霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 晴天(せいてん)白日(はくじつ)〔一二〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第6篇 青雲山 よみ:せいうんざん
章:第20章 晴天白日 よみ:せいてんはくじつ 通し章番号:120
口述日:1921(大正10)年11月18日(旧10月19日) 口述場所: 筆録者:河津雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0320
愛善世界社版:116頁 八幡書店版:第1輯 302頁 修補版: 校定版:118頁 普及版:51頁 初版: ページ備考:
001 青雲山上(せいうんざんじやう)黄金(こがね)(みや)竣工(しゆんこう)()げ、002いよいよ国魂(くにたま)として、003黄金(わうごん)宝玉(ほうぎよく)鎮祭(ちんさい)することとはなりぬ。004神澄彦(かむずみひこ)玉守彦(たまもりひこ)(まね)き、
005『さきに保管(ほくわん)(めい)じたる宝玉(ほうぎよく)持参(ぢさん)せよ』
006(めい)ずれば玉守彦(たまもりひこ)は、007(あづ)かりし(たま)(うやうや)しく奉持(はうぢ)してこれを(たてまつ)り、008荘厳(さうごん)なる儀式(ぎしき)(もと)国魂(くにたま)(まつ)られけり。009ここに玉守彦(たまもりひこ)は、010黄金(こがね)(みや)(つかさ)となり、011厳重(げんぢう)守護(しゆご)することとなりぬ。
012 玉守彦(たまもりひこ)侍女(じぢよ)良姫(よしひめ)なるものあり。013つねに玉守彦(たまもりひこ)夫妻(ふさい)忠実(ちうじつ)(つか)へ、014とくに玉守彦(たまもりひこ)には信任(しんにん)もつとも(ふか)ければ玉守彦(たまもりひこ)は、015何事(なにごと)良姫(よしひめ)相談(さうだん)するを(つね)とせり。016玉守姫(たまもりひめ)(をつと)良姫(よしひめ)(ふか)(しん)ずるを()て、017嫉妬心(しつとしん)をおこし、018自暴自棄(じばうじき)となりて、019日夜(にちや)飲酒(いんしゆ)にふけり、020隣人(りんじん)(あつ)(をど)(くる)ひ、021ややもすれば酒気(しゆき)(じやう)じて、022(をつと)秘密(ひみつ)(くち)ばしるのみならず、023玉守彦(たまもりひこ)良姫(よしひめ)(あひだ)には(きたな)関係(くわんけい)あるがごとく()ひふらしける。
024 玉守彦(たまもりひこ)は、025(つま)日夜(にちや)放埒(はうらつ)()るに(しの)びず(きび)しく訓戒(くんかい)(くは)へたるに、026玉守姫(たまもりひめ)はたちまち(まゆ)逆立(さかだ)()(いか)らせ、027顔色(がんしよく)するどく、028狂気(きやうき)のごとくなりて、029玉守彦(たまもりひこ)にむかひ、
030貴下(きか)平素(へいそ)(わらは)(うと)んじ、031侍女(じぢよ)良姫(よしひめ)寵愛(ちようあい)し、032(わらは)侮辱(ぶじよく)(あた)ふ。033もはや堪忍袋(かんにんぶくろ)()()れたれば、034(わらは)はこれより八王神(やつわうじん)御前(みまへ)()で、035(をつと)隠謀(いんぼう)次第(しだい)逐一(ちくいち)(うつた)(たてまつ)らむ』
036といふより(はや)(いへ)()びだし、037八王神(やつわうじん)御前(みまへ)(をつと)(つみ)(のこ)らず奏聞(そうもん)したりける。038奏聞(そうもん)次第(しだい)は、
