霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 神前(しんぜん)審判(しんぱん)〔一二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第6篇 青雲山 よみ:せいうんざん
章:第22章 神前の審判 よみ:しんぜんのしんぱん 通し章番号:122
口述日:1921(大正10)年11月18日(旧10月19日) 口述場所: 筆録者:土井靖都 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0322
愛善世界社版:128頁 八幡書店版:第1輯 306頁 修補版: 校定版:130頁 普及版:57頁 初版: ページ備考:
001 天山(てんざん)には黄色(きいろ)(たま)(まつ)り、002宮殿(きうでん)造営(ざうえい)してこれを鎮祭(ちんさい)し、003埴安(はにやす)(みや)()づけられたり。004斎代彦(ときよひこ)八王神(やつわうじん)とし、005妻神(つまがみ)斎代姫(ときよひめ)をして神業(しんげふ)輔佐(ほさ)せしめ、006谷山彦(たにやまひこ)八頭神(やつがしらがみ)となし、007谷山姫(たにやまひめ)をして神政(しんせい)輔助(ほじよ)せしめられける。008谷山姫(たにやまひめ)嫉妬(しつと)猜疑(さいぎ)(ねん)ふかく、009斎代姫(ときよひめ)命令(めいれい)をきくことを非常(ひじやう)不快(ふくわい)(かん)じゐたり。010夫婦(ふうふ)は、011つねに犬猿(けんゑん)のごとく、012たがひに嫉視反目(しつしはんもく)をつづけ、013それがために天山(てんざん)城内(じやうない)神政(しんせい)は、014つねに紛擾(ふんぜう)()えざりける。
015 ここに八王大神(やつわうだいじん)は、016部下(ぶか)邪神(じやしん)荒国彦(あらくにひこ)谷山彦(たにやまひこ)肉体(にくたい)憑依(ひようい)せしめ、017また荒国姫(あらくにひめ)といふ邪神(じやしん)谷山姫(たにやまひめ)憑依(ひようい)せしめたり。018これより谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)性行(せいかう)俄然(がぜん)一変(いつぺん)し、019斎代彦(ときよひこ)夫妻(ふさい)をしりぞけ、020みづから八王神(やつわうじん)たらむことを(くはだ)てける。021()くのごとく悪心(あくしん)(おこ)したるは(まつた)憑霊(ひようれい)所為(しよゐ)なり。022ここに谷山彦(たにやまひこ)(つま)使嗾(しそう)により、023埴安(はにやす)宮司(ぐうじ)国代彦(くによひこ)024国代姫(くによひめ)夫婦(ふうふ)()()れ、025国魂(くにたま)(ぬす)ましめ、026八王神(やつわうじん)()失策(しつさく)(まね)かしめ、027その目的(もくてき)(たつ)せむとし、028種々(しゆじゆ)手段(しゆだん)をめぐらしゐたりける。
029 しかるに宮司(ぐうじ)国代彦(くによひこ)正義(せいぎ)神司(かみ)なれば、030容易(ようい)にその(こころ)(うご)かすべからざるを(さと)り、031(つま)国代姫(くによひめ)甘言(かんげん)をもつて(せつ)()せむと(はか)りぬ。032国代姫(くによひめ)谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)(まね)かれけるが、033谷山彦(たにやまひこ)はいふ、
034(なんぢ)弁舌(べんぜつ)をもつて(をつと)国代彦(くによひこ)(こころ)(うご)かし、035国魂(くにたま)(ぬす)(いだ)さしめなば、036(われ)はただちに八王神(やつわうじん)(くらゐ)(のぼ)り、037(なんぢ)夫妻(ふさい)八頭神(やつがしらがみ)地位(ちゐ)()ゑむ』
038言葉(ことば)たくみに()()てたり。039国代姫(くによひめ)はその成功(せいこう)(あや)ぶみ、040かつ天地(てんち)律法(りつぱう)(そむ)(よし)()べ、041これを謝絶(しやぜつ)せむとするとき、042何心(なにごころ)なく(をつと)国代彦(くによひこ)はこの()(あら)はれ(きた)りぬ。043谷山彦(たにやまひこ)国代彦(くによひこ)にむかひて前述(ぜんじゆつ)謀計(ぼうけい)打明(うちあ)けたるに、044国代彦(くによひこ)(いち)()もなく賛成(さんせい)()(へう)しけり。045国代姫(くによひめ)(をつと)(げん)(おどろ)き、046(なみだ)とともにその悪行(あくぎやう)()めむとて()きて諫言(かんげん)したりけれども、047国代彦(くによひこ)決心(けつしん)(いろ)(おもて)(あら)はし、048(いま)この()において谷山彦(たにやまひこ)意見(いけん)反対(はんたい)(へう)せむか、049いかなる危害(きがい)身辺(しんぺん)(およ)ばむも(はか)(がた)しと、050わざと空惚(そらとぼ)けていふ、
051(われ)天則(てんそく)違反(ゐはん)行為(かうゐ)ならむと(さつ)すれども、052(ことわざ)にも()てば善神(ぜんしん)053(まけ)れば邪神(じやしん)といふことあり。054()出世(しゆつせ)栄達(えいたつ)(みち)(ひら)かせたまふならば、055よろこンで貴下(きか)(めい)(ほう)ぜむ』
056即答(そくたふ)したりける。
