霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 魔軍(まぐん)敗戦(はいせん)〔二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第4篇 竜宮占領戦 よみ:りゅうぐうせんりょうせん
章:第26章 第1巻 よみ:まぐんのはいせん 通し章番号:26
口述日:1921(大正10)年10月21日(旧09月21日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竹熊らは懲りずに目的を達しようとし、今度は金勝要神を手に入れようとしていた。足長彦も金勝要神を狙い、寅熊もこれを狙っていた。また魔子彦は大八洲彦命に近づいてすきあらば刺し殺そうとしていた。
元の謀主は竹熊であったが、邪神たちはおのおの野望を秘めて、互いに自己本位の計画を立てていた。これらの魔軍は表面一致して竜宮占領の計画をしていたが、やがていま一息というところで四分五裂してしまった。
竹熊は足長彦を遠くに追いやり、魔子彦に監視させた。魔子彦の同僚である熊彦の部下たちが、魔子彦の悪事に愛想をつかし、足長彦に魔子彦の悪事を報告したり、魔子彦をヨルダン河に沈め殺そうという者が出てきた。
また、中でも梅若彦、八島姫、高山彦らは魔子彦のきたないやり方に憤り、善心に立ち返って邪神の行いを大八洲彦命に報告し、帰順した。
大八洲彦命は魔子彦を帰順させ、また杉山彦の帰順によって竹熊の謀計をさとり、竹熊軍が待ち伏せをする橄欖山を取り囲み、一挙に天の磐船から火弾を投げつけた。竹熊軍はたちまち敗走した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0126
愛善世界社版:156頁 八幡書店版:第1輯 102頁 修補版: 校定版:156頁 普及版:82頁 初版: ページ備考:
001 竹熊(たけくま)はなほ()りずに、002執念(しふねん)(ぶか)くも最初(さいしよ)目的(もくてき)貫徹(くわんてつ)せむとし、003魔子彦(まごひこ)004足長彦(あしながひこ)005牛人(うしうど)006寅熊(とらくま)(あひ)(かた)らひ、007こんどは金勝要神(きんかつかねのかみ)()()るることを断念(だんねん)し、008大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)高天原(たかあまはら)より排除(はいじよ)せむとした。009(しか)るに、010足長彦(あしながひこ)はなほ依然(いぜん)として金勝要神(きんかつかねのかみ)をねらひ、011寅熊(とらくま)(また)(おな)じく(これ)内心(ないしん)ひそかにねらつてゐた。012さうして魔子彦(まごひこ)甘言(かんげん)をもつて大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)身辺(しんぺん)(ちか)づき、013(すき)あらばこれを刺殺(さしころ)さむとする計画(けいくわく)であつた。
014 しかし、015もとの謀主(ぼうしゆ)竹熊(たけくま)であるから、016各自(かくじ)野望(やばう)心中(しんちゆう)(ふか)()めながら、017(たが)ひに自己(じこ)本位(ほんゐ)計画(けいくわく)をたててゐた。018竹熊(たけくま)は、019大神(おほかみ)信任(しんにん)(あつ)熊足彦(くまたるひこ)味方(みかた)につけ、020牛人(うしうど)021与彦(ともひこ)022黒姫(くろひめ)023菊姫(きくひめ)部将(ぶしやう)(さだ)めて暗々裡(あんあんり)活動(くわつどう)をはじめた。024また熊彦(くまひこ)杉山彦(すぎやまひこ)025中裂彦(なかさきひこ)026照姫(てるひめ)027藤姫(ふぢひめ)028花立姫(はなたちひめ)029土彦(つちひこ)030谷熊(たにくま)031蟹熊(かにくま)邪神(じやしん)部将(ぶしやう)として、032暗々裡(あんあんり)活動(くわつどう)してゐた。033さうして熊彦(くまひこ)足長彦(あしながひこ)参謀(さんぼう)につかつて、034(さかん)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)討取(うちと)計画(けいくわく)をすすめてゐた。035一方(いつぱう)また魔子彦(まごひこ)田依彦(たよりひこ)036豆寅(まめとら)037胸長彦(むねながひこ)038草香姫(くさかひめ)039時津彦(ときつひこ)040梅若彦(うめわかひこ)041八島姫(やしまひめ)042高山彦(たかやまひこ)神々(かみがみ)部将(ぶしやう)(さだ)め、043大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)歓心(くわんしん)()ひ、044搦手(からめて)より竜宮城(りゆうぐうじやう)(しの)()り、045(もつ)竜宮(りゆうぐう)実権(じつけん)(にぎ)り、046その(うへ)047(こと)をなさむとの下心(したごころ)であつた。048しかしこれらの三巨頭(さんきよとう)は、049表面(へうめん)一致(いつち)行動(かうどう)をとつて竜宮(りゆうぐう)占領(せんりやう)計画(けいくわく)をすすめ、050あまたの魔軍(まぐん)をかり(あつ)めてまつしぐらに黄金橋(こがねばし)()めかけた。051しかしいづれも自己(じこ)本位(ほんゐ)とする魔軍(まぐん)団結(だんけつ)であるから、052(いま)一息(ひといき)といふところで、053四分五裂(しぶんごれつ)のやむなきに()ちいたつた。
