよひこ)選定(せんてい)したり。049常世彦(とこよひこ)(いま)はまつたく至善(しぜん)至美(しび)大精神(だいせいしん)()ちかへり、050心中(しんちゆう)一点(いつてん)欲望(よくばう)もなく、051ただただ至誠(しせい)神明(しんめい)奉仕(ほうし)し、052国祖(こくそ)御神業(ごしんげふ)一端(いつたん)輔佐(ほさ)(たてまつ)らむと決心(けつしん)しゐたる(さい)なりければ、053(いま)大切(たいせつ)なる神務(しんむ)選定(せんてい)されて(おほ)いに()ぢ、054たちまち()ちて満場(まんぢやう)諸神人(しよしん)にむかひ、
055(われ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)056高照姫命(たかてるひめのみこと)のごとく、057一度(いちど)天使長(てんしちやう)(しよく)()きたることなし、058ただ(いたづら)野心(やしん)()られて、059大神(おほかみ)神業(しんげふ)妨害(ばうがい)(くは)へ、060つひには聖地(せいち)諸神人(しよしん)(くる)しめ、061()いては国祖大神(こくそおほかみ)御神慮(ごしんりよ)(なや)ませ(たてまつ)りたる(つみ)(おも)(もの)にして、062(いま)この聖地(せいち)参向(さんかう)し、063諸神人(しよしん)(おもて)()くるも(こころ)()しと日夜(にちや)懺悔(ざんげ)()へず。064しかるに()がごとき(もの)をして、065国祖(こくそ)聖慮(せいりよ)奉伺(ほうし)するの役目(やくめ)選定(せんてい)さるるは、066(じつ)迷惑千万(めいわくせんばん)にして、067国祖大神(こくそおほかみ)(たい)恐懼(きようく)(いた)りにたへず。068すみやかにこの決定(けつてい)撤回(てつくわい)されむことを希望(きばう)す』
069()ひて()(ふく)したり。
070 このとき大鷹別(おほたかわけ)(ぢやう)一隅(いちぐう)よりすつく()(あが)り、071諸神人(しよしん)(むか)つていふ。
072平時(へいじ)はとも(かく)073今日(こんにち)のごとき危急(ききふ)存亡(そんばう)場合(ばあひ)にあたり、074(いたづら)謙譲(けんじやう)(ことば)をくり(かへ)し、075善悪(ぜんあく)(あらそ)ふべき(とき)(あら)ず。076()(のぞ)(へん)(おう)ずるは、077神人(しんじん)たるものの(もつと)(つと)むべきことと(しん)ず。078すべての感情(かんじやう)()り、079既往(きわう)をとがめず、080現在(げんざい)および将来(しやうらい)のため(ふる)つて常世彦(とこよひこ)御奮励(ごふんれい)希望(きばう)す』
081との提案(ていあん)に、082諸神人(しよしん)異口同音(いくどうおん)常世彦(とこよひこ)選定(せんてい)したり。083常世彦(とこよひこ)今日(こんにち)場合(ばあひ)084拒絶(きよぜつ)するは(かへつ)大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(わづら)はし、085諸神人(しよしん)厚意(こうい)無視(むし)するものなりと、086ここに断然(だんぜん)()(けつ)し、087神慮(しんりよ)奉伺(ほうし)承諾(しようだく)をなしたり。
088 満座(まんざ)諸神人(しよしん)(あたか)暗夜(あんや)(つき)()たるがごとく(よろこ)(いさ)()()つて(しゆく)し、089ウローウローと(さけ)ぶその(こゑ)090天地(てんち)(やぶ)るるばかり(いさ)ましかりける。
091 ここに常世彦(とこよひこ)は、092諸神人(しよしん)代表(だいへう)として国祖(こくそ)のまします奥殿(おくでん)(すす)()り、093後任(こうにん)天使長(てんしちやう)について(うやうや)しく神慮(しんりよ)奉伺(ほうし)したるに、094国祖(こくそ)は、095ただ一言(いちげん)
096常世彦(とこよひこ)をもつて天使長(てんしちやう)(にん)ず』
097(あふ)せられたり。098常世彦(とこよひこ)恐懼(きようく)()くところを()らず、099(かしら)をもたげて、
100国祖(こくそ)(たい)(たてまつ)り、101今日(こんにち)まで極悪無道(ごくあくぶだう)邪神(じやしん)頤使(いし)され、102(ふか)(つみ)(をか)したる吾々(われわれ)(あつ)きこの恩命(おんめい)拝受(はいじゆ)するは(ぶん)()ぎたり。103(こひねが)はくは大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)をもつて天使長(てんしちやう)(にん)じたまはば、104有難(ありがた)次第(しだい)(さふらふ)
105至誠(しせい)(おもて)(あら)はし進言(しんげん)したりけれど、106国祖大神(こくそおほかみ)は、
107(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)なし』
108とふたたび(あふ)せられ、109(たま)(ふすま)()ぢて奥殿(おくでん)()らせ(たま)ひける。
110 ここにいよいよ常世彦(とこよひこ)天使長(てんしちやう)となり、111地上(ちじやう)神界(しんかい)総統者(そうとうしや)として八王八頭(やつわうやつがしら)上位(じやうゐ)()くこととなり、112常世彦命(とこよひこのみこと)()(たま)はりにけり。
113時節(じせつ)()てよ、114時節(じせつ)には(かみ)(かな)はぬぞよ。115時節(じせつ)さへ()れば、116()(まめ)にも(はな)()くぞよ』
117神諭(しんゆ)(しめ)されたるも、118(まつた)くかかる(こと)()ふなるべし。
119 常世彦命(とこよひこのみこと)(いま)まで聖地(せいち)天使長(てんしちやう)たらむとして苦心(くしん)苦心(くしん)をかさね、120神人(かみがみ)らの悪罵(あくば)嘲笑(てうせう)(まと)となり、121幾回(いくくわい)となく終局(しうきよく)にいたりてその目的(もくてき)破壊(はくわい)せしめられたりしが、122(いま)一切(いつさい)欲望(よくばう)()誠心(せいしん)誠意(せいい)()ちかへり、123何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)してゆきたる(とく)によりて、124自然(しぜん)(あき)()(きり)一葉(ひとは)(かぜ)なきに()つるがごとく、125大神(おほかみ)親任(しんにん)()け、126諸神人(しよしん)信望(しんばう)()ひて顕要(けんえう)地位(ちゐ)(のぼ)りける。
127 これを(おも)へば、128(まこと)改心(かいしん)(ちから)(じつ)偉大(ゐだい)なりと()ふべし。
129 (とき)()ちて()てた(のぞ)みの(はな)()
130大正一〇・一二・二六 旧一一・二八 桜井重雄録)