霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四六章 探湯(くがたち)神事(しんじ)〔一四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第11篇 新規蒔直し よみ:しんきまきなおし
章:第46章 探湯の神事 よみ:くがたちのしんじ 通し章番号:146
口述日:1921(大正10)年12月09日(旧11月11日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
百照彦の妻・春子姫は天上界で天人の舞曲に通じた芸能神であった。百照彦・春子姫は、主人・真心彦を慰めるために天人の舞曲を披露したが、真心彦は春子姫の舞曲に心をとろかし、神務をないがしろにするほどになった。
その結果、真心彦と春子姫の間柄に面白からぬ噂が立つことになった。国祖は真心彦・春子姫を呼んで事の真偽を詰問した。すると春子姫に稚桜姫命が降臨し、探湯の神事を行って潔白を証明するように、と託宣した。
探湯の結果、二人の潔白が証明されたが、真心彦は舞曲に耽溺して神事をおろそかにした罪を恥じて、天使の職を辞することになった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0346
愛善世界社版:269頁 八幡書店版:第1輯 356頁 修補版: 校定版:273頁 普及版:122頁 初版: ページ備考:
001 百照彦(ももてるひこ)黙然(もくぜん)として春子姫(はるこひめ)面色(おももち)打見(うちみ)やりつつありしが、002たちまち(ひざ)(すす)めて、
003(なんぢ)愉快(ゆくわい)にみちしその容貌(ようばう)004たしかに妙案(めうあん)あらむ、005はやく()がためにその妙案(めうあん)物語(ものがた)れよ』
006顔色(かほいろ)(ひかり)をあらはし(いきほひ)よく()ひければ、007春子姫(はるこひめ)はこたへていふ、
008(わらは)元来(ぐわんらい)(げい)()(ざる)不束者(ふつつかもの)なれども、009ここに(ひと)つの(かく)れたる芸能(げいのう)あり。010そは天人(てんにん)舞曲(ぶきよく)にして、011天上(てんじやう)において諸神(しよしん)讃歎(さんたん)やまざりし、012(わらは)独特(どくとく)芸能(げいのう)なり。013(わらは)もし(をつと)(ゆる)しを()ば、014(をつと)とともに真心彦(うらひこ)御前(みまへ)において一曲(いつきよく)(えん)じまつらば、015かならず(よろこ)ばせたまはむ』
016得意(とくい)満面(まんめん)にあふれて(いさ)ましげに()ふ。017百照彦(ももてるひこ)はおほいに(おどろ)きて、
018『アヽ(なんぢ)何時(いつ)のまにか、019かかる芸能(げいのう)(おぼ)えたるか』
020(たづ)ぬれば、021春子姫(はるこひめ)は、
022(わらは)貴下(きか)のもとに(めと)らるるまで、023高天原(たかあまはら)神殿(しんでん)奉仕(ほうし)し、024日夜(にちや)舞曲(ぶきよく)(そう)し、025神歌(しんか)をうたひ、026大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(なぐさ)(たてまつ)聖職(せいしよく)奉仕(ほうし)せしが、027その()はつひに(しん)()り、028(めう)(たつ)して、029天上(てんじやう)における第一位(だいいちゐ)芸能者(げいのうしや)として、030もてはやされしが、031このたび()高天原(たかあまはら)改革(かいかく)につき、032貴下(きか)真心彦(うらひこ)とともに赴任(ふにん)さるるに(さい)し、033大神(おほかみ)(めい)によりて貴下(きか)(つま)(さだ)められたり。034されど、035貴下(きか)大神(おほかみ)御心(みこころ)のあるところを(がう)()りたまはず、036ただ(たん)(みづか)(えら)びて(わらは)(つま)(めと)りしごとく思召(おぼしめ)したまへども、037夫婦(ふうふ)(えん)(けつ)して独自(どくじ)意志(いし)のごとくになるべきものに(あら)ず。038いづれも大神(おほかみ)御許(おゆる)しありての(うへ)神議(かむはか)りのことなれば、039夫婦(ふうふ)(みち)(けつ)して軽忽(けいこつ)()すべきものにあらず。040いづれも(みな)夫婦(ふうふ)たるべき霊魂(みたま)因縁(いんねん)ありて、041神界(しんかい)より(さづ)けらるるものなり』
