霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 (かご)(とり)〔一〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第3篇 ロツキー山 よみ:ろっきーざん
章:第6章 籠の鳥 よみ:かごのとり 通し章番号:106
口述日:1921(大正10)年11月14日(旧10月15日) 口述場所: 筆録者:河津雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ロッキー山に姿を現した国直姫命は、ロッキー山に新しい地の高天原を再建し、国治立命を迎え奉るのだ、と宣旨した。ロッキー山の諸神卒は、これはまことの国直姫命であると信じてしまっていた。
そこへ地の高天原から言霊別命がやってきた。言霊別命は衆神の面前で、ロッキー山の国直姫命を詰問するが、逆に捕らえられて牢獄につながれてしまった。
国直姫命はまた、国治立命と称する神を迎え入れた。城内の神々は、ますますこれを信用した。
そこへまた、貴治彦と靖国別が地の高天原の視察から戻ってきた。そして、ロッキー山の国直姫命を詰問すると、逆に国治立命と称する神が現れて、二人にロッキー山からの退去を命じた。
貴治彦はモスコーに逃れ、また靖国別夫婦はいずことも知れず、行方不明になってしまった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0306
愛善世界社版:35頁 八幡書店版:第1輯 272頁 修補版: 校定版:37頁 普及版:14頁 初版: ページ備考:
001 国直姫命(くになほひめのみこと)靖国姫(やすくにひめ)とともにロツキー(ざん)諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)(あつ)め、002高天原(たかあまはら)惨状(さんじやう)物語(ものがた)り、003かつ、004……(われ)(てん)御三体(ごさんたい)大神(おほかみ)(めい)(ほう)じ、005ロツキー(ざん)()高天原(たかあまはら)建設(けんせつ)し、006国治立命(くにはるたちのみこと)(むか)へたてまつり、007天地(てんち)律法(りつぱう)厳守(げんしゆ)し、008もつて至善(しぜん)至美(しび)なるミロクの神政(しんせい)()かむとす。009(なんぢ)諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)(こころ)(あは)()(めい)(ほう)じ、010(ちから)(いつ)にして、011もつて神政(しんせい)成就(じやうじゆ)のために努力(どりよく)せよ……と宣示(せんじ)したり。
012 諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)一点(いつてん)(うたが)ひもなく、013この宣示(せんじ)遵守(じゆんしゆ)し、014ますます結束(けつそく)(かた)くし、015各城門(かくじやうもん)には勇猛(ゆうまう)なる神将(しんしやう)配置(はいち)し、016(かた)くこれを(まも)らしめたり。017このとき東天(とうてん)をとどろかし、018(あま)磐船(いはぶね)()りてきたる(かみ)あり、019靖国別(やすくにわけ)面談(めんだん)せむと、020眉目清秀(びもくせいしう)威厳(ゐげん)(をか)すべからざる言霊別命(ことたまわけのみこと)がこの()(あら)はれたまひける。021東門(ひがしもん)神将(しんしやう)玉国別(たまくにわけ)は、022この(むね)国直姫命(くになほひめのみこと)奏上(そうじやう)しければ、023(みこと)はただちに大広間(おほひろま)諸神将(しよしんしよう)(あつ)め、024列座(れつざ)せる中央(ちうあう)言霊別命(ことたまわけのみこと)(まね)き、025その来意(らいい)(たづ)ねける。
026 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
027貴治彦(たかはるひこ)使者(ししや)国彦(くにひこ)進言(しんげん)により、028高天原(たかあまはら)混乱(こんらん)状態(じやうたい)(おちい)り、029国直姫命(くになほひめのみこと)()をもつて(まぬが)れ、030大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)昇天(しようてん)し、031国治立命(くにはるたちのみこと)行衛(ゆくへ)不明(ふめい)となりたまひたりとの密使(みつし)ロツキー(ざん)(きた)れりと()き、032不審(ふしん)にたへず、033(こと)実否(じつぴ)調査(てうさ)せむために、034(われ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)使神(ししん)として出向(しゆつかう)せり。035今日(こんにち)()高天原(たかあまはら)はきはめて平穏(へいおん)無事(ぶじ)なり。036したがつて国治立命(くにはるたちのみこと)をはじめ、037国直姫命(くになほひめのみこと)038大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はすこぶる健全(けんぜん)にして神務(しんむ)鞅掌(あうしやう)せられ、039天地(てんち)律法(りつぱう)完全(くわんぜん)(おこな)はれつつあり。040しかるに何者(なにもの)奸策(かんさく)にや、041当城(たうじやう)にむけ虚偽(きよぎ)密告(みつこく)をなし当山(たうざん)攪乱(かくらん)せむとはする、042貴下(きか)何者(なにもの)なるぞ』
