霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四四章 (とら)()〔一九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第8篇 天上会議 よみ:てんじょうかいぎ
章:第44章 虎の威 よみ:とらのい 通し章番号:194
口述日:1921(大正10)年12月29日(旧12月01日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常世彦と大国彦の権勢を嵩に着た美山彦、国照姫は聖地で国祖の前に出て、まず大八洲彦命、言霊別命、神国別命、大足彦を根底の国に追放するように、と迫った。
国祖は八王大神の意見を尊重し、涙ながらに四神を夜見の国なる月界に追放した。四神は四魂合同して国大立命となり、また月の大神の精霊に感じてふたたび地上に降り、千辛万苦の末、五六七神政の基礎的活動を開始することになる。
次に高照姫命、真澄姫、言霊姫、竜世姫らは大地の底深く、地汐の世界に追放された。そして地汐の精霊に感じて大地中の守護神となり、四魂合同して金勝要之神となった。時を得て地表の世界に出現し、五六七神政の基礎的神業に尽力されつつ、太古から現代に至るまで、神界にあって活動を続けている。
しかしながら、悪神たちの中にこの神業を知る者は、一柱もなかった。
さて、美山彦と国照姫は最後に、国祖ご自身の隠退を勧告するはずであったが、さすがに大神の威徳に打たれて、その後は何も言わずに引き下がった。
常世彦は美山彦と国照姫が肝心の国祖の御引退を進言しなかったことに怒り、蟄居を命じた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:267頁 八幡書店版:第1輯 466頁 修補版: 校定版:275頁 普及版:120頁 初版: ページ備考:
001 美山彦(みやまひこ)002国照姫(くにてるひめ)天下万生(てんかばんせい)代表(だいへう)自称(じしよう)し、003かつ八王大神(やつわうだいじん)および大自在天(だいじざいてん)勢力(せいりよく)(かさ)()ながら、004(とら)()()野狐(のぎつね)()()(まは)し、005傲然(ごうぜん)として聖地(せいち)国祖(こくそ)大宮殿(だいきうでん)数多(あまた)神人(かみがみ)引率(いんそつ)し、006常世城(とこよじやう)大会議(だいくわいぎ)における諸神司(しよしん)信任(しんにん)希望(きばう)とを(にな)ひて、007勧告使(くわんこくし)選抜(せんばつ)されしことを居丈高(ゐたけだか)吹聴(ふいちやう)し、008ただちに国祖(こくそ)御前(みまへ)(すす)進言(しんげん)すらく、
009今日(こんにち)美山彦(みやまひこ)010国照姫(くにてるひめ)前日(ぜんじつ)のごとき微々(びび)たる美山彦(みやまひこ)011国照姫(くにてるひめ)にあらず、012勢望(せいばう)仁徳(じんとく)天下(てんか)(なら)びなき、013(かしこ)くも八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)014権勢(けんせい)天下(てんか)神人(しんじん)(あつ)する神力(しんりき)無双(むさう)の、015大自在天(だいじざいてん)大国彦(おほくにひこ)代表者(だいへうしや)にして、016八百万(やほよろづ)神司(かみがみ)代表(だいへう)たる勧告使(くわんこくし)重職(ぢうしよく)(にな)へる美山彦(みやまひこ)017国照姫(くにてるひめ)なれば、018国祖大神(こくそおほかみ)におかせられても、019(かなら)粗略(そりやく)取扱(とりあつか)ひあるべからず』
020傍若無人(ばうじやくぶじん)言辞(げんじ)(ろう)しながら、
021()第一(だいいち)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)以下(いか)頑迷(ぐわんめい)固陋(ころう)なる神々(かみがみ)を、022神界(しんかい)平和(へいわ)のため、023八王大神(やつわうだいじん)聖意(せいい)(こた)ふるため、024国祖(こくそ)神権(しんけん)をもつて御側(おそば)追放(つゐはう)し、025神界(しんかい)攪乱者(かくらんしや)として()(くに)(そこ)(くに)退去(たいきよ)(めい)じたまへ』
026無礼千万(ぶれいせんばん)にも強力(きやうりよく)なる後援者(こうゑんしや)あるを(たて)にして強硬(きやうかう)(せま)りける。027国祖(こくそ)美山彦(みやまひこ)にむかひ、
028(なんぢ)(げん)(はた)して八王大神(やつわうだいじん)および、029大自在天(だいじざいてん)その()一般(いつぱん)意見(いけん)なりとせば、030アヽ()また(なに)をか()はむ。031至正(しせい)至直(しちよく)神人(かみ)も、032天下(てんか)平和(へいわ)のためには(なみだ)()んで馬謖(ばしよく)()らざるべからざるか』