039玉守彦(たまもりひこ)大切(たいせつ)なる黄金(こがね)宝玉(ほうぎよく)(あづ)かりながら、040この(たま)吾物(わがもの)にせむと(はか)り、041(まこと)宝玉(ほうぎよく)には(くろ)(すみ)をぬり、042(べつ)同形(どうけい)(いし)(たま)(つく)り、043これに金鍍金(きんめつき)をかけ、044(まこと)(たま)宝珠山(ほうじゆさん)(おく)(ふか)くこれを(うづ)め、045擬玉(にせだま)差出(さしだ)して黄金(こがね)(みや)(まつ)り、046後日(ごじつ)(とき)()(しん)宝玉(ほうぎよく)()りだし、047(たま)神力(しんりき)によりて青雲山(せいうんざん)城塞(じやうさい)乗取(のりと)り、048八王(やつわう)049八頭(やつがしら)(かみ)放逐(はうちく)し、050おのれとつて(かは)八王神(やつわうじん)とならむと、051不軌(ふき)(はか)りつつあり。052(をつと)ながらも(じつ)(おそ)ろしき悪逆無道(あくぎやくぶだう)(もの)なり。053すみやかに(とら)へて(ごく)(とう)じ、054(くに)(がい)(のぞ)かせたまへ』
055嫉妬(しつと)(ほのほ)すさまじく、056()をゆすりて()きつ(うつた)へにけり。057ここに八王神(やつわうじん)神澄彦(かむずみひこ)は、058八頭神(やつがしらがみ)吾妻彦(あづまひこ)(まね)きて、059玉守姫(たまもりひめ)(うつた)への次第(しだい)物語(ものがた)り、060ただちに玉守彦(たまもりひこ)()(とら)へしめたり。
061 玉守彦(たまもりひこ)(つま)玉守姫(たまもりひめ)とともに、062吾妻彦(あづまひこ)(まへ)()()され、063きびしき訊問(じんもん)()けたるが、064玉守彦(たまもりひこ)は、065言葉(ことば)さはやかにその無実(むじつ)陳弁(ちんべん)し、066かつ、
067玉守姫(たまもりひめ)嫉妬(しつと)ふかく、068(いま)狂者(きやうしや)となれり、069かならず(かれ)がごとき狂者(きやうしや)(げん)(しん)じたまふなかれ。070至誠(しせい)(てん)(つう)ず。071(ねが)はくば天地(てんち)大神(おほかみ)()赤誠(せきせい)照覧(せうらん)あれ』
072(てん)(はい)()(はい)し、073涕泣(ていきふ)して(うつた)へたり。074このとき玉守姫(たまもりひめ)(くび)左右(さいう)()吾妻彦(あづまひこ)にむかひ、
075玉守彦(たまもりひこ)大胆不敵(だいたんふてき)曲者(くせもの)なり。076(かれ)はたしかに国魂(くにたま)宝珠山(ほうじゆさん)(うづ)め、077この黄金(こがね)(みや)国魂(くにたま)擬玉(にせだま)(まつ)りをれり。078その証拠(しようこ)現在(げんざい)(つま)(わらは)とともに山中(さんちゆう)(かく)しおきたり。079何時(なんどき)にてもその所在(ありか)をお()らせ(まを)さむ』
080とあわただしく(いら)気味(ぎみ)奏上(そうじやう)するにぞ、081玉守彦(たまもりひこ)言辞(ことば)(あら)らげて、082(つま)にむかひ、
083(をんな)(かし)ましき()らざる讒言(ざんげん)084いまに天地(てんち)神罰(しんばつ)はたちどころに(いた)らむ、085(つつし)めよ』
086()めつけたるに、087玉守姫(たまもりひめ)躍気(やくき)となり、
088(をつと)(なに)(はう)(がほ)弁解(べんかい)するや。089宝珠山(ほうじゆさん)(たに)(わた)るとき、090(かは)(なか)にて二匹(にひき)(うさぎ)生捕(いけどり)にし、091また宝珠山(ほうじゆさん)(まつ)大木(たいぼく)(おほ)いなる(さけ)()りをりたるを(わらは)()つけ、092(をつと)(とも)にこれをむしり(かへ)りて、093その()(うさぎ)(さけ)料理(れうり)し、094祝酒(いはひざけ)()みしことをよもや(わす)れたまふまじ。095そのとき宝珠山(ほうじゆさん)(たま)(うづ)めおきたるを(わす)れたるか』
096烈火(れつくわ)のごとくなりて()()つる。097玉守彦(たまもりひこ)吾妻彦(あづまひこ)にむかひ、
098『ただ(いま)()きおよびのとほり、099(つま)玉守姫(たまもりひめ)発狂(はつきやう)し、100(とり)とめなきことを()べたて(さふらふ)101(かれ)がごとき狂人(きやうじん)(げん)御採用(ごさいよう)なからむことを()ひまつる』
