霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 勢力(せいりよく)二分(にぶん)〔二一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第3篇 予言と警告 よみ:よげんとけいこく
章:第17章 第5巻 よみ:せいりょくにぶん 通し章番号:217
口述日:1922(大正11)年01月09日(旧12月12日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大自在天は常世城で神政を開始し、自ら常世神王と名乗った。常世彦はこれを嫌って、自らウラル彦と名前を改めた。常世姫はウラル姫と改名した。盤古大神は盤古神王と改称した。
各地の八王はみな神を称し、八王八頭の名称は撤廃されてしまった。
ここに神界は大自在天一派と、盤古神王一派に二分された。万寿山、南高山をのぞく各八王八頭は、あちらに付きこちらに味方し、混乱はますます激しくなった。
この状況をかげながらうかがっていた国治立大神は、野立彦命と名前を変えて、木花姫の鎮まる天教山に現れた。豊国姫命は野立姫命となって、ヒマラヤ山に現れた。
高山彦、天真道彦命、天道別命らとともに、律法を遵守し、神業について計画しつつあった。万寿山の磐楠彦と瑞穂別、霊鷲山の大八洲彦命と大足彦らとともに、天下の形成を観望していた。
天道彦命は、野立彦命の内命を奉じて、青雲山に現れた。神澄彦、吾妻彦とともに、天地の大変動が来ることを予知し、神人を教化していた。
盤古神王とウラル彦は、常世神王の反逆に対して、各地の神々をアーメニヤに召集して討伐を計画していた。しかし常世神王の威力をおそれて、盤古神王に応ずるものが少なかった。
一方、常世神王・大自在天も八王八頭を招集しようとしたが、やはり参集するものはなく、八王八頭をまとめることはできなかった。
八王八頭は情勢を見つつ、小競り合いを繰り返すのみであった。今となっては、盤古神王も常世神王も、何となく威徳が薄く上にいただくのに物足りなさを感じていたのである。八王八頭は、ふたたび国祖のご出現を望むようになった。世界の混乱の鎮定を祈り、天地創造の大原因である神霊が降下して、善美なる神政を樹立する時を待ち望むようになったのである。
求心力を失った神界は、邪神が蹂躙するところとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0517
愛善世界社版:101頁 八幡書店版:第1輯 553頁 修補版: 校定版:103頁 普及版:46頁 初版: ページ備考:
001 大国彦(おほくにひこ)は、002大鷹別(おほたかわけ)以下(いか)神々(かみがみ)とともに常世城(とこよじやう)において、003堅固(けんご)なる組織(そしき)のもとに神政(しんせい)開始(かいし)した。004しかして大自在天(だいじざいてん)改名(かいめい)して常世神王(とこよしんわう)(しよう)し、005大鷹別(おほたかわけ)大鷹別神(おほたかわけのかみ)(しよう)し、006その()(おも)神人(かみがみ)(たい)して命名(みことな)()すこととなつた。
007 ここに八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)は、008常世神王(とこよしんわう)類似(るゐじ)せるわが神名(しんめい)改称(かいしよう)するの必要(ひつえう)(せま)られ、009ウラル(ひこ)改称(かいしよう)し、010常世姫(とこよひめ)はウラル(ひめ)(あらた)めた。011そして盤古大神(ばんこだいじん)盤古神王(ばんこしんわう)改称(かいしよう)し、012常世神王(とこよしんわう)にたいして対抗(たいかう)する(こと)となつた。013各山(かくざん)各地(かくち)八王神(やつわうじん)(のこ)らず(みこと)(はい)し、014(かみ)(しよう)することとなり、015八頭(やつがしら)依然(いぜん)として命名(みことな)(とな)へ、016八王八頭(やつわうやつがしら)名称(めいしよう)全部(ぜんぶ)撤廃(てつぱい)してしまつた。017これは八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)()言霊上(ことたまじやう)間違(まちが)ひやすきを(おもんぱか)つたからである。018されど数多(あまた)神人(かみがみ)従来(じうらい)称呼(しようこ)()れて、019依然(いぜん)として八王八頭(やつわうやつがしら)(とな)へてゐた。020国祖(こくそ)御隠退(ごいんたい)(あと)は、021常世神王(とこよしんわう)一派(いつぱ)盤古神王(ばんこしんわう)一派(いつぱ)東西(とうざい)(わか)れ、022日夜(にちや)権勢(けんせい)争奪(そうだつ)余念(よねん)なく、023各地(かくち)八王八頭(やつわうやつがしら)はその去就(きよしう)(まよ)ひ、024万寿山(まんじゆざん)025南高山(なんかうざん)(のぞ)くのほか、026あるひは西(にし)にあるひは(ひがし)随従(ずゐじう)して、027たがひに嫉視反目(しつしはんもく)028紛糾(ふんきう)混乱(こんらん)はますます(はげ)しくなつた。029この状況(じやうきやう)(かげ)ながら(うかが)ひたまひし国治立大神(くにはるたちのおほかみ)野立彦命(のだちひこのみこと)変名(へんめい)し、030木花姫(このはなひめ)(しづ)まります天教山(てんけうざん)(あら)はれたまうた。031また豊国姫命(とよくにひめのみこと)野立姫命(のだちひめのみこと)変名(へんめい)してヒマラヤ(さん)(あら)はれ、032高山彦(たかやまひこ)をして天地(てんち)律法(りつぱふ)遵守(じゆんしゆ)し、033天真道彦命(あめのまみちひこのみこと)とともに天地(てんち)大道(だいだう)()き、034神人(しんじん)をあまねく教化(けうくわ)せしめつつあつた。035また天道別命(あまぢわけのみこと)国祖(こくそ)とともに天教山(てんけうざん)(あら)はれ、036神界(しんかい)改造(かいざう)神業(しんげふ)について、037日夜(にちや)心魂(しんこん)(なや)ましたまひつつあつた。038(さいはひ)にヒマラヤ(さん)東西(とうざい)両方(りやうはう)神王(しんわう)管下(くわんか)(はな)れ、039やや独立(どくりつ)(たも)つてゐた。040また万寿山(まんじゆざん)磐樟彦(いはくすひこ)041瑞穂別(みずほわけ)確固不抜(かくこふばつ)神政(しんせい)により、042依然(いぜん)として(なん)動揺(どうえう)もなく、043霊鷲山(りやうしゆうざん)大八洲彦命(おおやしまひこのみこと)044大足彦(おほだるひこ)とともに天下(てんか)形勢(けいせい)観望(くわんばう)しつつあつた。
