霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三四章 旭日昇天(きよくじつしようてん)〔一三四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第9篇 隠神の活動 よみ:いんしんのかつどう
章:第34章 旭日昇天 よみ:きょくじつしょうてん 通し章番号:134
口述日:1921(大正10)年12月06日(旧11月08日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0334
愛善世界社版:202頁 八幡書店版:第1輯 332頁 修補版: 校定版:206頁 普及版:90頁 初版: ページ備考:
001 ここに大道別(おほみちわけ)は、002大島別(おほしまわけ)奥殿(おくでん)(みちび)かれ、003山野海河(やまのうみかは)珍味(ちんみ)饗応(きやうおう)をふたたび()け、004終日(しうじつ)終夜(しゆうや)うるはしき女性(ぢよせい)舞曲(ぶきよく)()せられ、005絲竹管絃(しちくくわんげん)()精神(せいしん)恍惚(くわうこつ)として、006鼻唄(はなうた)気分(きぶん)になりゐたりしが、007不思議(ふしぎ)八島姫(やしまひめ)巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)(ぬぐ)ふがごとく()()り、008大道別(おほみちわけ)斑紋(はんもん)はおひおひ濃厚(のうこう)となりきたりぬ。
009 ここに大島別(おほしまわけ)威儀(ゐぎ)(ただ)し、010大道別(おほみちわけ)にむかひ、011八島姫(やしまひめ)のこの(たび)大難(だいなん)より、012大道別(おほみちわけ)渓間(けいかん)顛倒(てんたう)しほとンど絶息(ぜつそく)しゐたるを(たす)けゐたるに、013あにはからむや、014その面上(めんじやう)巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)あらはれ、015八島姫(やしまひめ)(ひたひ)斑紋(はんもん)はしだいに(うす)らぎ()()せたる次第(しだい)物語(ものがた)り、
016(なんぢ)()(むすめ)八島姫(やしまひめ)身代(みがは)りとなりて、017荒河(あらかは)(みや)犠牲(ぎせい)たるべき運命(うんめい)のもとにおかれたるものなり』
018吐息(といき)をつきながら(なみだ)(なが)して物語(ものがた)りけるにぞ、019大道別(おほみちわけ)(すこ)しも(おどろ)(いろ)なく、020涼風(りやうふう)(おもて)()くごとき平気(へいき)態度(たいど)にていふ。
021『そは(じつ)面白(おもしろ)きことを(うけたまは)るものかな。022(われ)はかかる犠牲的(ぎせいてき)行為(かうゐ)心底(しんてい)より(よろこ)ぶ。023そもそも(かみ)たるもの犠牲(ぎせい)をたてまつらざれば、024(いか)りて神人(しんじん)(くる)しますべき理由(りいう)あるべからず。025これまつたく邪神(じやしん)所為(しよゐ)ならむ。026(われ)かつて竜神(りうじん)(たき)において悪魔(あくま)見届(みとど)けたることあり、027よき研究(けんきう)材料(ざいれう)なり。028(つつし)ンで貴意(きい)(おう)ぜむ』
029と、030こともなげにいひ(はな)平然(へいぜん)として(さけ)をのみゐたりけり。031大島別(おほしまわけ)以下(いか)神司(かみがみ)らは、032おほいに(よろこ)感謝(かんしや)()(へう)し、033ただちにその準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)したりぬ。
034 いよいよ期日(きじつ)(せま)(きた)れり。035神司(かみがみ)らは種々(しゆじゆ)(そな)(もの)とともに、036大道別(おほみちわけ)(ひつぎ)()(をさ)め、037(やま)(ふか)()けいりて、038黄昏(たそがれ)ごろやうやく荒河(あらかは)(みや)到着(たうちやく)し、039社前(しやぜん)(ひつぎ)ならびに(そな)(もの)安置(あんち)し、040一目散(いちもくさん)()(かへ)りける。
041 ()森々(しんしん)()けわたり、042四辺(しへん)しづかにして、043(みづ)さへ(おと)なく、044(しづ)かにねむる深更(しんかう)丑満時(うしみつどき)となりぬ。045たちまち社殿(しやでん)鳴動(めいどう)しはじめ、046数万(すうまん)(とら)(おほかみ)一度(いちど)咆哮(はうかう)するごとき、047(すさま)じき音響(おんきやう)(きこ)(きた)りぬ。
048 大道別(おほみちわけ)(なん)(おそ)るる(いろ)もなく、049(ひつぎ)(なか)安坐(あんざ)して、050天津祝詞(あまつのりと)幾回(いくくわい)ともなく繰返(くりかへ)奏上(そうじやう)しゐたるに、051たちまち神前(しんぜん)(とびら)ぎいぎいぎい(ひび)きわたりて、052()(かがみ)(ごと)く、053(くち)(みみ)まで引裂(ひきさ)け、054不恰好(ぶかつかう)(ゆが)める(はな)菊目石(あばたいし)(くく)りつけしごとく、055(きば)(つるぎ)のごとく、056白髪(はくはつ)背後(はいご)()薄蝋色(うすらふいろ)(つの)057(ひたひ)左右(さいう)突出(つきで)たる異様(いやう)怪物(くわいぶつ)058金棒(かなぼう)をひつさげて(ひつぎ)(まへ)(あら)はれ、059どんと一突(ひとつ)地上(ちじやう)()けば、060その(ひび)きに(ひつぎ)二三尺(にさんじやく)地上(ちじやう)をはなれ()(あが)りける。061さすがの大道別(おほみちわけ)も、062すこしは(あん)相違(さうゐ)面持(おももち)なりける。
