霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四三章 勧告使(くわんこくし)〔一九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第8篇 天上会議 よみ:てんじょうかいぎ
章:第43章 第4巻 よみ:かんこくし 通し章番号:193
口述日:1921(大正10)年12月29日(旧12月01日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世彦は諸神人を常世城に集め、盤古大神を国祖に代えて奉戴しようと会議を開いた。大自在天も常世彦に味方し、諸神は国祖を悪神と貶め、神務に奉仕する大八洲彦命らをも根底の国に追放すべきだ、と一致した。
このときの常世会議は少しも紛糾せず、反国祖で一致した。そして美山彦、国照姫が国祖への勧告使となって聖地に出発した。
その後を追って、常世彦は八百万の神々を率い、堂々と聖地に上ることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0443
愛善世界社版:263頁 八幡書店版:第1輯 465頁 修補版: 校定版:271頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001 常世彦(とこよひこ)()目的(もくてき)とする、002八王大神(やつわうだいじん)称号(しやうがう)国祖大神(こくそおほかみ)(せま)つて、003これを獲得(くわくとく)し、004旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほひ)をもつて天下(てんか)諸神人(しよしん)(のぞ)み、005盤古大神(ばんこだいじん)首長(しゆちやう)(あふ)ぎ、006これをもつて国祖(こくそ)位置(ゐち)()かしめむと、007内々(ないない)準備(じゆんび)(ととの)へ、008諸神人(しよしん)をふたたび常世城(とこよじやう)(あつ)めて神界(しんかい)改造(かいざう)相談会(さうだんくわい)開催(かいさい)したり。009大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)は、010八王大神(やつわうだいじん)極力(きよくりよく)讃美(さんび)して、011この(さい)一日(いちにち)もはやく国祖(こくそ)退隠(たいいん)(せま)り、012塩長彦(しほながひこ)をして神政(しんせい)神務(しんむ)総統者(そうとうしや)推戴(すゐたい)するをもつて、013世界(せかい)救済(きうさい)一大(いちだい)要点(えうてん)なりと主張(しゆちやう)したり。
014 ここに美山彦(みやまひこ)015国照姫(くにてるひめ)()つて、016大国彦(おほくにひこ)主張(しゆちやう)(たい)しあらゆる讃辞(さんじ)(てい)し、017かつ、
018国祖大神(こくそおほかみ)をして、019かくのごとく頑強(ぐわんきやう)固陋(ころう)(かみ)となさしめたるは、020前天使長(ぜんてんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)021言霊別命(ことたまわけのみこと)022神国別命(かみくにわけのみこと)023大足彦(おほだるひこ)および万寿山(まんじゆざん)頑老(ぐわんらう)024磐樟彦(いはくすひこ)以下(いか)聖地(せいち)神人(かみがみ)および女性側(めがみがは)としては、025前天使長(ぜんてんしちやう)高照姫命(たかてるひめのみこと)026真澄姫(ますみひめ)027言霊姫(ことたまひめ)028竜世姫(たつよひめ)聖地(せいち)神司(しんし)らの一大責任(いちだいせきにん)なれば、029国祖(こくそ)退隠(たいいん)(さき)だち、030(みぎ)諸神人(しよしん)聖地(せいち)より追放(つゐはう)し、031根底(ねそこ)(くに)神退(かむやら)ふべきものなり』
032(いき)をはづませ、033(かた)(ゆす)りながら()()てたり。
034 一旦(いつたん)聖地(せいち)において(まつた)()(あらた)め、035本心(ほんしん)立帰(たちかへ)りゐたる至善(しぜん)神人(かみ)も、036いまは(すこ)しの油断(ゆだん)のために、037邪神(じやしん)容器(ようき)となり、038いづれも(こぞ)つて国祖(こくそ)にたいし反抗(はんかう)態度(たいど)()るにいたりたるは、039(はた)して時節(じせつ)(ちから)か、040ただしは因縁(いんねん)か、041測度(そくど)しがたきは神界(しんかい)経緯(けいゐ)なり。
042 神諭(しんゆ)(いは)く、
043時節(じせつ)には(かみ)(かな)はぬぞよ』