057 谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)(おほ)いに(よろこ)び、058埴安(はにやす)(みや)祭典(さいてん)をおこなひ、059これを(しほ)宮司(ぐうじ)国代彦(くによひこ)をして(たま)(ぬす)()さしめむとしたりければ、060国代彦(くによひこ)同形(どうけい)同色(どうしよく)偽玉(にせだま)(つく)り、061(ふか)(ふところ)()めて祭典(さいてん)(れつ)し、062みづから(かぎ)()して(みや)(とびら)(ひら)種々(くさぐさ)供物(くもつ)(けん)じ、063ひそかに偽玉(にせだま)谷山彦(たにやまひこ)手渡(てわた)ししたるに、064谷山彦(たにやまひこ)素知(そし)らぬ(かほ)(よそほ)ひ、065これを懐中(くわいちう)()しゐたりけり。066祭典(さいてん)無事(ぶじ)終了(しうれう)し、067八王神(やつわうじん)斎代彦(ときよひこ)068斎代姫(ときよひめ)列席(れつせき)し、069直会(なほらひ)(えん)(さか)ンに(ひら)かれ、070八百万神司(やほよろづがみ)神酒(みき)()ひ、071(うた)をうたひ、072(をど)(くる)ふ。073このとき国代彦(くによひこ)はたちて(うた)をうたひ、074しきりに(をど)りはじめけり。075その(うた)は、
076時世時節(ときよじせつ)(こわ)いもの
077深山(みやま)()えて(たに)()えて
078常世(とこよ)(くに)(はて)(はて)
079()()でならぬ(たま)()り。
080時世時節(ときよじせつ)(こわ)いもの
081(たに)(へん)じて(やま)となり
082(やま)(かは)つて(たに)となる
083(かは)れば(かは)()(なか)よ。
084(かしら)(いま)尻尾(しつぽ)となり
085尻尾(しつぽ)(ころ)げて谷底(たにぞこ)
086()ちて(くる)しむ眼前(まのあたり)
087(なん)用捨(ようしや)荒国彦(あらくにひこ)
088(たま)(かか)りし(たに)(やま)
089どこの国代(くによ)()らねども
090木々(きぎ)黄々(きぎ))の木魂(こだま)(ひび)くなり。
091埴安宮(はにやすみや)(たま)(ほつ)しと
092(たに)(やま)から()めてくる
093(たに)(やま)から(ねら)ひをる。
094()()(かげ)(きよ)くとも
095雲霧(くもきり)たつは(やま)(たに)
096(とら)(おほかみ)(かく)れすむ
097()をつけ(まも)国世彦(くによひこ)
098(たま)()()(くも)るなり。
099(くも)(たま)こそ替玉(かへだま)よ』
100といつて面白(おもしろ)(をど)(くる)ふ。101ここに八王神(やつわうじん)斎代彦(ときよひこ)はこの(うた)()き、102谷山彦(たにやまひこ)謀叛(ぼうはん)(さと)り、103ただちに夫妻(ふさい)(とら)へて(きび)しく詰問(きつもん)したり。104谷山彦(たにやまひこ)(こた)ふるに(じつ)をもつてせり。
105 ここに斎代彦(ときよひこ)谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)(しよく)(めん)じ、106国代彦(くによひこ)107国代姫(くによひめ)をして八頭神(やつがしらがみ)(あと)(おそ)はしめむと宣言(せんげん)せり。108この(とき)謙譲(けんじやう)(とく)(たか)国代彦(くによひこ)夫妻(ふさい)は、
109(みこと)大命(たいめい)(じつ)()りがたく、110()にあまる光栄(くわうえい)なれど、111われはかかる聖職(せいしよく)(にん)ぜらるるの資格(しかく)なし。112(ねが)はくば以前(いぜん)のごとく宮司(ぐうじ)たらしめられたし。113谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)(おも)ふに(もと)よりかかる悪事(あくじ)(くはだ)つるごとき邪神(じやしん)にはあらず。114悪霊(あくれい)憑依(ひようい)によつてかかる無道(ぶだう)行動(かうどう)()でられしならむ。115すみやかに神前(しんぜん)にともなひゆきて厳粛(げんしゆく)なる審神(さには)奉仕(ほうし)し、116その(うへ)にて裁断(さいだん)あらむことを』
117(なみだ)(なが)赤心(せきしん)(おもて)にあふれて奏上(そうじやう)したりける。118斎代彦(ときよひこ)()ちうなづき、119(ただ)ちに二人(ふたり)審神(さには)開始(かいし)されけるに、120たちまち二神(にしん)上下(じやうげ)左右(さいう)身体(しんたい)震動(しんどう)し、121邪神(じやしん)荒国彦(あらくにひこ)谷山彦(たにやまひこ)体内(たいない)より、122荒国姫(あらくにひめ)谷山姫(たにやまひめ)体内(たいない)より、123神威(しんゐ)(おそ)れて脱出(だつしゆつ)し、124悪狐(あくこ)正体(しやうたい)(あら)はし、125常世(とこよ)(くに)にむかつて(くも)(かすみ)()()りにけり。
126 邪神(じやしん)()()でたる(あと)谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)は、127(ゆめ)から()めたるごとく前非(ぜんぴ)()い、128かつ邪神(じやしん)謀計(ぼうけい)(おそ)ろしきを(さと)り、129それより(こころ)をあらため、130神々(かみがみ)(あつ)(しん)じ、131(もと)誠心(まごころ)()ちかへりけり。132斎代彦(ときよひこ)(いま)までの谷山彦(たにやまひこ)夫妻(ふさい)行動(かうどう)は、133まつたく邪神(じやしん)憑依(ひようい)結果(けつくわ)となし、134その(つみ)(ゆる)し、135(もと)のごとく八頭神(やつがしらがみ)聖職(せいしよく)()かしめたりける。
136大正一〇・一一・一八 旧一〇・一九 土井靖都録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。