102奏上(そうじやう)せるに、103吾妻彦(あづまひこ)玉守姫(たまもりひめ)狂者(きやうしや)たることを()り、104ここに玉守彦(たまもりひこ)(うたが)ひは(まつた)()れ、105(ゆる)されて(いへ)(かへ)りぬ。
106 八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)は、107黄金(こがね)(みや)国魂(くにたま)(うば)はむとし、108部下(ぶか)国足彦(くにたるひこ)109醜熊(しこぐま)110玉取彦(たまとりひこ)(めい)じ、111種々(しゆじゆ)奸策(かんさく)(さづ)けたり。112ある()のこと国足彦(くにたるひこ)らは夜陰(やいん)(じやう)じ、113黄金(こがね)(みや)()国魂(くにたま)首尾(しゆび)よく(ぬす)み、114(とほ)常世(とこよ)(くに)()(かへ)りたり。115八王神(やつわうじん)神澄彦(かむずみひこ)国魂(くにたま)(はい)せむと諸神司(しよしん)をしたがへ神殿(しんでん)(すす)()りしに、116神前(しんぜん)堅牢(けんらう)なる錠前(ぢやうまへ)捻切(ねぢき)られ、117肝腎(かんじん)国魂(くにたま)紛失(ふんしつ)しゐたりける。
118八王大神(やつわうだいじん)部下(ぶか)国足彦(くにたるひこ)119醜熊(しこくま)120玉取彦(たまとりひこ)121(たま)()つて常世(とこよ)(くに)立帰(たちかへ)る。122藻脱(もぬけ)(から)(みや)神徳(しんとく)弥顕著(いやちこ)ならむアハヽヽヽ』
123(したた)めありぬ。124八王神(やつわうじん)顔色(がんしよく)(あを)ざめ、
125(われ)貴重(きちよう)なる国魂(くにたま)守護(しゆご)(めい)ぜられながら、126(いま)これを(てき)奪取(だつしゆ)され、127大神(おほかみ)にたいして(しや)すべき(ことば)なし。128この(たま)なきときは八王(やつわう)聖職(せいしよく)(うば)はれ、129かつ(おも)(つみ)()はれむ。130いかがはせむか』
131(なげ)きたまふをりしも、132玉守彦(たまもりひこ)はすすみ()で、
133八王神(やつわうじん)よ、134(かなら)神慮(しんりよ)(なや)ましたまふこと(なか)れ。135(われ)宝玉(ほうぎよく)保護(ほご)(めい)ぜられてより、136今日(こんにち)あることを前知(ぜんち)し、137擬玉(にせだま)(つく)りて奉斎(ほうさい)し、138真正(しんせい)国魂(くにたま)宝玉(ほうぎよく)は、139宝珠山(ほうじゆさん)(おく)(ふか)楠樹(くすのき)(もと)大切(たいせつ)(うづ)()きたり。140(ただ)ちにこれを掘出(ほりだ)して(あらた)めて鎮祭(ちんさい)したまへ』
141(まこと)(いろ)(あら)はして奏上(そうじやう)したり。142神澄彦(かむずみひこ)はおほいに(よろこ)び、143ただちに玉守彦(たまもりひこ)先頭(せんとう)に、144あまたの神司(かみがみ)(つか)はし、145白木(しらき)輿(こし)(つく)りて宝玉(ほうぎよく)(をさ)め、146青雲山(せいうんざん)奉迎(ほうげい)せしめ、147ここにあらためて立派(りつぱ)なる遷座式(せんざしき)挙行(きよかう)し、148玉守彦(たまもりひこ)(うたが)()けて晴天白日(せいてんはくじつ)となり、149かつその注意(ちうい)周到(しうたう)なる行動(かうどう)激賞(げきしやう)され、150(おも)(もち)ゐらるることとなり、151天下(てんか)盛名(せいめい)()せにけり。
152大正一〇・一一・一八 旧一〇・一九 河津雄録)
153(第一九章~第二〇章 昭和一〇・一・一六 於別府・亀の井旅館 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。