063 大道別(おほみちわけ)天津祝詞(あまつのりと)一生懸命(いつしやうけんめい)に、064(あせ)みどろになり(こゑ)をかぎりに奏上(そうじやう)したるに、065その言霊(ことたま)(ひび)きによりて、066(ひつぎ)自然(しぜん)四方(しはう)解体(かいたい)したれば、067大道別(おほみちわけ)はスツクと()(あが)りたり。068怪物(くわいぶつ)はその(いきほひ)辟易(へきえき)して二三歩(にさんぽ)後方(こうはう)退(しりぞ)きし、069その隙間(すきま)()すまし、070怪物(くわいぶつ)胸部(きようぶ)()がけて長刀(ちやうたう)()()しけるに、071怪物(くわいぶつ)はキヤツと一声(ひとこゑ)072大地(だいち)にだうと(たふ)()し、073もろくも(いき)(たえ)にける。074大道別(おほみちわけ)はそのままそこに端坐(たんざ)して、075神前(しんぜん)神酒神饌(みきみけ)その()(そな)(もの)仁王(にわう)のごとき()をもつて(これ)をつかみ、076むしやむしや(かた)(ぱし)から(のこ)らず(たひら)げにける。
077 しばらくあつて天上(てんじやう)より微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)()たりぬ。078大道別(おほみちわけ)はその音楽(おんがく)(さけ)(さかな)のごとく(おも)ひつつ、079神前(しんぜん)冷酒(れいしゆ)(のこ)りをがぶがぶ()みはじめたる(とき)もあれ、080たちまち容色(ようしよく)端麗(たんれい)にして荘厳(さうごん)無比(むひ)なる女神(めがみ)数多(あまた)侍神(じしん)とともに(あら)はれたまひ、081言葉(ことば)しづかに、
082(わらは)(てん)高砂(たかさご)(みや)(しづ)まる国直姫命(くになほひめのみこと)なり。083(なんぢ)はこれより()(めい)遵奉(じゆんぽう)し、084神界(しんかい)経綸(けいりん)大業(たいげふ)完成(くわんせい)するまで、085地上(ちじやう)各地(かくち)をめぐり悪神(あくがみ)陰謀(いんぼう)をさぐり、086逐一(ちくいち)これを国治立命(くにはるたちのみこと)奏上(そうじやう)すべし。087それまでは(なんぢ)(かり)道彦(みちひこ)名乗(なの)り、088かつ聾唖(ろうあ)となり、089痴呆(ちはう)(へん)じて神業(しんげふ)従事(じゆうじ)せよ。090(なんぢ)には、091高倉(たかくら)092(あさひ)二柱(ふたはしら)白狐(びやくこ)をもつてこれを保護(ほご)せしめむ。093使命(しめい)遂行(すゐかう)したる(うへ)は、094(なんぢ)琴平別命(ことひらわけのみこと)()(たま)ひ、095竜宮(りゆうぐう)乙米姫命(おとよねひめのみこと)(めあ)はし、096神政(しんせい)成就(じやうじゆ)殊勲者(しゆくんしや)として四魂(しこん)(かみ)(うち)(くは)へむ。097(ゆめ)(うたが)ふなかれ』
098言葉(ことば)(をは)るとともに、099国直姫命(くになほひめのみこと)以下(いか)神司(かみがみ)らの姿(すがた)()()せ、100東方(とうはう)(やま)谷間(たにま)よりは(むらさき)(くも)()けて天津(あまつ)()(かみ)豊栄昇(とよさかのぼ)りに(のぼ)りたまひぬ。101かたはらを()れば(ざう)のごとき怪物(くわいぶつ)102()にまみれて(よこ)たはりゐたり。103これぞ六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)眷族(けんぞく)なる大狸(おほだぬき)なりける。
104 それ以後(いご)荒河(あらかは)(みや)()きすてられ、105南高山(なんかうざん)一帯(いつたい)地方(ちはう)(わざはひ)は、106(あと)()つに(いた)りける。107玉純彦(たますみひこ)以下(いか)神司(かみがみ)らは、108大島別(おほしまわけ)(めい)により数多(あまた)神司(かみがみ)引率(いんそつ)し、109荒河(あらかは)(みや)にいたり()れば、110大道別(おほみちわけ)平然(へいぜん)として大狸(おほだぬき)(よこ)安坐(あんざ)し、111天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)しゐたるにぞ、112神司(かみがみ)らはかつ(おどろ)きかつ(よろこ)び、113大道別(おほみちわけ)とともに南高山(なんかうざん)城内(じやうない)意気(いき)揚々(やうやう)として(かへ)(きた)りける。114大道別(おほみちわけ)神司(かみがみ)らより(おや)のごとく尊敬(そんけい)され、115優待(いうたい)されて若干(そこばく)月日(つきひ)をここに(すご)したりける。
116大正一〇・一二・六 旧一一・八 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。