044と、045全大宇宙(ぜんだいうちう)大主神(だいしゆしん)たる大六合治立尊(おほくにはるたちのみこと)御分身(ごぶんしん)にして、046宇宙(うちう)大主権神(だいしゆけんしん)たる、047国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)も、048時節(じせつ)(ちから)如何(いかん)ともすること出来(でき)()ざりしなり。049至正(しせい)050至直(しちよく)051至厳(しげん)行動(かうどう)は、052かへつて多数(たすう)神人(しんじん)より蛇蝎(だかつ)のごとく忌嫌(いみきら)はれて、053つひには悪神(あくがみ)(へん)せられ、054(たた)(がみ)()ひられ、055悪鬼(あくき)巨頭(きよとう)(うしとら)金神(こんじん)名称(めいしよう)()して、056大地(だいち)北東(うしとら)居所(きよしよ)極限(きよくげん)さるるにいたりたまへるも、057神界経綸上(しんかいけいりんじやう)()むを()ざる次第(しだい)ならむか。
058 このたびの常世城(とこよじやう)会議(くわいぎ)は、059前回(ぜんくわい)のごとく(すこ)しも騒擾(さうぜう)紛糾(ふんきう)光景(くわうけい)現出(げんしゆつ)せず、060和光同塵(わくわうどうぢん)061体主霊従的(たいしゆれいじゆうてき)神政(しんせい)謳歌(おうか)せる神人(しんじん)邪霊(じやれい)憑依(ひようい)せる)のみの集会(しふくわい)なりしゆゑ、062全会(ぜんくわい)一致(いつち)をもつて、063まづ国治立命(くにはるたちのみこと)をして、064大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)065高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)神人(かみがみ)()(くに)(そこ)(くに)追放(つゐはう)せしめ、066その(のち)において、067国祖(こくそ)自発的(じはつてき)退隠(たいいん)(せま)ることに一決(いつけつ)したりける。068ついてはその(しよう)にあたるべき神司(かみ)選挙(せんきよ)をなさざるべからざれば、069ふたたび自決(じけつ)勧告使(くわんこくし)たるべき神人(しんじん)物色(ぶつしよく)したりしが、070この(とき)大国彦(おほくにひこ)重臣(ぢうしん)大鷹別(おほたかわけ)(すす)ンで、071この大切(たいせつ)なる使命(しめい)吾々(われわれ)ごとき小人(せうじん)()()ふるところにあらずとし、072智徳(ちとく)兼備(けんび)八王大神(やつわうだいじん)および大自在天(だいじざいてん)御尽力(ごじんりよく)()ふのほかなきを主張(しゆちやう)したれど、073八王大神(やつわうだいじん)(なに)(こころ)()するところあるもののごとく、074(くび)(たて)()らざりけり。075その()威儀(ゐぎ)儼然(げんぜん)としてひかへたる大国彦(おほくにひこ)も、076無言(むごん)のまま(くび)(よこ)()りゐたりける。077美山彦(みやまひこ)078国照姫(くにてるひめ)立上(たちあ)がり、
079今回(こんくわい)勧告使(くわんこくし)は、080(おそ)れながら小神(せうしん)(にん)じられたし』
081()()しけるに、082常世彦(とこよひこ)も、083大国彦(おほくにひこ)()()はしたるごとく頓首(うなづ)きて、084承諾(しようだく)()表示(へうじ)したり。
085 美山彦(みやまひこ)086国照姫(くにてるひめ)諸神人(しよしん)一致的(いつちてき)賛成(さんせい)のもとに、087意気(いき)揚々(やうやう)として勧告使(くわんこくし)となり、088聖地(せいち)ヱルサレムの宮殿(きうでん)参向(さんかう)し、089国祖(こくそ)対面(たいめん)せむと、090数多(あまた)神人(かみがみ)引率(いんそつ)して聖地(せいち)()帰途(きと)()きける。
091 常世彦命(とこよひこのみこと)はまたもや八王大神(やつわうだいじん)資格(しかく)をもつて聖地(せいち)帰還(きくわん)せむとするに(さき)だち、092盤古大神(ばんこだいじん)輔佐(ほさ)として、093大国彦(おほくにひこ)従臣(じゆうしん)大鷹別(おほたかわけ)をして常世城(とこよじやう)主管者(しゆくわんしや)(にん)じ、094かつ部下(ぶか)神人(かみがみ)をして、095各自(かくじ)神政(しんせい)分掌(ぶんしやう)せしめ、096八百万(やほよろづ)神司(かみがみ)引率(いんそつ)して、097ヱルサレムを()して旗鼓(きこ)堂々(だうだう)天地(てんち)震撼(しんかん)せむばかりの(いきほひ)にて、098(のぼ)()たりぬ。099(さき)勧告使(くわんこくし)として帰還(きくわん)したる美山彦(みやまひこ)100国照姫(くにてるひめ)使命(しめい)(はた)して完全(くわんぜん)成功(せいこう)せしや(うたが)はしき(かぎ)りなり。
101大正一〇・一二・二九 旧一二・一 出口瑞月
102(第三六章~第四三章 昭和一〇・一・二二 於佐賀市松本忠左氏邸 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)