042天地(てんち)因果(いんぐわ)()(しめ)し、043夫婦(ふうふ)(みち)神聖(しんせい)にして(をか)すべからざる理由(りいう)諄々(じゆんじゆん)として()()たり。
044 百照彦(ももてるひこ)(はじ)めて(つま)素性(すじやう)()り、045かつ神律(しんりつ)(おも)ンずべきを(ふか)感得(かんとく)したりしが、046百照彦(ももてるひこ)はさらに(つま)にむかひ、
047(なんぢ)はさほどの芸能(げいのう)(いう)しながら、048現在(げんざい)(をつと)たる(われ)今日(こんにち)まで何故(なにゆゑ)()げざりしや』
049(あや)しみ()ふを、050春子姫(はるこひめ)はこたへて、
051(わらは)貴下(きか)(つま)となりし(うへ)は、052(つま)たるの(つと)めを(まつた)うせば()る。053いたづらに芸能(げいのう)(おご)慢心(まんしん)(ちやう)じ、054つひには(をつと)眼下(がんか)見下(みくだ)すごときことありては、055天地(てんち)律法(りつぱう)(やぶ)大罪(だいざい)なれば、056(ゆめ)にも芸能(げいのう)(はな)にかけ不貞(ふてい)(つま)(わら)はるるなかれとの、057父母(ふぼ)(かた)教訓(けうくん)なれば、058今日(こんにち)まで何事(なにごと)もつつしみて、059一度(いちど)口外(こうぐわい)せざりし次第(しだい)なれども、060今日(こんにち)(をつと)辛労(しんらう)傍観(ばうかん)するに(しの)びず、061この(とき)こそは(わらは)得意(とくい)芸能(げいのう)(かがや)かし、062(をつと)輔佐(ほさ)(まつ)らむと決意(けつい)したる次第(しだい)なり。063(ことわざ)にも(げい)()(たす)くるとかや、064(わらは)()(いづ)れになるも()ふところにあらざれども、065現在(げんざい)大切(たいせつ)なる(をつと)神業(しんげふ)(たす)け、066なほ殊恩(しゆおん)ある(しゆ)御神慮(ごしんりよ)(なぐさ)(まつ)ることを()ば、067(わらは)鍛錬(たんれん)したる芸能(げいのう)(こう)も、068はじめて(ひかり)(はつ)するものなれば、069女性(ぢよせい)差出口(さしでぐち)070(をつと)にたいして僣越至極(せんゑつしごく)所為(しよゐ)とは(ぞん)じながら、071(をつと)(おも)一念(いちねん)にかられて、072はづかしながら(わらは)(かく)(げい)()れることをふと申上(まをしあ)げたるなり』
073(をつと)(まへ)両手(りやうて)をつき、074敬虔(けいけん)態度(たいど)をあらはし物語(ものがた)りたり。
075 ここに百照彦(ももてるひこ)(つま)(とも)なひ、076(しゆ)真心彦(うらひこ)(やかた)参向(さんかう)し、077春子姫(はるこひめ)芸能(げいのう)のすぐれたることを進言(しんげん)したりけるに、078(みこと)はたちまち顔色(がんしよく)をやはらげ、079さも愉快気(ゆくわいげ)に、
080天地(てんち)神明(しんめい)神慮(しんりよ)(なぐさ)め、081万物(ばんぶつ)(よろこ)ばしむるの(みち)歌舞音楽(かぶおんがく)()くものはなし。082(さいは)ひにも春子姫(はるこひめ)芸術(げいじゆつ)(めう)をえたるは(なに)よりの重宝(ちようほう)なり。083一度(いちど)()がために一曲(いつきよく)(えん)ぜよ』
