霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四二章 無道(ぶだう)(きはみ)〔一九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第7篇 因果応報 よみ:いんがおうほう
章:第42章 第4巻 よみ:ぶどうのきわみ 通し章番号:192
口述日:1921(大正10)年12月28日(旧11月30日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世彦は巧言令色によって神人らを感服させつつ、八王八頭の神人らをほとんど自分の臣下のように従えてしまった。これにより諸神人らは、国祖大神を軽んずるようになってしまった。
国祖は常世彦の勢いがすさまじいことを察し、やむを得ず八王大神の称号を許した。各地の神々らは、常世彦の八王大神襲名を祝って駆けつけた。
常世彦は以降、常世城に奉戴していた盤古大神塩長彦を国祖に取って変えて、自分が地上神界の実権を握ろうと画策するようになってしまった。
常世彦は諸神人らを集めて、国祖と神務に奉仕する神々らを隠退させようとはかり、数を頼んで奥殿に参入した。そしてまず、神務に奉仕する神々らを根の国に追放するよう、国祖に勧告した。
国祖はただ何も言わずに奥殿深く姿を隠してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0442
愛善世界社版:255頁 八幡書店版:第1輯 462頁 修補版: 校定版:264頁 普及版:115頁 初版: ページ備考:
001 常世彦(とこよひこ)(しう)(たの)みて、002その横暴(わうばう)いたらざるなく、003八王八頭(やつわうやつがしら)その()神司(かみがみ)らをほとんど臣下(しんか)のごとく頤使(いし)するにいたりぬ。004さるほどに奸佞邪智(かんねいじやち)()けたる邪神(じやしん)内面(ないめん)にありて操縦(さうじう)する常世彦(とこよひこ)は、005巧言令色(かうげんれいしよく)よく天下(てんか)諸神人(しよしん)悦服(えつぷく)せしめたりける。
006 八王八頭(やつわうやつがしら)をはじめその()神司(かみがみ)らは、007常世彦(とこよひこ)のあるを()つて、008国祖大神(こくそおほかみ)をほとんど有名無実(いうめいむじつ)無用(むよう)長物(ちようぶつ)(かん)ずるにいたりけり。009常世彦(とこよひこ)執拗(しつえう)にも国祖大神(こくそおほかみ)(たい)し、010八王大神(やつわうだいじん)称号(しやうがう)()むと(せま)ることますます(きふ)にして、011万々一(まんまんいち)国祖(こくそ)にして聴許(ちやうきよ)なき(とき)は、012みづから(すす)ンで国祖大神(こくそおほかみ)(しりぞ)(みづか)地上(ちじやう)一大(いちだい)主権(しゆけん)掌握(しやうあく)せむとの強硬(きやうかう)なる態度(たいど)()()たるなり。
013 (しか)して神務長(しんむちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)以下(いか)014国祖(こくそ)直属(ちよくぞく)神人(かみ)をはじめ、015高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)女性(ぢよせい)が、016八王大神(やつわうだいじん)称号(しやうがう)聴許(ちやうきよ)につきて国祖(こくそ)(たい)し、017異議(いぎ)言上(ごんじやう)したることを(ふか)(うら)み、018これを(つね)()(うへ)(こぶ)とし()たりしが、019国祖(こくそ)常世彦(とこよひこ)(いきほひ)020到底(たうてい)(せい)すべからずとし、021(なみだ)()ンで(かれ)らの(げん)採用(さいよう)し、022ここに八王大神(やつわうだいじん)称号(しやうがう)(あた)(たま)ひける。
023 この(こと)()きつけたる世界(せかい)各山(かくざん)各地(かくち)有力(いうりよく)なる神司(かみがみ)は、024(さき)(あらそ)ふて聖地(せいち)ヱルサレムに参集(さんしふ)し、025その栄職(えいしよく)()けることを(しゆく)し、026聖地(せいち)大広間(おほひろま)において衆神司(しうしん)歓呼(くわんこ)のあまり、027底抜(そこぬ)(さわ)ぎの大祝宴(だいしゆくえん)(もよほ)され、028大広間(おほひろま)中央(ちうあう)には高壇(かうだん)(まう)けて、029常世彦(とこよひこ)まづ登壇(とうだん)して新任(しんにん)挨拶(あいさつ)をなし、030かつ、
031(いま)より天使長(てんしちやう)名称(めいしよう)(はい)し、032八王大神(やつわうだいじん)()ばれたし』
033宣示(せんじ)したり。034(あつ)まる諸神人(しよしん)(とき)(こゑ)()げて、035その宣示(せんじ)(よろこ)(むか)へ、036拍手(はくしゆ)喝采(かつさい)(こゑ)聖地(せいち)ヱルサレムも(くづ)るるばかりなりき。037これより八王大神(やつわうだいじん)世界(せかい)における声望(せいばう)は、038旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほひ)(しめ)し、039大神(だいじん)一言(いちげん)はいはゆる(つる)一声(ひとこゑ)となりて、040遺憾(ゐかん)なく実行(じつかう)さるることとなりける。041八王大神(やつわうだいじん)最早(もはや)()うなりては、042国祖(こくそ)第一(だいいち)()(うへ)(こぶ)となり、043すべてに(たい)して厳粛(げんしゆく)不動(ふどう)なる御態度(おんたいど)は、044和光同塵的(わくわうどうじんてき)神策(しんさく)(おこな)ふにあたり、045非常(ひじやう)邪魔物(じやまもの)となりたれど、046(かしら)()身体(しんたい)生命(いのち)(たも)つこと(あた)はざるがごとく、047いづれかの有力(いうりよく)神人(かみ)にして、048かつ吾意(わがい)(したが)神人(かみ)(いただ)かねばならぬことを(さと)りたるなり。049ここに八王大神(やつわうだいじん)は、050(ちち)時代(じだい)より常世城内(とこよじやうない)(ふか)奉戴(ほうたい)()たりし盤古大神(ばんこだいじん)塩長彦(しほながひこ)(のぞ)みを(しよく)し、051(てん)大神(おほかみ)承認(しようにん)()国祖(こくそ)地位(ちゐ)(かは)らしめむとし、052あらゆる手段(しゆだん)をめぐらし、053第一着手(だいいちちやくしゆ)として八王八頭(やつわうやつがしら)()きつけしめたり。
