霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四七章 エデン城塞(じやうさい)陥落(かんらく)〔四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 篇:第5篇 御玉の争奪 よみ:みたまのそうだつ
章:第47章 第1巻 よみ:えでんじょうさいかんらく 通し章番号:47
口述日:1921(大正10)年10月26日(旧09月26日) 口述場所: 筆録者:谷口正治 校正日: 校正場所: 初版発行日:1921(大正10)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高杉別、森鷹彦が重用されるようになったことを、武熊別は面白からず思っていた。そして高杉別、森鷹彦を滅ぼそうと、ひそかにウラル山の鬼熊と通じた。
鬼熊は妻の鬼姫に策を授けて竜宮城に潜入させた。鬼姫は稚姫君命、大八洲彦命の信任を得るようになり、その結果、鬼熊は竜宮上への出入りを許されるようになった。
ところで、鬼熊夫婦には月彦という心の麗しい息子がいた。邪神夫婦にも、このような清らかな子が生まれることがあるのである。月彦は稚姫君命のお気に入りとなった。
稚姫君命は国常立尊の神命によって月彦、真倉彦を伴って沓島に渡り、魔軍鎮定の神業を行った。このとき秋津島根に邪竜・邪神軍が攻め寄せたが、神軍によって邪竜は殲滅された。
しかし地上にはびこる邪神軍は勢いが激しく、鎮定の目処が立たないままであった。地上の邪神軍は、実は鬼熊の部下のウラル山の悪霊たちであった。
竜宮城には、稚姫君命の留守として、大八洲彦命をはじめ、竹熊、高杉別、森鷹彦らも守りを固めていた。武熊別はこの好機に竹熊、高杉別、森鷹彦を滅ぼそうと、鬼熊夫婦に、大八洲彦命と竹熊が、ウラル山に侵攻して鬼熊を滅ぼす計画を練っている、と嘘の情報を流して、けしかけた。
鬼熊は怒って、まず邪神軍を竹熊のエデン城に向けて駆り、襲撃した。竹熊は竜宮城の守備についていたため、エデン城は簡単に鬼熊の手に落ちた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0147
愛善世界社版:251頁 八幡書店版:第1輯 135頁 修補版: 校定版:251頁 普及版:130頁 初版: ページ備考:
001 竹熊(たけくま)大小(だいせう)十二(じふに)各色(かくしよく)(たま)()意気(いき)(てん)()き、002虚勢(きよせい)()つて横暴(わうばう)(きよく)(つく)した。003さうして高杉別(たかすぎわけ)004森鷹彦(もりたかひこ)(ふか)信任(しんにん)し、005高杉別(たかすぎわけ)をして武熊別(たけくまわけ)地位(ちゐ)にかはらしめた。006武熊別(たけくまわけ)竹熊(たけくま)態度(たいど)憤怨(ふんえん)やるかたなく、007ここに一計(いつけい)をめぐらし、008ウラル(ざん)割拠(かつきよ)する鬼熊(おにくま)(くわん)(つう)じ、009竹熊(たけくま)010高杉別(たかすぎわけ)011森鷹彦(もりたかひこ)(ほろ)ぼさむとした。012鬼熊(おにくま)はその(つま)鬼姫(おにひめ)(はかりごと)(さづ)けて竜宮城(りゆうぐうじやう)奥深(おくふか)(しの)ばしめ、013(つひ)には稚姫君命(わかひめぎみのみこと)014大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)のやや信任(しんにん)()るにいたつた。015鬼熊(おにくま)鬼姫(おにひめ)苦心(くしん)により、016つひに竜宮城(りゆうぐうじやう)出入(でいり)(ゆる)さるるとこまで()ぎつけた。017さうして鬼熊(おにくま)()月彦(つきひこ)といふ(こころ)(うるは)しき(もの)があつた。018この(もの)稚姫君命(わかひめぎみのみこと)大変(たいへん)なお()にいりであつた。019悪霊(あくれい)夫婦(ふうふ)()に、020かくのごとき善人(ぜんにん)(うま)()でたるは、021あたかも泥中(でいちゆう)より()蓮華(れんげ)のやうなものである。