033声涙(せいるい)交々(こもごも)(くだ)らせたまひ、034感慨(かんがい)無量(むりやう)御面色(おんおももち)に、035(ちか)(つか)へたてまつれる神人(かみがみ)らも、036美山彦(みやまひこ)らの従臣(じゆうしん)らも、037(なみだ)(そで)(しぼ)らぬはなかりける。038(こころ)(よわ)くては今回(こんくわい)使命(しめい)(はて)しがたしとや(おも)ひけむ、039やや憂愁(いうしう)(しづ)まむとせる美山彦(みやまひこ)(はげ)ましながら、040国照姫(くにてるひめ)国祖(こくそ)返答(へんたふ)をしきりに(うなが)したり。041国祖(こくそ)(こと)ここに(いた)りては如何(いかん)ともなしたまふの余地(よち)なく、042その請求(せいきう)()れて大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)043言霊別命(ことたまわけのみこと)044神国別命(かみくにわけのみこと)045大足彦(おほだるひこ)()(くに)追放(つゐはう)したまふことを承認(しようにん)されたりける。
046 ここに(みぎ)四神司(ししん)は、047国祖(こくそ)厳命(げんめい)によりて、048夜見(よみ)(くに)なる月界(げつかい)神退(かむやら)ひに退(やら)はれ、049四魂(しこん)合同(がふどう)して国大立命(くにひろたちのみこと)となり、050(つき)大神(おほかみ)精霊(せいれい)(かん)じてふたたび地上(ちじやう)(くだ)り、051千辛万苦(せんしんばんく)()め、052五六七(みろく)神政(しんせい)基礎的(きそてき)活動(くわつどう)開始(かいし)されたれど、053体主霊従(たいしゆれいじゆう)八王大神(やつわうだいじん)および大自在天(だいじざいてん)一派(いつぱ)神人(かみがみ)は、054一柱(ひとはしら)として()(かん)消息(せうそく)()るもの()かりけり。
055 (つぎ)高照姫命(たかてるひめのみこと)056真澄姫(ますみひめ)057言霊姫(ことたまひめ)058竜世姫(たつよひめ)は、059大地(だいち)(そこ)(ふか)地月(ちげつ)世界(せかい)神退(かむやら)はれたまひ、060地月(ちげつ)精霊(せいれい)(かん)じて大地中(だいちちう)守護神(しゆごじん)(あら)はれ、061四魂(しこん)合同(がふどう)して金勝要之神(きんかつかねのかみ)となり、062(とき)()地表(ちへう)世界(せかい)出現(しゆつげん)し、063五六七(みろく)神政(しんせい)基礎的(きそてき)神業(しんげふ)尽力(じんりよく)されつつ太古(たいこ)より現代(げんだい)(いた)るまで神界(しんかい)にあつて、064その活動(くわつどう)(つづ)けられつつありしなり。
065 されど八王大神系(やつわうだいじんけい)神司(かみがみ)らも、066大自在天系(だいじざいてんけい)神司(かみがみ)らも、067一柱(ひとはしら)としてこの神業(しんげふ)知了(ちれう)()(もの)絶対(ぜつたい)にあらざりしなり。068神諭(しんゆ)に、
069(むかし)神代(かみよ)(めぐ)()て、070(もと)(むかし)神代(かみよ)立替(たてかへ)るぞよ、071三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
072などの神示(しんじ)十分(じふぶん)(あぢ)はふべきなり。
073 さて美山彦(みやまひこ)074国照姫(くにてるひめ)二人(ふたり)は、075(みぎ)諸神人(しよしん)国祖(こくそ)御神権(ごしんけん)によつて、076追放(つゐはう)せしむべきことを、077(めん)(をか)して強硬(きやうかう)進言(しんげん)し、078さいはひにその目的(もくてき)(たつ)したるが、079肝腎(かんじん)かなめの国祖(こくそ)自発的(じはつてき)御退隠(ごたいいん)勧告(くわんこく)(たい)しては、080さすがの邪神(じやしん)口籠(くちごも)発言(はつげん)躊躇(ちうちよ)()たり。081大神(おほかみ)()つぎ(ばや)に、
082(なんぢ)進言(しんげん)はこれにて(をは)れりや』
083()はせたまふに、084()使者(ししや)大神(おほかみ)威厳(ゐげん)()たれて何心(なにごころ)なく、
085『もはや(まを)()ぐることこれ()(さふらふ)
086と、087(おも)はず答申(たふしん)したりける。088国祖大神(こくそおほかみ)()使者(ししや)(こたへ)合図(あひづ)に、089ツト()ちて(たま)(ふすま)()づから()奥殿(おくでん)(ふか)(かく)れさせたまへり。090二柱(ふたはしら)使者(ししや)奥歯(おくば)(もの)(はさ)まれる(ごと)心地(ここち)しながら(いきほひ)なく、091その結果(けつくわ)八王大神(やつわうだいじん)奏上(そうじやう)したり。092八王大神(やつわうだいじん)肝腎(かんじん)国祖大神(こくそおほかみ)(たい)する自発的(じはつてき)御退隠(ごたいいん)勧告(くわんこく)(あた)はざりし二人(ふたり)卑怯(ひけふ)(いか)り、093(ただ)ちにこれに蟄居(ちつきよ)厳命(げんめい)したれば、094夜食(やしよく)(はづ)れた梟鳥(ふくろどり)(つら)ふくらせながら悄然(せうぜん)として退場(たいぢやう)したりける。
095大正一〇・一二・二九 旧一二・一 出口瑞月