霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四一章 悪盛勝天(あくさかんにしててんにかつ)〔一九一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第7篇 因果応報 よみ:いんがおうほう
章:第41章 第4巻 よみ:あくさかんにしててんにかつ 通し章番号:191
口述日:1921(大正10)年12月28日(旧11月30日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高月彦は常世彦と改名し、初花姫は常世姫と改名した。両者ともに最初は善政を敷いていたが、憑依した邪霊の働きにより、次第に体主霊従の行為をなすようになってしまった。
天使長と竜宮城主宰を篭絡した邪霊は、身魂を分かって各八王に憑依した。常世彦は八王たちの協力を得て、天使長の職を廃して八王大神の職名を置くよう、運動を始めた。
大神の神号は、常世彦の野心を表していた。しかし大八洲彦命、高照姫命の進言により、国祖は八王大神の職名を許さなかった。
常世彦はこれより、国祖、大八洲彦命らに対して反抗の念を募らせた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0441
愛善世界社版:250頁 八幡書店版:第1輯 460頁 修補版: 校定版:259頁 普及版:113頁 初版: ページ備考:
001 ここに高月彦(たかつきひこ)天使長(てんしちやう)(にん)ぜられ、002神界(しんかい)神司(かみがみ)総統者(そうとうしや)となり、003(ちち)()(おそ)うて常世彦(とこよひこ)改名(かいめい)したり。004改名(かいめい)したるその理由(りいう)とするところは、005さきに二人(ふたり)高月彦(たかつきひこ)あらはれ、006不祥事(ふしやうじ)続出(ぞくしゆつ)せるを()みたるが(ゆゑ)なり。
007 また初花姫(はつはなひめ)(おな)じく(はは)()(おそ)常世姫(とこよひめ)改名(かいめい)したりける。008これまた初花姫(はつはなひめ)酷似(こくじ)せる邪神(じやしん)によりて、009聖地(せいち)および竜宮城(りうぐうじやう)攪乱(かくらん)せられしを()みての(ゆゑ)なりける。
010 改名(かいめい)したる常世彦(とこよひこ)は、011(はじ)めの(うち)天地(てんち)律法(りつぱふ)をよく厳守(げんしゆ)し、012仁愛(じんあい)をもつて天下(てんか)(のぞ)至治太平(しちたいへい)安泰国(あんたいこく)現出(げんしゆつ)したるに、013八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)してより神格(しんかく)(にはか)一変(いつぺん)し、014ここに体主霊従(たいしゆれいじゆう)行為(かうゐ)をつづけ、015大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(わづら)はし、016かつ聖地(せいち)空気(くうき)一変(いつぺん)せしめける。017(つぎ)にまた改名(かいめい)したる常世姫(とこよひめ)(あに)(おな)じく、018最初(さいしよ)のうちは霊主体従(れいしゆたいじゆう)大道(だいだう)遵守(じゆんしゆ)し、019至仁(しじん)至愛(しあい)にして城内(じやうない)はあたかも(はる)()のごとく安泰(あんたい)によく(をさ)まりゐたりしに、020彼女(かのぢよ)憑依(ひようい)したる金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)悪狐(あくこ)は、021(とき)()るにしたがひ、022常世姫(とこよひめ)身体(しんたい)駆使(くし)して、023言行(げんかう)日々(ひび)悪化(あくくわ)し、024ために聖地(せいち)ヱルサレムの神政(しんせい)攪乱(かくらん)するの(たん)(ひら)きたりける。
025 天使長(てんしちやう)常世彦(とこよひこ)にして、026その行動(かうどう)かくのごとしとせば、027その部下(ぶか)(つか)ふる八王八頭(やつわうやつがしら)もまた河川(かせん)上流(じやうりう)(にご)りて下流(かりう)(にご)るがごとく、028八王八頭(やつわうやつがしら)には八岐(やまた)大蛇(をろち)なる八頭八尾(やつがしらやつを)邪神(じやしん)悪霊(あくれい)029その霊魂(みたま)千々(ちぢ)(わか)ちてこれに憑依(ひようい)し、030その(つま)には金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)悪狐(あくこ)邪霊(じやれい)031その霊魂(みたま)(わか)ちてこれに憑依(ひようい)し、032つひに天下(てんか)神人(しんじん)をして大蛇(をろち)悪狐(あくこ)容器(ようき)たらしめたりき。033(おな)悪霊(あくれい)分派(ぶんぱ)()けたる、034八王八頭(やつわうやつがしら)その()は、035その本霊(ほんれい)憑依(ひようい)せる常世彦(とこよひこ)頤使(いし)(したが)ふは自然(しぜん)道理(だうり)なり。036また悪狐(あくこ)邪霊(じやれい)分派(ぶんぱ)たる悪霊(あくれい)容器(ようき)となりし八王八頭(やつわうやつがしら)(つま)らの(こぞ)つて、037その本霊(ほんれい)憑依(ひようい)せる常世姫(とこよひめ)頤使(いし)(あま)ンずるは、038これまた自然(しぜん)()なり。