054 しかるに万寿山(まんじゆざん)八王(やつわう)磐樟彦(いはくすひこ)一派(いつぱ)(ぐわん)としてその誑惑(けうわく)(おう)ぜざりける。055ここに八王大神(やつわうだいじん)悪心(あくしん)()()増長(ぞうちよう)し、056(つひ)には八王八頭(やつわうやつがしら)をはじめ八百万(やほよろづ)神人(しんじん)()高天原(たかあまはら)なる聖地(せいち)ヱルサレム(じやう)大広間(おほひろま)(あつ)めて、057露骨(ろこつ)国祖大神(こくそおほかみ)御退隠(ごたいいん)勧告(くわんこく)し、058国祖(こくそ)にしてこれを()れたまはざる(とき)は、059諸神人(しよしん)(ひき)ゐて(あめ)若宮(わかみや)参向(さんかう)し、060()大神(おほかみ)直願(ちよくぐわん)せむことを提議(ていぎ)したりける。
061 つぎに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)062言霊別命(ことたまわけのみこと)063神国別命(かみくにわけのみこと)064桃上彦命(ももがみひこのみこと)065大足彦(おおだるひこ)その()(ただ)しき神人(しんじん)()(くに)追放(つゐはう)し、066かつ女性側(めがみがは)としては高照姫命(たかてるひめのみこと)067真澄姫(ますみひめ)068言霊姫(ことたまひめ)069竜世姫(たつよひめ)以下(いか)神司(かみがみ)()(くに)追放(つゐはう)せむことを国祖大神(こくそおほかみ)(せま)り、070これまた()()れざれば、071天上(てんじやう)()()大神(おほかみ)奏願(そうぐわん)せむことを提議(ていぎ)したり。
072 (おな)邪霊(じやれい)心魂(しんこん)全部(ぜんぶ)誑惑(けうわく)されたる神人(かみがみ)は、073(いち)()もなく満場(まんぢやう)一致(いつち)をもつて、074これに賛成(さんせい)したれば、075八王大神(やつわうだいじん)満面(まんめん)(ゑみ)をたたへながら、076傲然(ごうぜん)として大手(おほて)()り、077大宮殿(だいきうでん)参入(さんにふ)国祖大神(こくそおほかみ)(えつ)して、078まづ第一(だいいち)に、
079大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)以下(いか)男神司(をがみ)および高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)女神司(めがみ)()(くに)追放(つゐはう)されむことを』
080奏請(そうせい)したりけるより、081国祖大神(こくそおほかみ)は、082(おほ)いに(いか)らせたまふもののごとく、083(もく)して(こた)へたまはざりけり。084八王大神(やつわうだいじん)はなほも(すす)ンで()ふやう、
085『われ(いま)世界(せかい)諸神人(しよしん)代表(だいへう)して、086世界(せかい)永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)のために善言(ぜんげん)奏上(そうじやう)す。087しかるに大神(おほかみ)(われ)(げん)請容(うけい)れたまはず、088不平(ふへい)(いろ)(おもて)(あら)はしたまふは、089天下(てんか)諸神人(しよしん)至誠(しせい)無視(むし)し、090かつ天地(てんち)律法(りつぱふ)(みづか)(やぶ)りて憤怒(ふんど)顔色(がんしよく)(あら)はしたまふに(あら)ずや。091大神(おほかみ)のみづから制定(せいてい)されし律法(りつぱふ)()はずや、092(いか)(なか)れ」と。093しかるに、094大神(おほかみ)(みづか)律法(りつぱふ)(つく)り、095また(みづか)らこれを(やぶ)りたまふ。096律法(りつぱふ)(まも)りがたきは、097(もと)より大神(おほかみ)制定(せいてい)律法(りつぱふ)無理(むり)(そん)すればなり。098国祖大神(こくそおほかみ)にして(みづか)(まも)ること(あた)はざるごとき不徹底(ふてつてい)なる律法(りつぱふ)は、099天下(てんか)(どく)神人(しんじん)(あやま)らしむること(おほ)し。100貴神(きしん)はこの(つみ)によつて、101すみやかに()(くに)102(そこ)(くに)隠退(いんたい)さるる資格(しかく)十分(じふぶん)(そな)はれり。103われは(いま)天地(てんち)真理(しんり)によつて貴神(きしん)言明(げんめい)す』
104 (てん)()となり、105()(てん)となり、106桑田(さうでん)(くわ)して(うみ)となり、107(うみ)(へん)じて(やま)となる、108乱暴(らんばう)(きは)まる言辞(げんじ)(ろう)し、109国祖大神(こくそおほかみ)をはじめ数多(あまた)侍神司(じしん)をしてその(げん)高慢(かうまん)不遜(ふそん)悪逆無道(あくぎやくぶだう)(した)をまかしめたり。
110 国祖(こくそ)一言(ひとこと)(こた)へたまはず、111(たま)(ふすま)()ぢて奥殿(おくでん)(ふか)御姿(みすがた)(かく)したまひける。112アヽこの結果(けつくわ)は、113いかに落着(らくちやく)するならむか。
114大正一〇・一二・二八 旧一一・三〇 外山豊二録)