084言葉(ことば)もいそいそと所望(しよもう)したりける。
085 百照彦(ももてるひこ)(しゆ)愉快(ゆくわい)さうなる顔色(かほいろ)()て、086やつと安堵(あんど)せしものの(ごと)(むね)をなでて笑声(せうせい)(つく)りける。
087 春子姫(はるこひめ)は、088会心(くわいしん)()みをもらしながら、089舞衣(ぶい)着替(きか)長袖(ちやうしう)しとやかに()ひはじめしが、090(じつ)春子姫(はるこひめ)()へるごとく、091その()092(めう)(たつ)(しん)()り、093天地(てんち)神明(しんめい)嘉賞(かしやう)したまふも当然(たうぜん)なるべしと、094真心彦(うらひこ)をはじめ百照彦(ももてるひこ)もただ(かん)にうたれて恍惚(くわうこつ)たる有様(ありさま)なりける。095その妙技(めうぎ)非凡(ひぼん)なるを(つた)()きて、096大将軍(だいしやうぐん)沢田彦命(さはだひこのみこと)まで臨席(りんせき)せられ、097真心彦(うらひこ)にむかひて、
098貴下(きか)(じつ)()従臣(じゆうしん)()たせらる。099(われ)羨望(せんばう)(ねん)にたへず』
100()ひながら、101その妙技(めうぎ)(くび)(かたむ)けて観覧(くわんらん)したまひける。102百照彦(ももてるひこ)103春子姫(はるこひめ)はおほいに面目(めんぼく)(ほどこ)し、104(しゆ)賞詞(しやうし)をうれしく拝受(はいじゆ)して(あつ)(れい)()べ、105()(やかた)(かへ)りただちに神前(しんぜん)神酒(みき)奉献(ほうけん)して、106感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)したりける。
107 それより天使(てんし)真心彦(うらひこ)は、108春子姫(はるこひめ)舞曲(ぶきよく)優雅(いうが)なると、109その神格(しんかく)高尚(かうしやう)なるとに(こころ)をとろかし、110(いち)にも春子姫(はるこひめ)舞曲(ぶきよく)111()にも(ひめ)音調(おんてう)と、112(こと)あるごとに二人(ふたり)(まね)酒宴(しゆえん)をもよほし、113つひには神務(しんむ)()てて絲竹管絃(しちくくわんげん)(みち)にのみ耽溺(たんでき)し、114真心彦(うらひこ)春子姫(はるこひめ)(あひだ)面白(おもしろ)からぬ風評(ふうへう)さへ()つにいたりける。
115 真心彦(うらひこ)元来(ぐわんらい)仁慈(じんじ)(ねん)ふかく、116かつ多情多感(たじやうたかん)神司(かみ)なりけり。117それゆゑ外部(ぐわいぶ)風評(ふうへう)(みみ)にするや、118春子姫(はるこひめ)にたいする同情(どうじやう)(ねん)()をおうて(たか)まり、119()しき風評(ふうへう)はますます(あぶら)浸潤(しんじゆん)するがごとき(いきほひ)にて内外(ないぐわい)(ひろ)まりにけり。
120 このことたちまち国治立命(くにはるたちのみこと)(みみ)()りたるより、121(みこと)はただちに真心彦(うらひこ)()しだして(きび)しく不義(ふぎ)行為(かうゐ)有無(うむ)詰問(きつもん)されたりしが、122真心彦(うらひこ)(くび)左右(さいう)にふり、
123(われ)いやしくも聖地(せいち)重神司(ぢゆうしん)として、124天使(てんし)(しよく)(かたじけ)なうし、125天地(てんち)律法(りつぱう)宣伝(せんでん)すべき聖職(せいしよく)にあり。126いかでか()かる(いま)はしき行為(かうゐ)(あへ)てせむや。127天津神(あまつかみ)国津神(くにつかみ)も、128()心身(しんしん)潔白(けつぱく)照鑑(せうかん)ありて、129わが()せられし濡衣(ぬれぎぬ)()させたまへ』
130一心不乱(いつしんふらん)祈願(きぐわん)()らしたり。131そのとき春子姫(はるこひめ)突然(とつぜん)身体(しんたい)激動(げきどう)して憑神(ひようしん)状態(じやうたい)となりぬ。132これは稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)降臨(かうりん)なりける。133(みこと)(をし)(さと)していはく、