043国直姫命(くになほひめのみこと)にむかつて詰問(きつもん)せり。044このとき国直姫命(くになほひめのみこと)容色(ようしよく)をあらため威儀(ゐぎ)(ただ)し、
045(なんぢ)言霊別命(ことたまわけのみこと)自称(じしよう)するも(われ)はこれを(しん)ぜず。046(げん)国直姫命(くになほひめのみこと)(われ)なるぞ。047しかるに国直姫命(くになほひめのみこと)高天原(たかあまはら)にあり、048大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)健全(けんぜん)神務(しんむ)従事(じゆうじ)せりとは虚偽(きよぎ)もまた(はなは)だしからずや、049(なんぢ)は「(いつは)るなかれ」といふ天地(てんち)律法(りつぱう)(やぶ)りたる邪神(じやしん)なり、050国直姫命(くになほひめのみこと)あに二柱(ふたはしら)あらむや』
051(いろ)をなして()(はな)ちけるにぞ、052ここに諸神将(しよしんしよう)は、053……(われ)らをいつはる不届至極(ふとどきしごく)邪神(じやしん)054(にせ)言霊別命(ことたまわけのみこと)厳罰(げんばつ)(しよ)せむ……と、055いふより(はや)()()見合(みあは)せ、056ただちに()つて(みこと)後手(うしろで)(しば)りあげ、057(くち)猿轡(さるぐつわ)をはませ、058神卒(しんそつ)をして(どろ)(ふか)(ほり)(なか)投棄(とうき)し、059凱歌(がいか)(そう)しふたたび国直姫命(くになほひめのみこと)御前(ごぜん)()鼻高々(はなたかだか)とこの顛末(てんまつ)奏上(そうじやう)したり。060国直姫命(くになほひめのみこと)賞詞(しやうし)(たま)はるかと(おも)ひきや、061……(なんぢ)らは『(ころ)すなかれ』との天則(てんそく)違反(ゐはん)せり。062すみやかに()(くに)退去(たいきよ)(めい)ず……と(おごそ)かに()ひわたしければ、063(あん)相違(さうゐ)神司(かみがみ)らは(ふくろ)夜食(やしよく)(はづ)れたるごとき不平面(ふへいづら)にて、064神将(しんしやう)引立(ひきた)てられ牢獄(らうごく)()()まれける。065一方(いつぱう)言霊別命(ことたまわけのみこと)(から)うじて泥中(でいちう)より()(あが)りしところを番卒(ばんそつ)()つけられ、066高手(たかて)小手(こて)(いまし)められて牢獄(らうごく)()げこまれ、067無限(むげん)苦痛(くつう)をなめたまひける。
068 (をり)しもどこともなく微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)え、069紺碧(こんぺき)蒼空(さうくう)より五色(ごしき)(くも)()り、070あまたの神将(しんしやう)をしたがへ十曜(とえう)神旗(しんき)幾十(いくじふ)ともなく()したてて、071ロツキー(ざん)にむかつて(くだ)りきたる、072栄光(ゑいくわう)権威(けんゐ)(そな)はれる大神(おほかみ)(あら)はれましぬ。073国直姫命(くになほひめのみこと)恭敬礼拝(きようけいれいはい)拍手(はくしゆ)してこれを(むか)へ、074……国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)御苦労(ごくろう)(ぞん)(たてまつ)る……と大声(おほごゑ)奏上(そうじやう)したれば、075あまたの神司(かみがみ)(みこと)(こゑ)()くと(ひと)しく恭敬礼拝(きようけいれいはい)低頭平身(ていとうへいしん)076(れい)(かぎ)りをつくして奉迎(ほうげい)し、077歓喜(くわんき)(なみだ)にくれにける。
078 ここに国直姫命(くになほひめのみこと)国治立命(くにはるたちのみこと)奥殿(おくでん)案内(あんない)(たてまつ)り、079かつ諸神司(しよしん)(あつ)めて()高天原(たかあまはら)(てん)大神(おほかみ)(めい)により、080ロツキー(ざん)(うつ)されしことを宣示(せんじ)しける。081諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)欣喜雀躍(きんきじやくやく)()()(あし)()むところを()らざりし。082(とき)しも(あま)鳥船(とりぶね)()りて、083()高天原(たかあまはら)より八王神(やつわうじん)なる貴治彦(たかはるひこ)084八頭神(やつがしらがみ)なる靖国別(やすくにわけ)(かへ)りきたり、085東門(ひがしもん)降下(かうか)し、086番卒(ばんそつ)にむかつて開門(かいもん)(めい)じたり。087番卒(ばんそつ)はおほいに(おどろ)き、088唯々(ゐゐ)として(もん)(ひら)二神将(にしんしやう)(とほ)したり。089二神将(にしんしやう)はただちに奥殿(おくでん)気色(けしき)をかへて(すす)()り、090靖国姫(やすくにひめ)一間(ひとま)(まね)き、091高天原(たかあまはら)実況(じつきやう)物語(ものがた)り、092かつ、093当山(たうざん)()げきたりしといふ国治立命(くにはるたちのみこと)は、094その(じつ)常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)邪神(じやしん)なりと(かた)れば、095靖国姫(やすくにひめ)はおほいに(おどろ)き、096かつ、097その真偽(しんぎ)(まよ)はざるを()ざりける。