022ここに稚姫君命(わかひめぎみのみこと)は、023ふたたび世界(せかい)各所(かくしよ)(むら)がりおこる悪霊(あくれい)騒動(さうどう)鎮定(ちんてい)すべく、024国常立尊(くにとこたちのみこと)神命(しんめい)(ほう)じ、025月彦(つきひこ)026真倉彦(まくらひこ)(ともな)ひ、027目無堅間(めなしかたま)御船(みふね)にのり、028真澄(ますみ)(たま)()めおかれたる沓島(くつじま)にわたり、029諸善神(しよぜんしん)(あつ)めて、030魔軍(まぐん)鎮定(ちんてい)神業(かむわざ)奉仕(ほうし)されたのである。031この(とき)秋津島根(あきつしまね)()めよせきたる数万(すうまん)黒竜(こくりゆう)は、032竜宮(りゆうぐう)(まも)(がみ)および沓島(くつじま)(まも)(がみ)033(くに)御柱命(みはしらのみこと)(ひき)ゐる神軍(しんぐん)のために、034真奈井(まなゐ)(うみ)においてもろくも全滅(ぜんめつ)した。035しかるに陸上(りくじやう)曲津(まがつ)らは、036勢力(いきほひ)猖獗(せうけつ)にして容易(ようい)鎮定(ちんてい)模様(もやう)()えなかつた。037これは、038ウラル(ざん)割拠(かつきよ)する鬼熊(おにくま)部下(ぶか)悪霊(あくがみ)らの、039権力(けんりよく)争奪(そうだつ)悪魔戦(あくません)であつた。040鬼熊(おにくま)部下(ぶか)者共(ものども)統一力(とういつりよく)なきを(うれ)へ、041ここに一計(いつけい)をめぐらし、042竜宮城(りゆうぐうじやう)出入(でいり)して根本的(こんぽんてき)権力(けんりよく)()043部下(ぶか)悪霊(あくがみ)鎮定(ちんてい)し、044すすんで()高天原(たかあまはら)占領(せんりやう)せむとする企画(きくわく)をたててゐた。
045 稚姫君命(わかひめぎみのみこと)一行(いつかう)沓島(くつじま)出馬(しゆつば)されし(あと)竜宮城(りゆうぐうじやう)は、046大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)047真澄姫(ますみひめ)をはじめ、048竹熊(たけくま)049高杉別(たかすぎわけ)050森鷹彦(もりたかひこ)051竜代姫(たつよひめ)052小島別(こじまわけ)()のあまたの神司(かみがみ)(かた)(まも)つてゐた。053武熊別(たけくまわけ)如何(いか)にもして、054竹熊(たけくま)055高杉別(たかすぎわけ)(ほろ)ぼさむとし、056鬼熊(おにくま)057鬼姫(おにひめ)(たい)し、
058大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)059竹熊(たけくま)()神軍(しんぐん)(ととの)へ、060大挙(たいきよ)してウラル(ざん)攻落(せめおと)し、061貴下(きか)討滅(たうめつ)せむと種々(しゆじゆ)画策(くわくさく)最中(さいちゆう)なり。062われは探女(さぐめ)(はな)ちてその詳細(しやうさい)探知(たんち)せり』
063種々(しゆじゆ)虚偽(きよぎ)(なら)べ、064鬼熊(おにくま)065鬼姫(おにひめ)(こころ)(うご)かさむとした。066ここに鬼熊(おにくま)067鬼姫(おにひめ)憤怒(ふんど)心頭(しんとう)(たつ)し、
068大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)069竹熊(たけくま)一派(いつぱ)らを(ほろ)ぼすは(いま)()いて好機(かうき)はなし。070(いま)(われ)071(かれ)らを(ほろ)ぼさずんば、072(われ)(かれ)早晩(さうばん)(ほろ)ぼされむ。073機先(きせん)(せい)するはこの(とき)なり』
074鬼熊(おにくま)075鬼姫(おにひめ)武熊別(たけくまわけ)部将(ぶしやう)として、076ウラル(ざん)鬼神(きしん)毒蛇(どくじや)引率(いんそつ)し、077まづ竹熊(たけくま)(たむろ)せるエデンの(しろ)(おそ)ひ、078ついで竜宮城(りゆうぐうじやう)襲撃(しふげき)せむとした。079鬼熊(おにくま)魔軍(まぐん)驀地(まつしぐら)にすすんで、080八方(はつぱう)よりエデンの城塞(じやうさい)(せま)つた。081(とき)しも竹熊(たけくま)は、082竜宮城(りゆうぐうじやう)留守役(るすやく)として不在中(ふざいちゆう)なりしかば、083エデン(じやう)(たたか)はずしてもろくも鬼熊(おにくま)()()ちた。
084大正一〇・一〇・二六 旧九・二六 谷口正治録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。