039ここに常世彦(とこよひこ)八王八頭(やつわうやつがしら)協力(けふりよく)一致(いつち)推薦(すいせん)によりて天使長(てんしちやう)職名(しよくめい)(はい)し、040八王大神(やつわうだいじん)改称(かいしよう)することとなり、041その認許(にんきよ)国祖大神(こくそおほかみ)奏言(そうごん)したるに、042大神(おほかみ)八王大神(やつわうだいじん)職名(しよくめい)()することを(いた)(きら)はせたまひける。043そのゆゑは国祖(こくそ)大神(おほかみ)さへもその表面(へうめん)神名(しんめい)(もち)ゐたまはず、044たんに国治立命(くにはるたちのみこと)(しよう)(たま)へるに、045その部下(ぶか)(つか)ふる天使長(てんしちやう)として僣越(せんえつ)にも八王大神(やつわうだいじん)()()するは、046(てん)大神(おほかみ)(たい)して(おそれ)(おほ)く、047かつ(しも)048(かみ)(をか)すの(たん)(ひら)くものと()なされたるが(ゆゑ)なりき。
049 されど常世彦(とこよひこ)は、050八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)協力(けふりよく)一致(いつち)推薦(すいせん)(かた)主張(しゆちやう)し、051多数(たすう)同意(どうい)をもつて()ひて八王大神(やつわうだいじん)()降下(かうか)されむことを強要(きやうえう)して()まざりにける。
052 ここに国祖(こくそ)は、053大宮殿(だいきうでん)奥深(おくふか)諸神司(しよしん)(あつ)めて、054八王大神(やつわうだいじん)職号(しよくがう)につき各自(かくじ)意見(いけん)聴取(ちやうしゆ)されたるが、055ここに神務長(しんむちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、056ただちに()ちて()ひけらく、
057(てん)二日(にじつ)なく()二王(にわう)なきは、058宇宙(うちう)大真理(だいしんり)なり。059いはンや国祖(こくそ)さへも、060(つね)謙譲(けんじやう)(とく)堅持(けんぢ)したまひ、061(てん)にせぐくまり()にぬきあしして、062(ふか)(かみ)天津神(あまつかみ)(うやま)ひ、063下神人(しもしんじん)敬愛(けいあい)したまふ。064しかるに(なん)ぞや、065大神(おほかみ)至誠(しせい)()をつくして奉仕(ほうし)すべき天使長(てんしちやう)たる(もの)066()天職(てんしよく)(わす)れ、067驕慢心(けうまんしん)(おこ)し、068天下(てんか)諸神人(しよしん)籠絡(ろうらく)してこれに(あま)んじ、069その職名(しよくめい)強要(きやうえう)申請(しんせい)するその心事(しんじ)悪逆無道(あくぎやくぶだう)なる(さつ)するにあまりあり。070(こひねが)はくは国祖(こくそ)におかせられても天地(てんち)秩序(ちつじよ)(ととの)ふるため、071(だん)じて御許容(ごきよよう)なきことを(ねが)(たてまつ)る』
072奏上(そうじやう)されたり。073()神司(かみがみ)(なん)(ことば)もなく、074黙然(もくねん)として国祖(こくそ)御言葉(おことば)いかにと固唾(かたづ)()ンで(ひか)へゐたり。
075 ここに高照姫命(たかてるひめのみこと)国祖(こくそ)大神(おほかみ)にむかひ、
076『かれ常世彦(とこよひこ)はさきの高月彦(たかつきひこ)時代(じだい)精忠(せいちう)無比(むひ)真心(まごころ)なく、077いまは邪神(じやしん)のためにその精魂(せいこん)()せられ、078悪逆無道(あくぎやくぶだう)心性(しんせい)悪化(あくくわ)しつくせり。079また常世姫(とこよひめ)初花姫(はつはなひめ)時代(じだい)崇敬(すうけい)(こころ)(まつた)()()せ、080いまは常世(とこよ)悪狐(あくこ)(れい)憑依(ひようい)され、081奸佞邪智(かんねいじやち)女性(ぢよせい)(くわ)()れり。082この(さい)083大神(おほかみ)にして万一(まんいち)(かれ)らが(ねが)ひを聴許(ちやうきよ)したまはば、084悪狐(あくこ)はますます増長(ぞうちよう)し、085一歩(いつぽ)(ゆづ)れば一歩(いつぽ)(すす)みきたり、086二歩(にほ)(ゆづ)れば二歩(にほ)(すす)みきたりて、087その要求(えうきう)際限(さいげん)()かるべし。088このさい断然(だんぜん)として(かれ)悪人(あくにん)奸策(かんさく)におちいり(たま)ふことなかれ』
089理非(りひ)をつくして言上(ごんじやう)したりしが、090国祖大神(こくそおほかみ)首肯(うなづ)かせたまひ、091ただちに二神司(にしん)(げん)()れて、092常世彦(とこよひこ)にたいし、093八王大神(やつわうだいじん)職名(しよくめい)()することを(ゆる)されざりけり。
094 それより常世彦(とこよひこ)の、095国祖大神(こくそおほかみ)をはじめ大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)096高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)にたいする反抗(はんかう)(ねん)は、097ますます(たか)まりにける。
098大正一〇・一二・二八 旧一一・三〇 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。