098 ここに貴治彦(たかはるひこ)099靖国別(やすくにわけ)城内(じやうない)諸神司(しよしん)(あつ)め、100()高天原(たかあまはら)実況(じつきやう)伝達(でんたつ)せむとし城内(じやうない)一般(いつぱん)(れい)(はつ)したるに、101(にせ)国直姫命(くになほひめのみこと)陰謀(いんぼう)露見(ろけん)せむことを(おそ)れ、102みづからも諸神将(しよしんしよう)(れい)(はつ)し、103大広前(おほひろまへ)(あつ)まらしめける。104諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)一柱(ひとはしら)として国直姫命(くになほひめのみこと)偽神(ぎしん)(しん)ずる(もの)なく、105かつ(にせ)国治立命(くにはるたちのみこと)一層(いつそう)(ふか)信頼(しんらい)しゐたりける。106このとき貴治彦(たかはるひこ)107靖国別(やすくにわけ)正座(しやうざ)になほり、108(にせ)国直姫(くになほひめ)にむかつて、109貴治彦(たかはるひこ)は、
110(なんぢ)はいづれより(きた)りし邪神(じやしん)なるか、111有体(ありてい)白状(はくじやう)せよ。112返答(へんたふ)次第(しだい)によりては容赦(ようしや)はならじ』
113双方(さうはう)より()めかけけるを、114国直姫命(くになほひめのみこと)はカラカラとうち(わら)ひ、
115(なんぢ)主神(しゆしん)にむかつて無礼(ぶれい)雑言(ざふごん)116長上(ちやうじやう)(うやま)へ」との律法(りつぱう)(やぶ)反逆者(はんぎやくしや)ならずや。117また(なんぢ)()高天原(たかあまはら)にいたりてその惨状(さんじやう)()きはめ(かへ)りしにもかかはらず、118(われ)にむかつて(いづ)れの邪神(じやしん)ぞと(くち)をきはめて(ののし)るは、119これはまた律法(りつぱう)違反(ゐはん)(あら)ずや。120(われ)はただちに奥殿(おくでん)()り、121国治立命(くにはるたちのみこと)(なんぢ)無礼(ぶれい)次第(しだい)逐一(ちくいち)奏上(そうじやう)(たてまつ)らむ、122しばらく(ひか)へよ』
123と、124足音(あしおと)(あら)奥殿(おくでん)(いそ)進入(しんにふ)したりしが、125城内(じやうない)諸神将(しよしんしよう)はこの光景(くわうけい)()てやや不審(ふしん)(くも)(つつ)まれゐたり。126貴治彦(たかはるひこ)127靖国別(やすくにわけ)(いかり)心頭(しんとう)(たつ)し、128二神司(にしん)(とも)(かたな)(つか)()をかけ、129国直姫命(くになほひめのみこと)一刀(いつたう)(もと)()()けむと決心(けつしん)したりしが、130たちまち天地(てんち)律法(りつぱう)(おも)()し……「(いか)(なか)れ、131(ころ)(なか)れ」いま(われ)短慮(たんりよ)(おこ)しなばみづから天則(てんそく)(やぶ)(もの)なり、132ああ如何(いか)にせむ……と思案(しあん)にくるるをりしも、133奥殿(おくでん)より国治立命(くにはるたちのみこと)あまたの侍神(じしん)(したが)へ、134悠然(いうぜん)()(あら)はれ、
135国治立命(くにはるたちのみこと)これに()り、136(なんぢ)(なに)ゆゑなれば天地(てんち)大命(たいめい)拝持(はいぢ)する国直姫命(くになほひめのみこと)にむかつて暴言(ばうげん)()くや、137(なんぢ)天地(てんち)律法(りつぱう)破壊(はくわい)する邪神(じやしん)なり、138一時(いちじ)(はや)くこの()立去(たちさ)れ。139万一(まんいち)()(げん)違背(ゐはい)せば、140やむを()(なんぢ)二人(ふたり)を、141()(くに)退去(たいきよ)(めい)ず』
142と、143言辞(ことば)おごそかに(つた)へければ、144城内(じやうない)諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)はいづれも真正(しんせい)国治立命(くにはるたちのみこと)(しん)じ、145この二人(ふたり)天則(てんそく)違反者(ゐはんしや)となして、146ロツキー(ざん)退去(たいきよ)せしめたりける。147ここに貴治彦(たかはるひこ)はモスコーに(のが)れ、148蟄居(ちつきよ)して時期(じき)()つこととなりぬ。149また靖国別(やすくにわけ)夫婦(ふうふ)何処(いづく)ともなく()ちのび、150行衛(ゆくへ)不明(ふめい)となれり。
151附言(ふげん) この国治立命(くにはるたちのみこと)といふは六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)変化(へんげ)にして、152国直姫命(くになほひめのみこと)常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)醜玉姫(しこたまひめ)なり。153かくしてロツキー(ざん)悪魔(あくま)()におちいり、154諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)は、155その邪神(じやしん)たることを(さと)(もの)なく、156ここに(にせ)高天原(たかあまはら)はある時期(じき)まで、157建設(けんせつ)されゐたりしなり。
158大正一〇・一一・一四 旧一〇・一五 河津雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。