霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 竜宮城(りゆうぐうじやう)死守(ししゆ)〔二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第4篇 竜宮占領戦 よみ:りゅうぐうせんりょうせん
章:第27章 第1巻 よみ:りゅうぐうじょうのししゅ 通し章番号:27
口述日:1921(大正10)年10月22日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
竹熊、魔子彦、熊彦の同盟は内部分裂により統制を失って離散した。竹熊は厳の御魂の信任を得る作戦に出た。厳の御魂は竹熊が改心したものと思い、安堵をしていた。
竹熊は厳の御魂の系統である木常姫と力を合わせて、竜宮城を内部から瓦解させようとしていた。そのために、自分の妻・菊姫を離縁して、猿飛彦の妻であった木常姫を奪おうとした。
猿飛彦は木常姫の陰謀を知ると、怒ってこれを追い出した。竹熊と木常姫はこれ幸いと猿飛彦と菊姫を讒言した。厳の御魂は竹熊と木常姫を信任していたので、両者の結婚をやむを得ず承諾した。
金勝要神は猿飛彦と菊姫の陳情によって、竹熊・木常姫の悪事を知った。また大八洲彦命は彼らの陰謀を見破っていたので、金勝要神とともに、厳の御魂に彼らの悪事を知らせて、二人の結婚を破棄するようにと諫言した。
竹熊と木常姫は怒って魔軍を駆り、大八洲彦命と金勝要神を攻撃した。竜宮城の戦闘は激烈を極め、地の高天原も竜宮城も暗雲に包まれてしまった。
厳の御魂は驚いて竜宮城を立ち去り、シナイ山に避難した。竜宮城は金勝要神がわずかな武将とともに死守していたが、ほとんど全滅に近い打撃を受けていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0127
愛善世界社版:159頁 八幡書店版:第1輯 103頁 修補版: 校定版:160頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001 竹熊(たけくま)002魔子彦(まごひこ)003熊彦(くまひこ)三角(さんかく)同盟軍(どうめいぐん)は、004前述(ぜんじゆつ)のごとく内部(ないぶ)暗闘(あんとう)より統制力(とうせいりよく)(うしな)ひ、005一時(いちじ)諸処(しよしよ)潰走(くわいそう)した。006そのため暫時(ざんじ)(あひだ)は、007()高天原(たかあまはら)もやや小康(せうかう)()てゐた。
008 以前(いぜん)失敗(しつぱい)()りた竹熊(たけくま)攻撃(こうげき)方法(はうはふ)一変(いつぺん)し、009こんどは千辛万苦(せんしんばんく)結果(けつくわ)010(いづ)御魂(みたま)信任(しんにん)()ることに努力(どりよく)した。011(いづ)御魂(みたま)はやや安堵(あんど)され、012(かれ)らはほとんど改心(かいしん)(じつ)()げたものと(おも)はれ、013(すこ)しく油断(ゆだん)があつた。014そこで竹熊(たけくま)(さく)(あた)れるを(こころ)ひそかに(よろこ)びつつ、015(いづ)御魂(みたま)系統(けいとう)なる木常姫(こつねひめ)(ちから)(あは)せ、016(こころ)(いつ)にし内部(ないぶ)より竜宮城(りゆうぐうじやう)瓦解(ぐわかい)し、017両神(りやうしん)竜宮城(りゆうぐうじやう)(わう)たらむとの手筈(てはず)(さだ)めた。018竹熊(たけくま)自分(じぶん)(つま)なる菊姫(きくひめ)にワザと汚点(をてん)をつけこれを離縁(りえん)し、019猿飛彦(さるとびひこ)(つま)なる木常姫(こつねひめ)(うば)はむとした。
020 ここに猿飛彦(さるとびひこ)竹熊(たけくま)謀計(ぼうけい)(さと)り、021(おこ)つて木常姫(こつねひめ)()()した。022竹熊(たけくま)木常姫(こつねひめ)謀計(ぼうけい)()(あた)れるを(よろこ)び、023竜宮城(りゆうぐうじやう)参上(まゐのぼ)言葉(ことば)たくみに猿飛彦(さるとびひこ)や、024菊姫(きくひめ)乱倫(らんりん)悪行(あくかう)数々(かずかず)捏造(ねつざう)して、025これを(いづ)御魂(みたま)進言(しんげん)した。