054 さる(ほど)に、055竹熊(たけくま)猿飛彦(さるとびひこ)056木常姫(こつねひめ)背後(はいご)参謀(さんぼう)として、057熊彦(くまひこ)058魔子彦(まごひこ)両翼(りやうよく)とし、059綿密(めんみつ)なる作戦(さくせん)計画(けいくわく)着手(ちやくしゆ)した。060第一(だいいち)に、061自分(じぶん)地位(ちゐ)保護(ほご)する必要(ひつえう)ありとし、062牛人(うしうど)および魔子彦(まごひこ)使(つか)ひ、063足長彦(あしながひこ)(いつは)つて(とほ)土地(とち)()らしめ、064与彦(ともひこ)065黒姫(くろひめ)066菊姫(きくひめ)をして数多(あまた)魔軍(まぐん)引率(いんそつ)せしめ、067橄欖山(かんらんざん)のうしろに(しの)ばしめて(とき)()るのを()たしめた。068また一方(いつぱう)魔子彦(まごひこ)(めい)じて、069足長彦(あしながひこ)行動(かうどう)監視(かんし)せしめた。070ここに熊彦(くまひこ)部下(ぶか)なる土彦(つちひこ)魔子彦(まごひこ)計略(けいりやく)(さと)り、071密使(みつし)をもつて足長彦(あしながひこ)一伍一什(いちぶしじゆう)報告(はうこく)した。072さうしてまた魔子彦(まごひこ)胸長彦(むねながひこ)参謀(さんぼう)とし、073豆寅(まめとら)(つま)なる草香姫(くさかひめ)をつひに(うば)ひとつた。074魔子彦(まごひこ)には、075田依彦(たよりひこ)といふ邪神(じやしん)(かげ)のごとくに附随(ふずい)して、076種々(しゆじゆ)企策(きさく)(さづ)けてをつた。077田依彦(たよりひこ)草香姫(くさかひめ)(おとうと)である。078そこで魔子彦(まごひこ)行状(ぎやうじやう)をうかがひ()つたる、079熊彦(くまひこ)部下(ぶか)なる杉山彦(すぎやまひこ)080中裂彦(なかさきひこ)081花立彦(はなたちひこ)082土彦(つちひこ)083谷熊(たにくま)084時彦(ときひこ)などが憤慨(ふんがい)して、085魔子彦(まごひこ)をヨルダン(がは)(しづ)(ころ)さむとした。086しかるに、087梅若彦(うめわかひこ)088八島姫(やしまひめ)089高山彦(たかやまひこ)魔子彦(まごひこ)のきたなき行動(かうどう)愛想(あいさう)をつかして、090その実況(じつきやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)報告(はうこく)するとともに善心(ぜんしん)立復(たちかへ)り、091大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(こころ)(そこ)から帰順(きじゆん)した。
092 このとき大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はヨルダン(がは)(わた)り、093はるかの東方(とうはう)出陣(しゆつぢん)してゐたのである。094一方(いつぱう)熊彦(くまひこ)は、095また竹熊(たけくま)部下(ぶか)なる牛人(うしうど)096与彦(ともひこ)097黒姫(くろひめ)098菊姫(きくひめ)099谷熊(たにくま)100寅熊(とらくま)とともに、101橄欖山(かんらんざん)(うしろ)(ぢん)をかまへて待伏(まちぶ)せた。102これは大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)第一着(だいいちちやく)(ほろ)ぼして目的(もくてき)(たつ)せむためであつた。
103 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)魔子彦(まごひこ)帰順(きじゆん)せしめ、104武勇絶倫(ぶゆうぜつりん)なる高山彦(たかやまひこ)軍勢(ぐんぜい)引率(いんそつ)して、105竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)し、106杉山彦(すぎやまひこ)(かへ)(ちゆう)なる報告(はうこく)によつて、107竹熊(たけくま)謀計(ぼうけい)をさとり、108遠巻(とほまき)橄欖山(かんらんざん)をとり(かこ)み、109一挙(いつきよ)にこれを殲滅(せんめつ)せむと(あま)磐船(いはふね)をもつて火弾(くわだん)()げつけた。110たちまち竹熊(たけくま)軍勢(ぐんぜい)蜘蛛(くも)()()らすごとく、111四方(しはう)八方(はつぱう)散乱(さんらん)してしまつた。
112大正一〇・一〇・二一 旧九・二一 谷口正治録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)