045 天道別命(あまぢわけのみこと)は、046野立彦命(のだちひこのみこと)内命(ないめい)(ほう)青雲山(せいうんざん)(あら)はれ、047神澄彦(かみずみひこ)048吾妻彦(あづまひこ)とともに天地(てんち)大変動(だいへんどう)のきたるを予知(よち)し、049あまねく神人(しんじん)教化(けうくわ)しつつあつた。
050 盤古神王(ばんこしんわう)およびウラル(ひこ)は、051常世神王(とこよしんわう)反逆的(はんぎやくてき)行為(かうゐ)をいきどほり、052各山(かくざん)各地(かくち)神人(かみがみ)をアーメニヤの仮殿(かりどの)召集(せうしふ)し、053常世城(とこよじやう)討伐(たうばつ)計画(けいくわく)(さだ)めむとした。054されども神人(かみがみ)ら(八王八頭(やつわうやつがしら))は、055常世神王(とこよしんわう)強大(きやうだい)なる威力(ゐりよく)(おそ)れ、056鼻息(はないき)をうかがひ、057盤古神王(ばんこしんわう)召集(せうしふ)(おう)ずるもの(はなは)(すくな)かつた。058いづれも順慶式(じゆんけいしき)態度(たいど)をとり、059旗色(はたいろ)鮮明(せんめい)にするものがなかつた。060また一方(いつぱう)常世神王(とこよしんわう)は、061各山(かくざん)各地(かくち)八王八頭(やつわうやつがしら)にたいし、062常世城(とこよじやう)召集(せうしふ)(れい)(はつ)し、063神界(しんかい)統一(とういつ)根本(こんぽん)(さだ)めむとした。064されどこれまた(まへ)のごとく(げん)左右(さいう)(たく)して、065一柱(ひとはしら)参集(さんしふ)する神人(かみがみ)がなかつた。066この参加(さんか)067不参加(ふさんか)については、068各山(かくざん)各地(かくち)とも、069八王(やつわう)八頭(やつがしら)とのあひだに意見(いけん)衝突(しようとつ)をきたし、070八王(やつわう)常世神王(とこよしんわう)(おもむ)かむとすれば、071八頭(やつがしら)盤古神王(ばんこしんわう)附随(ふずい)せむとし、072各所(かくしよ)小紛乱(せうふんらん)続発(ぞくはつ)したのである。073このときこそは(じつ)天下(てんか)(あさ)のごとく(みだ)れて如何(いかん)ともすることが出来(でき)なかつた。074八王(やつわう)および八頭(やつがしら)進退(しんたい)(きは)まり、075(いま)となつてはもはや常世神王(とこよしんわう)盤古神王(ばんこしんわう)(たの)むに()らず、076(なん)となくその貫目(くわんもく)(かる)くして神威(しんゐ)(うす)きを(かん)じ、077ふたたび国祖(こくそ)出現(しゆつげん)一日(いちにち)(はや)からむことを、078大旱(たいかん)雲霓(うんげい)(のぞ)むがごとく()()がるるやうになつた。079(かな)はぬ(とき)(かみ)(だの)みとやら、080いづれの八王八頭(やつわうやつがしら)各自(かくじ)鎮祭(ちんさい)(たま)(みや)(いた)つて、081百日(ひやくにち)百夜(ひやくや)祈願(きぐわん)をなし、082この混乱(こんらん)鎮定(ちんてい)すべき強力(きやうりよく)(かみ)(くだ)したまはむことを天地(てんち)(いの)ることとなつた。
083 地上(ちじやう)神界(しんかい)常世神王(とこよしんわう)統制力(とうせいりよく)確固(かくこ)ならず、084盤古神王(ばんこしんわう)また勢力(せいりよく)(ふる)はず、085各山(かくざん)各地(かくち)八王八頭(やつわうやつがしら)(おのおの)国魂(くにたま)によつて独立(どくりつ)し、086つひには常世神王(とこよしんわう)盤古神王(ばんこしんわう)もほとんど眼中(がんちう)になく、087ただたんに天地創造(てんちさうざう)大原因(だいげんいん)たる神霊(しんれい)降下(かうか)して、088善美(ぜんび)神政(しんせい)樹立(じゆりつ)したまふ(とき)のきたるを()つのみであつた。089八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)および金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)および六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)は、090(とき)こそ(いた)れりと縦横無尽(じうわうむじん)暴威(ばうゐ)(たくま)しうする(こと)となつてしまつた。
091 附言(ふげん)092言葉(ことば)冗長(じようちやう)()くるため、093今後(こんご)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)(たん)大蛇(をろち)といひ、094金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)(たん)金狐(きんこ)(しよう)し、095六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)(たん)邪鬼(じやき)()づけて物語(ものがたり)することといたします。
096大正一一・一・九 旧大正一〇・一二・一二 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)