134『よろしく探湯(くがたち)神事(しんじ)をおこなひ、135その虚実(きよじつ)(こころ)みよ。136神界(しんかい)にてはこの正邪(せいじや)虚実(きよじつ)判明(はんめい)せり。137されど地上(ちじやう)諸神人(しよしん)は、138疑惑(ぎわく)(ねん)(ふか)くして心魂(しんこん)(にご)りをれば、139容易(ようい)(うたが)ひを()らすの(みち)なし。140ゆゑに探湯(くがたち)神事(しんじ)(おこ)なひ、141もつて()(うたが)ひをはらすべし。142(ただ)しきものは、143神徳(しんとく)(あた)へてこれを保護(ほご)すべければ、144いかなる熱湯(ねつたう)(なか)()(とう)ずるとも、145(すこ)しの火傷(やけど)をもなさざるべし。146これに(はん)して、147(けが)れたる行為(かうゐ)ありし(とき)は、148たちまちにして()大火傷(おほやけど)をなし、149(なんぢ)()はただちに(やぶ)れただれて大苦痛(だいくつう)(おぼ)ゆべし』
150宣示(せんじ)されたり。
151 真心彦(うらひこ)は、152(よろこ)びて頓首(とんしゆ)したまひ、153ただちに探湯(くがたち)神事(しんじ)(とり)かかりけり。154八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)はその虚実(きよじつ)(ため)すべく探湯(くがたち)斎場(さいぢやう)(かき)をつくり片唾(かたづ)をのンで()ゐたりしが、155()きかへる熱湯(ねつたう)(なか)に、156()ぢず(おく)せず、157真心彦(うらひこ)天津神(あまつかみ)国津神(くにつかみ)にむかつて祈願(きぐわん)し、158泰然自若(たいぜんじじやく)として()(ひた)()れたり。159つづいて春子姫(はるこひめ)(おな)じく()(ひた)し、160(ひさ)しきにわたるといへども、161二人(ふたり)ともに(なん)火傷(やけど)もなく、162ここに二人(ふたり)(うたが)ひはまつたく払拭(ふつしき)されにける。163二人(ふたり)天地(てんち)にむかいて神恩(しんおん)有難(ありがた)きを(しや)し、164慟哭(どうこく)やや(ひさ)しうしぬ。165八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)一斉(いつせい)()をうつて、166二人(ふたり)潔白(けつぱく)賞讃(しやうさん)したりける。167国治立命(くにはるたちのみこと)は、168二人(ふたり)清浄(せいじやう)無垢(むく)心性(しんせい)(しやう)し、169かつ種々(しゆじゆ)のありがたき言葉(ことば)(たま)ひ、170かつ今後(こんご)神祭(しんさい)のほか(だん)じて舞曲(ぶきよく)耽溺(たんでき)し、171絲竹管絃(しちくくわんげん)にのみ(こころ)(うば)はれ、172神務(しんむ)忘却(ばうきやく)するごとき不心得(ふこころえ)あるべからず、173(きび)しく(をし)(さと)したまひ、174悠然(いうぜん)として奥殿(おくでん)()らせたまひける。
175 真心彦(うらひこ)(おほ)いに()ぢ、
176(われ)(おほ)いに(あやま)てり。177()()しき風評(ふうへう)(たか)まりたるは、178わが不徳(ふとく)(いた)すところなり。179聖地(せいち)重臣(ぢうしん)として、180いかで他人(たにん)(のぞ)()むや』
181(ただ)ちに国治立命(くにはるたちのみこと)御前(みまへ)にいたり、182天使(てんし)聖職(せいしよく)弊履(へいり)()つるがごとく()したりにけり。
183大正一〇・一二・九 旧一一・一一 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。