026 ほとんど信任(しんにん)した竹熊(たけくま)027木常姫(こつねひめ)(げん)(みみ)(かたむ)け、028(いづ)御魂(みたま)竹熊(たけくま)木常姫(こつねひめ)結婚(けつこん)事情(じじやう)やむを()ずとして、029(ゆる)されることになつた。030ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)金勝要神(きんかつかねのかみ)は、031猿飛彦(さるとびひこ)菊姫(きくひめ)詳細(しやうさい)なる陳情(ちんじやう)によつて(かれ)らの陰謀(いんぼう)知悉(ちしつ)された。032竹熊(たけくま)木常姫(こつねひめ)結婚(けつこん)せむとした(しん)目的(もくてき)は、033木常姫(こつねひめ)が、034(いづ)御魂(みたま)肉身(にくしん)系統(けいとう)であるから、035自分(じぶん)権勢力(けんせいりよく)()しておき、036(おもむろ)(とき)()つて竜宮城(りゆうぐうじやう)占領(せんりやう)せむとしたのである。037また木常姫(こつねひめ)(をつと)なる猿飛彦(さるとびひこ)頑迷(ぐわんめい)にして、038かつ強硬(きやうかう)なる態度(たいど)に、039やや嫌忌(けんき)(じやう)(はつ)してゐた(さい)であるから、040表面(へうめん)温良(おんりやう)にして(おほ)くの(もの)信任(しんにん)(あつ)竹熊(たけくま)夫婦(ふうふ)になり、041金勝要神(きんかつかねのかみ)や、042大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)地位(ちゐ)()つて(かは)らむと(かんが)へたからである。
043 竹熊(たけくま)らの陰謀(いんぼう)知悉(ちしつ)したる大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、044金勝要神(きんかつかねのかみ)(とも)(めん)(をか)して(いづ)御魂(みたま)諫言(かんげん)し、045かつ(すみや)かに竹熊(たけくま)木常姫(こつねひめ)結婚(けつこん)を、046破棄(はき)せむことを道理(だうり)(うへ)より強請(きやうせい)した。047この様子(やうす)(うかが)()つたる竹熊(たけくま)木常姫(こつねひめ)は、048(おほ)いに(いか)つて大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)()つてかかつた。049しかして一方(いつぱう)木常姫(こつねひめ)はあまたの魔軍(まぐん)応援(おうゑん)()て、050金勝要神(きんかつかねのかみ)八方(はつぱう)より挟撃(けふげき)し、051ほとんど窮地(きゆうち)(おとしい)れむとした。052ここに小島別(こじまわけ)は、053仲裁(ちゆうさい)(らう)()らむとして少数(せうすう)(ぐん)引率(いんそつ)し、054(いそ)いで竜宮城(りゆうぐうじやう)()(さん)百方(ひやつぱう)()(つく)した。055しかるに戦闘(せんとう)はますます激烈(げきれつ)となつた。056しかして竹熊(たけくま)はエデンの(その)(ぢん)()り、057木純姫(こすみひめ)058足長彦(あしながひこ)らを参謀(さんぼう)として陣営(ぢんえい)(かま)へた。
059 このとき()高天原(たかあまはら)も、060竜宮城(りゆうぐうじやう)暗雲(あんうん)(つつ)まれ、061天地(てんち)惨憺(さんたん)として咫尺(しせき)(べん)ぜざる光景(くわうけい)である。062さうして(てん)一方(いつぱう)よりは、063数万(すうまん)魔軍(まぐん)竹熊(たけくま)にむかつて応援(おうゑん)する。064その(とき)大将(たいしやう)大森別(おほもりわけ)065加津彦(かつひこ)066杉森彦(すぎもりひこ)面々(めんめん)である。067にはかに雷鳴(らいめい)天地(てんち)にとどろきわたり、068(あめ)(ぼん)(くつが)へすごとく、069東北(とうほく)(かぜ)は、070地上(ちじやう)一切(いつさい)のものを天上(てんじやう)()()げむとするの惨状(さんじやう)であつた。
071 ここに(いづ)御魂(みたま)(おどろ)きおそれて竜宮城(りゆうぐうじやう)()ちいで、072高杉彦(たかすぎひこ)073安熊(やすくま)らの部将(ぶしやう)引率(ひきつ)れ、074シナイ(ざん)避難(ひなん)された。075しかして(あと)には金勝要神(きんかつかねのかみ)主宰(しゆさい)(もと)小島別(こじまわけ)076元彦(もとひこ)077高杉別(たかすぎわけ)部将(ぶしやう)として、078竜宮城(りゆうぐうじやう)死守(ししゆ)した。079この(とき)()高天原(たかあまはら)も、080竜宮城(りゆうぐうじやう)惨憺(さんたん)たる光景(くわうけい)で、081(ほとん)全滅(ぜんめつ)(ちか)かつたのである。
082大正一〇・一〇・二二 旧九・二二 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。